塞「あ、どうも」真佑子「岩手と言ったらね」の続きです。


-------------------------
岩手決戦場 小岩井農場


灼「衝撃の岩手対決」
灼「ここで今一度その戦況を振り返ってみましょう」


テロップ『岩手対決戦況分析』


===============
回想


照「じゃ、向こうが3本飲む間にわたしがまんじゅう2個と牛乳1本を」
照「それで勝てそう?」
尭深「勝てますね」

塞「1本づつリレーでいきましょ」
胡桃「じゃあわたし真ん中?」
豊音「最初いくよ、次じゃあシロで」
白望「ん。アンカーは塞になるのね」
塞「おし」
エイスリン「ガンバレー」


テロップ『緻密な作戦を練る両監督』


テロップ『岩手 対決』


魔人軍 牛乳7本 まんじゅう2個
連合軍 牛乳7本


爽「レディー…」
爽「ゴー!」


豊音「ん!」クピクピ
照「ん!」モグモグ グビー

真佑子「おっと、まずは魔人まんじゅうを平らげる作戦か」
真佑子「早い早い!姉帯さんが早い!」

豊音「はい!」
白望「ん」クピクピ

──────────

春「スタート後、魔人は約3秒で牛乳まんじゅう一個を完食」
春「連合軍姉帯さんも、約5秒という驚異的なスピードで一本を飲み干す」


魔人軍 牛乳7本 まんじゅう1個
連合軍 牛乳6本

──────────

真佑子「おっとしかし魔人も早いぞ!」
真佑子「小瀬川さんもわりと頑張ってる!」
エイスリン「シロガンバレ!」

白望「はい!」
塞「はいよ!」
照「あい!」
尭深「…!」

真佑子「ほぼ同時に終わった!」
真佑子「ここから渋谷さんにバトンタッチだー!」

──────────

灼「しかし連合軍小瀬川さんはペースが上がらず」

灼「その間に魔人は2個目のまんじゅうを完食」
灼「牛乳も飲み干して渋谷さんへタッチ」

灼「このとき連合軍との差はわずかに1本』


魔人軍 牛乳6本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳5本


春「渋谷さんの猛ダッシュがはじまる」

──────────

真佑子「当初の3本終わる前にから1本余裕がありますね」
爽「これは…あ」


尭深「…」パコッ
塞「んー」クピクピ
尭深「…」パコッ
塞「はい!」
胡桃「ん!」

──────────

魔人軍 牛乳4本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳4本


春「なんと渋谷さんは」
春「連合軍臼沢さんが1本飲むうち2本を飲み干し」
春「あっさりと追いつく」

春「しかし彼女は、手を緩めることなく」
春「全力疾走を続ける」

──────────

爽「魔人軍早くも追い付いたーwww」
真佑子「早いwww」

尭深「…」パコッ
胡桃「…んー」クピクピ

──────────

魔人軍 牛乳3本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳4本


灼「3本目を飲み終えたところで」
灼「渋谷さんの飲みっぷりに異変が生じた」

灼「明らかに最後のひとくちが喉を通らず」
灼「口から溢れてしまってい…」
灼「…っwwww」

──────────

胡桃「…んーはい!」
豊音「ひゃあ!」クピクピ
尭深「…」グビグビ

照「逆転した!逆転した!」
真佑子「ちょっと魔人軍のペースが落ちてきてますね」
照「あ…」

──────────

春「しかし彼女は1本約2秒というハイペースを崩すことなく」
春「4本目を飲み込む」
春「そして5本目…」

春「彼女の許容量は」
春「限界を迎える」


魔人軍 牛乳1本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳3本


春「行き場をなくした牛乳が」
春「いよいよ鼻から出ちゃったのである」

灼「渋谷さんの表情からも、SOSという救難信号が読み取れる」
灼「残るはあと1本…www」
灼「…ちょwwごめんwwww」

春「…だが、もはや臨界点を超えた彼女の身体は」
春「牛乳など受け付けてはくれない」

──────────

尭深「…」グビボト
塞「あれこぼし過ぎじゃない?」
照「んwww」
豊音「はい!」
白望「ん」クピクピ

──────────

春「彼女はほとんど溢れていることをわかっていながら」
春「それでも…全部飲みました」
春「と言わんばかりに口を開けてラストポーズを取る」

春「しかし…次の瞬間」
春「鼻から牛乳が飛び出して」
春「彼女は悲しい表情で限界を悟ったのである」

──────────

尭深「…ゲホッゲホッ」ブシャ
照「あ」
白望「はい」
塞「吐いたwww」
爽「吐いたwww」

尭深「…」クル
尭深「…」エロエロエロエロ

灼「wwwww」
塞「これは負けでしょ?www」クピクピ

──────────

灼「そこまでがんばらなくても勝てたのに…www」

──────────

照「いや、あの」
照「大変見苦しいとこを見せたけども」
尭深「すいません…」メガネズリオチ
照「悪いけどもう一回やらしてくれないだろうか」

塞「ちょ待ってよwwww」
白望「なんでよw」


===============

テロップ『岩手対決 再戦』


塞「もう一回かい…?」
照「もう一回やらせてくれwww」
尭深「次は大丈夫」メガネズリオチ
爽「まず眼鏡を直せwww」
照「もういっかい14本買ってくるからwww」

豊音「や、だいぶわたしたちもキテるよー」

照「じゃ、じゃ、じゃあ。じゃあだ」
照「じゃあ1本減らすか」
真佑子「1本減らしますか」
塞「6本?」
照「うむ」


テロップ『6本で再戦』


照「よしよし…」トテテテ
尭深「…」トテテテ

爽「ほんとに行ったwwww」
白望「買いに行く…チーム虎姫…」
塞「ンフwww」


テロップ『戻ってきた』


爽「戻ってまいりましたチーム虎姫…www」
白望「あれが全国1位……」
エイスリン「…フエテル?」
塞「は?」
豊音「4人いるよー?」

灼「ッフwww」
塞「wwwww」
灼「なにやってんのあの子wwww」
爽「天才が増えてますなwww」
智美「ワハハ」


宮永照←魔人

渋谷尭深←魔人軍助っ人

亦野誠子←なんか増えてる

高鴨穏乃←牛乳全部持ってる


爽「牛乳持ってるwww」
真佑子「虎姫すら関係ない子が!www」

誠子「応援に来ました」
穏乃「買い出しを手伝いました」

灼「なにやってんのwww」

照「や、ほんとは虎姫集合させたかったんだけど…」
穏乃「大星さんはお腹痛いって言ってましたし…」
誠子「弘世先輩は誰が行くかの一言で…」
照「昔は親切だったんがなぁ…」トオイメ

爽「ま、ま、まあ、来てしまったものはいいでしょう」


テロップ『連合軍からの条件』


塞「あのー…仕切り直しってことで申し込みがありましたんで」
穏乃「すみません」
塞「ッフwww」
塞「しょうがないってことで…」
穏乃「すみません」
塞「wwwww」

灼「ちょ、穏乃カメラの後ろにwww」
穏乃「えー」
灼「いいからwww」
穏乃「はぁい」
爽「素直!」
真佑子「いい子!」

塞「えー、こっちから条件を…」
照「はい」
塞「まず、増えた子たちの参戦はダメだからね」
穏乃「はい!」ノ
灼「だからwww」
誠子「分かってます」
誠子「わたしは今回応援ということで」
照「なんか釣り企画があればその時に」
照「ということで」
塞「うん…www」

塞「あとは…」
塞「まんじゅうもう1個増やしてください」
照「wwww」
真佑子「wwww」


テロップ『牛乳まんじゅう3個』


白望「それぐらいは…」
豊音「ねー?」
胡桃「うん、それくらいは」
塞「それくらいは」

尭深「お願いします」
照「よし…尭深」
照「向こうが牛乳2本飲む間に…」
照「まんじゅう3個と牛乳1本飲む」
尭深「はい」

照「いいな、尭深」
照「次…リバースしたらもう負けだぞ」
尭深「はい…!」
白望「や、もう負けてるんだけど」
照「もうあっさり負けを受け入れる!」
爽「頑なwww」

照「岩手はおっきいんだから!」


テロップ『岩手県の面積は北海道に次いで第2位 』


照「いくら魔人軍といえども」
真佑子「確かに岩手県を逃したらちょっときつくなるよ…今後」
尭深「分かりました!」

胡桃「…だけど朝っぱらこんなことになるなら」
胡桃「朝ごはん抜いてくれば良かったよ」
豊音「普通に食べてきちゃったよー」

照「わたしはこれ食べたらまんじゅう5つだから」

胡桃「ごめんなさいww」


テロップ『岩手対決再戦 』


塞「やっぱり岩手は負けらんないわよ」
胡桃「これだけのハンデで負けるわけには!」
白望「地元だしね…」
エイスリン「ガンバレー」


魔人軍 牛乳6本 まんじゅう3個
連合軍 牛乳6本


豊音「じゃ、また私からね?」
塞「シロは1本で。胡桃まで行ったら豊音、わたしで終わりね」
白望「助かる」
胡桃「おっけー」

爽「いいですか?」
爽「レディー…ゴッ!」

照「あむ」モム
豊音「!」クピクピ

誠子「一口でいったー!」


魔人軍 牛乳6本 まんじゅう2個
連合軍 牛乳6本


照「あむ」モム
誠子「ふたつ!」
照「ん」クピクピ
穏乃「飲んでる飲んでる…!」

豊音「はい!」
白望「ん」クピクピ
エイスリン「イイペース!」


魔人軍 牛乳6本 まんじゅう1個
連合軍 牛乳5本


照「あむん」モムモム
照「ん」クピクピ
白望「ぷは」
塞「はい!」ガッ


魔人軍 牛乳6本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳4本


エイスリン「ガンバレガンバレミヤモリー♪」テビョウシ
照「ん」クピクピ
照「はぁっ!」ガチャ
塞「!」
照「いけ!尭深!」

尭深「はい!」


魔人軍 牛乳5本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳4本


塞「はい!」
胡桃「ん!」
エイスリン「ガンバレミヤモリー♪」テビョウシ

尭深「…」パコッ
胡桃「…んー」クピクピ
誠子「尭深いけいけいけっ! 」
穏乃「追いつく追いつく!」

魔人軍 牛乳4本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳3本


尭深「…」パコッ
胡桃「はい!」
豊音「はい!」
穏乃「残りは姉帯さんと臼沢さん!」
誠子「向こうはあと2本!」


魔人軍 牛乳3本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳2本


照「…あ」
尭深「…」グビボト
豊音「んー!」クピクピ
照「いま追いつく、もう追いつく!」


魔人軍 牛乳2本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳2本


誠子「追いついた!」
豊音「はい!」
塞「はい!」
穏乃「あー!でもむこうもラスト1本!」


魔人軍 牛乳2本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳1本


尭深「…」グビボト
塞「んー!」クピクピ
尭深「…」グビボト
照「ラストラスト!」
穏乃「最後の1本!」
尭深「…」チラ
尭深「…!」ショボン


魔人軍 牛乳1本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳1本


塞「はいっ!」パッ
照「あぁ…」


魔人軍 牛乳1本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳0本


尭深「…ケホ」 ビュル
爽「連合軍の勝ちー!」
尭深「…」セイザ
塞「ンフwww」
照「渋谷wwww」


テロップ『魔人軍完敗』


爽「あっはっはっはwww」

尭深「…」セイザノママクル
尭深(吐?)「…」

照「渋谷さん?」


尭深「…」シャー


誠子「あっはっはっはwwww」
照「あっはっはwwww」
穏乃「あーwww」


テロップ『渋谷さん!』
テロップ『再び!』
テロップ『散る!』


爽「渋谷さんまた吐いちゃった…www」

尭深「…」
尭深(凄吐 )「…」プシャーッ

照「あーっはっはっはっはwwww」
白望「…ッww」
エイスリン「ンフフフwwww」


尭深(超吐 )「…」ブシャーッ


胡桃「ちょwww」
照「あはははははwwww」
塞「凄い勢いでwww」
白望「凄い出てるwww」
真佑子「wwwww」


尭深「…」メガネズリオチ


豊音「ンフフフフフwwww」
爽「だから眼鏡を直せwww」
照「あっはっはっはwwww」

穏乃「だ、大丈夫ですか」
尭深「ハーヴェストタイム…」
穏乃「んんっwww」
尭深「わたしは、これ、込みだから」

誠子「大丈夫だ穏乃」
照「尭深はいっつもそうだから」

誠子「牛乳はね」
誠子「尭深を経てるだけ」

照「尭深を経て大地に還る」

穏乃「wwwwww」
照「wwwww」
爽「ま、まあ確かにwww」

塞「牛乳飲んだのは我々であって魔人軍じゃないからねえwww」
誠子「それでいっつもあの眼鏡ポジションだから」
爽「直せばいい話だろwww」
照「美学らしい」
爽「びっwww」
尭深「これ、込みだからwww」

真佑子「絵的には最悪なんだけどね…www」
胡桃「そんなに飲めるわけないよね……牛乳」

塞「もう最後の1本の時に…」
塞「最高に悲しい目でっ…www」


===============
渋谷さんの悲しい目 回想


尭深「…」グビボト
塞「んー!」クピクピ
尭深「…」グビボト
照「ラストラスト!」
穏乃「最後の1本!」
尭深「…」チラ
尭深「…!」ショボン


♪あきらめたぁらおーわりぃ


尭深「…!」ショボン←この目


♪きーもぉちをーりーせっとしてぇ


尭深「…ケホ」 ビュル←出ちゃった…


♪めぐりあいーは
♪ざんこくぅすぎてぇこーわーいー


テロップ『ありがとう渋谷尭深』


===============


尭深「…」メガネズリオチ
照「尭深…www」
爽「かなりいいペース…かなり接戦だった最後はww」
塞「かなり接戦だった」
誠子「うん、かなり接戦だったwww」
照「あそこで綺麗に飲み干してたらかっこよかったけど…」
真佑子「ギリギリで連合軍が先に飲み終わっちゃったね」
塞「飲み終わったね」

真佑子「それを見たら渋谷さんももう放心状態になっちゃってww」
照「wwww」
真佑子「全部出てきちゃって…www」
塞「ああ……出ちゃったのね……」

尭深「や、わたしあんまりすごくないなぁ…」
塞「wwww」
照「そんなことなかったぞ?www」

尭深「すみません」メガネズリオチ

照「…ッwwwww」

尭深「岩手が…」メガネズリオチ
真佑子「まあ、きついよね…」
照「きついね……」

豊音「これは価値ある一勝だよね?」
胡桃「これはとったね?」
塞「びっくり人間に勝てたんだから」
胡桃「岩手は大きいもの」
エイスリン「ヤッタネ!」
爽「じゃあポイント見てみましょうかね」
爽「はい…じゃじゃん!」


テロップ『岩手面積』

照「うわwww」
真佑子「うわー!」
穏乃「でかい!」


テロップ『連合軍15000ポイント 獲得』


現在ポイント
連合軍 98,000
魔人軍 22,000


塞「15000は大きい!」
真佑子「合計98000」
照「むこう、もうすぐ10万ポイント…」

照「これかなり連勝しないと追いつかないぞ」
真佑子「……というか助っ人の力を借りると全部負けてるから」
照「wwww」


穏乃「…」←天才

尭深「…」←ハーヴェストタイム


塞「あはははwww」
白望「ふふっww」


真佑子「切り替えていこう」
智美「次は宮城県に行くぞー?」

照「宮城か…」


カン!

その8へ続く

関連Index

その他SSIndex

2016年12月3日の更新記事はおさぼりしましたのだ!


2015年12月3日の更新記事

スポーツ漫画でありがちな設定を咲-Saki-で考えてみると…。

2014年12月3日の更新記事

当ブログの2014年11月月間検索フレーズとPV数TOP5。善野さんフィーバーですのだ!

2013年12月3日の更新記事

淡「エサにタコスつければいける!」 誠子「そうかあ…?」【咲-Saki- ドッペルSSその19】