塞「めんこいは普通に使うの!」 豊音「えー、使わないよー」の続きです。

ーーーーー大お泊り会実行委員会本部サイド
大部屋

白望「さあ、これでわたしたちの勝ち、だね」
玄(SS)「ぐぐぬぬぬぬ…」
玄(中の人)「もう諦めようよ。お腹も減ったし」
玄(謎生物)「肉じゃが食べたいのです!」ガオー

穏乃「わーい!玄さーん!」フリフリ
玄(本編)「しずちゃー!」フリフリ
灼「ま、よかったとおも…」フリフリ
玄(本編)「あらたちゃー!」フリフリ
憧「なんとかなったわね」フリフリ
玄(本編)「あこちゃー!」フリフリ

玄(SS)「…」
白望「…??」
玄(SS)「……するいのです」ボソ
怜「ん?」

玄(SS)「わたしだって…わたしだって頑張ったのに!」
玄(本編)「…え?」
玄(SS)「…アホだなんだって言われるのです…」ジワ
玄(SS)「…ドラ置き場だなんだって言われるのです…」ジワワ
玄(本編)「あ…」

玄(SS)「…ううう」ジワワ
玄(SS)「…羨ましかったのです…。こっちのわたしが…」ポロ
玄(SS)「…皆に好かれてて…。楽しそうに…」ポロ
玄(SS)「…ふぐっ…。うぅぅ…。うえええええ」ポロポロ
玄(SS)「うえぇぇぇぇんうえええええん」ポロポロポロポロ

怜竜華セーラ由子漫豊音穏乃「「「「「「「あ…」」」」」」」

宥「くろちゃ…」

竜華「や、あの。ほれ…」
由子「そんなことホンマは思ってないのよ~?」
漫「えーと、そう、あの、その…」
怜「せや、玄ちゃんがかわええから、やな…」
セーラ「そやで!いじったらかわええゆうか」
豊音「ごめんなさいだよー…」
穏乃「…うぅ…」

初美「分裂人格が…。あんなことを思うなんて…」
霞「他の世界線が…」
初美「え?」
霞「本当に怜ちゃんの言うように作られたのだったら…」
霞「…。まさに今ここが、その縮図になっているのかも…」
初美「霞ちゃん…?」

霞(わたしも含め…ね…)

玄(本編)「…ごめんね」ギュー
玄(SS)「ふええぇぇえ…。うあぁん…」ギュー
玄(本編)「きっと、わたしのせいなんだよね」
玄(本編)「あなたが嫌な思いをしたのはわたしのせいなんだよね」
玄(SS)「ふぐぅぅ…」

玄(本編)「わたし、もっと頑張るから」
玄(本編)「わたし、もっと強くなるから」
玄(本編)「そうすればきっと…」
玄(本編)「あなたがそんなこと言われないように…」
玄(本編)「きっとなるから…ごめんね…」
玄(本編)「ごめんねぇ…」ギュー

玄(中の人)「第2問!とかやっちゃ駄目かなあ」
セーラ「うっわ、空気読まんやっちゃなあ」
宥「いいよ」キッ
玄(中の人)「え?」
宥「第2問。次はこっちの番だよね?」マフラーブワー
玄(中の人)「あ、うん…」
宥「じゃあ、玄ちゃんが大好きな人を当てるよ」スッ

白望(ああ、これが…)
白望(これが、おねえちゃー、なのかぁ…)

白望「ん。後は任せる」
漫「ほんな好きなんはおもちやーとか言い出すんじゃ…」
由子「こら!」デコピン
漫「いたっ」
由子「黙って見てるのよ~」

宥「…皆お願いね」トテトテ

穏乃憧灼「「「…!」」」

穏乃「はい!」トテテ
灼「しかたな…」トテトテ
憧「はぁ…ほんとにもう…」トテトテ

白望「ああ…」
白望「そっか。そういうことか…」
塞「シロ…?」
白望「ダル、くは…ないか…」フフフ
塞「???」

宥「玄ちゃん?」ギュ
玄(SS)「うえ?おねえちゃ…」
宥「わたしも、ごめんね?」
玄(SS)「おねえちゃー…。あああ…」ポロポロ
宥「玄ちゃんは玄ちゃんだよ?」
宥「玄ちゃんはとっても優しくて」
宥「まわりもいっつもあったか~くしてくれる」
宥「とっても良い子なんだよ?」
宥「だから、あなたもきっとそうなんだよ?」

宥「わたしはあなたも、大好きだよ?」ギュー
玄(SS)「うううう」ポロポロ
宥「だってわたしは玄ちゃんのおねえちゃんだから…」
宥「あなたのおねえちゃんなんだから…」ギュー
玄(SS)「おねえちゃ…」ギュー

穏乃「そうですよ!」ギュー!
玄(SS)「しずちゃん…」
穏乃「わたし達が大好きな玄さんだもん!」
穏乃「そうだよ!嫌ならこっちにずっといてもいいよ!」
穏乃「じゃなかったらわたしがそっち行くよ!」
穏乃「玄さんをいじめるやつをぶっ飛ばすから!」ギュー
玄(SS)「しずちゃ…。さっきホントのアホって」グスグス
穏乃「わーわー!」ギュー!!!
玄(SS)「くるし…」
穏乃「…ごめんなさい」ギュー

灼「はいはい…」ギュ
玄(SS)「あらたちゃー…?」
灼「穏乃は玄に甘えてるだけ…」
穏乃「うう…」ギュー
灼「こっちで…。あと1つ。勝つ」
灼「頂点まで行く」
灼「玄となら、出来る」ギュ

灼「それに玄には…」
灼「わたしを誘った責任があ…」
灼「だから…。もう泣かないで…」
灼「あなたは…おもちおもち言って笑ってて」
玄(SS)「あらたちゃ…おもちそんなに…」
灼「うるさ…。ちょっとはある…」ギュー

憧「はいはい。アンタ達も一緒にね」ヒキズリー
玄(謎生物)「ですのだ!」ガオー
玄(中の人)「いやあ、わたしは結構ですけど」
憧「はいはい。うるさいうるさい」ギュー
玄(謎生物)「ギュム」
玄(中の人)「きゃあ」

憧「玄はさあ…」ギュー
憧「知らない内に凄いことやってる娘なんだよ」ギュー
玄(SS)「あこちゃ…」

パァアァァァァ…!

初美「あ、分裂人格が…」
霞「条件が…揃ったのね…」

憧「わたし達は…。阿知賀は…」
憧「玄がいたから集まったんだもん」
憧「あなたの世界がどうあれ…」
憧「阿知賀が麻雀をしているなら…」
憧「それは、あなたがいるから、だよ?」

憧「それに!他の誰かがどう言おうと」
憧「わたしたちはあなたを好きなんだから…」
憧「わたしたちだけは、変わらないから…」
憧「あなたも、それだけは忘れないで」ギュー

玄(SS)「ふえ…。うわあぁあああん」ポロポロ
玄(SS)「あぁあ…」ポロポロ

玄(本編)「ね?これが…」ギュー
玄(本編)「阿知賀の皆が、わたしが大好きな人、だよ」
玄(本編)「とってもとっても、大切な人、だよ」
玄(本編)「ちょっとだけだけど…。あなたにその温もりを分けてあげるね」ギュー
玄(本編)「もう、大丈夫だよ」
玄(本編)「もう、大丈夫だから…」ギュ

宥「くろちゃん」ギュー
穏乃「玄さん」ギュー
灼「玄」ギュー
憧「くろ」ギュー

玄(本編)「忘れないでね。わたしたちがいること」ギュー
玄(SS)「うん…。うん…。」ギュー

シュウウウウウ…

玄(SS)「わたしも…。頑張る」
玄(SS)「こんなに大好きな人達がいるんだもん…」
玄(本編)「うん」
玄(SS)「優勝…してね…」
玄(本編)「う、うん。でも、ドラが…」
玄(SS)「あ、そうなんだ…」
玄(本編)「…ごめんね?だからもしかしたら…」

玄(SS)「…じゃあ、わたし達のドラゴンも連れて行って」

玄(本編)「えっ…?でもそんなことしたら…」
玄(SS)「あなたが本体なんだもん。だったらそれが一番だもん」
玄(中の人)「わたしは…。あんまり役に立つか分からないけど…」
玄(謎生物)「ですのだー!」ガオー!

シュゴオオオオオオオ!グオオオォォォォンンン…

霞「…!!これは…」
塞「なに、これ…」
初美「あ、臼沢さんも見えるですかー?」
塞「三つ首のドラゴン…」
霞「本編玄ちゃんに吸い込まれて…」

シュウウウウウ…

玄(SS)「じゃあね。ありがとう。皆…」
玄(謎生物)「お別れですのだ!」ガオー
玄(中の人)「お疲れ様でしたー」

玄(本編)「うん…」

玄(SS)「さよなら…」
玄(SS)「本当に…」
玄(SS)「ありがとう…」

シュウウウウウ…

ウゥゥ……

……


宥「くろちゃん?」
玄「エヘヘ。松実玄、ただいま戻りました!」ケーレイ!

宥「くろちゃ~~~~~!!!!」ギュー
穏乃「良かったー!」ギュー
灼「本当に手間のかか…」ギュー
憧「フフ!くーろ!」ギュー

キャッキャ

由子「ドラローちゃんが1人になったのよ~…」
怜「…これで終わったんかな」
白望「やれやれ、厄介だったね…」ポリポリ
漫「ええ話やなあ」グス
豊音「ちょー感動的だったよー」グスン

竜華「あれ?怜と小瀬川さんちょっと泣いてへん?」

白望怜「「!!」」

セーラ「あ、ほんまや」
怜「なに言うてん。そんなんちゃうわ」グシグシ
白望「ダルくてあくびしただけ」グシグシ

ナイテルヤン ナイテヘンワ ダル

セーラ「ちょぉ、ふざけすぎたんは反省せなな…」
豊音「うん…」
由子「そうやね~…」

霞(巫山戯る人…)
霞(傷つく人…)
霞(見てる人…)
霞(守る人…)
霞(戦う人…)

霞(分裂玄ちゃんの世界線自体が…)
霞(そんな人々の勝手な思いの中で作られたというの…?)

穏乃「玄さん玄さん」スリスリ
灼「ウフフ」ギュー
憧「あれ…?くろ…?」ギュー

玄「あづ…。くるし…」キュゥ

宥「く、く…」
宥「くろちゃ~~~~~!!!!」

霞「これで…。終わりと考えて良いのかしら…」

小蒔「zzz」


……………。
……………………。

玄「zzz」
宥「くろちゃーん、ウフフ」ナデナデ
玄「んあ…、おね…ちゃー…むにゃ」zzz
宥「ウフフフ」ナデナデ

怜「宥姉やんの膝枕玄ちゃん独り占めかいな」ゴロゴロ
竜華「ウチので我慢してなー」ナデナデ
怜「ふん。まあ…。使い慣れてんのが一番やな」ゴロゴロ
竜華「さよかー」ナデナデ

白望「ダル…」グデー
灼「お疲れ様…」チョコン
白望「わたしだけちょっと違う…」
白望「だけど…。言うのもめんど…」
塞「ほんと、あんたちっこい娘好きね…」
灼「…!」
白望「ん。そうなのかな…」ナデナデ
灼「ん…」
白望「なんかぬいぐるみみたいで落ち着くのかもね…」
灼「…」

灼(まあいいか…)

霞「ひとまず、こちら側は落ち着いたかしら?」
怜「今のところは、やなあ」
初美「分裂解除できてない娘もいますからねえ」
灼「いえい」
塞「いえいではなく」
怜「そういや、竜華もやんなあ」ゴロゴロ
竜華「あ、そやった…」ナデナデ

霞「ええと…この2人…だけだったかしら…」
塞「わたしが見た限りだと…」
塞「あれ…。なんか忘れてるような…」

穏乃「あれ?憧ー?どこ行ったー?」
豊音「お手洗いじゃない?」

塞「…あ」

バアン!

塞霞「「憧ちゃん!!!」」

ギュン!

穏乃「え?」
憧(SS)「ふぅん…。こっちのシズも、やっぱいいわね」
穏乃「憧…?お前…?」
憧(SS)「フフ…」
穏乃「ちょ、顔近いよ…」

バアン!

憧(本編)「ちょ!なにやってんのよーー!!」
セーラ「うわーwwwまだ終わってへんのかい!」
漫「正直お腹一杯ですわ…」
竜華「やっぱり阿知賀厄介やなあwww」
灼「すみませ…」

塞「な、なんで!?さっき分裂しなかったのに…」
霞「モノクルで見てみて!」
塞「あ、そっか」スチャ
塞「あ…。なんだこりゃ…分裂する、になってる…」
霞「変化した、ってことかしら?」
初美「えー?それじゃあ他にも…」
塞「いや。憧ちゃんは元々ぶれてたから…」
塞「それが、こっちで固定しちゃった感じ、なのかな…」

憧(SS)「あらら、邪魔が入っちゃしょーがない」
憧(SS)「しーず?」
穏乃「え、な、なに?」
憧(SS)「あとでね」

ギュン

初美「あ!高鴨さん!捕まえないと!」
穏乃「あ!そ、そうだった」

ギュン

憧(SS)「やっはろー」
竜華「おわ。なに?」
憧(SS)「お仲間にご挨拶。多分こっちに来てるでしょ?」
竜華「あ、まさか、そっちのわたしと知り合いなんか?」
憧(SS)「そーでーす」
憧(SS)「なんか、困ってるみたいでね」
憧(SS)「引きずり出されちゃった感じ?なのかな?」
憧(SS)「じゃー、また後でー」
竜華「あ、ああ…」

穏乃「とりゃあああ!」
豊音「まてえええ!」

憧(SS)「いやん。シズから逃げるって新鮮!」
憧(SS)「でも、今は捕まる訳にはいかないのー」
憧(SS)「ごめんねー」

シュッ

穏乃「あ…。逃げられちゃった…」
怜「や、完全にわたしら油断しとったから」ゴロゴロ
白望「確かに…」グデー
宥「くろちゃーん」ナデナデ

漫「微動だにせず!?」

憧「ご、ごめんね。せっかく終わったと思ったのに」
穏乃「いや、憧のせいじゃ…。あれ?」
憧「ん?」
穏乃「いや、さっきまで本編って書いてあったのに」
穏乃「今無いな、と思ってさ」

霞「あら…?」

怜「ああ、そういやあ竜華やあらたそもやな…」
灼「あらたそ…」
セーラ「急にアダ名つけるなやwww」
怜「や、今思いついたわwww」

霞「ふんふむ…」
霞「ある程度分裂人格が側にいないと…」
霞「本編って文字も浮かばないってこと…?」

白望「逆に使えるんじゃない?」
霞「え…?」
白望「分裂人格を探すレーダーになるかも」
白望「…いや、駄目か。リスクが高い」
豊音「えー、ちょーいい方法だと思うけどー」
怜「とよねんアカンわ。分裂解除してへんから」
怜「事と次第によっちゃ、分裂人格が増えてまうやろ」
豊音「あ、あー。そうかー」

霞「分裂しているのはあと3人…」
穏乃「わたし、外に出ます!」
憧「シズ!?」
穏乃「このままここにいたって」
穏乃「これ以上は良くならない気がする!」
憧「でも…」

白望「灼、充電完了」ナデナデ
灼「はい」オリル
白望「穏乃に賛成」ヨッコイショ
塞「シロ?」
怜「それが良いかもやなあ」
竜華「怜?」

白望「もちろん。石戸さんに最終決定は任せるけど…」
霞「いえ、シロちゃんと怜ちゃんで決めて」
白望「…いいの?」
霞「これまでを見てたら、ね」
怜「あらら、信頼されてもうたなあ」ゴロゴロ
白望「出るよ?」
怜「わたしはここにいるけど」
白望「まあ、足手まといになりそうだし」
怜「せやろー?流石やろー?」ゴロゴロ

白望「わかった。これから打って出る」
白望「メンバーはわたしが決めるけど」
白望「異論はある?あったらダルいけど…」

ンーン フルフル

白望「まず、怜は除外」
怜「おふ。最初におみそかいな」
白望「自分で言ったんでしょうに」
豊音「あ、シロがツッコンだー」

白望「分裂未解除の3人はもちろん待機」
竜華「はいな」
憧「分かった…」
灼「はい…」

白望「石戸さんと薄墨さんは待機しててほしい」
白望「ここに攻め入られる可能性も無くはない」
霞「分かったわ」
初美「霞ちゃんと一緒ならなんでも良いです」

白望「同じ理由で、塞も待機」
塞「え」
白望「見れる人間がいないと怖い」
塞「そっか…ん。分かった」

白望「耐性持ちが2人いないと意味が無いから…」
白望「穏乃は行くでしょ?」
穏乃「もちろん」
白望「となると…今除外されたメンバー以外で…」
白望「動くのが得意な人を2人選ぶとしたら…?」
セーラ「ま、オレやろうな」ズイ
白望「だよね。あとは…」

白望「ウーン」ポリポリ

セーラ「頭抱えてもうたなwww」
怜「竜華が動けりゃ竜華やろけどなあ」
竜華「多分なあ」
灼「阿知賀は…」チラ

宥「フフフ」ナデナデ
玄「むにゃむにゃ…」zzz

由子「漫ちゃんやろね」
漫「わー、やっぱりそーなりますか?」
豊音「わたしは運動ちょー苦手だよー」

白望「うん。てことは…はぁ…」
白望「豊音は待機」
豊音「りょーかいだよー」
白望「…。わたしが出る」
塞「大丈夫?」
白望「穏乃、セーラ、漫、だよ?」
塞「アハハ…」

由子「ひっどい面子なのよ~」
怜「wwwwww」
セーラ「並べられたらびっくりするわなwww」
漫「え、いやいや、ウチは違いますやん」
由子「一緒なのよ~」
漫「えー」
由子「ま、恭子も探してくればええのよ~」
漫「…!あ、ああ、そやった…」
由子「フフフ~なのよ~」

白望「この4人で出る…」

小蒔「待っててください!」
小蒔「宮永さん!」

ビク!

竜華「なんやなんや」
怜「でっかい寝言やなあwww」
初美「姫様!?起きたのですかー?」

小蒔「わたしも行きます」フンス

白望「…え」
霞「こ、こまきちゃん…?」

小蒔「ようやく、ゆめが、つながりました」

カン!

その28へ続く!

【咲-Saki- ドッペルSS】Index