靖子「達観してるねえ」 まこ「諦観かもしれんけど」の続きです。

-------------------
宮守女子高校

塞「…」

小蒔「zzz」
宥「zzz」
塞「…」ポケー

小蒔「zzz」
宥「zzz」
塞「…暇だな」

小蒔「zzz」
宥「zzz」
塞「シロとエイちゃんはお買い物」
塞「よもやシロがお買い物に行くとは…」
塞「この2人…」
小蒔「zzz」
宥「zzz」

塞「胡桃は秋季大会のチームの事で出発…」
塞「豊音は…何してるんだろ?」
塞「ちょー内緒だよーとか言ってたけど…」
小蒔「zzz」
宥「zzz」

塞「なーんかわたしも眠たくなってきたなあ」ポケー

prrrrr

塞「ん?」キョロキョロ

prrrrr

塞「…おこたの上の…。小蒔ちゃんのか、な?」

prrrrr

塞「…」チラリ

prrrrr

塞「かすみちゃん…。ああ、かすみんからかあ」

prrrrr

小蒔「zzz」
宥「zzz」
塞「小蒔ちゃーん。電話だよー」ユサユサ
小蒔「zzz」
塞「おーい」ユサユサ

prrrrr

塞「…。知らない仲じゃないし、いっか」

ピッ

塞「かすみーん?臼沢でーす」
霞『あ、あら?塞ちゃん?小蒔ちゃんは…あ、なるほどね』
塞「アハハ。うん。寝てる」
霞『小蒔ちゃんは…。その…。大丈夫かしら?』
塞「大丈夫だよ。今わたしが側にいるし」
霞『そうなの。他の皆さんは…』
塞「うん。宥ちゃんもいるけど、寝てる」
霞『うふふ。そうなるとシロちゃんが…』
塞「そうそう。シロが買い物に行ってるよ」

霞『そろそろ着く頃かしらと思ってね』
塞「着く?誰が?」
霞『…。もしかして聞いてない?』
塞「ん?いや、わたしは聞いてないけど…」
霞『あらあら…。困ったものねえ…』
塞「誰か、こっちに向かってるの?」
霞『ええ、2人ばかり』
塞「2人?」

霞『ええ。ちょっとお願いがあってね…』
塞「…。また厄介事?」
霞『違うわよお』
塞「…こないだみたいのは嫌だよ?」
霞『こないだ?』
塞「うわあ、とぼけてる」
霞『うふふ。えっとね。ああいうのでは無いわ』
塞「…。厄介事ではあるんだね」
霞『頼りにしてるわ』
塞「…で、どなた様が来るの?」

霞『ええとね…』


-------------------
清澄高校

優希「じゃ、また行ってくるじぇ」フリフリ
久「はいはい。またねー」フリフリ
久「あ、和のことは本当に頼むわよ」
優希「お任せだじぇ」

バタン

久「ふぅむ…」
ゆみ「ずいぶんとまわりくどいことをしてるな?」
久「そっちの方が面白いでしょ?」
ゆみ「わたしには理解できん」
久「そういうものよ」

美穂子「今度は彼女達東北へ…?」
久「みたいね」
ゆみ「鹿児島から東北か…。日本縦断だな」
美穂子「一度長野を経由したのですね」
ゆみ「確かに着替えなども必要だろうしな」
久「甘いわよ。日本縦断なら沖縄に行かなきゃ」
ゆみ「お前は後輩を何だと思ってるんだ」
久「んー。ま、夢を継ぐ者、かしらねえ…」
ゆみ「お、うん。そうか…」
久「何よ。巫山戯るとおもった?」
ゆみ「思った」
美穂子「思いましたね」
久「えー、美穂子までー」

美穂子「うふふ。すみません」
ゆみ「…。福路は…」
美穂子「はい?」
ゆみ「そんな顔も出来るのだな」
美穂子「え?」
ゆみ「いや、なんでもない」
久「ちょっと、美穂子はあげないわよー」
ゆみ「フフ。分かってるよ」
久「分かればよろしい」
美穂子「???」

久「後輩と言えば…」
ゆみ「ん?」
久「鶴賀のレギュラーは全員チーム決まってたわね」
ゆみ「ああ、自分でも少々驚いている」
久「そうなの?」
ゆみ「ああ、鶴賀は全国的に見れば全くの無名だ」
ゆみ「わたしも抜け駆けのような形でチームを決めたしな」
久「まさに電光石火よねえ」
ゆみ「自分で言うな」
久「エヘヘ」

美穂子「うちの文堂さんと深堀さんと、鶴賀の津山さんがチームでしたよね」
ゆみ「ああ。ありがたいと思うよ」
美穂子「そんな…」
久「蒲原さんは、阿知賀の高鴨さん、白糸台の亦野さん」
久「モモちゃんは、姫松の上重さんと新道寺の鶴田さん」
久「妹尾さんは、有珠山の本内さんに…」
ゆみ「天江衣…だったな」
久「なんだってこんな強力なメンバーになったのかしら」
ゆみ「謎だ」
久「アハハ。風越は…。池田さんが」
美穂子「晩成の小走さんと千里山の二条さんとチームでした」
久「これまた…。集まったわねえ」

ゆみ「我々が言う言葉じゃないだろ」
久「ま、ねえ。言ってもどのチームも…」

久「わたし達の敵じゃあないわね」ニヤ

美穂子「うちはレギュラーで言えば吉留さんがまだ…」
久「とは言え風越は部員が多いからね」
ゆみ「心配事も多いだろうな」
美穂子「ええ、でも…」
久「ん?」
美穂子「ひ…が言ってくれたように」
美穂子「今回わたしは、風越のキャプテンでは無く」
美穂子「福路美穂子として、この戦いを楽しむつもりです」
ゆみ「そうか。ふん。わたしも、だな」

久「ひ…。なあに?」
美穂子「え?」
久「誰が、そう、言ってくれたのかなあ?」
久「聞こえなかったなあー」
美穂子「ひ、ひ…んです…」
久「聞こえなーい」
美穂子「うう…。意地悪です…」
久「美穂子。言って」
美穂子「ひ、ひ…」
久「んー?」

美穂子「ひ、ひしゃしゃんでしゅ!」
美穂子「///」

久「可愛いなーもー!」ギュー
美穂子「きゃっ///」
ゆみ「やれやれ…」

キャッキャ ウフフ

ゆみ(しかし久のやつ…)
ゆみ(自分が一番後輩の心配をしてるじゃないか…)
ゆみ(フフ。なんだかんだ)
ゆみ(不器用なやつだ)

久「みーほーこ!」
美穂子「ひ、ひしゃさん///」

キャッキャ ウフフ

ゆみ「…」イラッ

ゆみ(モモは、上手くやっているだろうか…)


-------------------
姫松高校 近辺

桃子「そっち行ったっす-!」ビシ
漫「わぁ!見つかった!」ダダダ
姫子「そっち…って、モモちゃん見えんとよ!」
桃子「あ、しまったっす!」
漫「よっしゃ今のうちや!」
姫子「どこー?」
桃子「そっちっすー!」


-------------------
松実館 廊下

淡「わあああ」アワー
玄「ん?淡ちゃんどうかしたのー?」
淡「わああ、くろ先輩ー」ダキ
玄「わわわ。淡ちゃん?」ダキツカレー
淡「みんながー」アワー
玄「ちょ、ちょっと。待ってね、今お仕事終わらせちゃうからね」
淡「まだお仕事あるの?」

玄「もうほとんど終わってるよ」
玄「お客様のお洗濯物とお夕食の注文票を回収にいくだけ」
淡「…手伝う」
玄「ほんとー?じゃあ、一緒に行こうかー」


……………。
…………………………。

淡「でねー、それでねー…」
玄「ふぅ~む。なるほどなるほど~」
淡「それで、逃げて来ちゃって…」
玄「そっかあ…。じゃあごめんなさいしないとだね」
淡「えー」
玄「淡ちゃんは自分が悪いと思ったから逃げちゃったんでしょ?」
淡「…うん」
玄「じゃあ、謝らないと」
淡「やだ…」

玄「うーん。淡ちゃんは今モヤモヤしてるでしょ?」
淡「うん」
玄「そのモヤモヤは嫌な気持ちだよね」
淡「うん。やだ」
玄「それはね、自分が悪いと思ったから、じゃないんだよ」
玄「自分が謝れなかったからモヤモヤしてるんだよ」
淡「そうなのかな…」
玄「うん。だからね、ごめんなさいするんだよ」

淡「謝って許してもらえるかな…」
玄「大丈夫だよ!」
淡「もし、許してもらえなかったら…」
玄「淡ちゃん。そんなことはね」
玄「謝って許してもらえなかったら考えれば良いんだよ」
淡「!!」アワッ

玄「謝らなくても良い理由を探してちゃ、駄目だよ」
淡「そっかあ…」
玄「うん」
淡「…。ついて来てくれる…?」
玄「うん。もちろん!」
淡「ありがとー、くろ先輩!」

玄「えへ、えへへ。先輩かあ…」
淡「どうしたのー?」
玄「ん?わたしねえ、先輩って呼ばれたの淡ちゃんがはじめてなんだ!」
淡「へっ」アワッ
淡「だ、だって、高鴨穏乃とか年下じゃ…」
玄「んー。シズちゃんも憧ちゃんも昔から知ってるからさあ」
玄「先輩とは呼んでくれないんだあ」
玄「子供麻雀クラブの皆もだなあ」
玄「えへへ。だからね、なんか嬉しいんだあ」
淡「じゃあ、いっぱい呼ぶよ!くろ先輩!」
玄「えへへー」
淡「へへー」

トテトテ

ソッチイタカー イナイー
ポリポリ タベテナイデサガシテヨー ソレガジマン

淡「あ…」
玄「皆、淡ちゃんを探してるみたいだね」

数絵「あ、大星さん…!」
淡「あ、あはは…」
数絵「もう!どこいってたんですか!」
淡「ご、ごめんね」
玄「…」ウンウン
数絵「玄さんも一緒になって!」
玄「えー」ガビーン

数絵「多治比さーん。大星さんいましたよー」

ソッチカ!
ダダダ

真佑子「あんたどこ行ってたの!」
淡「あ、あの…」
玄「わたしのお仕事を手伝ってくれてたんだよー」
真佑子「あ、そ、そうだったんだ…」
淡「あの、わたし、その」
真佑子「心配させてまったく…」ブツブツ
淡「ごめんなさい」ペッコリン
真佑子「んん??」
淡「嫌なこと言って…」
淡「逃げちゃって…」
真佑子「…」

真佑子「はぁ…。もう、それは良いからさ」
淡「ほんと?」オソルオソル
真佑子「…。あんたなんというか、メンタル弱いわねー」
淡「うう…」
真佑子「自分が有利な時はガンガン攻めるけど…」
真佑子「自分が不利になった途端弱気になるとか…」
真佑子「ガキか!あんたは!」
淡「ううう…」

真佑子「…。わたしが根性叩き直してあげるから」
淡「へっ」アワ
真佑子「部屋戻ろ。淡」

淡「う、うん!真佑子!」
真佑子「まゆ…。ま、別に良いか…」
淡「えへへ。真佑子ー真佑子ー」マトワリツキー
真佑子「じゃれるな!くすぐったい!」ニヨニヨ

数絵「うわあ…。すごいニヤニヤしてる」
怜「お、なんや新たな顔芸か?」

真佑子「芸じゃないよ!」
淡「真佑子ー」

怜「あー、玄ちゃんや?」
玄「はい?」
怜「なんや、北海道の子ぉは、やっぱりもうちょっとかかるらしいわ」
玄「あらら、そうなんですかあ」
怜「なんや、すまんなあ」
玄「いえいえ、お父さんも了承済ですし」
数絵「なんで飛行機で折り返して戻っちゃうんですかね…」
怜「おいしいことやってくれるもんやで…」
数絵「おいしいって…」

玄「料金なども実際着いてからで問題なしですよ!」
怜「ほんまありがたいわあ。後でちゃんとお礼言わんとな」
数絵「園城寺さんは、意外ときちんとしてるんですね」
怜「わあお。言われてもうたあ」

怜「ま、一応最年長者としてやな」
怜「やることはやらんとなあ」
数絵「ご立派です」
怜「せやろー、流石やろー」
怜「ということでぽんちゃん、膝枕な」
数絵「ええっ!?」
怜「意外とか言うた罰やな」
玄「アハハ」
数絵「余計なことを言ってしまった…」

怜「お、なんやあわあわおったんかい」
怜「たじたじの影で見えんかったわ」
淡「たじたじ?ププー!」
真佑子「だーかーらー!たじたじやめてくださいよ!」
怜「なんでやのん。まゆまゆとか普通すぎるやろ」
怜「それやったらジッヒーな」
真佑子「やだー!」
怜「たーちゃん?」
真佑子「ジャングルの王者か!?」

淡「とき先輩、さっきはごめんなさい」ペッコリン
怜「お、なんや、素直さんになったんか」
淡「うん!」
怜「ほほーぅ。誰のおかげやのん?」
真佑子「ムフ」ニヨニヨ
数絵「締まりのない…」

淡「くろ先輩!」
玄「えへへ」

真佑子「!!」ガビーン!

数絵「おー」パチパチ
怜「鉄板やなほんま。羨ましいわ」

真佑子「ネタじゃないよ!」


-------------------
宮守女子高校


塞「…」

小蒔「zzz」
宥「zzz」

塞「…なんか体よく巻き込まれた気もするけど…」
塞「ま、しょうがないか」
塞「一応先生に合宿許可人数の追加申請をお願いしたし」

チョンチョン

塞「後は連絡が来たら駅まで迎えに行って…」

チョンチョン サエー

塞「あ、牌の予備を持ってこないと…」

チョンチョン サーエ

塞「…」
エイスリン「サエボン!」
塞「誰がサエボンだ!」
エイスリン「キヅイタ!ヒャッホー!」ワーイ
塞「…。エイちゃんテンション高いね…」
エイスリン「オキャクサン!タクサン!ウレシイ!」ワーイ

塞「フフ。ねえ、シロ」
白望「んー?」
塞「どういうこと?」
白望「んー、まあ、拾った?」
塞「拾った、ねえ」

小蒔「あいきゃんとすぴいくいんぐりっしゅ!です!」フンス
明華「日本語で大丈夫ですよ?」
慧宇「炬燵暑くないの?」
宥「皆さんお久しぶり~」
友香「夏に炬燵は流石にマネできないでー」
由子「お久しぶりなのよ~」

塞「何をどうすれば拾ってこれるの!」
白望「だっていたんだもん」
塞「だもん、じゃなくてね」
塞「一体何をしにこんなところへ…」

由子「もちろん秋季大会のチームなのよ~」
塞「人数多いじゃん!」
由子「別口よ~。わたしと~」
慧宇「わたし、そして臼沢さんです」
塞「ほえ?」

友香「わたしと」
明華「わたしとエイスリンさんですね」
エイスリン「ワタシ?」

小蒔「皆さん綺麗なブロンドですね」
明華「あなたの黒髪も素敵ですよ」サワサワ
小蒔「エヘヘ」
宥「リーダーはどなた~?」
明華「その前に…」
明華「どうでしょう?エイスリンさん?」
友香「わたし達と一緒に戦いましょー!」

エイスリン「イエス!」カキカキ バッ! (゚∀゚)

白望「エイスリンが余計な事を覚えている…」ダル

明華「リーダーは最年長のエイスリンさんにお任せしたいと」
友香「でーす!」
エイスリン「ワタシ?リーダー?」
明華「ええ。一番お姉さんですから」
エイスリン「オネエサン!イイヒビキ!」ワーイ
明華「では、チーム申請などを」
エイスリン「カンガエル!」カキカキ

塞「フフフ。エイちゃんがお姉さん、かあ」
白望「娘の巣立ちを見るようだ…」
塞「嫉妬?」
白望「…かもなあ」ダル

塞「…」
白望「塞。現実を見なきゃ」
白望「たたかわなきゃ、現実と」
塞「ネコ型ロボットか!」

由子「わたしらは~」
慧宇「見ての通りですね!」
塞「いや、うん。分かるんだけど…」
由子「じゃあ、申請しとくのよ~」
慧宇「お願いします」
塞「いやいやいやいや!」
由子「リーダーはお願いなのよ~」
慧宇「お願いします」
塞「だから!」
由子「じゃあ申請するのよ~」
慧宇「お願いします」

塞「聞いちゃいねえ!」


========================エントリーNo.018

エイスリン・ウィッシュアート(宮守女子高校3年/チームリーダー)
チェー・ミョンファ(雀明華)(臨海女子高校2年)
森垣友香(劔谷高校1年)

チームコンセプト:
コクサイショクユタカナブロンドエンジェルス!デス!(゚∀゚)

=======================================


========================エントリーNo.019

臼沢塞(宮守女子高校3年/チームリーダー)
真瀬由子(姫松高校3年)
ハオ・ホェイユー([赤+おおざと]慧宇)(臨海女子高校1年)

チームコンセプト:
チームお団子です!よろしくね!

=======================================

カン!

その18へ続く!

【咲-Saki- 3on3SS】Index