久「今の私たちじゃない」の続きです。

ーーーーー国広一サイド
???

小蒔『こんなものがある理由ですか…』

一「え、そんなこと気にする?」
恭子「むしろしない方おかしくない?」
一「んー。そんなもんかなあって」
恭子「…大概や。物分りよすぎるわ」
恭子「最近の麻雀もそんなんばっかや」
一「ん?話とんだ?」
恭子「とんでへんよ」

恭子「なんでそうなんのか考えるのやめたら終わりやろ」

一「んー?そうかなぁ」

恭子「なんやねん」ジロ
一「や、別に否定するつもりは無いよ」
恭子「なんか含んでる感じやん」
一「んー…。ボクはどっちかというと」
一「そう見せる方法に興味がいっちゃうから」
恭子「そう見せる方法…?」
一「いいよいいよ。この話は今度ね」
恭子「あん?」
一「今は、今の事でしょ」
恭子「まあ、そらそやな…」

小蒔『あまり詳しくは言えないし、そもそも知らない部分もあるんですが…』

恭子「言えることだけでええし、知ってる部分だけでええよ」

小蒔『…影武者って分かりますか?』

一「!?」ゾクッ
恭子「!?」ゾクッ

小蒔『…そういうことです』

恭子「コ、コピーして身代わりにさせる言うことか!?」
一「そしたらやっぱり神代さんも…」

小蒔『…わかりません』

小蒔『わたしは、わたしですから』


ーーーーー宮永照サイド
???

咲(SS)「お姉ちゃん。お話しようよ」

照「…」

咲(SS)「ほらね、ひどいよね。和ちゃん」

和「あなたは…咲さんなのですか?」
照「だから…!」
咲(SS)「うん!そうだよ!和ちゃん」パァアア!
咲(SS)「嬉しいな!喋ってくれた!」ワーイ
照「…」
和「そんなに嬉しいのですか」
咲(SS)「うん!」
和「…そうですか」

和「ですがあなたは」
和「わたしの知っている咲さんではない」
和「そうですよね?」
咲(SS)「…そうだね」

和「あなたは…」
和「わたしの知っている咲さんを乗っ取ろうとしてますよね」
咲(SS)「…そうだね」

和「やはりそうですか」
和「だからお義姉さんは…」

照「そんなことさせる訳にはいかない」
照「だから、あいつの存在を認める訳にはいかない」
和「なるほど…。だから無視したということですか」
照「そうするしかなかったから」

咲(SS)「会いに行ったのはわたしじゃないのに」
照「会ったのはお前だ」
咲(SS)「会いに行こうとしたのはわたしじゃないもん」
照「ならなんであの時出てきた」
咲(SS)「…会いたく無かったんじゃないかなあ」
照「意味が分からない」
咲(SS)「そりゃあ複雑だよ」
咲(SS)「それはお姉ちゃんも分かるでしょ」

和「お義姉さんの考えも分かります」
咲(SS)「和ちゃん!?」
和「咲さんが分裂した理由はわかりません」
和「つまり、あなたが存在する理由はわかりません」
和「ですが…」
和「咲さんとお義姉さんがこじれた理由はあなたです」
咲(SS)「…」

和「お義姉さんが咲さんを悲しませたのは許せません」
照「えっ。でもさっき分かるって」
和「考えは、分かります」
和「ですが」
和「…あなたは方法を間違えました」
照「…どっちの味方なの」

和「決まってるじゃないですか」

和「咲さんの味方です」ババーン!


ーーーーー狩宿巴サイド
宿舎

久「さぁて、と」ノビー
巴「染谷さんは」
久「ん?」
巴「とても久ちゃんのことを分かってるんだね」
久「…そうね」

巴「今も池田さんと片岡さんを連れて買い出しに行ってくれた」
久「時間が足りなそうだったら、そうね」
久「そのままお風呂にでも入るんじゃないかしら」
久「そのくらいはしてくれるわ」

美穂子「どういうことですか?」

久「話も大詰めってことかしら」

巴「ずっと考えてたんだ」
巴「誰が誘導したんだろうって」
美穂子「誘導?ですか?」
巴「分裂人格の動きを」
美穂子「えっ」
久「…」

巴「…正直考えなくても分かることだったんだよね」
巴「味方に気づかれないように相手を誘導するには…」
巴「味方の動きも誘導しなきゃならない」
巴「こちらの動きを決めていたのは誰か、って」
美穂子「…え」

巴「理由は分からない」
巴「だけど、そうじゃなければ説明できない」
久「動機は分からないけど、トリックは解けたってとこかしら?」
巴「…そんなとこかな」

巴「霧島の手はあなたにものびてたの?」
久「…どうなのかしら」
巴「わたしはほんと、分からないことばかりだよ」
巴「突変化粒丸の分裂と解除の仕組み」
巴「これも全部は知らなかったもん」
巴「いやんなっちゃう」

久「あれ意味分からないわよね」ケラケラ
巴「原村さんと同じような状況なんだよね?」
久「…それと、咲も同じなはずよ」
巴「…えっ!?」
久「動機はそこにあるんだもの」

美穂子「ちょ、ちょっと待って下さい」
美穂子「話が全く見えないんですけど…」

巴「ある意味での黒幕が」
巴「久ちゃんだったって事だよ」

美穂子「…は?」


ジジッ…
ジジッ…ジジッ…
ジジジジジジジジ

久(?)「わたしの場合はほとんど定着してるから」
久(?)「…ってのも『わたし』が納得してるからなんだけど…」

巴「やっぱり…こういうことだったんだね」
巴「久ちゃんは既に分裂していたんだ」

美穂子「…う、上埜さん?」

久(上埜)「久しぶりね」
久(上埜)「ってもわたしはずっとこの子の中にいたんだけど」

カン!

その51へ続く!

関連Index

【咲-Saki- ドッペルSS】Index

2016年1月29日の更新記事

第152局既読者向けに妄想を。残酷すぎてこわい。

2015年1月29日の更新記事

第137局既読者向けに妄想を。ザ・昭和感

2014年1月29日の更新記事

全国編アニメ第4話をみてやはり咲-Saki-は麻雀の所作表現が美しいと思…。