くろもちです。

1月中にちょこちょこメニューバーを作成しましたが
なんと2月からライブドアブログのデザインで
簡単に作れるようになっていました。
あひゃ~すばら~。

とまれ、全国編も5話。
いやあ、毎回言ってますが
面白いですね!

アニメオリジナルの追加シーンもありますし
何度か記事にも書いておりますが
原作本編が必要な事をも描かない、という
スタイルをとっていると
わたしは考えていますので
その描かれなかった部分の捕捉、補完といった意味でも
非常に楽しんでおります。

今後も控室での
霞さんとトシさんの解説合戦が見ものです!

そう考えると以前書きました
京太郎記事での妄想
あながち間違ってはいなかったかもなあ、なんて…。

しかし、まあ展開が早い!

5話で次鋒戦終了まで進むとは…。

さあて、そんな全国編5話は…。

まずいくのんがついに登場しましたね。

わたし、このいくのんとっても好きです。
いわば、白いくのんでしたね!

なにやら二次創作では腹黒キャラとか黒幕キャラとか…。
何を考えているか分からない黒いくのんが人気ですし
確かに原作でも後々の変身させキャラとかもあり
ちょっとそういう感じも出ているのですが…。

わたしはこういう底抜けに脳天気な
白いくのんで良いと思っていたのです!

本編9巻のP75で
他の大人キャラに避けられている描写も
白すぎてめんどくさいということで…。

すばら!です。

先鋒戦終了間際の姫様の二度寝についても
追加がされてましたね。

姫様が何故麻雀をしているのか…。
についてちょっと触れられましたね。

さらにここではトシさんの解説が絶好調です。

======

天の八重たな雲を押し分けて
稜威の道別き道別きて
天の橋にうきじまりそり立たして
竺紫の日向の高千穂のくじふる嶺に天降りまさしめき。

『古事記』より======

あまのうきはし~の部分が省略され
文末がちょっと変更されてましたが
古事記の天孫降臨の一節でしたね。

ご存知無い方のために簡単にいえば
天照が孫の瓊瓊杵尊を高天原から
地上の高千穂に遣わしたのですよー
という事なのです。

ここのシーンで重要なのは
トシさんが姫様を
天照ではなく瓊瓊杵尊と重ねていることでしょうね。

そもそも姫様が下ろす九面神とは
瓊瓊杵尊に付き従った神々ですので
神代小蒔に九面神が降臨するという内容を知っていれば
さほどこの重ね合わせも難しくは無いのでしょうが…。

トシさんは一体どういった思考経路で
ここに辿り着いたのでしょうかね…。

もしかしたらトシさんは…。
霧島神境から姫様を遣わした
何者かがいる、と睨んでいるのは…。

このお話は長くなりすぎるので
このくらいにしましょうね。

それでいて次鋒戦です。

エイスリンの能力描写が追加!
これは…。難しい!

ぱっと見は
枕神怜ちゃんの上位互換ぽいんですよね。

理想の牌譜を描き出す際に
他家の手配も透けて見える、ような描写でしたが
手配が透けて見えているというよりは
他家も当然自分が想定した通り打つであろう、という前提の元
ロジックを積み重ねて描き出された理想の牌譜
を、卓上に再現するという感じなのでしょうかね。

エイちゃんが想定していない
打ち筋には対応できないということから
そこに強制力はないようで…。

しかし能力発動は任意で同局内でも複数回行える様子。

実際にその牌譜を見たことがあるか、ないか
の違いはあれども
まこの能力にも近いのかもしれませんよね。

ということは、まこと同様に
エイちゃんのレベルアップも可能では…。

また、まこの能力って書き方をしましたが
シロも持っている感じだった
魔物レーダーにはまこは反応しなかった模様ですよね。

まこは…。能力を使っているわけではないのかも…。
やっぱりまこって作中でもかなり
異質な存在だと思うのですよね。

ふんふむ。

実はエイちゃんの能力については
以前書いた能力分類の記事
コメントしてもらった内容を元に
ちょっと時間があいてしまっておりますが
現在もちょこちょこ書き進めていた最中でして
まさに第1回記事として
こんな感じの事を妄想する
まこさんVSエイスリンを予定していたのです!

今回の放送分でちょっと…いや
かなり書く内容が増えますね!
また完成が遠くなりましたね!
ウフフ…。

さて、全国編アニメで描かれる
このBブロック2回戦については
ある程度予想はできたことではありますが
やはり宮守視点でお話は展開しているようですよね。

今回の次鋒戦では…。
エイちゃんからしたら
手も足も出ない絶望的な状況だったでしょう。

宮守応援陣からしたら…。
訳の分からない打ち方で
大天使から点棒をかっぱいでいく…。
まこさん本当にヒールでしたよね。

ただ忘れてはいけないのは
まこさん主人公高校のメンバーですからね!

それにわたしは
今回ちらっと出てきたあわあわもそうですが
ヒールになれるキャラって
やはり相応の魅力が必要だと思うのですね。

まこさんがヒール扱いされるのであれば
それはまこさんにも魅力があるということに
…なると思いたいのですけども。
なりませんかね。

まこさんがちょっと…になりそうな人は
BG最新号の咲日和を見ましょうね!

もしかしたら全国編のアニメでは
このBブロック2回戦を
いかにして勝ったか、というよりは
いかにして負けたか、を
より強調して演出していくのかもしれませんね。

そんなこんなで次回は中堅戦!
楽しみですねえ。

わたしとしては…。
胡桃の能力描写、に期待しているのです!
どうなんでしょうね。
なんとなあく、胡桃については現状
能力ば無いみたいな認識をされている気もするのですが…。

あと。アニメ追加で考えるならば
末原先輩が愛宕姉さんに敬語を使う理由
みたいなのが、描かれたらいいなあ
と思っておりますよーぅ。

最後に、次回予告のすこやんが
やけに可愛くみえましたのだ!

さてさて、今回は以上!

カン!

あ!大事な事を言い忘れてました。
タイトルにもしたのに!
皆さん見ました?

次鋒戦終了後。
あ、姫松のコントでは無くて…。

はるるのおもち。

まさか揺れるとは…。

なかなかのものをおもち…。

おもち…。

もいっこカン!

咲-Saki-全国編関連Index