灼「…で、それはカップ入のかき氷?」真佑子「分かんない…」【咲-Saki-どうでしょうSS 喜界島一周編その4】の続きです。

-------------------------
龍門渕の別荘

爽「おはようございます」

真佑子「…」

爽「おはようございます!」
真佑子「…おはようございます」
爽「おいおいぃテンション低いぞう」
真佑子「時間…朝6時…」
爽「全然普通じゃないかぁ」
真佑子「6時にここにいるってことは!真夜中に起こされて連れてこられたの!」
爽「ちなみにわたしは昨日からここにいるので」
真佑子「でしょうね!」

爽「さて、今日は何をするかと言うとぉ…」
真佑子「…アレ関連でしょ」
爽「おやおやぁ。既にバレてるのかぁ」
真佑子「まぁ…。それくらいしか思いつかないから」
爽「あれ、乗り気ではなさそうな」
真佑子「だって…。こないだ喜界島から帰ってきたばかりだし…」

爽「まぁまぁ、相変わらずの早朝から」
爽「雑誌でも人気の多治比さんにご足労いただきましたのはぁ」
爽「例のアレでございます」
真佑子「…はい」

爽「言うのももどかしいですけれも」
爽「多治比さんはこれから何をするのか」
爽「そしてまたどこに行くのか、知らない」
真佑子「知らないよ!」
爽「そして今回、前回と違うのは…」
真佑子「…淡は?」
真佑子「灼ちゃんもはるるもいないし」
爽「お一人でございます」
真佑子「ええっ!?」ガビーン!

灼「おー」パチパチ
春「おー」パチパチ

真佑子「ネタじゃないよ!っていうか!2人いるじゃん!」

灼「昨晩から」
春「泊まっておりました」

真佑子「なんなの!」

爽「おふたりは今回こちら側ということで」
灼「いえーい」ハイタッチ
春「いえーい」ハイタッチ
真佑子「…」ジトー
灼「やや、前回カメラ持ってることが多かったらね」
春「撮影係も兼ねてってことでね」
真佑子「ふぅん…」ジトー

真佑子「淡は?」
爽「大星さんはですねえ。腹痛でダウンということで」
真佑子「ええっ!?」
爽「喜界島で、覚えてますか?食べたでしょう」
真佑子「あっ。しろくまだっけ」
爽「そそ」
真佑子「えっ。あれが原因?」
爽「や、あの時どうやらハマってしまったらしく」
爽「帰ってきてから毎日食後に食べてたらお腹を壊したらしい」
真佑子「ただのアイス食べ過ぎ!?」
爽「まあ、今回の企画にも関わってくる訳ですがぁ」
真佑子「…ん?」

爽「そろそろ企画のお話でもしますか?」
真佑子「それ大事」
爽「ちなみに今回は5泊6日のスケジュールとなっております」
爽「それではぁ!」
真佑子「ちょちょちょ!」
爽「wwww」
真佑子「ごっ…。5泊ぅ!?」
爽「まあまあほぼほぼ一週間ですな」
灼「なんでもできますな」
春「ほんとですな」
真佑子「うるさいよ!」

爽「www」
灼「www」
春「www」

爽「ではそろそろ気になる企画発表の方に」
真佑子「よし!」
爽「それではー」
爽「お願いします!」
真佑子「お願い…?」

ガチャ

照「…」ヘイアンキゾクマロメイク
真佑子「…へっ?」
爽「wwwwww」
照「…」シンバルパーンパーン
真佑子「フフッ…」
照「…」フトコロカラマキモノバッサー

照「やぁやぁ!多治比真佑子ぉ!」
照「つい先日、いつだったか」
照「忘れもしない喜界島でのしろくま対決」
春「忘れてるじゃん」
真佑子「wwwww」

照「貴殿の堂々たる戦ぶり堂々たる勝利」
照「敵ながらあっぱれである」
照「しかああしい!」
照「なんかわたしのキャラ的に」
照「このままおめおめと引き下がっいるわけには」
照「いかんのだ!」
灼「理由が曖昧…」
真佑子「wwwww」

照「よって」
照「ここにしろくま対決再戦を」
照「本場鹿児島にて執り行うこと」
照「ここに申し込む!」
照「以上!」

スタスタ ドアガチャー バーン

真佑子「あ、いなくなるんだ…」

爽「ということでですねえ」
真佑子「し、しろくま…。やりにわざわざ鹿児島まで」
爽「まあまあ、そういうことでございます」

ドアガチャー

照「まあとりあえずですね」
真佑子「フッwwwメイクそのままで普通に喋るんだwww」
照「前回、しろくま対決わたくし敗れまして」
真佑子「…ま、まあ、そうねえ」
照「その時にですね。ふとわたくし思った訳ですよ」
照「わたしは甘いものがそんなに強くはないんじゃないかと」
照「なんかそういうイメージがあるだけなんじゃないかと」ポリポリ
真佑子「…言いながら何食べてるの?」
照「はるるにもらった黒糖」
照「あまくておいしい」ポリポリ
春「それが自慢」
真佑子「や、十分好きだと思うよ…」

照「わたしももっと強くなりたい!」
照「多治比さんのように強くなりたい!」
照「と思いましてですね」
真佑子「勝手に…」
照「このような企画を考えました」
照「よろしくお願いします!」
真佑子「まだいるの!?」

照「…」フトコロカララッパトリダシプアー

真佑子「…?」

照「…」フトコロカラマキモノバッサー

照「やぁやぁ!多治比真佑子!」
真佑子「セルフ!?」
爽「wwwww」
照「しろくま一杯で勝負を決すると思ったら大間違いだ」
照「まず北海道で最初の対決だ」
真佑子「ほっ…!?」
照「この対決に勝てば北海道の地はおまえにやろう」
真佑子「勝手にwwww」
照「しかし負ければ北海道は魔人テルーのものだ」
真佑子「なに魔人テルーって」

照「次に向かうのは青森だ!」
照「そこでおまえが勝てば青森の地はおまえにやろう」
照「しかし負ければ青森もまた魔人テルーのものとなる」
真佑子「だから魔人テルーってなにってば」

照「…もうわかったであろう多治比真佑子」

照「鹿児島に向かう」

照「全ての道中で!」

真佑子「あっはっはwwww」

照「対決だ!」

照「これより5日間!」
照「各地で死闘を繰り広げ領土を奪い合い」
照「最終的により広い領土を確保した方が勝ちとなる」

照「日本列島は」

照「今日から5日間!」

照「対決列島となるのだ!」

真佑子「嘘でしょ…」

爽「ではこちらの日本地図をご覧ください」つチズチョウ
真佑子「ちっちゃ…。なんかおっきいの準備してよ…」ノゾキコミ
爽「準備間に合わなかったの!えっと…」
爽「まず我々北海道に向かいます」
真佑子「え、これ全部全部行くの?」
照「何がですか?」シレッ
爽「次に青森に行きます」
真佑子「いや、ちょ…」
照「青森でワハハが待機してます」
真佑子「ワハハ…?」
照「ワハハ」
爽「ワハハ」

爽「青森でワハハカーに乗ります」
真佑子「え?え?え?」
爽「青森から鹿児島まで車で行きます」
真佑子「wwwww」
爽「合計2500キロ程度」
真佑子「うわー…。え、その人は了承したの?」
照「えー、話をしましたところ彼女はこう言ってました」

照「ワハハ、と」

真佑子「wwww」

灼「それでは改めて説明しよう」
春「あらただけに」
真佑子「何を急に!」

灼「魔人テルーのしろくま対決敗戦に端を発したこの企画」
灼「まずは北海道の対決の舞台にヘリで送ってもらい」
真佑子「ヘリ!?」
灼「そこで対決を行います」
灼「勝った者が北海道の敷地面積8万3千平方kmをポイントとして獲得」

春「次に青森へと進み」
春「順次ワハハカーで南下を続け」
春「通過する県毎に各地の名物で対決を繰り返し」
春「領土を奪い合いながら一路鹿児島を目指す」

灼「しかしルートによっては通過しない県も出てくる」
灼「その領土は鹿児島まで積み残し」
灼「最終しろくま決戦に勝利したものが」
灼「その全てを手中に収めることができる」

爽「結果より広い敷地面積を最終的に獲得したものが」
爽「この対決列島の勝者となるのである」

爽「全行程5泊6日」
爽「その間甘いもの食べっぱなし」
照「すばら」パチパチ
真佑子「…うわぁ」

爽「と、まあここまでが宮永に話してある企画」

照「…ん?」

爽「お願いします!」
照「え?」

ドアガチャー

健夜「…」ヘイアンキゾクマロメイク

照「!?」

真佑子「小鍛治プロ!?」

その1へ続く!

関連Index

その他SSIndex

2015年7月31日の更新記事

第33回もちもち真夏に一緒に旅行したい力が高いのは誰だ選手権!(※投票受付終了しています)

2014年7月31日の更新記事

えり「第12回もちもち!ポンコツ力が高いのは誰だ選手権!」咏「結果発表ー!」 【咲-Saki-アンケート結果発表SS】