姫子「花田は?」 煌「んー。実は…」の続きです。


-------------------
讃甘高校

花子「とうちゃーーっく!」
憧「えっと、ここどこ?」
初瀬「岡山県だろ?」
憧「いやそれは分かるんだけど…」
史織「わたしの親戚のお姉ちゃんがいる高校だよ~」
花子「めちゃくちゃ似てるから見たら笑うよー」ニッシッシ
史織「そんなに似てます~?」
花子「似てるよ!」
花子「あれが似てないならあれだよ!」
史織「なに~?」
花子「えー…」

史織「今なら道場にいると思うよ~」トテトテ
花子「無視すんな!無視すんなよ!」
花子「今思いつくから!」トテテ
憧「なんとなく花子ちゃんの扱い方がわかってきた気がする」
初瀬「そうだね」アハハ
初瀬「あっここ讃甘高校だって」
憧「讃甘高校…?」
憧「あっ!」
初瀬「讃甘高校て阿知賀が…」

オーイアコチャーンハツセチャーン

初瀬「あっ。はーい!いまいくー!」
初瀬「行くよ憧!」トテテ
憧「史織ちゃんに似てるって…。まさか…」


……………。
…………………………。


史織「那岐ちゃ~ん?」
?「フッ!」

シュッ!

憧「きゃあああああ!」
初瀬「うわあああああ!」

那岐「わっあぶな!」
花子「危ないのは那岐ちゃんだろー?」ニヒヒ
那岐「史織だと思って!ごめんねごめんね?」
初瀬「いや、あたってないから大丈夫ですけど…」
憧「あうう…。やっぱり新免さんだ…」
那岐「ごめんね?阿知賀の…。新子さん?」

史織「も~。憧ちゃん連れてきてって言ったの那岐ちゃんでしょ~?」
史織「それなのに斬りつけるって~ひど~い」
那岐「お前の仕業だろ!多分!」
初瀬「なんか先に入れ先に入れ言うから変だと思った…」
憧「も、もしかしてお礼参り的な…?」
那岐「いやいや!そんな事しない!」
花子「まあ…。那岐ちゃんはドラゴンロードに蹂躙されてたからなー」ニシシ
史織「ウチとやったときは、園城寺さんに逆に蹂躙されてたけどね~」

那岐「わざわざ来てもらって悪いんだけど…」
憧「あ、やはり生きては帰さない的な…」
那岐「違うってばあ!」
花子「もう完全に那岐ちゃん怯えられてるんだよ」
史織「あ~あ~悪いんだあ」
那岐「史織!」
初瀬「で、新免さんは憧を呼んでどうしたかったんですか?」
花子「お、流石初瀬ちゃん。冷静だなあ」

那岐「えと、秋季のチームの事でさ」
初瀬「秋季の?」
那岐「うん。ええと?君は…」
初瀬「あ、奈良晩成高校の1年で岡橋初瀬って言います」ペッコリン
那岐「ああ、晩成の。今年の先峰は小走だったの?」
初瀬「はい。小走先輩の事知ってるんですか?」
那岐「当然だよ。わたしらの学年で晩成の小走を知らなきゃ」
初瀬「ニワカ、ですか?」
那岐「って、あいつなら言うだろうね?」
初瀬「アハハ。確かに言いますね。っていうか言ってました」
那岐「フフ。そうか」

那岐「でも…。先峰ってことは…小走も…?」
初瀬「はい、出会い頭にあのドラゴンロードに…」
那岐「出会い頭?」
初瀬「1回戦で阿知賀とぶつかったんです…」
那岐「ああ、それは…」
那岐「ひどいな…」
初瀬「ひどかったです…」
憧「な、なんかすみません…」

憧(く、玄ーーーー!!!)

花子「で?」
那岐「うん。花子が阿知賀の新子さんとチーム組んだって聞いてさ」
那岐「紹介してもらおうと思ったんだ」
花子「紹介って…。噂の」
史織「ドラゴンロードちゃんを~?」
那岐「いや、高鴨さん」
憧「シズをですか?」
那岐「うん」
花子「ん?那岐ちゃんと高鴨さんって…。なんの共通点もないような?」
初瀬「どんなコンセプトを考えてたんですか?」
憧「…あ」
史織「ん~?憧ちゃん、何か気づいたの~?」

憧「え…もしかして…岡山の?」
那岐「気づいた?」
憧「ちょwwwwwwwwwww」ゴロゴロ
花子「えっ?全力で笑い転げてる!?」
初瀬「えっと…。なにを?」
那岐「桃太郎」
初瀬「え?」
憧「wwwwwwwww」

那岐「猿と雉は見つけたんだけど犬がいなくて…」
初瀬「えっ。高鴨さんが…」
花子「さ…」
憧「wwwwwwwwwwwwwww」
史織「そもそもそれじゃ4人必要じゃない~?」
那岐「そうなんだよ。途中で気づいてさ」
那岐「それに、史織を待っている間に」
那岐「高鴨さん、チーム決まっちゃっててさ」
憧「はぁはぁwwwえ?シズのチーム決まったんですか?」
那岐「うん。後で見てみなよ」
那岐「ってことで、わざわざ来てもらったんだけどさ…」

花子「ありゃりゃ。でも、まあしょうがないっしょ?」
花子「わたしの新チームの友好を深める小旅行ってことでさ!」
那岐「悪いな…」
花子「んにゃんにゃ。気にしないでいいよん」
史織「それで~那岐ちゃんチームどうするの?」
那岐「んー。どうしよかなって感じ?」
史織「え~」

?「フッ!」

シュッ!

那岐「なにやつ!」シュバッ!

キイン!

憧初瀬花子史織「「「「えっ」」」」

憧「こ、これは…」
花子「矢…?」

?「フフフ。流石、だな新免那岐」
那岐「お前は…」

初瀬「あ、あれは…白糸台の」
史織「弘世菫さん…!」

菫「悪いが…力を試させてもらった」
菫「そんなことする必要も、無かったようだな…」

初瀬「なんで…」
那岐「…弘世は…」
憧「腕を組んで…」
史織「壁にもたれて…」
花子「立っているの…?」

菫「…。かっこいいだろ…?」フッ

花子「ムフッ…。クッ…」

憧(笑っちゃダメ…。笑っちゃダメ…)

?「あ、あこ、ちゃん?」

憧(…え?この声?)

初瀬「あ!憧…」
憧「あ、灼さん…?」

菫「新免。君をチームに誘いに来た」
那岐「わたしを…?」
菫「ああ、そうだ。受けて、くれるよな?」
那岐「しかし、コンセプトは…。まさか!?」
菫「フッ、やはり気づいたか…」

那岐「わたしの刀…。弘世の弓矢…」
菫「そう。そして鷺森の…」
灼「何度も違うって言って…」
菫「わたしも何度も言っているだろう」
菫「いいか、鷺森。麻雀のイメージで」
菫「他人に物理攻撃できるのは全国でも数えるほどしかいない」
菫「君はその内の1人だ」
灼「攻撃はしてな…」

菫「それは違うな。ウチの亦野は」
菫「君の和了りで何度も玉そのもの」
菫「そして弾かれたピンで攻撃されたと言っていた」

灼(ま、亦野め…)ギリギリ!

憧(笑っちゃダメ…。笑っちゃダメ…)


========================エントリーNo.011

鷺森灼(阿知賀女子学院2年/チームリーダー)
弘世菫(白糸台高校3年)
新免那岐(讃甘高校3年)

チームコンセプト:
レベルを上げて物理で殴…。

=======================================


-------------------
千里山女子高校

竜華「ウチと大星さんが?」
淡「あ、淡って呼んで?」
竜華「ウチと淡が?」
怜「律儀やなあw」
淡「そう!チーム組んで欲しい!」アワッ
竜華「え?なんでウチなん?」
淡「んーとねえ。わたし準決勝が一番印象に残ってるんだあ」
竜華「ん?決勝よりもかいな」
淡「んー。もちろん決勝もだけど…」
淡「わたし、準決勝まで…。負けたこと無かったんだぁ」
怜「フハ。泉が聞いたら憤死してまうなwww」
淡「わたしは高校100年生だからね!」
怜「…!」

淡「だから、あの試合で戦った3人は好きなんだよ!」
竜華「うん?普通は嫌いになってまうんやない?」
淡「え?なんでー?」アワッ?
淡「いけてんじゃん!」
怜「いけてる、かあwww」
竜華「なるほどなあ…」
淡「ん?」
竜華「いや、淡の強さの秘密が分かった気がするわ」グリグリ
淡「わーやめてー」キャー

竜華「でもごめんなあ」
淡「えっ?」
竜華「や、実はな、ちょっと約束してもうてん」
淡「え、えええええ!?」
怜「お、そうなんか?」
竜華「うん。だからごめんな?淡」
淡「やだ!」
怜「wwwww」
淡「やだやだやだー!」ビエー!
怜「あーあー、泣かせてもうた」
淡「わあああん!わたし嫌われてるんだあああ!」ビエエエエ!
竜華「あー、泣かんでや」

ビエエエエ!

怜「なん?誰に誘われたん?」
竜華「んー。内緒」
怜「なんでやねん」
竜華「まあ、なんとなくやねんけどなあ」
怜「なんやそれ」
竜華「ん。それでウチこれから長野行くねん」
怜「魔境長野かいな」
竜華「アハハ。その魔境へ、やな」
怜「ふぅん」
竜華「でもなあ…」
怜「うん?」

ビエエエエ!

竜華「どうしたもんやろ」
怜「まあ、約束は破ったらアカンやろ」
竜華「まあ、そうなんやけど」
怜「ふむ」
竜華「怜?」
怜「あわあわや?」
淡「ビエ…。え?あわあわ?」
怜「せや、淡やからあわあわ」
竜華「また変なアダ名つけとる…」

怜「まあ、そこ。そこへ座り」
淡「う、うん」
怜「どっこいしょっと」ヒザマクラサレー
淡「あわわ」アワアワ
竜華「またこれや」
怜「んー。んー?」ゴロゴロ
淡「あわわ、あわわ」アワアワ
怜「あわあわがあわわ言うとるwww」ゴロゴロ
淡「だってー」

怜「ふむん。なるほど。ふむん」
淡「なに納得してるのさー!?」
怜「や、なかなかのなかなかやね。うん」
淡「何が!?」
怜「ふともも」フニフニ
淡「あひゃあ///」
竜華「セクハラやめ!」

怜「あいあい。嫁さんうるさいからこれくらいにしとくわ」
竜華「誰が嫁さんや誰が」
怜「おっけー。これならええわ」オキアガリー
淡「な、なにが?」
怜「あわあわや、わたしとチーム組もか」
淡「へ?」アワッ
竜華「えっ?」
怜「うん。それで万事解決やな」
淡「へ?」
竜華「えっ?」

怜「そうと決まったら3人目に連絡しよか」スマホイジリー
淡「へ?」
竜華「えっ?」

怜「なんや竜華、はよ長野行き」
怜「あわあわは、わたしと一緒に行くでー」

淡「へ?」
竜華「えっ」

怜「ほれほれ、はよ鍵閉めて」
怜「ほな行くでーあわあわ」

淡「は、はーい」
淡「…あれ?なんでこうなっちゃったんだっけ…」アワッ?

カン!

その10へ続く!

【咲-Saki- 3on3SS】Index