洋榎「絹早く決めてえや」 雅枝「そや。早く決めえや」の続き
もしくは
セーラ「フナQ先輩、あいつわろてまっせ」 怜「なんや馬鹿にされとりまっせ」の続き
もしくは
春「あっ…やべ」 初美「はるるどうしたのですよー?」の続きです。

ーーーーー阿知賀サイド
路上

灼「…」トテテテテ
玄「灼ちゃーん。早いよー」
宥「早く歩くのは苦手なの~」ハァハァ
灼「…」ピタ
灼「…」
玄「そんなにお腹減ったのー?」

憧「…。ねえ。シズ…」
穏乃「んー?」
憧「灼さん、ちょっと変じゃない?」
穏乃「そう?」
憧「うん。なんかいつもよりアグレッシブというか…」
灼「…」ジー
穏乃「いいじゃん元気で!」
憧「うーん…」
灼「…」ジー

玄「やっと追いついたよー。ん?どうかした灼ちゃん?」
灼「…」ジー
玄「憧ちゃん見てるの?」
灼「…。四天王…」ボソ
宥「四天王?」
灼「いえ、なんでもな…」
宥「そー?」

憧「…。なんか凄い見られてた…」
穏乃「遅いよーってことかな?すいませーん。灼さん!」トテテ
憧「あ、もう!」
憧「なんだろ。この違和感…?」

アコーハヤクー

憧「分かったわよー」トテテ

……………。
……………………。

玄「憧ちゃん。待ち合わせはこの辺り?」
憧「うん。まだ来てないみたいね」
穏乃「良かったね!待たせたら悪いもんね」
玄「あ、灼ちゃんが急いでた理由はそれ?」
灼「え…?あ、そういうこと…」
灼「待ち合わせに送れないのが礼儀…」
宥「流石~灼ちゃんは頼りになるね~」
玄「お姉ちゃん…」
穏乃「園城寺さん、大丈夫みたいで良かったですね!」

キャッキャ

憧(…。今、え?って言ったよね?言ったよね?)
憧(ああん!もう!なんで皆気づかないの?)
憧(なに?分かんないけど…。スッキリしない…)

灼「…」ジー

憧(さっきホテルを出る時、ハルエを追いかけるとか言って…)
憧(いつからだ…?灼さんが変なのは…)

灼「…」ジー

憧(思いだせ…。ホテルで何が…)

灼「…」ジー

憧(…!あの時だ!)ハッ

灼「…」ジー
穏乃「…ん?憧がどうかしました?灼さん?」

憧(うわ。また見られてる…。って???)
憧(????)
憧(灼さんの頭の上…。文字が浮いてる??エス…エス?)
憧(なんでみんなして気づかないの!?)ガビーン!


灼(SS)「憧ちゃん…。トイレ行こ…」グッ
憧「え?わ、手引っ張らないで…」
穏乃「なんだー。トイレ行きたかったのかー憧ー」アハハ
灼(SS)「あそこのコンビニ行ってくる…」グイグイ
憧「え?ちょ、ま」ヒキズラレー
玄「わたし達はここで待ってるねー」


……………。
……………………。


灼(SS)「さあさあトイレへどうぞ」グイグイ
憧「ちょ、押さないでー」
灼(SS)「いいからいいから」グイグイ
憧「別にトイレ行きたかった訳じゃないんだってばー」オサレオサレ
灼(SS)「さあ、どうぞどうぞ」グイグイ
憧「なんのなのよもうー」

ギーバタン

灼(SS)「…よし」ケータイトリダシー
灼(SS)「…」

prrrr

灼(SS)「もしもし。はい。今1人に…」
灼(SS)「…。はい。これで…。はい」
灼(SS)「…。分かってます。まずは…」
灼(SS)「はい。ハルちゃんをペロペロするのはその後…」

ギーバタン

灼(SS)「では…」ピッ
憧「おまたせ」
灼(SS)「…。???」ハテ
憧「どしたの?」
灼(SS)「…??」ナデナデ
憧「ふきゅ?な!なに!?急に頭なでてきて!?」
灼(SS)「…。おかしい…。分裂してな…」
憧「…ぶんれつ?」
灼(SS)「文字がな…」
憧「もじ?って…。あの灼さんの頭のそれ?」
灼(SS)「なんでもな…。帰ろう」トテテ
憧「ええー?」

憧(分裂…。文字…)
憧(…分裂すると文字が出るってこと…?)
憧(んん?そうすると…。この灼さんは…?)


……………。
……………………。


穏乃「イーペーコー!」
玄「イーペーコー…。この場合はコでいいの?それともウ?オ?」
穏乃「コでいいですよ!」
玄「コ…。コー…。コーツ!」
穏乃「じゃあ宥さん。ツ!」
宥「ツ、ツモ」
穏乃「おー。モ、モ、モーパイ!」
玄「またイかあ。イー。イッキツーカ…。んじゃなくてえ」エート
穏乃「あ、ずるい!」
玄「言ってないもん!最後まで言ってないもん!」

キャツッキャ

宥「灼ちゃんと憧ちゃん遅いねえ」
穏乃「ちょっと喉かわいちゃったなあ」
玄「あ、なんか飲み物買ってきてもらおうか」ケータイトリダシー

prrrrr

穏乃「あ、帰ってきましたよー」
灼(SS)「お待たせ」
憧「…」アラタノアタマウシロカラユビサシー
穏乃「ん?どしたのアコ?」
憧「なんでもない!」
穏乃「それより聞いてよ!玄さんが麻雀しりとりでさー…」

憧(ああん!もう!バカシズ!)

玄「あー、今ちょうど灼ちゃんに電話しちゃってたんだー」テヘヘ
玄「切らなきゃねえ」エート

pr…

灼『玄!?今どこ!?』
玄「???」
灼『もしもし!?玄!?』
玄「ん?あれ?灼ちゃん?」

宥「玄ちゃん?どうかしたの?」フルフル
玄「お姉ちゃん。灼ちゃんそこにいるよね?」
宥「うん」
玄「電話してないよね?」
宥「してないよ?」
玄「んんん???」ハテ?

玄「もしもし?すみません。間違えてかけてしまったかもしれません」
灼『わたしだよ!灼!鷺森灼!』
玄「ん?でも灼ちゃんは今目の前にいるんです」
灼『画面を見て!ちゃんとわたしに電話かけてるの分かるでしょ!』
玄「確かに!」ガメンミルー

画面「鷺森灼 090-XXXX-XXXX 通話時間 02:30」

玄「…???」
玄「おねーちゃー?これ、灼ちゃんにかけてるよねえ?」ケータイミセー
宥「う、うん。玄ちゃん大丈夫?」
玄「多分…。でも今この電話が灼ちゃんにつながってるんだよ」
宥「く、玄ちゃん…?」フルフル

灼『玄!玄!?』
玄「はいはい。すごいねえ灼ちゃん。これはマジックだね!?」
灼『違うよ!?』
玄「なるほど~。なるほど~。」
灼『勝手に納得しないで!?』
玄「こんな特技があるとは知らなかったよ!」
灼『違うからね!…。ん?今目の前にわたしがいるんだよね?』
玄「うん。いるよー。穏乃ちゃんと憧ちゃんと麻雀しりとりしてるー」
灼『…。ちょっと待っててね!?切らないでね?あの、石戸さん…』
玄「はいはーい。…石戸さん?永水の?」

コッチカラハデンワデキナカッタケドムコウカラナラ…

玄「…」
玄「灼ちゃん!?聞き捨てならないよ!?」

灼(SS)憧穏乃「「「!!!」」」ビクッ!

穏乃「ほ、ほらー。玄さんだって駄目だって」
灼(SS)「それはおかし…。西南戦争だって立派な役…」
憧「ローカル中のローカル役じゃない」
穏乃「そうですよー。はい灼さんの負けー」
宥「違うの…」フルフル

灼(SS)「ほら、宥さんはわたしの味方を…」

憧穏乃「「えー」」

宥「そうじゃなくってえ…」
宥「今、玄ちゃんがね、灼ちゃんと電話してるって言うの…」

憧穏乃「「え…」」

灼(SS)「…しまった」ボソ
灼(SS)「…」
灼(SS)「マジックだよー…」

憧「今しまったって、言った」
穏乃「…。聞こえた…」
宥「灼ちゃん…」フルフル

灼(SS)「…」

憧「ねえ、灼さん。ケータイ見せて?」
灼(SS)「…今、玄と繋がってるから…」

憧「…。分裂って何?」
穏乃「分裂…?」
憧「分裂すると…。頭の上に文字が浮かぶの?」
宥「憧ちゃん…?」
憧「シズ、宥ネエ。灼さんの頭の上、SSって文字、見える?」

宥穏乃「「見える」」

穏乃「あの文字、なんか関係あるの?」
憧「気づいてた?」
穏乃「うん。ホテルにいる時からずっと」
憧「ちょっと!?なんで何も言わなかったの!?」
穏乃「いや、灼さん独特の、ファッション的ななにか、かなって…」アハハ

灼(SS)「…」タヌティーチャクヨウ

憧宥「「あー…」」

灼(SS)「…」
灼(SS)「バレたら仕方ない…か」ニヤ

憧宥穏乃「「「!!!」」」ゾゾゾ!

憧「なに…この感じ…?」
宥「あったかくない…」
穏乃「…?」

?「ひとーつ、人の世の生き血をすすり…」ザッ

憧宥穏乃灼(SS)「「「「!!!???」」」」

?「ふたーつ、不埒な悪行三昧…」ザッ

穏乃「あれは…!」

?「みっつ、醜い浮世の鬼を…」ザッ

憧「千里山女子!?」

竜華「退治てくれよう せ」
セーラ「フナQスペシャル」シュシュ シュッ
怜「wwwwwwwwww」
セーラ「wwwwwww」
竜華「ちょwww打ち合わせと違うことするのやめやwww」
怜「wwwwwwww」

竜華「退治てくれよう千里山女子やて言うたやんwww」
セーラ「ここまでwwwwしっくり来るとはwwww」
竜華「確かに憎たらしい程語呂は良かったわwwww」
怜「wwwwwwww」
竜華「あかんwwwまた怜死にそうなってるでwww」
セーラ「もう1局先くらい見れるんちゃうかwww」
怜「wwwwwwwwwww」

ブロォォォォ

竜華「車きたで危ないわ」
セーラ「クルマキタデーwwww」
怜「wwwwww」

憧宥穏乃灼(SS)「」ポカーン

ブロォォォォ ワハハー イケー
ブロォォォォ…

灼(SS)「!」ハッ
灼(SS)「今がチャンス!」カマエー

シュッ!ゴロゴロゴロ!

セーラ「フハッwwwwwwwww」
怜「ボwwwウwwwリwwwンwwwグwww」
竜華「どっから玉出してんwwww」
セーラ「いきなりすぎるやろwww」

ジャンプ!
タマノウエニノリー!

セーラ「乗ったでwwwwww」
怜「脈絡なさすぎるwwwww」
竜華「しかも真顔wwwwwwwwww」
セーラ「早いなーwwwww」
怜「ほんまやwwww何あの早さwwww」
竜華「やってくれるなあwwww」
怜「またたく間に小さくなっていきよるでwww」
セーラ「逃げるようにwww」
竜華「誰からやねんwww」
怜「まあ、わたしらやろなあwwww」

竜華怜セーラ「「「wwwwwww」」」

憧宥穏乃「」ポカーン

玄「…。灼ちゃん!?石戸さんは!?石戸さんまだなの!?」
玄「石戸さんのおもちはどうなの!?」
玄「…灼ちゃあああん!?」

カン!

その14へ続く!

【咲-Saki- ドッペルSS】Index