美幸「あっ!梢ちゃんがツボった!」 梢「そ…。ムフ。そんなこ…ウフフフッ」の続きです。


-------------------
龍門渕邸近く

咲「…」キョロキョロ
咲「…」キョロキョロ
咲「…??」ンー?
咲「うう…。この辺りだったと思うんだけどなあ…」
咲「やっぱり誰かについてきて貰えば良かったよ…」

咲「方向は間違ってないと思うんだけどなあ…」トボトボ
?「あら?宮永妹さんちゃう?」
咲「えっ?」バッ
?「あー、やっぱりやー。ほれほれウチやウチ」
咲「あっ!」パァァァァ!
咲「清水谷さん!」トテテ
竜華「そやでー、清水谷さんやでー、って」
咲「知ってる人に会えたよー」ギュッ
竜華「おっとっと…。なんや甘えん坊さんやな」ナデナデ
咲「良かったよー」ギュー

竜華「えっ?もしかして迷子なってたん?」
咲「…はい」
竜華「なんで?」
咲「なんででしょうね?」テヘヘ
竜華「わかれへんわ」アハハ
咲「清水谷さんはどうしてここにいるんですか?」
竜華「んー。ちょっと秋季大会のことでなあ」
咲「あっ。チームですか?」
竜華「せやでー。咲ちゃんも?」
咲「はい。本当はお姉ちゃんと組もうと思ってたんですけど…」
咲「特別招待選手同士は組めないらしくって…」

竜華「宮永姉妹コンビかあ…」
咲「なので出なくても良いかなあって思ってたんですけど…」
咲「それも…」
竜華「咲ちゃんそれはアカンわ」
咲「えっ?」
竜華「こないだの大会であれだけのことやってくれたんや」
竜華「そらもう、皆咲ちゃん倒したくてウズウズしとるやろ」
咲「ええー?それはそれでやだなあ」
竜華「まあ、その点は大会運営グッジョブやったなあ」ボソ
咲「えっ?」
竜華「いやいや、なんも言うてへんでー」アハハ
竜華「麻雀してへん時はこんなにちんまいのになあ」グリグリ
咲「ひゃー、やめてくださいよー」キャッキャ


-------------------
電車内

和「モゴモゴ」
和「!!」キュピーン!
優希「どーしたのどちゃん?」
和「かなりこんなことをしている場合では無い気が!」バッ!
和「関西弁を操る女が咲さんに近づいている気がします!」

優希「…」
優希「兵庫県銘菓の玉椿と」
優希「ユーハイムのバウムを両手に…」
優希「何を言ってるんだじぇ…」
和「…。あ、そうだ!」
和「ゆーきゆーき!写真とってください!」
優希「はいはい」リョウホウクチニホウリコミー
和「モゴモーゴ」ニッコリ

優希(でもわりと本気で)
優希(こんなことをしている場合では無い気が…)
優希(いやいや、でも、まあ…)
優希(のどちゃんに、とことん付き合うしか…)
優希(一緒にあの子を追いかけるしか無いんだじぇ…)
優希(あの人と連絡とりあってるのも内緒にしとくじぇ…)


-------------------
龍門渕邸近く

竜華「仮にやけどな?」
咲「はい?」カミグシャグシャニナッタ…
竜華「照やんとチーム組んだとして…」
咲「はい」カミナオシナオシ
竜華「3人目はどうするつもりやったん?」
咲「んー。お姉ちゃんが誘いたい人で良いかなって」
竜華「でもあれやろ?」
竜華「照やんもそう言うかもしれんかったやろ?」
咲「多分そう言うと思いますね」アハハ
竜華「何も考えてへんかったん?」

咲「んー。実は候補が2人いてですね…」
竜華「ほお?」
咲「多分この2人ならお姉ちゃんも納得するかなって…」
竜華「強いん?」
咲「んー…。どうでしょう?」
竜華「え?悩むところなん?」
咲「なんでしょう。多分竜華さんもそうだと思うんですけど…」
竜華「うん?」
咲「麻雀の打ち方」
竜華「ああ…確かに、そう、やな」
咲「清水谷さんやわたし達、とは違う強さですかね…」
竜華「ふぅん…」

竜華「あ。2人、ってことは…?」
咲「はい。その2人とチームを組もうと思ってます」
竜華「…。恐ろしいこと考えるなあ…」
咲「あと、わたしが気楽なのもポイントです」
竜華「なんやそれ」アハハ
咲「なんていうか…。甘えさせてくれるっていうか…」
咲「お姉ちゃんぽいっていうか…」
咲「この間の準決勝前に…」
竜華「あーあー、あの時なあ…」
竜華「大変やったもんなあ」
咲「なんか色々相性が良いんです。きっと」ニッコォ
竜華「そかー」

咲「あ!凄い!着いた!」
竜華「なんも凄いことあらへんやろwww」


……………。
…………………………。


一「ようこそいらっしゃいまし…?あれ?」
一「咲ちゃん!?」
咲「はじめさん!」
一「えっ?清水谷さんが来るのは聞いてたけど…?」
一「どしたの?」
咲「あ、こちら千里山女子の清水谷さんです」
竜華「はじめまして」
一「あ、失礼しました。わたしはこの館の主龍門渕透華の…」
咲「りゅーもんさーん!」オーイ!
一「咲ちゃん!?」

衣「あっ!やっぱり咲だ!」トテテ

竜華(おおう!ほんまもんの天江衣や!)
竜華(近くで見るとほんまにちっちゃいなあ!)

咲「あっ衣ちゃ、さん。こんにちは」
衣「今日はどうしたんだ?」
咲「えっと、今度の大会のチームのことで…」
衣「おっ、もしかして衣を誘いに来たのか?」

竜華(ああ、確かに天江なら…)
竜華(いやいや?天江は確かもうチーム決まって…)

咲「ううん!はじめさんを誘いに来たんだ!」
一「???」
衣「おー!はじめかー!良かったなはじめ!」
一「えっ???ボクを??」
咲「もしかしてもう決まっちゃって…?」
衣「いや、はじめは大会に出ないと言っていて」
衣「さっきもとーかに怒られていたぞ」
咲「良かった!」パァアアア!
一「いや、えっと…」
咲「じゃあ、衣ちゃん!はじめさん借りていくね!」ガシ
一「えっ…?」

咲「清水谷さんありがとうござましたー」トテテ
一「いや、えっと…。え???」
衣「いいぞー!いや!ちゃん、ではなく!」
竜華「ええっと…」
透華「ちょっとはじめ!なにをチンタラやってますの!」プンスコ!
竜華「あー、どうもはじめまして…」
透華「あら、失礼。えっと…。ウチのメイドは…?」
竜華「えーと、魔王に攫われていきよりました…」
透華「???」

衣「こらー!咲ー!ちゃんではないぞー!」

竜華「そしてウチは…」
竜華「ドラゴンに導かれたってところやな」ニヤ

透華「…話が早くて助かりますわ」
透華「でもその前に…」
透華「あなたの力、見せてくださるかしら?」
竜華「もちろん」
透華「衣も手伝ってくださるかしら?」
衣「ん?おお!咲に気を取られていたが…」
衣「此処にも妖異奇幻な打ち手がいたか」ゴォォ!
竜華「!」ゾクゥ

竜華(うっわー…。なんやこれ!)
竜華(嘘やろ…。アハハハ。やっぱわろてまうわ)
竜華(この子ほんまめちゃくちゃやなあ…)
竜華(怜…。やっぱり長野は魔境やったわ…)
竜華(けど…。おもろいやんか!)キュィイイイン!

透華「もう1人は…」
衣「いまそこで立ち聞きしている」
衣「佳織と成香にやらせよう!」
透華「…そうですわね」

佳織成香((ひいいいいい!?))


-------------------
松実館

玄「おーもちーもちーおーもちぃー♪」フンフン
玄「…ふぁ…ふぁ…」
玄「!」ピコーン!
玄「ふおっもちんっ!」
玄「…」
玄「くしゃみをおもちって言うのは難しいなあ…」

玄「なーんかこの間からくしゃみが出るよねえ…」
玄「風邪かなあ…」
玄「いやいや、今日はわたしも知ってるあの人達が」
玄「お客様として来てくれるんだから…」
玄「ウフフフ!見せてやろう!」
玄「ドラゴンロードのもてなしを!」
玄「なーんちゃってー♪」

玄「おーもちーもちーおーもちぃー♪」フンフン


-------------------
奈良駅

怜「まあ奈良はわたしからしたら近所やけどなあ」ゴロゴロ
淡「わたしは違うもん」
怜「なんやあわあわ、ご機嫌ナナメやないか」ゴロゴロ
淡「なんで新幹線のホームでも膝枕しなきゃなんないの!」
怜「しゃあないやん。病弱なんやし」
淡「ぐぬぬ…」

怜(チョロいなあ…)

淡「でー、3人目っていうのは…?」
怜「んー。ちょっと遠いところから来てもらう感じやな」
淡「わたしが知ってる人…?」
怜「どやろ。あわあわが知ってる人をわたしが知らんしな」
淡「そっかあ…」
怜「なんや不安なんか?」
淡「ん。ちょっと…」
怜「大丈夫やって。わたしがあわあわを守ったるから」
淡「膝枕してる人に言われてもなあ」アハハ
怜「そらそやなwww」

怜「あわあわ個人戦の結果とか見てた?」
淡「んー、あんまり気にしてなかったなあ」
怜「他県の代表校とかは?」
淡「それもあんまり」
怜「なんやねん。やったら今年団体で戦ったんしか知らんやん」
淡「そうだね」
怜「それやったら知らん人やな」
淡「えー…」

怜「荒川憩ちゃんは知っとる?」
淡「その人は知ってる!」
怜「流石に憩ちゃんは知ってるか」
淡「テルーの次に強い人だしね!」
淡「それにこの間ちょっと会ったし」
怜「ああ、そういやそんな事言うてたなあ」
淡「うん。だからちょっと知ってる」
怜「さよか。憩ちゃんの呼びかけでな?」
淡「うん?」
怜「個人戦代表が集まって阿知賀と練習してたんやって」
淡「え!?なにそれずっこい!」

怜「まあ、あっこの監督さんそういうの得意やねん」アハハ
怜「そんときは監督さん関係なしに」
怜「阿知賀の子ぉらだけで企画したらしいけどな」
淡「そんなことしてたんだあ」
怜「まあ、あの短期間でどうなったもんや知らんけど」
怜「あの阿知賀の結果は」
怜「そういったもんの積み重ねなんやな」
淡「ふうん…。えーと、それで?」

怜「ああ、ほんでな…。その阿知賀を強くした」
怜「あわあわにとってはにっくき奴らの1人やねん」
淡「え…?」
怜「それが3人目」
淡「えー!!」
怜「ほんで合流して松実館行くからな」
淡「え?松実?って…。阿知賀の?」
怜「せやせや。ドラローちゃんのおうち」
怜「旅館やって言うから予約したわ」
淡「とま!泊まり!?」

怜「なんや雀卓ある言うてたし練習できるやん」
怜「合宿や合宿」
淡「えー…」

?「園城寺さーん!」
怜「おー、来たかー」フリフリ
?「アハハ。また膝枕ですかー…って!?」
?「君は白糸台の大将の!?」
淡「どうも…あなたが育てた阿知賀の大将にやられた」
淡「おおほしあわいです…」
?「ちょっと園城寺さーん?」
怜「チクってもうた」
?「もーやめてくださいよー」

?「あ、わたしはね」
藍子「静岡の后土学園2年の百鬼藍子」
藍子「一応、静岡県の個人戦代表なんだよ」
淡「なきり…?ってどう書くの」
怜「百の鬼って書いてなきりって読むんやで」
藍子「アハハ。珍しいよね?」
淡「百…?」
怜「せやでー。あわあわは高校百年生なんやって」
藍子「なにそれ!?」アハハ
怜「ほんでわたしは…。この間準決勝後にな…」
怜「百巡先見れるようになった、気がしてん」
藍子「ダメでしょ気がしただけじゃー」
怜「んで。百の鬼のらんらんちゃんや」
藍子「その、らんらんちゃんてやめません?」
怜「そらできん相談やなあ」
藍子「もう君もあわあわちゃんって呼ばれちゃってるんだねえ…」

淡「え?もしかして…。それ、だけ?」
怜「だけ、てなんやねん。十分やろ」
淡「え?もしかしてさっき言ったそれだけで決めたの?」
怜「そやで」シレッ
淡「なにそれえええええ!!??」
怜「チーム・ワンハンドレッド、やな」
怜「あ、リーダーはあわあわな?」
淡「なんでええ!?」
藍子「さんせー」
淡「こっちも!?」
怜「だってわたし病弱やしな」
淡「関係ねえええ!」

藍子(あれだけツッコミを入れながら…)
藍子(膝枕はやめないなんて)
藍子(アハハ。優しい子なんだろうなあ)

藍子「うん!気に入ったよあわあわ!」
淡「あわあわ言うなああああ!」
怜「打ち解けたみたいで先輩気ぃ楽になったわあ」
淡「先輩面してるしいいいい!」
藍子「あ、わたしも先輩だからね?」
淡「いやああああああああ」


========================エントリーNo.013

大星淡(白糸台高校1年/チームリーダー)
園城寺怜(千里山女子高校3年/特別招待選手)
百鬼蘭子(后土学園2年)

チームコンセプト:
1×3は3じゃないよ!えーと…。うん!100倍だよ!100倍!

=======================================


藍子「あ、園城寺さん特別招待選手だったんですか?」
淡「えっうそ!あっ。ほんとだ…」
怜「そうなんよ。やからサボれなかってん」
藍子「見ぬかれてますねえ…」
淡「うわー…。本当だ…」
怜「ん?何?もっと尊敬してもええよ?」
淡「ぐ、ぐぬぬ…」
藍子「どういうことですか?」

怜「この子宮永照の秘蔵っ子やねん」
藍子「あー、園城寺さんがそのチャンプと同じ扱いだから…」
怜「まあ、見てる人は見てるもんやな…」フッ
藍子「いやいや、そうしないとサボるからでしょうに」
淡「ぐぬぬぬぬぬ!」
藍子「あんまりからかっちゃ可哀想ですよー?」
怜「ほんまやな。まあ、そんな訳で、よろしくなあわあわ」
淡「ぐぬぬー!」
藍子「アハハ。変な返事」
怜「らんらんもごめんな?ほぼ初対面やのに」
藍子「まあ憩ちゃんから色々聞いてましたから」アハハ
淡「えー!?」

怜「ん?どしたん?」
淡「え?なんか前々からの知り合いとかそんなんじゃ…?」
怜「なんも。わたし今年からのレギュラーやで?」
怜「昨年はほとんど病院おったわ」
淡「…え?」
藍子「わたしは、荒川憩と仲良くてさ」
藍子「今回の連絡も憩ちゃん経由だったしね」
淡「えー…」
怜「ああ、憩ちゃんとこに照やんもおったから」
怜「お泊りの話はなんとかなるはずやで」
淡「うう…。全て計算づくか…」
怜「せやでー」ゴロゴロ

藍子「しかしまた憩ちゃんもえげつないチームですよねえ」
怜「あれは無いわなwww」
藍子「む?なんか余裕ですか?」
怜「いやあ、余裕は無いけど…」
怜「…勝てるとは思うとるよ?」
淡「えっ?」
藍子「うひゃー。凄いこと言い出したなこの人」
怜「当たり前や。わたしは負けるつもりで麻雀せえへんよ?」
藍子「あーあー、見た目によらず血気盛んな先輩だよ…」

怜「ま、わたしの能力は大体知ってるやんな?」
淡「まあ、テルーから聞いたけど…」
怜「ポヤポヤしてると一巡前に置いてくで」
怜「そうならんように付いてきや?」ニヤ
淡「!!」ゾク
藍子「あらら、意外と本気モードだなあ」

淡(て、テルー、この人…)
淡(意外と…。いけてるかも…!!)キラキラ

怜「ところで、らんらんや?」
藍子「はいはい?」
怜「その…。さっきから後ろでずっと黙ってる子ぉは…?」
淡「わっ!」アワッ
淡「なに!怪我してるの?」アワアワ
?「…」ボソ
怜「ん?なんて?wwww」
藍子「この子は対木もこちゃん」
藍子「愛知県覚王山の1年生」
藍子「あわあわと同じだね!」
淡「あ、よろしく…」
もこ「…しく」ボソ
怜「wwwww」

怜「わたしは千里山女子の園城寺怜や」ドッコイショ
怜「よろしくなもここ」
藍子「また変な呼び方するー」
もこ「ってます…」ボソ
怜「おお、さよか。ありがとな」
もこ「かっこ…った…す」
怜「えー。ほんま?なんや照れるやんかあ」

淡(え?会話が成立してる?)

もこ「…らだ…夫…で…か?」ボソ
怜「んー。まあ、あんなん仮病やしなあ」アハハ
もこ「やっぱり…かっこ…い///」ボソ
藍子「もこはこの間の準決勝で…」
藍子「園城寺さんのファンになったんだよねー」
もこ「…!…!」ポコポコ
藍子「いたいいたい!ごめんばらしちゃダメだった?」
もこ「…ず…しぃ///」ボソ
怜「なんや可愛らしいなあ、もここは」
もこ「///」

淡(うわー、この人天然でやってるのかなあ…)

怜「ほんで?もここはどないしたん?」
藍子「もこも秋季に出るんですよ」
怜「ほええ?チームはどないなってん?」
もこ「きょ…はつ…あわせ…」ボソ
怜「今日初顔合わせなん?」
もこ「…はい」
藍子「3人目は今日初なんですって」
藍子「2人目は何日か前に合流してるんですけど…」
藍子「あれ?さっきまで一緒だったんですけど…」
怜「どこ行ってんwww」
藍子「あれれ?えーと、それでもこのチームの交流会も含めて」
藍子「一緒に松実館へ行こうと思いまして」
淡「えっ」アワッ

怜「まあ、ええんやない?予約はとっとるん?」
藍子「ええ。こっちでやっときました」

?「お待たせ…」ポリポリ
淡「あれっ?あなた永水の…」
春「おひさ…」ポリポリ
怜「あー、永水巫女軍団のはるるやないか」
春「どうも…」ポリポリ
もこ「…てた」ボソ
春「ごめんね」ポリポリ

怜「なんや静かな子ぉらやなあwww」
藍子「もこは騒がしいのがちょっと苦手で」
もこ「…」チラ
淡「んんん?あれ?わたしを見た?えっ、なにゆえ?」
もこ「…」ハァ
淡「あっ!なんか馬鹿にされてる!?」アワッ
春「どうどう」
淡「馬か!?」

怜「あわあわ楽しそうやなwwww」
淡「楽しくない!」
藍子「じゃあ、行きましょうか?」
怜「うん?3人目は?」
藍子「後から合流です。それに空港からだと思います」
淡「空港?」

春「なにせ…」ポリポリ
春「北海道から…だから」ポリポリ

カン!

その12へ続く!

【咲-Saki- 3on3SS】Index