くろもちです。

毎度のことながら
今夜もこちらで咲らじですよーぅ。

先日咲らじ記事を書いてみたところ
たくさんコメントがあったので
また別個記事を書こうかなと思っているのですが
実は感想記事を書いていてちょっと問題が。

ペースが早い!

やはり毎週アニメとラジオがあるっていうのは
とてつもなくすばらなことで
何度も書いておりますが
昨年わたしがブログをはじめたきっかけ自体が
咲成分に飢えていたからでありますので…。

先週土曜日から考えれば
BGでシノハユと咲日和を見て
日曜日にアニメを見て
水曜日に咲らじを聞いて…・

…大富豪か!

贅沢すぎますよねえ。

正直第1話が始まったのが
ついこの間な感じなのですよ。

もう4話ですからね。

大体1話が25分と考えても
もう全国編のアニメを100分も見たのですから…。

劇場版1本分ですよ?

しかし、そう考えると…。
もう年明けから一ヶ月経ってしまうわけで…。

いやいや、まだまだ小清水さん言うところの
正月ロスタイム、ですからね!

と、咲らじ全国編第1牌より抜粋したところで
全国編アニメの第4話ですよーぅ。

ふんふむ。

もう、なにも言うことは、無い!
面白い!すばら!
漫ちゃんが動いた!わーいわーい!

です。

しかし、それだとあまりにもなので…。

掲題の件について。

咲-Saki-がアニメになるにあたり
わたしがどうしても注目してしまうのは
麻雀の動作がとても綺麗に表現されていること。

今回も先鋒戦がはじまり
優希、シロ、姫様、漫ちゃんが
サイコロ回す、配牌取る
理牌する、自摸る、切る、鳴く
立直する、などなど…。

わたしだけなのかもしれませんが
麻雀の所作のシーンだけ眺めてても飽きないのです。

みんなちょっとづつ違うところに
こだわりが見えますよねえ。
姫様は自摸る時にちゃんと袂を抑えてたり…。

基本は皆親指での置き切りですね。
皆指先も綺麗。
本当に見入ってしまいます。

また、今回カッコ良かったシロですが
シロの切り方だと
実際の雀荘では多分
親指で牌が見えない!と
怒られちゃいますので注意が必要かもです。

でも、真似したくなりますよね。多分。

ちなみにわたしは…。
あんまり意識して無かったのですが
今実際に麻雀牌使ってみたところ基本縦切りですね。

アニメ追加シーンについては…。
未見の方は、ご覧になれば分かります。
たくさん増えてます。

やはり、アニメの本編補完的役割はあるようで
しかしそうなると、無印の例の台詞なんかも…。
と思ってしまいますね。

控室の描写も良いですね。
コマには入っていませんでしたが
清澄の控室にやはり京太郎はいたのです!
お盆を持って立っていたのです!

姫松の控室で
いくのんがちらちら見切れているのが凄く気になります!

あと、巴ちゃんが凄い喋ってます!
びっくりです。とてもすばらですね。

さらに、自分でもびっくりしたのですが
純君が凄くかっこ良く見えました。

最後に…。
EDは永水バージョン。
最後の止め絵。
分かってるんです。
黒糖の袋だっていうのは分かってるんですが…。

はるるが缶ビール持ってはしゃいでるように
見えちゃったのです…。

今回は以上!

カン!

あ、書き忘れてました。
わたし、永水と小蒔のアクセントが
どちらも平板だと思っていたので
ちょっと違和感あるのですが…。

皆さんは一文字目アクセントで
読んでました?

ということで
もいっこカン!

咲-Saki-全国編関連Index