エイスリン「サエガブッコワレタ!」明華「あらまあ」の続きです。


-------------------
辻垣内家


霞「これは…」
利仙「ドラが南…」
莉子「これ、どうなるんですか?」
霞「こんなの見たことないわ」
莉子「え」

穏乃「玄さんうおおおお!」ゴロゴロゴロー
誠子「だーかーらー転がるな!」


-------------------
大阪会場 中継席


えり「さて泣いても笑ってもオーラスですが…」
えり「現在中継席にはモニターが複数ありまして…」
えり「視聴者の皆様には対局者の手牌が見えなくなっております」
咏「うん。えー、小鍛治プロと決めたんだけどね」
咏「手牌が見える場合と見えない場合と」
咏「あった方がいいかもしれないってことでね」
咏「この対局では初登場のシステムだねぃ」

えり「大会プロデューサーの意向ですか?」

咏「…んー。まあ」
えり「そうですか」
咏「…うん」

えり「視聴者の皆様には対局者の表情と全景」
えり「そして卓上の捨て牌をお送りする訳ですが…」
えり「私たちには見えていますので…」
咏「まあまあ、ゲームのシステム上仕方ないんだけどね」
えり「これは正直やりづらいですね」
咏「大丈夫大丈夫」

咏「しかし…とにかくこの対局は面白くなりそうだね」
えり「と言いますと…?」
咏「ポイントは当然薄墨ちゃんの小四喜が炸裂するか」
えり「2回目がありますか」
咏「ありえるねー。ただ…」
えり「ただ…?」

咏「ドラが南」
咏「さあ、ドラゴンロードの支配はどこまで及ぶんだろうね」


-------------------
大阪会場 応援席


恭子「ふむん…」
一「ねえ恭子」
恭子「んー?」
一「これどうなるわけ」
恭子「…分からん」
一「なーんだ」
恭子「荷が重いわ!」
一「だってさぁ」

漫「これ…。さっきの宮永がカンできるかどうかの話と同じですやん」
恭子「お、アホでも気づいたか」
漫「そないアホアホ言わんでくださいよ」
漫「ウチ褒められて伸びるタイプです」
恭子「やかまし」オデコペチン
漫「あいた」

姫子「ほいたらわたしもそうやね」
桃子「わたしもっす」
恭子「前もこんなん言うてたなwww」

一「んー。東が1枚減ってるってだけなら…」
咲「…小四喜ならできますよね」
恭子「せやねん」
恭子「トンペー鳴けたとしたらやな…」
恭子「薄墨の条件は揃うはずやねん」

桃子「でも南はドラっすよ?」
恭子「ん。西は集まるとしてもやな」
恭子「ドラをドラローから掠め取れるんかいう話になる」
恭子「ゆうか問題はそこだけや」

雅枝「薄墨の条件が揃わんいうこともあるけどな」
恭子「そらまあ…。普通はそうなんでしょうね」
雅枝「絹とやった時はめちゃくちゃやってたからなあ」
漫「条件揃うまで親に差し込むんです?」
恭子「今回はトップ目やからしないやろ」
漫「あーほんまや」

桃子「じゃあ薄墨さんが受けて立たなければ…?」
恭子「絶対有利は薄墨やな…」

一「…というか…手牌が見たいんだけど」
咲「さっきなんか言ってましたね」
姫子「配牌ん時ちょくっと映っとっただけやね」

恭子「南はいつドラローにいくんやろな」


-------------------
某ホテル


塞「東と北は…配牌で対子になってるはず」
泉「あ、やっぱりそうなんですか?」
やえ「東と北が他家にいくこともある訳だろ?」
塞「多分。でも…わたしが塞いでああだったからね」

やえ「あんたが塞いでなかったら…」
やえ「東と北は薄墨に集まるのかい?」

塞「晒すのが条件だと思ってたけど…どうだろ」
やえ「ふん…。暗刻にしてても駄目ってことか」
やえ「いや…すると他家に…」

明華「やえはずいぶん肩入れしてるんですね?」
明華「髪の毛くるくるしてるのに」サワサワ
やえ「しゃわるなっ!なんなんだおみゃえら!」バッ
明華「あぁん」

由子「ずいぶんと薄墨さんに肩入れしてる気がするのよ~」
明華「そうですそうです」
やえ「肩入れというか…。どうやったら倒せるかと」
塞「…玄ちゃんを?」
やえ「ふんっ」

やえ「わたしはあいつを…。阿知賀を絶対的に信頼している」
やえ「華菜なら分かるだろ?」
華菜「…まあ、逆に?」
やえ「ふふ。だな。特に宮永妹と天江に関しちゃそうだろう」
華菜「悔しいけどそうですねえ」
塞「なるほどねえ」

やえ「薄墨が晒したとしても」
やえ「ドラはあいつに集まるだろ」

やえ「だったら逃げろ薄墨…!」


-------------------
辻垣内家


霞「初美ちゃんが北家で…」
霞「東がドラ表示になるなんて見たことないのよ」
智美「むしろシズモンに聞きたいよ」
穏乃「なにをです?」ゴロゴロゴロー
誠子「ふふふwwwもはや止まらないのか」

智美「ドラローは絶対なのか?」
穏乃「んー…」

穏乃「もう何年も前から玄さんを知ってますけどね」
穏乃「玄さんが自分から切らなければ」
穏乃「他家にドラが入ってくるなんてこと…」
穏乃「少なくともわたしは見たことないです」

智美「ワハハ。とんでもないな」
霞「…おそろしいわね」
穏乃「わたしが麻雀はじめた時から玄さんを見てますから」
穏乃「というか玄さんに教わりましたしね!」ドヤァ

誠子「それはなんというか…うん」
穏乃「あれ!?羨ましがるところですよ!?」
穏乃「…悔しいのでユキに自慢してやろう」スマホスイスイ
誠子「なにをしてる」
莉子「ってことはドラは手牌に…?」
穏乃「見たこともないよ。ドラって何?って感じ?」スマホスイスイ
智美「ワハハ」

利仙「でもそうすると…」
霞「…南は玄ちゃんに集まるってことになるわ」
利仙「条件を揃えてぶつかる、なんてことは…?」
莉子「薄墨さんってそういう激しいことしそうな気も」

霞「初美ちゃんは…」
霞「わりと大人なのよ」
霞「見た目はそうじゃないけど。うふふ」

誠子「ってことは…」
智美「トップ目だし脅しながら降りるかー」
霞「…それでいいと思うわ」
霞「守れれば、それで」


prrrr


穏乃「お、ユキのやつ悔しがってああああああ!」ゴロゴロゴロー
誠子「うるさいな!」
穏乃「だってええええ!これ見てえええ!」スマホミセ
誠子「ん?なんだよ?」

誠子「わたしは玄さんのお家にいますけどなにか?ふふっ」

智美「見事に煽り返されてるなー」ワハハ

穏乃「くそぅ!何か返事を…」
誠子「やめろやめろ」
穏乃「わたしの玄さんエピソードからなにかを…」
誠子「やーめーろーって」ペシ
穏乃「うう…」

霞「ねえ、穏乃ちゃん?」
穏乃「はい」
霞「仮に…。初美ちゃんが降りようとするなら」
霞「玄ちゃんはどうするかしら?」

穏乃「…」
穏乃「…玄さんっていつもふんわりしてるけど…」
穏乃「意外と頑固なんですよね」

穏乃「それも…ドラのことになると」


テレビ『おーっとここで松実選手からー!』


穏乃「まあ、こういうことしますよ」


テレビ『当然の如く鳴きました薄墨選手!』


霞「玄ちゃんから…」
莉子「北を鳴かせた…?」


-------------------
大阪会場 チームNo.012控室


尭深「これ…。完全に挑発してるね」
セーラ「降りへんでええわ!いったれ!」


-------------------
大阪会場 チームNo.032控室


透華「おお…もう…」
竜華「玄ちゃん…いったなぁ」
透華「なんですのもう…この子の麻雀は…」ハラハラ
竜華「wwwww」
透華「ほんともう…www」

竜華「や、これで薄墨ちゃんが乗ってくればええけど…」
透華「ここまで挑発してですの?」
竜華「言うてラスやで?押すしかないっちゃないやんか」
透華「…それはそうですわね」
竜華「ラスがなんや暴れだしたて形にも…」

透華「…であれば鳴かないのではなくて?」
竜華「それもそうやな」


テレビ『おーっとまた松実選手!』
テレビ『続いて東切りだー!』


透華「来ましたわ!」
竜華「ふおおおお!」


テレビ『薄墨選手…。一旦目を閉じて考えたか!』
テレビ『鳴いたー!』


竜華「ドラ表示牌を投げつけたで!」
竜華「もう行ったれ玄ちゃん!」
透華「目立ってますわ!うちの玄が目立ってますわ!」


-------------------
某ホテル


塞「うわ…」
明華「これで条件は揃いましたか…」
やえ「真正面からぶつかる気か」

慧宇「ここだけ見ると…」
友香「なんでーす?」
慧宇「誰かを思い出しますね…」
慧宇「一見、安易に鳴かせたようにも見える」

華菜「相応の覚悟があるし!」

塞「原村和ちゃん…」


-------------------
大阪試合会場


カチャ トン
カチャ トン


初美(ここまでやられちゃあ…)
初美(お姉さんも黙ってられないですよー?)

初美(とはいえ…南がここまで来てない)


カチャ


初美(西はこれで暗刻…)


トン


初美(門は開いてるのに…)


カチャ トン


初美(ここまで強力な支配なんて有り得るんですか…!)


カチャ トン


初美(よもや姫様以上の…)


カチャ…


初美(…これは危険です)
初美(…これは危険です)
初美(…これは危険です)


初美(危険?)

初美(姫様以上…?)

初美(わたしは今何を考えましたか…?)

初美(あっちゃいけません…そんなこと)

初美(我々は守るんです)

初美(我々が信じないといけないんです)

初美(例え敗れても…)


初美(それが六女仙ですからぁ!)ゴッ


-------------------
松実館


由暉子「ふふ…。玄さんに捧げる勝利をしてしまいました」
由華「いいからスマホしまいなさい」
由暉子「だってだって!玄さんに麻雀を教わったとか言うから!」
由華「その玄ちゃんがとんでもない勝負をしてるんだから」
由暉子「玄さあああん!」フンスフンス

数絵「止まりましたね…」
春「はっちゃん…」

真佑子「仮にここで危険牌を引いても」
真佑子「回れば良いわけよね?」

春「…だったら最初から鳴かない」
真佑子「でも…」

春「鳴いた以上」
春「玄さんに引きずりこまれた以上」
春「はっちゃんは…降りられない」

春「六女仙だから」


-------------------
大阪試合会場


初美(…)


トン


玄「ロン」


玄「ダブ南ドラ6。16000です」


-------------------
大阪会場 中継席


えり「ここで先鋒戦決着ー!」
咏「お見事」
えり「松実選手の倍満直撃で点数が…おっと」


No.032 松実玄    27600
No.013 百鬼藍子    30800
No.012 薄墨初美    27600
No.002 船久保浩子 14000


えり「なんと2着が同点となりましたが…」
咏「上家取り。薄墨ちゃんが3着になっちゃったね」

えり「順位点等計算しますとポイントは…」


No.032 松実玄    +2.6
No.013 百鬼藍子    +30.8
No.012 薄墨初美    ー7.4
No.002 船久保浩子 ー26.0


咏「ウマオカ有りだと同じ点数でも差が着いちゃうんだよね」

えり「対局を振り返って如何でしたでしょうか」

咏「んー」
咏「やっぱりトップの百鬼ちゃんが上手かったね」

咏「ドラが絡まないから低打点になる中」
咏「耐えて耐えて一局集中」
咏「他を非常に上手く立ち回った感じだね」

咏「ラスになっちゃったけど船久保ちゃんの健闘も光ってたよ」
咏「和了り数では断トツ」
咏「だけどドラが絡まないから打点が稼げなかった」
咏「役満の親被りってのが痛かったねえ」
咏「席順の巡り合わせだね」

えり「席順といえば松実選手と薄墨選手ですか」
咏「だねぃ。起家だったドラローちゃんが着順は上」
咏「とはいえ、オーラスのぶん殴り方は脅威だよ」
咏「迎え撃った薄墨ちゃんも立派だった」

えり「あそこは降りて回るという選択肢もあったのでは?」
咏「あっただろうね。だから逡巡したんだよ」
咏「だけど行った」
咏「それを悔やんでるのなら一言言いたいけど…」
咏「表情を見る限りそんなことも無いようだしね」

えり「笑顔が見えてましたね」
咏「皆笑顔が…皆じゃなかったけども」
えり「船久保選手が凄い顔をしていましたが…」
咏「まあ、悔しいだろうね」
咏「それもまた分かるところだね」

えり「しばしの休憩をはさみ中堅戦となりますが…」

えり「中堅戦のオーダー発表となります」


-------------------
大阪会場 チームNo.012控室


初美「負けちゃったですよー…」
セーラ「あらしゃあない!」
初美「本気でいって真正面から潰されたのははじめてですよ…」
セーラ「そんだけ強力なんか玄ちゃんは」
初美「ちょっと…。洒落になってませんね」

尭深「まあ次で取り返してくれるはず」
セーラ「ふん。楽勝や」

初美「あ、オーダー発表してますよ」
セーラ「まあ、分かりきっとるわwww」
セーラ「ほしたら行ってくるか」

尭深「…あれ?」

セーラ「ん?」


-------------------
大阪会場 チームNo.013控室


淡「おつかれさまー」
藍子「いやはや、まあ上手くいきました」
怜「や、ようやったわ」
藍子「ヒヤヒヤもんでしたけどね」
淡「約束通り1位だったね!」
藍子「ね。次も1位になってくれるんですよね?」

怜「なんやプレッシャーかけてくるなあ」
淡「約束だもんねー」
藍子「だよねー」

怜「らんらんの健闘に応えてやってくるかぁ」

淡「あ、オーダー発表」
怜「もう分かっとるからええわほんなん」

藍子「あ、れ…?」

怜「おん?」


-------------------
大阪会場 チームNo.032控室


竜華「ちょっと玄ちゃん勘弁してえや…」グデー
透華「もうわたくし達はもう…」グデー
玄「ぐったりしてる!?」

竜華「阿知賀って毎回こんなだったん?」
透華「エキサイティングすぎますわ」
玄「えへへ…」
透華「褒めてませんからね!」
玄「えー!?」
竜華「や、褒めとるわ。こんなんありえへんもん」
玄「あれ?」

竜華「まあ、2着上等やろ」
透華「ラスも覚悟してましたからね」
玄「オーラスは強引に行っちゃいましたけど」
竜華「あれは、こないだ話した通りでええやん」
玄「ですかね」
透華「ええ、あなたは回りくどいことはしなくて結構です」
玄「さっきから棘があるよ!」
透華「それくらい言わせなさいな!もうこっちはもう…」
竜華「慣れなあかんなあ、これwww」

玄「あ、中堅戦のオーダーですよ」

竜華「ほな行ってくるわぁ」

透華「…ちょっとお待ちなさいな」

竜華「うん?」


-------------------
大阪会場 中継席


えり「それでは大阪会場2回戦第1試合」
えり「中堅戦のオーダー発表です!」


No.002 愛宕絹恵
VS
No.012 江口セーラ
VS
No.013 園城寺怜
VS
No.032 清水谷竜華


えり「…これ名前間違えていませんよね?」
咏「合ってるよ」


カン!

大会編その12へ続く!

関連Index

【咲-Saki- 3on3SS】Index

2016年6月18日の更新記事はおさぼりしましたのだ!


2015年6月18日の更新記事

第143局既読者向けに妄想を。それぞれの思惑。

2014年6月18日の更新記事

当ブログの2014年6月度咲-Saki-キャラ登場頻度ランキング。ついに累計登場ランキングにも…。