久「最終章」の続き
もしくは
照「わたしに妹はいない」の続きです。


ーーーーー国広一サイド
???


一「ねえ、神代さん?」

小蒔『…』

一「なんか隠してるよね?」


小蒔『…隠している訳じゃないんです』

一「うん?」

小蒔『よく、知らないんです』
小蒔『本当に』

一「そっか、ごめんね」

小蒔『いえ…。わたしも…何度か聞こうとしたことがあるんです』
小蒔『今思えば、その度にはぐらかされていた気もします』

恭子「…誰に?」

小蒔『…それは』



ーーーーー竹井久サイド
宿舎


巴「…」

久「…と、先鋒戦はこんな感じかしら」
優希「むむ、なかなか厄介だじぇ…」

美穂子「…いつも思うのだけど」
久「あら、なぁに?」
美穂子「ずいぶん難しい指示を出しますね」
久「…まあ、それくらいやらないとね」
久「簡単に勝っちゃったらつまらないじゃない?」
華菜「かっ…」
まこ「そらそうじゃな」ケラケラ

久「でも、例えばこの子の」ナデナデ
優希「ん」ナデラレナデラレ
久「今出来る最大限を出したら負けてもオッケーなんて思わない」
美穂子「…!」
まこ「ふはっ」

久「よくやったわね、頑張ったわね」
久「そんな素敵な言葉を…」
久「慰めの意味でしか言えなくなっちゃうじゃない?」

久「私たち、が戦うの」
久「そのためにこの子にだって…」
久「そこで笑って茶化してる子にだって」
まこ「おっふ」

久「いまここにいないお姫様にも」
久「それを助けに行ったもう一人のお姫様にも」
久「もちろんわたしも」

久「勝つために戦うの」

久「今の私たちじゃない」
久「明日、試合会場の私たちが…」
久「勝つためにどうするか」

久「って考えたらシンプルじゃない?」

まこ「…や、そら複雑やろ」

久「あれっ!?」

美穂子「ふふ」

まこ「まあ、言葉で説明しようとすると難しい部分じゃろうなあ」
久「うーむ」

まこ「まあ久の言うとおりやって負けたら」
まこ「久のせいにすりゃええってこっちゃな」
久「えー!?」
久「…や、でもそういうことかしら…」

まこ「見方によっちゃ甘やかしてるのは久の方やな」ケラケラ
久「うーむむ」ナデナデ
優希「わたしは部長の言うとおりするじぇ?」ナデラレナデラレ
久「えらいえらい」ナデナデ
優希「むふふ」

まこ「1つの考えでこいつの言うことが正解とは限らん」
まこ「言うてもワシらは久を信じちょる」
まこ「風越には風越のやり方があるってことやな」

華菜「…やっぱりそういう話し?」
まこ「そらなあ」
華菜「うん…」
華菜「竹井さん」
久「…ん?」

華菜「すみませんでした」ペッコリン
久「…何が?」
華菜「わたし…羨ましかったんです」
華菜「もっと…ちゃんとキャプテンと…」
華菜「清澄みたいに…喋ったり、甘えたりしたかった!」
華菜「一緒に全国で戦いたかったっ!」

美穂子「華菜…」

華菜「嫉妬して…それでも素直になれなくて…」
華菜「八つ当たりしました!」
華菜「本当にすみませんでした!」

久「…風越ってなんでこんな体育会系なの?」
美穂子「コーチが厳しいから…かしら」

華菜「足りないですか!それならジャンピング土下座を」スック
久「やめなさい!それはやめなさい!」
久「というか美穂子にも言いたいことはあるんだけど!」
美穂子「えっ」
久「…ちょっと今はやることあるから、また今度で!」

久「華菜!」
華菜「はい!」
久「ジャンプして土下座するくらいなら美穂子に飛び込みなさい!」
美穂子「はい?」
華菜「はい!」ピョーイ

華菜「キャプテンキャプテン!」グリグリ
美穂子「…華菜」ナデナデ

久「…はぁもう」ナデナデ
優希「んふふ」ナデラレナデラレ

まこ「なんやこれ…」

まこ「なんかすまんのう狩宿さんや」
巴「んー?いやいや勝手にわたしがいるだけだからいいよー」


巴「今日の自分と…」ボソ
巴「明日の自分、かぁ…」ボソ


ーーーーー国広一サイド
???


恭子「狩宿か…」

小蒔『巴ちゃんは…そういう仕事、ですから』

一「なんで隠すんだろう」
恭子「言うても理解できないからやない?」

小蒔『ひどい!』ガビーン!

恭子「まあ、そら冗談やけども…」
一「いちいちそういうの挟まないとダメなの?」
恭子「リズムがあんねん。こう、会話の」
一「めんどくさいなあ関西の人は」
恭子「貪欲なんやなあ、なんにでも」
一「…」

一「っwww」
恭子「なによ急に」
一「なんでいちいち倒置法にするのwww」
恭子「えっ?なってた?」
一「なんかwww気づいたら面白くなってwww」
恭子「まあ良かったなあ、それは」
一「今のはわざとでしょwww」
恭子「ンフwww」


恭子「や、まあ永水にも色々あるんやけども…」


小蒔『すみません…』


恭子「そもそも…」
恭子「とつへんげ…りゅうがん?やっけ」

小蒔『突変化粒丸ですね』

恭子「うん、それな?」
恭子「なんやけったいなシロモンやんか」
恭子「飲んだら分裂するんやろ?」

小蒔『簡単に言えば、そうですね』


恭子「なんでほんなもんが永水にあんねん言う話やんか」


ーーーーー宮永照サイド
???


ジジッ…
ジジッ…ジジッ…
ジジジジジジジジ

咲(SS)「…あれ、文字出ちゃってるねこれ」
咲(SS)「そっかあ、なんでだろ?」

照「…」

咲(SS)「ふふ、本当に久しぶり、だよね?」
咲(SS)「お姉ちゃん」

和「咲さんは…分裂していたのですね…」
照「…どうなんだろう」
和「いつから、ですか?」
照「覚えてない」

和「本当に?」

照「…あまり思い出したくない」

和「そうですか…では詳しくは聞きません」
和「ですが」
和「覚えは、あるんですね?」

照「…もしかしたら、ってタイミングはね」


咲(SS)「うふふ」


カン!

その50へ続く!

関連Index

【咲-Saki- ドッペルSS】Index

2015年11月20日の更新記事はおさぼりしましたのだ!


2014年11月20日の更新記事

えり「第17回もちもち!絵が得意そうなのは誰だ選手権!」咏「結果発表ー!」 【咲-Saki-アンケート結果発表SS】

2013年11月20日の更新記事

純「うp?おいともきー!変な言葉教えるなよ!」 智紀「ウェヒヒ」【咲-Saki- 3on3SSその5】