爽「なんだなんだ温泉レポートしちゃうのかー?」照「あらやだ過激」の続きです。


-------------------------
岩手県のとある温泉お宿 駐車場


爽「おはようございます」
照「おはようございます」
真佑子「おはようございます」

爽「えー、今回まあ岩手に入ってまだ対決をしてございませんので」
照「そうですね」
爽「この清々しい朝。近くにですね」
爽「小岩井農場という」

照「おー」
真佑子「おー」

真佑子「小岩井なんていうとチーズがよく」
照「コーヒー牛乳!」ノ
真佑子「あーwww」
照「コーヒー牛乳!」ノ
真佑子「分かりましたからwww」
照「うむ」

爽「農場の空気を目一杯吸いながら」
爽「そちらの方で趣向をこらした対決なんてのは」
爽「これ如何でしょうかと」
照「農場で…!」

爽「いやあの、牛一頭を丸呑みとかではないので」
照「それは良かった」ホッ
爽「流石に」
真佑子「あいっ!あぁーい!」グッ
爽「wwwww」

爽「聞けば魔人は」
爽「たいへんな飲みっぷりをなさるという」
照「あーはいはい」
爽「農場と言えばもう当然搾りたての牛乳あたりを購入して」
爽「これやっぱり朝ですから」
照「あー、やっぱり朝」


テロップ『岩手対決  搾りたて牛乳 』


塞「…あのさあ」
爽「おっと、ぬるっと現れたのは今回の連合軍!」
塞「あ、どうも」
真佑子「岩手と言ったらね」
塞「代表としてわたしがまず来たんですが」
爽「他のメンバーはもうすでに?」
塞「農場現地集合です」
爽「wwww」

塞「っていうか勝ち目がなくない?」
照「えー、今回の助っ人は…」
照「わたしより早いです」
爽「ええええwwww」
塞「絶対勝てないやつじゃん」

照「じゃ、じゃ、じゃあこうしましょう」
照「連合軍は牛乳だけで結構です」
照「こちらは牛乳とまんじゅうを!」
真佑子「wwwww」

照「助っ人が牛乳を、わたしがまんじゅうをばくっと」
爽「ハンディ対決ということでひとつ」
塞「それなら…え?いける?」
爽「まあ、とりあえず小岩井農場へ」
真佑子「現地集合の人たちも待ってるでしょうからね」

爽「ま、近いですから」
爽「10キロくらいということで、行きましょう」


-------------------------
とある温泉お宿→小岩井農場 車中


照「まあ、わたしなんて飲むのは対して早くないんだよ」
智美「きりたんぽは丸呑みしたけどなー」ワハハ
塞「映像みたけどあれなに?www」
照「ただ今回の助っ人は早い」
照「1対4で対決をしたことがあって」
塞「うん?」

照「えーとひとり一本づつ対4本で」
真佑子「助っ人さんは4本飲むってこと?」
爽「で、ひとりづつはリレーだ」
照「そそ。よーいどんでね先に飲み終わった方が勝ち」
照「わたしたちが4本飲み終わる前に」
照「助っ人は8本飲んだ」
真佑子「wwwww」
塞「増えてるじゃんwww」
照「や、こっちが2人目終わる前に4本は終わってたからwww」
爽「嘘だろwww」
照「で、今回はわたしがまんじゅうをリレーするという」

塞「いや、あのあなたたちチーム…奇人変人はさ」
真佑子「wwww」
照「魔人軍ですwww」
塞「チームびっくり人間はさwww」
塞「流石監督すごい人間を助っ人に連れてきたなという…」
塞「ここへ来てただただびっくり人間自慢のような…」
爽「wwwww」

塞「いくら凄いものを見せられてもこっちはぽかーんとするばかりでしょ」
塞「そんな人達から対決だぁ!対決だぁ!と」
塞「岩手だから宮守だぁ!なんて急に呼びつけられてね」
爽「wwww」
塞「やれまんじゅうだぁ!牛乳だぁ!とねえ」
塞「私たちはただびっくり人間の前に為す術もなく…」
塞「スゴイですね、の一言しか…」
真佑子「wwwww」
照「wwwww」
塞「無いわけでしょうwww」

爽「びっくり人間なんてのもこれ、視聴率取るよ」
塞「麻雀の時点で十分びっくり人間でしょうこの人は!」
照「wwww」
塞「わたしたちのような凡人を連れまわしてねえ…」
塞「おまえらにはできないかぁ、そうか!」
塞「じゃあ、わたしの見ろ!どうだ!早いだろう!ってね…」
真佑子「wwww」

爽「愚痴りますなあ」
塞「そりゃね…」
爽「まあまあそろそろ着きますから」
爽「清々しい農場で息詰まる対決を」
智美「まあ、どっちが勝つ…のかな?とは見れないもんなー」
照「だからハンディつけようって言ってるんだよ?」
塞「ハンディつけるぐらいだったらこっちはもうやめてくれと」
照「wwwww」
真佑子「確かにwwww」

塞「もはや企画全体の賑やかしやモチベーターとして呼ばれたかとね…?」
照「や、でも魔人軍には余裕がないんだよ?」
真佑子「リードされてるしね大量に」


現在ポイント
連合軍 83,000
魔人軍 22,000


塞「この…換算方法もねどうかと思うわけ」
爽「wwww」
塞「ソフトクリーム3本だけで8万3千ポイント獲得!」
照「wwww」
塞「よっぽど大変そうなりんご食べたって1万2千ポイントしか…」
真佑子「岩手はおっきいからね」
照「うん。岩手はおっきいよ」

爽「おっきい…。宮守にもおっきい人がいるけど…」
塞「ふふふ」
爽「おや、不敵な」

智美「ワハハ。着いたぞー」


-------------------------
岩手決戦場 小岩井農場


爽「さあ、小岩井農場にやってまいりました」
照「牛バック」
真佑子「食べないでくださいね」
照「あれは乳牛だから」
真佑子「wwww」

胡桃「食べないで」
白望「…」
豊音「わわ、これがカメラ?わー」
エイスリン「ミヤモリ女子デス!」
塞「はい。現地集合組も揃いました」
爽「今回の連合軍。宮守女子高校の皆さんです!」

照「わー」パチパチ
真佑子「わー」パチパチ

爽「えー。今回の対決は牛乳なんですが…」
爽「7本くらい、でどうだろうかと」
塞「こっちは5人で良いの?」
爽「エイスリンさんはこちらの勝手な判断で応援です」
エイスリン「イエス!ガンバレ!」
塞「4人ね?じゃあ胡桃が1本。あと2本づつでいいわね」
豊音「いいよー」
白望「えー」
爽「内訳は自由に決めていただいて」

爽「で、魔人軍にはまんじゅうのハンディもつける訳ですが…」
照「まず、それを決める上でも…」
照「普通に牛乳を飲んだらどれくらいの早さなのか」
照「小鍛治さんと多治比さんにやってもらいましょう」
健夜「はい」
塞「わ、いつの間に」
豊音「あー!すこやんだあああ!」キラキラ

健夜「まあ、牛乳なら、うん」
真佑子「普通に飲めばいいの?」
照「勝負する感じで」
真佑子「えー」
爽「まあまあ、多治比さんも今回観戦といえど魔人軍の一員ですから」
真佑子「んー」ペリペリ
真佑子「瓶の牛乳なんてあまり飲まないよね」
健夜「わたしもだよ」ペリペリ

爽「じゃあ、試技ということで…レディーゴー!」
真佑子「ん」クピクピ
健夜「ん」グビー
塞「早くない?」
真佑子「はい」
健夜「んー。美味しいけど…。一気に飲むには多いよ」クピクピ
爽「はいはい。このくらいという」

豊音「ちょーはやいよー?」
照「大体わたしも同じくらいかな多分」
真佑子「そうなの?」
照「うん。しかし、今回の助っ人は格が違う」
照「助っ人さんいらっしゃぁい!」


ザッ


尭深「どうも」ズズズ


爽「渋谷尭深さんだー!」
真佑子「何故お茶を飲むwww」
爽「牛乳早飲みと聞いてもお茶を飲む余裕でしょうか」

照「尭深頼んだ」
尭深「はい」
照「まずは試技を」
尭深「はいはい」ケンコウコツクルクル
爽「既になんかびっくり人間が…www」
真佑子「じゃあ時計を」
照「見逃さないようにね」
真佑子「ん?」
照「一瞬だから」
真佑子「一瞬?」

爽「じゃあいきますよ?」
尭深「はい」
爽「レディーゴー!」
尭深「…」パコッ


テロップ『はややー!』


爽「wwwwww」
真佑子「wwwwww」
塞「なにそれwww」
爽「パコッって音がするんですね」
照「パコッって飲んじゃうんです」
真佑子「注いでトクトク言うアレがソコで起こってるの?www」

尭深「このスピードが…持続すると思ってください」
爽「すげーwww」

照「あ。じゃあわたしもまんじゅうを」ペリペリ
塞「ほらもうびっくり人間自慢になってきたじゃんかー!www」
尭深「レディーゴー!」
照「ん」モグモグ
照「あ、これかかります」モグモグ
照「というのはこれ薄皮まんじゅうだから」モグモグ
真佑子「なるほど。水分が」
照「…うん。これは2個でしょう」
塞「それでも2個はwww」


テロップ『ハンディ牛乳まんじゅう2個』


照「尭深これ何本くらいなら逆転できそう?」
尭深「2本半…くらいですかねえ」
塞「や、3本くらい大丈夫だったでしょ」
照「じゃ、向こうが3本飲む間にわたしがまんじゅう2個と牛乳1本を」
照「それで勝てそう?」
尭深「勝てますね」

塞「1本づつリレーでいきましょ」
胡桃「じゃあわたし真ん中?」
豊音「最初いくよ、次じゃあシロで」
白望「ん。アンカーは塞になるのね」
塞「おし」
エイスリン「ガンバレー」


テロップ『緻密な作戦を練る両監督』


テロップ『岩手 対決』


豊音「なんかドキドキするよー」
爽「それではいきましょう」
照「はい」


魔人軍 牛乳7本 まんじゅう2個
連合軍 牛乳7本


爽「レディー…」
爽「ゴー!」


豊音「ん!」クピクピ
照「ん!」モグモグ グビー

真佑子「おっと、まずは魔人まんじゅうを平らげる作戦か」
真佑子「早い早い!姉帯さんが早い!」

豊音「はい!」
白望「ん」クピクピ


魔人軍 牛乳7本 まんじゅう1個
連合軍 牛乳6本


真佑子「おっとしかし魔人も早いぞ!」
真佑子「小瀬川さんもわりと頑張ってる!」
エイスリン「シロガンバレ!」

白望「はい!」
塞「はいよ!」
照「あい!」
尭深「…!」


真佑子「ほぼ同時に終わった!」
真佑子「ここから渋谷さんにバトンタッチだー!」


魔人軍 牛乳6本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳5本


真佑子「当初の3本終わる前にから1本余裕がありますね」
爽「これは…あ」


尭深「…」パコッ
塞「んー」クピクピ
尭深「…」パコッ
塞「はい!」
胡桃「ん!」


魔人軍 牛乳4本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳4本


爽「魔人軍早くも追い付いたーwww」
真佑子「早いwww」

尭深「…」パコッ
胡桃「…んー」クピクピ


魔人軍 牛乳3本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳4本


胡桃「…んーはい!」
豊音「ひゃあ!」クピクピ
尭深「…」グビグビ

照「逆転した!逆転した!」
真佑子「ちょっと魔人軍のペースが落ちてきてますね」
照「あ…」


魔人軍 牛乳1本 まんじゅう0個
連合軍 牛乳3本


尭深「…」グビボト
塞「あれこぼし過ぎじゃない?」
照「んwww」
豊音「はい!」
白望「ん」クピクピ

尭深「…ゲホッゲホッ」ブシャ
照「あ」
白望「はい」
塞「吐いたwww」
爽「吐いたwww」

尭深「…」クル
尭深「…」エロエロエロエロ

灼「wwwww」
塞「これは負けでしょ?www」クピクピ


テロップ『渋谷さん』
テロップ『リバース』


真佑子「あはははははwwww」
尭深「…」クルリ
尭深「…」メガネズリオチ
真佑子「あはははははははwww」
爽「大リバースですwww」
真佑子「眼鏡上げてよwww」
塞「頑張りすぎwww」

豊音「今全然2本差つくくらいだったから…」
白望「余裕だった」
胡桃「焦る必要無かったのに…www」
尭深「そっか…。見てなかった」メガネズリオチ
塞「wwww」

照「いや、あの」
照「大変見苦しいとこを見せたけども」
尭深「すいません…」メガネズリオチ
照「悪いけどもう一回やらしてくれないだろうか」

塞「ちょ待ってよwwww」
白望「なんでよw」
照「頼むからもう一回やらせて!」
豊音「わたしたち全部飲んじゃったよー」
白望「もうきつい」
照「今のでは!」

尭深「今のじゃわたし凄くないもん」メガネズリオチ


テロップ『岩手対決 再戦』


カン!

その7へ続く!

関連Index

その他SSIndex

2016年8月13日の更新記事はおさぼりしましたのだ!


2015年8月13日の更新記事

阿知賀女子学院の空白。赤土晴絵との距離感。

2014年8月13日の更新記事

咲日和コミックス収録時と雑誌掲載時でタイトルが異なるお話をまとめましたのだ!