宥「くろちゃん?」 玄「エヘヘ。松実玄、ただいま戻りました!」の続き
もしくは
美幸「なんで皆そんなに落ち着いてるのよもー!!!」 友香「先輩落ち着いて欲しいんでー」の続き
もしくは
衣「うむ。褻と晴と、隔てる存在なのやも」 洋榎「日本語使えや」の続きです。


ーーーーー劔谷高校サイド
劔谷高校ホテル

哩「んー…」グデー
姫子「え?ほんなこつやか?せっかく動いたんに?」オシリペシペシ
仁美「渋谷ちょーそのカメラ貸しちゃってん?」
尭深(SS)「あっ」
仁美「ほんじゃ再生っと…」ピッ
美子「どげなん?」ピト
尭深(SS)「…」ピト
仁美「近い近い!」
美子「別によかろーもん」
美子「わたしも気になるけん」

梢「…」ズズズ
尭深(本編)「…」ズズズ

美幸「莉子ちゃん…」
美幸「白水さんの言うとおりだよ」
莉子「椿野先輩…」
美幸「わたし達が負けたのは…。莉子ちゃんのせいじゃない」
美幸「皆で戦って、それで、負けたんだから…」
美幸「莉子ちゃんだけが背負う必要はないのよもー」
莉子「…はい」

哩「…悔しくて泣くくらいのちょうどよかんたい」グデー
哩「そんがと、強くなれるやろう」グデー
莉子「…!」
哩「…んー」グデー
姫子「ちょ!そんギャップ!」ペシペシ
美幸「ムフッ」

友香「せっかく良いこと言ってるのに台無しでー」アハハ
澄子「来年は…。今年よりも先を目指しましょう」
美幸「お、言ってくれるのよもー」

梢「…渋谷さんは」コト
尭深(本編)「…はい」コト
梢「どのようにお考えですか?」
尭深(本編)「…どのように、と言いますと?」
梢「敗北について」
梢「王者白糸台のご意見を是非…」
尭深(本編)「…」クビカシゲー

尭深(本編)「皆さんと似ているようで、違うかもしれませんね」
梢「似ているけど…違う?」
尭深(本編)「世間的には…」
尭深(本編)「白糸台の敗北は、宮永照の敗北を意味しますから」
梢「…。なるほど」

尭深(本編)「ただ、結果として…」
尭深(本編)「…我々は…負けません」ニッコリ
梢「…。ありがとうございます」ペッコリン
尭深(本編)「いえ、生意気なことを」ペッコリン

友香「今日の試合で負けてた…」
美幸「コラ!」クチオサエー
友香「モガ…」
尭深(本編)「…決勝には行けますから」キリ
澄子「大きな違いですよね」

莉子「宮永さん以外のメンバーは…」
尭深(本編)「はい」
莉子「今日の…。決勝戦で…」
莉子「どう、思ってたんですか…?」
尭深(本編)「…」クビカシゲー

尭深(本編)「…正直…」
尭深(本編)「あっぶねー、って思ってましたよ」ニッコリ
莉子「…。あは、同じなんですね」
尭深(本編)「ええ。同じです」

哩「ほんなごと…」
姫子「またも!」
哩「ほんんちょこっとん差やったと」
哩「やけど、そいの埋められんやけどね」
哩「そいば強さよ」
尭深(本編)「ええ。ヒヤヒヤでしたよ」
哩「…んー」
姫子「会話!」ペシペシ

尭深(本編)「どこが勝っても…。おかしくなかった」
姫子「そー言うてもらえるっち、なんよりたいね」
尭深(本編)「阿知賀とどこが、でしたけどね」
姫子「…あーね。阿知賀ん大将は…。やばかかもしれんね」
尭深(本編)「わたしは直接闘わないので良いんですけど」
姫子「あ、そーゆう感じなん?」アハハ

莉子「…」トテトテ
姫子「…?」
莉子「ありがとうございます」マイルオシリペシペシ
哩「んー…」
姫子「え!?なんしよん!?」
莉子「え、そういうルールなのかと…」
姫子「ちごうとるか!」

ギャーギャー

仁美「おおう…これトイレ…」
尭深(SS)「フフフ」
仁美「…見てはでけんやつやね」ハヤオクリー
美子「見よるじゃなか」
仁美「あーね」
尭深(SS)「大丈夫。今回はうつってない」
美子「今回は!?」

照『尭深ー』

仁美「あーね…。ん?チャンプやね」

尭深『あ、み、宮永先輩ー』
照『うん。宮永先輩です。控室こっちだよねー。わたし迷ってないよねー?』

仁美「へえ、チャンプっち普段こぎゃん感じなんね」
美子「ちょぃ、イメージば違うとね」
尭深(本編)「あ、あまり普段の先輩は見ないでいただけると」
仁美「あーね」ハヤオクリー
仁美「んん?あ、さっきの哩や」トメー
美子「特になんも変わったもんはうつっちなかね」
尭深(SS)「それはそう。わたしだって、同じだから」
仁美「ん?」

尭深(SS)「…」ズズズ
梢「…。落ち着いてますね」
尭深(SS)「お茶のおかげ」ニコ
梢「そうですね」ニコ

尭深(SS)「でも…」
尭深(SS)「暴れる人もいるかも」ズズズ


ーーーーー宮永照サイド
公園

尭深(SS)「ほらほらどうした!」
尭深(SS)「ラリってオツムがハッピーになってんのか!?」ドゥッ!
竜華(SS)「この…!」

恭子「あっちの建物でも動きないなあ」
照(本編)「わたしのお菓子たち…」
憩「結局恭子りんも落ち着いてるやんか」
恭子「なんや、アホらしなってきたわ」
恭子「あと、恭子りん言うなや」

照(ドラマCD)「あらら、勝手なことされちゃ困るなあ」
照(本編)「わぁう!」
恭子「お前、目的はなんなん?」
照(ドラマCD)「目的?」
恭子「せや。なんやなし崩し的に巻き込まれとるけど…」
恭子「わたしら明日試合やねん」
恭子「できるんなら放っといてほしいんやけども…」

照(ドラマCD)「責任をとってもらおうと思ってさ」

恭子「責任…?」
照(ドラマCD)「ずいぶん勝手だなあってさ」
恭子「なに言うてるかわからへんよ」
照(ドラマCD)「ま、わたしはまだマシな方だけど」
恭子「だからやな…」


ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!
ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!
ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!

パァアァァァァ…!

やえ「お、向こうでなんか光ったぞ」
憩「なんやろ~?」
照(ドラマCD)「…!あんまり時間が無いか…」
照(ドラマCD)「尭深!」
尭深(SS)「ヤー!」
照(ドラマCD)「宿舎へ」
尭深(SS)「ヤー!置いてくぜミズハッピータイム」シュッ
竜華(SS)「っさいわ!行くで怜ちゃん!シュッ

照(ドラマCD)「清澄の宿舎…。覚悟があるなら来なさい」シュッ

照「宿舎…!」
やえ「お。文字が消えたぞ」
恭子「ある程度接近すると浮かぶってことか…?」
憩「じゃ、行こうや~」
照「待って…」
憩「ん?」

照「覚悟があるならって言ってた…」
照「皆は、わたしが巻き込んだだけだから…」
やえ「何を今更…」
恭子「…。いや、そうした方がええかもしれんわ」
憩「え~?」
恭子「さっきの渋谷銃うっとったやろ?」
恭子「これ、着弾のあとやんな」ジメンイジリー
やえ「…。弾は無いけど、十分えぐれてるな」
恭子「せやろ?これ、当たったら普通に死んどるで」
憩「う…」

恭子「なんや感覚が麻痺しとるけど…」
恭子「相当危険なんは事実やろ」
照「できれば…。付いてこないでほしい」
憩「そか~。照やんがそう言うんやったら、やなあ…」
憩「ガイトちゃんとこ行っとくわ」
やえ「…。そうだな」
照「今までありがとう」

憩「何言うてん。お別れやあるまいし…」
照「…なんとなく」
憩「それに…。恭子りんいるなら安心やろ~?」
照「…え?」

恭子「恭子りん言うなや…」
恭子「ほれ、宮永行くで」
照「え、いや、恭子りんも…」
恭子「うっさいねん。あんた1人やったら迷子なるやろが」
照「う…」
恭子「ほんならな。荒川に…。えーと、誰やったっけ?」
やえ「小走やえだ!このニワカが!」
恭子「冗談やんか」

やえ「全く…。いいか宮永照!」
照「?」
やえ「個人戦でお前に土をつけるのは、わたしだかんな!」
照「…楽しみにしてる」
やえ「ニワカは相手になら…」
憩「はいはい、やえやん行くで~」ズルズル
やえ「わっ!なにをしゅる!言わせろ!最後まで!」
憩「ほんなら~。じゃ、照やん決勝でな~」フリフリ
照「フフ。そうだね」

恭子「荒川も怖いやつやなあ」
照「…恭子りんの方が怖いかも」
恭子「なんでやねん」
照「あんまり、わたしに優しくしないで」
恭子「アホか。優しくなんかしてないわ」
照「…。だったらいいんだけど」
恭子「ほれ、行くで」テヲサシノベー
照「…??」
恭子「なんやのん。ほれ、手ぇ」
恭子「つながんとまたどっか行くやろ?」
照「…ん」ギュッ

恭子「ん。ほなら行こかー」
照「…うん」


ーーーーー蒲原智美サイド
車中

智美「きぬちんありがとなー」
絹恵「なんも、構いません」
洋榎「はぁああ…」
絹恵「なんやのんお姉ちゃん」
洋榎「いや、おかんに似てくなあ思ってなあ」
絹恵「誰が?」
洋榎「絹が」
絹恵「当たり前やん。娘なんやし」
洋榎「そらそやな」ケラケラ
絹恵「変なお姉ちゃんやなあ」
衣「変だなあ」
洋榎「うっさいわ!」

智美「で、もう大会会場に行けばいいのかー?」
浩子「ええ、おそらくそこで合流できると思います」
智美「だと良いなー」
浩子「しっかし…。なんであいつらグルグル回ってるんやろなあ…」
絹「分からへんの?」
浩子「うーん…。想像もつけへんのよねえ」

泉「電磁石みたいなもんちゃいますの…」

浩子「ん?」
泉「分かりませんけどねえ…」
浩子「泉。今なに言うた?電磁石?」
泉「いや、適当ですわー」
浩子「ええから言い」
泉「さっき言うてましたやん。結界がどうとか」
浩子「ほんで?」
泉「結界の強さが磁力みたいなもんやったとしたら」
泉「あいつらがコイルみたいなもんなんかなあって…」
浩子「…!!」
泉「ぐるぐるまわる度に結界の強さが増してるんやとしたら…」
泉「電話が繋がらなくなっていった理由になるかもなあって…」
泉「ほんなもんあるか分かりませんけどねえ…」

衣「…。あり得るかもな」
智美「おー、いずみん鋭いかもなあ」
泉「そらどうもですー…」
浩子「泉…」
泉「なんですー?」
浩子「あんたそれっくらいのんが…」
浩子「や、ええわ…」
泉「そうですかー…」

浩子(調子に乗らんかったらこんだけ鋭いのになあ…)
浩子(…褒めたら調子に乗るから言わんでおこ…)


ーーーーー大お泊り会実行委員会支部 攻撃隊サイド
宿泊所前

久「…やっぱり、ここだったって訳ね」
照(SS)「やっぱり部長さんかあ…」
照(SS)「わたしと咲ちゃんの邪魔をするのは」
久「わたしからしたら…」
久「邪魔なのはあなたなんだけどね」ギロ
照(SS)「おっかないなあ」
久「わたしを待っていたってわけ?」
照(SS)「いやいや、すぐにでも咲ちゃんのところに行きたいんだけど」
照(SS)「ちょーっと、厄介な事になっててね」
久「厄介?」

照(SS)「こっちの話」
照(SS)「ま、いいや。ちょっとあなたには」
照(SS)「痛い目をみてもらうつもりだったから」
久「ふぅん。どうしてくれるのかしらね?」
照(SS)「あんまりあれだぞ。調子に乗るといっちゃうぞ」
照(SS)「ほんとギギギといくぞ」
久「ぶれてるわね」
照(SS)「馴染まなくてね」

照(SS)「皆」

誠子(SS)「イエスマム」シュッ
菫(SS)「呼んだか」シュッ
淡(SS)「はいはーい」シュッ

照(SS)「あれ、尭深は?」
淡(SS)「向こうの手伝いにいってるー」ヘラヘラ
菫(SS)「まあ、全員でかかる必要もないだろ?」ユミカマエー
誠子(SS)「あの巫女2人も特に攻撃手段を持っている訳ではなさそうです」

巴「久ちゃん…!」
春「全員武装してる…」
久「…。美穂子」
美穂子(SS)「はい」シュッ
久「ごめんなさい。お願いできるかしら」
美穂子(SS)「うえ…。久さんのためなら」
久「…。名前で呼んでくれるのね」
美穂子(SS)「約束しましたから」ニコ
久「嬉しいわ」

照(ドラマCD)「ただいま」シュッ
照(SS)「あ、帰ってきた」
照(ドラマCD)「結構厳しいかも」
照(SS)「えー」
照(ドラマCD)「でも、大丈夫」
照(ドラマCD)「竹井久を、とってしまえば」
久「…!」

尭深(SS)「ヒュー!コイントスには間に合ったか?」
誠子(SS)「来たか…」
尭深(SS)「待たせちまったか?朴念仁」
誠子(SS)「任務が遂行できれば良い」
照(SS)「ん。虎姫が揃ったね」

竜華(SS)「福路さん!」シュッ
美穂子(SS)「清水谷さん…!」

照(ドラマCD)「2人揃ったか…」

憧(SS)「お待たー」シュッ
竜華(SS)「ん?憧ちゃんやん!」
美穂子(SS)「新子さん!」

照(SS)「iPSガチアイドル新子憧!」

憧(SS)「灼さんが…」
竜華(SS)「そや、灼ちゃんどないしてん…」
灼(SS)「…いえい」シュッ
竜華(SS)「灼ちゃ…。ボロボロやんけ!」ガビーン!
美穂子(SS)「この傷…。まさか死神に…」
灼(SS)「油断した…。あと、アイスティー買ってきた」

照(SS)「iPSネクレズ鷺森灼!」
照(SS)「…4人揃っちゃったね…」
照(ドラマCD)「1人怪我してるから大丈夫だと思うけど…」
照(SS)「皆いける?」

尭深(SS)「ヤー!」
菫(SS)「問題ない」
淡(SS)「誰からぶっ飛ばそうかなー」ヘラヘラ
誠子(SS)「命令を」

久「美穂子その子達は…」
美穂子(SS)「大事な…仲間です」
久「そう、そっちのあなたには…」ニコ
美穂子(SS)「…はい」ニコ
久「お願いできる?」

美穂子(SS)「皆さんお願いします」
竜華(SS)「任せとき。なー、怜ちゃん、なー」
憧(SS)「逃げない竹井さんって新鮮ね」
灼(SS)「まかせ…」
美穂子(SS)「久さん。指示を!」

照(SS)「ゴー!虎姫!」バッ!

久「全員散って!」


ーーーーー原村和サイド
宿泊所近く

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

和「??なにかおおひなおふぉがひまふね」
美穂子(本編)「本当ね、何かしら?」
和「ゴクン。ごちそうさまでした」
美穂子(本編)「ウフフ。美味しかったかしら」ニコ
和「とっても」ニコ

美穂子(本編)「宿舎でなにかあったのかしら?」
和「ちょっと急ぎましょうか」
美穂子(本編)「そうね」

トテテ

カン!

その29へ続く!

【咲-Saki- ドッペルSS】Index