理沙「プロやし」はやり「ねー☆」の続きです。


-------------------
大阪試合会場

東2局0本場

カチャ

浩子(…あらん?)
浩子(…)
浩子(しゃあない)

浩子「ツモ」

パタン

浩子「400、700です」


-------------------
大阪会場 中継席


えり「おっとここで船久保選手のツモ和了り」
えり「平和ツモのみ。400、700は1500点です」
咏「うん。まあ、倒すよねえ」
えり「これで船久保選手2局続けての自摸和了となりました」
咏「じわじわいくねえ」


-------------------
大阪会場 応援席


漫「カンできる…?いやでも?あれ?んー?」
一「まだ考えてるの?」
漫「うーん」
恭子「アホの子はほっときや」
一「ひどい」

桃子「連続和了っす」
姫子「調子ええんかな」
恭子「どうやろなあ」
雅枝「2局和了って28500…」
雅枝「もうちょいなんとかならんかあ言うのが正直なとこやろな」


-------------------
大阪試合会場

東3局0本場

カチャカチャ

浩子(一切ドラがこない)
浩子(…想像以上にきっついわこれ)

玄「…」フンスフンス

浩子(ドラロー対策は簡単や…)
浩子(…なんて口で言うのはそら簡単やったな)


-------------------
大阪会場 チームNo.032控室


竜華「んー。浩子上手いことやってるなあ」
透華「敵を褒めてどうするんですの」プンスコ
竜華「言うても後輩やし次期部長やしなあ」
透華「…んまあ、それは仕方ありませんけど…」ソワソワ
竜華「ンフwww」
透華「なんですの」

竜華「いや。なんちゅうか…」
竜華「玄ちゃんは見ててほんっっま」
竜華「安心できへんなwww」
透華「ほんとですわよ!」プンスコ!

竜華「考えてみれば透華ちゃんは龍門渕やもんなあ」
透華「はぁ…。何を今更…?」
竜華「味方の麻雀ハラハラしながら見守るなんてしたことないやんな」

透華「ひとりだけいましたわね」
透華「…似たような感情は持ったことありますわよ」
透華「チームメイト、ではありませんが」

竜華「へえ?」


-------------------
大阪会場 応援席


咲「へくち」
恭子「なんや冷房か?」
咲「だいじょうぶです」
恭子「ならええけども」

一「競技麻雀みたいなもんだね」
一「3900和了ったら御の字みたいな」
桃子「うーわ、苦手っすねそういうの」
恭子「まあ、モモもそうやろなあ」
一「ももも?」
恭子「ももも。っさいねん」

恭子「ドラが自分に来ない言うことは」
恭子「数牌ん時は周りの順子も捨てなアカン」
恭子「いわばドラロー条件のノーチャンス」
姫子「まあそうやんね」
恭子「その分山が圧縮されると考えることもできるわな」
姫子「山が…圧縮…?」


-------------------
辻垣内家


穏乃「こう…山が…なんていうんですかね?」
誠子「分からんw」
穏乃「んー」
穏乃「ドラは玄さんに絶対に行くわけですからー」
智美「ワハハ。改めて聞くと凄いこと言ってるよなー」
穏乃「こう…。山が普通とか変わっちゃうというか…」

霞「やっぱりそうなの?」
穏乃「多分ですけど。歩きづらいというか登りづらいというか…」
誠子「分からんw」
穏乃「もー!説明できないー!」ゴロゴロゴロー
誠子「wwww」

利仙「自分の集める牌がわかりやすくなりはしますよね?」
穏乃「ですねそれと…」ゴロ…
莉子「防御にも使えるってこと、かな」
穏乃「うん。玄さん以外にはノーチャンスだから」

穏乃「…ただ」


-------------------
大阪会場 チームNo.002控室


絹恵「この局もいけそうちゃう?」
洋榎「このままチートイでいけば…いけそうやな」
洋榎「でも…」
絹恵「でも?次和了れば3連続やで」
洋榎「まだまだや」

洋榎「全然足りひん」


-------------------
大阪会場 チームNo.032控室


竜華「はぁ。咲ちゃんかー」
透華「大将戦は気が気ではありませんでしたわ」
竜華「原村ちゃんは?」
透華「ファラムラノドカァ!?」
竜華「なんやねんwもうええわww」

透華「あっ」
竜華「ん?」


浩子『リーチですわ』

玄『ひゃあ!』


透華「何してますの玄は!」
竜華「玄ちゃんwww」
透華「ほんっとに…」
透華「なんて心配させるのでしょうか!」プンスコ!

竜華「いやあ、玄ちゃん面白いわwww」
竜華「ほんま目が離せへん…」
透華「あれだけ怯えてても…」
透華「常にどでかい一撃がありますから」

透華「ウチの玄は!」ババーン!


-------------------
大阪会場 中継席


えり「ここで船久保選手の先制リーチ」
えり「3連続和了に向けて突き進みます」
咏「ふむ。この試合はじめてのリーチだねぃ」
えり「あ、確かにそうですね」
咏「打点を少しでもあげようってことかね」
咏「知らんけど」

えり「チートイツ…。ドラが絡めば強烈ですし裏ドラ期待も」
咏「…してると思うかい?」
えり「多少はするものじゃないんですか?」
咏「普通はね」
えり「普通じゃありませんか」

咏「普通じゃあないねえ」

えり「おっとここで薄墨選手が…」
咏「あー、こりゃ捨てるかね」
えり「船久保選手の和了り牌を捨ててしまいましたー」
咏「リーチチートイのみ。3200だね」


-------------------
大阪会場 応援席


雅枝「3連続で…31700」
雅枝「こりゃきついわな」
桃子「きつい…っすか?」
雅枝「や、自分に置き換えてみいよ」

雅枝「半荘始まって3連続和了」
雅枝「チートイに限ってはリーチまでしてん」
雅枝「ほんで6700点しか増えてへんのやで?」
雅枝「満貫一発くらったら吹き飛ぶんや」
桃子「そう聞いたらそうっすね」
一「工夫して工夫して、だからね」
恭子「最後のチートイなんかは完全に薄墨の浮き牌狙ったやろ」
雅枝「そういうのだけ上手いねんあの子」

恭子「しっかし赤アリでこれや」
桃子「なんとなく言いたいこと分かってきたっす」

恭子「大概手ぇ作る時はドラの受け入れ考えるやろ?」
恭子「リーチかけたら裏乗るんもある程度期待するやんか」
恭子「序盤やったら特にな」
一「そりゃそうだよね」
恭子「それが一切あらへん」

恭子「和了っても点差が広がらん」
恭子「しかも相手は常にバ火力突きつけてくる」

姫子「インハイの先鋒戦だと化物が多いき目立たん感じやったけど…」
恭子「こいつのお姉ちゃんとかな」ワシャワシャ
咲「んー!」ワシャラレ

恭子「対局中常にこんな状況やで?」
恭子「精神的にはとんでもなくきついやろ」
姫子「恐ろしか」

咲「松実玄…さん…」カミナオシナオシ


-------------------
大阪試合会場

東4局 0本場

浩子(3連続でも…こんなんか)


No.032 松実玄    23600
No.013 百鬼藍子    23800
No.012 薄墨初美    20900
No.002 船久保浩子 31700


浩子(…全然足りひんわ!)

浩子(ほんでついに来るかぁ…)


初美「…」ゴッ!


浩子(薄墨ぃ!)


カン!

大会編その10へ続く!

関連Index

【咲-Saki- 3on3SS】Index

2016年6月4日の更新はおさぼりしましたのだ!


2015年6月4日の更新記事

咲-Saki-キャラを自動翻訳して遊ぼ、大人編

2014年6月4日の更新記事

咲-Saki-無印購入特典ピクチャードラマから大事そうな設定を簡単にまとめてみますのだ!その2