怜「皆があわあわ程ひどくは無いとしてもな?」淡「えっ?なにがっ!?」の続きです。

-------------------
辻垣内家

智美「ただいまー」
霞「あら、おかえりなさい」
誠子「ついでにお菓子とか買ってきましたよ」
利仙「あら、ありがとうございます」
誠子「いえいえ」

莉子「あれ、高鴨さんも一緒に行ってたの?」
穏乃「気づかれてなかった!?」
莉子「あはは。寝てるかな、って」
穏乃「蒲原さんが無理矢理…」

智美「なんだよー。だってテルテルとか送った後寂しくなっちゃうだろー」
穏乃「亦野さん一緒に行ったじゃないですかあ」
智美「チームなんだからいいだろー」
霞「本当に穏乃ちゃんは山が絡まないとお寝坊なのね」
穏乃「山登なら全然平気なんですけどー…」
誠子「カーナビでテレビとかラジオとか聞けそうなもんなのに」
智美「ワハハ。そういうのはヤなんだなー」

利仙「…会場で観戦はしなくて良かったのですか?」
誠子「まあ、それでも良いかなと思ったんですが…」
誠子「どうしても肩入れしちゃいそうだったんで」
誠子「それに穏乃が布団が恋しいとか言うもんで…」

穏乃「うーん。お布団大好き」ゴロゴロ
穏乃「なんで1日1試合なのに朝1からだったんですかねえ」ゴロゴロ

智美「多分アレだろー。放送局とかの問題だろー」
穏乃「うむむ」
霞「同時中継とかは初めてらしいからね」
誠子「ああ、やっぱりそうなんですか」
霞「らしいわね。さっきそんなこと言ってたわ」

利仙「先鋒戦に限っては観てきた方良かったと思うんですけどね」

智美「んー?」
誠子「観てきた方がって…どういうことですか?」
利仙「ラジオ中継とかも聞いてなかったんですよね」
誠子「ええ。車中ではかっこいいものしりとりで白熱してましたよ」

智美「シズモンがいー、で一気通貫っていうもんだから」
智美「果たして一気通貫はかっこいいかどうかを論じあってたなー」
誠子「しりとりそこで終わっちゃいましたからねwww」
穏乃「かっこいい!」
莉子「…一発の方がかっこいい気がする」
穏乃「ここにも!?」
誠子「だよねえ!ほらな!」

莉子「え…」
誠子「わたしもそう言ったんだよ」
智美「ワハハ。盛り上がった盛り上がった」

霞「試合の方も盛り上がったわ」
誠子「あ、そうだそうだ。話ずれちゃいましたね、って…」
誠子「さっきから終わったような事いうのが気になるんですけど」

利仙「先鋒戦終わったんです」

霞「照ちゃんが負けたわ」

誠子「…はい?」
穏乃「えっ?」
智美「テルテルが…負けた?」

利仙「やっ、でも負けたというか、あれはどうしようも…」

穏乃「なっなっ、なにが起こったんですかっ!?」ガバッ


-------------------
大阪会場 ???

咲「お姉ちゃんが…2位…?」
雅枝「まあなんもできひんかったな」
雅枝「席順で2着や」

咲「なにもできなかったって…」
雅枝「チャンプが起家やったんや」
咲「ええ」
雅枝「ほんで子供同士の役満直撃でおしまいや」
咲「そんな…。東1でトビ終了ってことですか…?」
雅枝「四暗刻単騎。あら止まらんでもしゃあないわ」


-------------------
東京会場 中継席

恒子「さぁ、小鍛治プロ!」
健夜「はい」
恒子「予定外の試合終了にてんてこ舞いではありますが!」
健夜「あ、言っちゃうんだね」
恒子「まさかの東1トビ終了でしたからね」

恒子「中継時間が余ったら小鍛治プロ歌謡ショーでも」
健夜「やらないよ!?」
恒子「えー、そういう方向でまとまりつつあるんですが」
健夜「まとまってないから!」
恒子「小鍛治プロの意思はあまり関係なくですね」
健夜「むしろ中心だよ!」

恒子「わがままですなあ」
健夜「そういうのははやりちゃんにやらせてよ」
恒子「ん?瑞原プロいるんですか?」
健夜「あっ…」
恒子「ん?」
健夜「いや、うん。そういうのはって意味でね」
恒子「牌のお姉さんライブ!ってのもいいですねえ」
健夜「立場的に余計な事言わない方いいんじゃないの」
恒子「確かに!」
健夜「はぁ…」

恒子「えー、それではまもなく中堅戦試合開始ですが…」
恒子「その前にもう一度点数状況を振り返ってみましょう」
恒子「視聴者の方は何回見せるんだとお思いでしょうが!」
健夜「だからそういうのいらないよ!」

恒子「えー」

恒子「先程の試合結果ですが」
恒子「No.016チームの役満がNo.008チームに直撃しまして」

恒子「No.016チーム57000」
恒子「No.004チーム25000」
恒子「No.026チーム25000」
恒子「No.008チーム-7000」

健夜「3万点返しなのでトップ賞の+20がNo.016チームにプラスされます」

健夜「さらに順位点です」
健夜「1位が+10、2位が+5、3位が-5、4位が-10」
健夜「いわゆるウマのワンツー(5-10)というやつですね」

恒子「その結果がこちらです」

No.016    +57
No.004    ±0
No.026    -10
No.008    -47


-------------------
東京会場 チームNo.008控室

貴子「はぁ…」
星夏「もう一発!もう一発頼みます!」
貴子「なんなんだよお前は」
星夏「なんかもう自分が許せません!」
貴子「だからってビンタしろっておかしいだろ」
星夏「コーチはビンタしたいんでしょお!」
貴子「誰がだよ!」

星夏「じゃあ津山さん!」
睦月「ウム」
星夏「一発お願いし…!?」
睦月「ウムァ!」バチコーン!
貴子「ためらいなく振り抜いたな…」


星夏「キャプテン…!」

貴子「今のキャプテンは池田だぞ」

星夏「…福路元キャプテン…!」

貴子「言い直すのか」


-------------------
東京会場 チームNo.026控室

良子「なんつーか、こう…すまん」
メガン「イエ、チーム的にはアリッチャアリデス」
良子「原点3位だからね、それはね」
メガン「席順良ければ2位デシタカラ」
良子「まあ、そうなんだけどな」

良子「これで終わりかと思うとな」

メガン「勝ち抜ケバイイデショウ?」

良子「!?」

メガン「良い感ジカモシレマセンヨ?」


-------------------
東京会場 チームNo.016控室


晴絵「いや、ほんと勘弁してくださいマジで」
はやり「だって来ちゃったんだもん」
晴絵「目立ちすぎです!」
はやり「でもあそこで役満崩す方が目立つよ?」
晴絵「…そうなんですよねえ!」
はやり「なんか怒ってるゾ☆」
晴絵「ンフwww」

晴絵「…いつもあんな火力だしてますっけ?」
はやり「あんまり」
晴絵「あれ、なんか怒ってます?」
はやり「べっつにー?」
晴絵「宮永照の影響ですか」
はやり「…多分そうだね」

晴絵「寄せないで弾いてる感じですか」
はやり「多分ね。なんか舐められてるかもって思っちゃった」
晴絵「はやりさんそういうの嫌いですよね」
はやり「大っ嫌いだゾ☆」
晴絵「でも意図して弾いてる訳じゃなさそうなんですよね」
はやり「そ。だからそこが」

はやり「照ちゃん最大の弱点かもネ☆」

晴絵「身をもって教えちゃった訳ですね」
はやり「一応ラッキーパンチに見えるようにはしたつもりだよ」
晴絵「まあ、ねえ…」

はやり「あ、ご祝儀頂戴☆」
晴絵「はい?」

はやり「ご祝儀。役満出したから」ヒラヒラ
晴絵「…いえーい」テヲパチーン
はやり「そういうんじゃなく。ご祝儀」
晴絵「あの」
はやり「ご祝儀」

晴絵「…わかりました」ジャラジャラ
はやり「ん。ってチップじゃん」
晴絵「後精算にしましょ」
はやり「ほう」
晴絵「呑み代精算ってことで」

晴絵「あくまで」
晴絵「ご祝儀で呑み代」
晴絵「良いですね」

はやり「おっけー☆」


-------------------
東京会場 チームNo.004控室

照「…」ペラ
智葉「…」
照「…」ペラ
智葉「…本読むか?このタイミングで」
照「…?」

智葉「や、なんでもない」
智葉「むしろわたしがなんでこんな狼狽してるかって話だな」

照「ちょっと甘かったかな」
智葉「や、当然わたしもそこ狙いだからとやかく言えねえやな」
照「あ、そうだったんだ」
智葉「ンwww対宮永照の理想形っちゃ理想形だ」
智葉「東1で他家トバし」
智葉「実際出来るとは思ってなかったんだが…」
照「やれる人はいるもんだよ」
照「食らったのはずいぶん久しぶりだったけど」
智葉「いつ以来だ?」

照「いつだろう」
照「よく咲にやられたのは覚えてるけど」
智葉「あいつそんなこともやらかすのか」
照「あの子そういうとこあるわ」
智葉「あん?」
照「ふふ。怜ちゃんのマネ」

智葉「公式戦での連勝ストップとか言われるな」
照「なにそれ?」クビカシゲ

智葉「…わからんなら良い」


-------------------
東京会場 中継席

恒子「さぁ、それでは中堅戦のオーダー発表です!」
恒子「大阪会場の先鋒戦試合終了を待たずに!」

健夜「東京のオーダーだけ発表ってことだよね」

恒子「ええ、ええ。そうです」
恒子「本来は2会場同時進行が理想だったのですが」
恒子「急遽予定を変更してお送りします」
健夜「これは…しょうがないね」

恒子「それでは東京会場2回戦第1試合」
恒子「中堅戦のオーダー発表です!」


2回戦第1試合中堅戦

東京会場

No.004    荒川憩
VS
No.008    深堀純代
VS
No.016    クマちゃん
VS
No.026    新井ソフィア


カン!

大会編その7へ続く!

関連Index

【咲-Saki- 3on3SS】Index

2015年12月11日の更新記事はおさぼりしましたのだ!


2014年12月11日の更新記事

?「ともきとじゅんとはじめを表す一文字の結果発表だー」【咲-Saki- One character アンケートSS】

2013年12月11日の更新記事

那岐「わっあぶな!」 花子「危ないのは那岐ちゃんだろー?」【咲-Saki- 3on3SSその9】