えり「進めましょ?」咏「進めない。ちょっと今は進めないなあ」の続きです。

-------------------
大阪会場 チームNo.002控室

洋榎「ちゅうわけで…抑えるべきは江口セーラのアホや」
洋榎「やっぱりアホを抑えるのはアホやからな」
絹恵「うん、あのお姉ちゃん」
洋榎「ん?」
絹恵「や、中堅戦の話はええんやけど…」
絹恵「今は浩子ちゃんの先鋒戦を…」

洋榎「や、もう行ってもうたし」
洋榎「浩子なら十分すぎる程分かってるやろし…」
絹恵「あの中で注意するんは誰やのん?」

洋榎「…ほんなん決まってるやろ」


-------------------
大阪会場 チームNo.012控室

セーラ「ん…ちょっと堪忍」ハンカチトリダシ
尭深「はい」
セーラ「へくちゅん」クチオサエー

セーラ「なんや、誰ぞ噂しとるんかいな…」ズズ

尭深(…乙女だなあ)


-------------------
大阪会場 チームNo.013控室

怜「なんやあわあわまた成長したか」ゴロゴロ
淡「分かんないけど」
淡「怜先輩はちっこくなった気がする」ナデナデ
怜「なんでやろなあ」ゴロゴロ
淡「分かんないけど」
怜「そればっかやな」

淡「…ところで」
怜「うん?」
淡「自然に膝枕しないで?」
怜「そういう意味でも成長したな」キリッ
淡「キリッじゃなくてね…」

怜「まあ、ほれパワーをな貯めといてな」
淡「はぁ」
怜「中堅で勝ち抜け決めたるから大将戦は気楽にな」
淡「ほんとかなあ」
怜「中堅戦はアホばっかやから余裕や」
淡「…気張ってるくせに」
怜「…お、ミエミエやったか」
淡「そりゃあねえ」

怜「このルールだとほんまはオーダー分からんはずなんやけどなwww」

淡「中堅戦は…」
怜「ん…。マークすんのはセーラやな」
淡「わたしあの人苦手…」
怜「あわあわぐいぐい来るくせにぐいぐい来られると弱いからな」
淡「怜先輩が言わないでよね」
怜「あっはっは」ゴロゴロ

怜「ゆうても洋榎姉やんも要注意なんやけど」
怜「余計な事考えるからなあの子」
淡「そうなんだ」
怜「まあ、考えるのがあかんゆうことは無いけどもな」
怜「セーラと似てるようで全然ちゃうとこやな」

淡「そのセーラは考えないんだ」
怜「や、多分わたしら3人の中じゃいっちゃん考えるで」
淡「ほえ?」
怜「意外か?参謀やらせてもいいくらいやと思うで」
淡「ほええ」

怜「あわあわのアレな」
淡「うん?」
怜「あの、角がうんたら」
淡「ああ、うん」
怜「まあ、わたしはいまだにようわかれへんけども」
淡「www」
怜「気づいたのウチの監督さんとセーラやで」
淡「うっそ」
怜「あの子そういうとこあんのよ」
淡「えー…。ものすごく意外な事実…」

怜「竜華はほれ、あんなんやんか」
淡「んふwwwだから好き」
怜「…まあ、ええけども」

怜「セーラはなんちゅうか…シンプルなんやな」
怜「普段火力火力アホみたいに言うてるけど…」
怜「思考停止して言うてるんちゃうのよ」
淡「へえ」
怜「どっちか言うと盤外戦かましてるみたいなもんやな」
怜「あわあわは天然でやっとるけど」
淡「んっ?」
怜「これやからな」ゴロゴロ

怜「セーラのアレは…」
怜「先行したら、追いかける気力を削ぐ」
怜「後攻の時は、いつでも追い抜けるとプレッシャーをかける」
怜「わりと繊細に心理面での効果も考えてるんや」
淡「わあ、腹黒い」
怜「たまに洋榎姉やんもやっとるけどなwww」

怜「せやから食いついてくる子ぉはお気にになんねん」
怜「ほれ、阿知賀の憧ちゃんとか」
淡「あー」コクコク
怜「そういやあの2人永水んとこで一緒やったはずやな」
淡「タカミーとはるるが言ってたね」

怜「わたしらにそこらの盤外戦術は効かへんからな」
怜「もっとシンプルな戦いになる」
淡「うん」
怜「ほいたらわたしが一番やん」
淡「うん?」
怜「わたし難しいことようわかれへんもん」
淡「…なにそれwww」
怜「見えたら行く。それだけやからなあ」

淡「…あんまり先を見に行っちゃ駄目だよ」
怜「…まあ、せやな」

淡「そういえばらんらん先輩は勝てるの?」
怜「そういえばwww」
淡「だってぇ…。なんかふらっと行っちゃったし…」
怜「気合もなんも無かったなwww」
淡「んー。だからどうなんだろうって」

怜「皆があわあわ程ひどくは無いとしてもな?」
淡「えっ?なにがっ!?」
怜「らんらんの事知らんかったやん」
淡「それは、まあ、はい」
怜「素直www」
淡「www」

怜「例えば、牌譜見たとしてな?」
淡「はい」
怜「んっwやめえよそれw」
淡「いいからwww」
怜「わたしの牌譜見たとして…。先見えてるって分かる?」
淡「どうだろ…。一発多いなあとか変な切り方するなあっては…」
怜「せやねん。違和感はあるやろけども、何してるかは分からへん」
淡「まあ、そうだねえ」

怜「あわあわの牌譜見ても、ダブリー多すぎやろアホちゃうとは思うけども」
淡「えっ」
怜「や、そこは思うやろ」
淡「はい」
怜「だからwww」
淡「www」

怜「リアルタイムで見てるのと、相対するのと、牌譜だけ見るのと」
怜「情報量が全然ちゃうやんか?」
淡「だねえ」
怜「あのー、角がなんちゃらもな?」
怜「牌譜だけやったらわかれへんかったかもしれんゆうことやな」

淡「…あのー」
怜「なに?」
淡「もしかしてほんとに分かってないの?」
怜「なにが?」
淡「…」
怜「…わたしは見えるからええねん」
淡「うっわ」

怜「ま、らんらんの麻雀を調べよう思っても…ってことやな」
淡「あー、そういう」
怜「情報戦で既に勝ってんねん」
淡「阿知賀みたいなもんか」
怜「おふ…。ダメージでかいやろそれwww」
淡「…自分にもダメージが来たよ…www」

淡「あれ、でもさ」
怜「ん?」
淡「玄先輩は見てるじゃん」
怜「…玄ちゃんやで?」
淡「…そっか!」


-------------------
大阪会場 ???

咲「…うう」グス
咲「ここどこ…?」グスグス

\サキーオルカー?/

咲「!!」

咲「この声…!ここですう!」

\オルンカイ!/

咲「…こっち…?」

\ウゴクナヤー/

咲「…おっと」ピタ

雅枝「こっちかー?」
咲「愛宕ママさん!」トテテ
雅枝「あー、良かった。おったな」
咲「ふええん」モギュー
雅枝「なんでこないとこおんねんな…」ナデナデ
咲「わかんないです…」クスン

雅枝「皆も探しとるから、戻るで」
咲「うう…。すみません」
雅枝「先鋒戦始まる前に戻るで?」
咲「あっ、もうそんな時間に…?」
雅枝「まあ、試合前に見つかって良かったわ」
咲「東京の試合も見れるんですよね?」

雅枝「ん?ああ、宮永照も今日やったっけ」
咲「はい!こないだの団体戦はいつもお姉ちゃんの試合見ないようにしてて…」
咲「決勝しか見れてなかったから…」
咲「お姉ちゃんも応援しようと思いまして!」フンス

雅枝「そらいい心がけやけども…」

雅枝「宮永照の試合終わってるで」

雅枝「さっきそっちのモニターで見えたわ」

咲「…ええっ!?」ガビーン!

カン!

大会編その6へ続く!

関連Index

【咲-Saki- 3on3SS】Index

2015年11月6日の更新記事

第35回もちもちマスコット力が高いのは誰だ選手権!(※投票受付終了しています)

2014年11月6日の更新記事

恒子「第16回もちもち!字が綺麗そうなのは誰だ選手権!」健夜「結果発表ー!」 【咲-Saki-アンケート結果発表SS】

2013年11月6日の更新記事

健夜「3対3のチーム戦?」 恒子「そう」【咲-Saki- 3on3SSその1】