嶺上開花マスターのくろもちです。

明日はYG発売日ですらありませんが
毎度おなじみ振り返りの意味も含めた感想記事ですよーぅ。
早いとこ追いつかなきゃの感想記事ですねえ。

掲載号前日感想記事というスタイルを
結構な期間続けておりますが
またぞろタイミングを変えようかなあと考えておりまして。

それが思いついていないという!

ねー。

今回はざっくり振り返れば
誰か…忘れている気が…。

また阿知賀編を見ていない体で



せっかくなので続けます。
咲-Saki-阿知賀編 episode of side-Aを視聴していない体で
5位決定戦を楽しんで見るお遊び。
今回のお話を読んでみますと…。

…。


未来が視えるってなんやねん!?

という、感想を抱いてしまいますかね?

前回なんとなぁく1巡先が見えてるっぽい動きをしていましたが
やっぱり視えてるんかい!
という。

さぁ、ほんとどうやって倒したんでしょうね。

その答えは
咲-Saki-阿知賀編 episode of side-Aにて
全て読めてしまうという!

アニメにもなっているという!

…。

ザ・ダイレクトマーケティング!

園城寺怜


さてさて、前回感想と全く同じ展開になっておりますが…。

怜の能力について。

前回、怜の能力が任意発動から自動発動へ
切り替わっているよ、という部分に触れました。


わたしの記憶が確かならば
未来視は自動発動ではなく、任意発動だったはずです。

わたしは能力の強弱を
任意発動 > 自動発動
と捉えております。

自動発動は自分で制御出来ない暴発系と考えているということですね。
任意発動は制御できている分能力としては上だということです。

ただしそれは全く同じ能力を使う場合に
任意発動 > 自動発動 である、ということな訳で
今回怜が認識をはじめた
分岐する複数の未来を同時に視る
というのは、これまでの怜が使用してたものとは異なる訳ですね。

フナQ先輩がちょっと触れていましたが
能力の進化!

作中で能力の変化、進化が見られたのは
今回がはじめて…ですよね?

で、任意発動できる単純に未来を視る能力よりも
自動発動の分岐する複数の未来が視える能力の方が
強力であると考えても良いと思います。

最終的に複数未来視が任意発動できるようになれば
進化完了という感じです。

任意発動複数未来視 > 自動発動複数未来視 > 任意発動単一未来視

ということですね。


そのあたりの能力の進化、についても
実は能力分類記事にて触れていますので
またまた貼っておきますね。
詳細は下記リンク先にて!

当サイトにおける咲-Saki-キャラ能力分類の手引 : おもちもちもち


そろそろ能力分類記事の続きも
いい加減進めないといけませんね!

針生えり


誰が呼んだかーーー

右隣の扇子持ってるプロの人ですよ!

これ実はすっとぼけ、な訳じゃなくて
異能を打ち破るのには情報が大事なのにも関わらず
全国放送中に怜の能力をバラしてしまうという
わりとアカンことをした三尋木プロをかばった
針生えりちゃんのファインプレー
だったりするんじゃないかなあ、なんて。

あ、あまり関係ないですが
最近えり、って変換すると

∬cVσ_σv < ミトメラレナイワァ

って変換されちゃうので少々困ってます。

その他


今回も当然の如く咲さんがいない…。
のどちゃんゆーきはカラーなのに!

しかし、もっとかわいそうな子もいましたね!

新道寺と千里山点呼!
よっしゃ!
どっちもスタメン、控え、監督、コーチ全員おるな!

…。

なんもかんも…。

江崎先輩は咲日和曰くのいつもの、を
買いに行ってるということで!

今回は以上!

カン!

関連Index

雑誌連載分感想Index

2015年9月8日の更新記事

?「鶴賀学園高等部の一文字の結果発表です…キャプテン…!」【咲-Saki- One character アンケートSS】

2014年9月8日の更新記事

咲キャラの名言に草を生やして一番イラッとさせた子をまとめましたのだ!【1周年特別企画 その1】