くろもちです。

新しく導入したブログサービスのおかげで
今まで以上に多くの方が
訪問してくださるようになってまいりました。

また今まで見えていなかった
ご意見や感想なども
確認することができるようになりました。

とても嬉しいことです。
ありがとうございます。

ですが、わたし自身の知識がたりない部分もあり
どのようなコミュニケーションをとるのが
それぞれの独自サービスを利用している方々が
それぞれ不快な思いをせずに
咲-Saki-を楽しんでいけるか
色々考えてないとだなあと思っております。

もし、なにかわたし自身の対応に不備があったり
マナーとしておかしな部分があったりした場合には
ご指摘くださると嬉しいです。

またこの記事の内容はおかしいとか
なんか自分の期待していることと違うとか
すげえレベルの低い事言ってるなあとか
見てくださる方が増えれば
当然出てくるご意見だと思いますので
そういった点についてもご意見は嬉しいです。

賛同や応援や面白い!と言ってもらえるのが
もちろんわたし自身嬉しいですし
モチベーションも上がります。
ですけど、ブログを活用して文章を公開する以上
反論や攻撃や蔑みや
諸々のマイナスのご意見もあって当然だと
わたし自身思っております。

ですので…。

ネット独自の過激な言葉やり取りも
確かに文化としてはあると思いますが
その辺りは各自のある程度の節度を保って
当ブログのコメント欄なども
活用していただければと思います。

何卒よろしくお願いします。ペッコリン



さて、今日のお題は掲題の通り。
清澄高校メンバーが将棋をやったらどうなるか?
です。

皆さん将棋はやりますかね?

つい先日行われた、将棋電王トーナメントにて
来年の第3回電王戦出場ソフトが決定しましたよね。

楽しみでございます。

将棋に詳しくない方も
電王戦に出場する元祖サトシンこと
佐藤紳哉六段の動向は面白いので
要チェックですよーぅ。

本当はRPG/SRPGで触れたキャラ全てについて
考えてみようと思ったのですが…。
やっぱり多すぎますwww

なので今回は本編主人公高校で考えてみますよーぅ。


【清澄高校】

まずゆーき!

東場に強くて南場はそうでもない…。
序盤は強くて、後半はそうでもない…。
序盤の天才、終盤のファンタジスタ…。

これはもう藤井猛九段でしょう。

タコスシステムですね。

わたしも藤井システムめちゃくちゃ研究しましたよーぅ。
今季のA級復帰はなさそうですけど…。

藤井九段の将棋は観客を魅了させます。
と同時に終盤はハラハラさせてくれます。
そこもゆーきと同じですね!


続いて、のどっち!

ネット麻雀が異様に強い…?
これはアカン奴ですね。

後ろでソフト起動して不正してるんだとか
言われてしまうアレです。

形勢判断で間違えない…とか?

将棋を全てデジタルで対応しようとしたら
人間はパンクしてしまいますよね…。

逆に王手飛車取りとか鬼殺しとか決められて
SOAではなくMAT(待って)て言うとか
もの凄く弱い方が可愛いかも。


続いてさきさん!

嶺上開花…?
将棋で嶺上開花ってなんでしょ。
それよりかは±0ですかね。

絶対千日手か持将棋になる。
…。これはやりたくないですねwww

ひたすら入玉→持将棋とかされたら
これにはテルーが
盤をひっくり返して切れても仕方がないですね。


続いてひささん!

悪待ち…?
なんでしょう。終盤で遊び手入れる
羽生三冠みたいな打ち方でしょうか。

むしろ二次創作イメージで
セクハラを公然と行うイメージ(?)の
故米長会長みたいな感じでしょうかね。


最後はまこさん!

いや、最後に持ってきた理由はお分かりでしょう。
多分彼女めちゃくちゃ強いと思います。

記憶にある棋譜通りに打てるとしたら
中盤→終盤絶対に間違わないでしょうから
これはとんでもないですね。

詰めを100%間違わない、ってだけでも
チートと言われてしまいそうですが…。
膨大な研究時間が必要そうですけど。

ただ…。プロ棋士の方々も
研究発表によれば
左脳ではなく右脳で将棋をしているようですし
おそらくプロの方の大半が
今回書いたまこのような打ち方を
しているのだろうと思うのです。

そしてそれでも間違えてしまう
極限の戦いを繰り広げるという…。

いやあ、プロ棋士って凄いですね!

しかしまこがこの能力を将棋で使えれば
初の女性として奨励会突破もできるのでは…。
なんて妄想したわけです。

…。そもそも咲-Saki-の能力って
他のゲームでも発動するものなんですかねえ…。

それ考えると今回の記事が意味なくなっちゃうので以上!

カン!


あっ…。京太郎は初心者。

もいっこカン!