嶺上開花マスターのくろもちです。

明日は最新162局掲載のYG発売ということで
いつものごとく振り返りの意味も含めた感想記事ですよーぅ。

1回休載を挟んでいるので追いついているかと思いきや
遅れは取り戻しておりませんね。

ざっくり振り返れば
書きたい部位を書いた回!

こういうのもアリですね

…。

この回だけ見ると一体何の漫画だか分からないですよねえ。

引きの最後のコマに思い出したように雀卓があるので
麻雀するっぽいということは伝わりますかね?

書きたい部位を書いて休載!
というまさに小林先生ならではの。

うん。

久々の無言幕間

上記のもそうですが
各所の無言シーンをちりばめた時間経過表現は
小林先生の得意とする演出ですよね。

今回はそこで、なんというか。
1人あたりの布面積がおかしいというか。

しかしそんな疑問も
最後を締めるのがあの子ですからね。
解消され…。うん。されましたね!

長野のラスボス天江衣ならぬ
NAGANOのラスボス国広一ちゃん!ババーン!

布なんていらない。

そう彼女は背中ではなくお尻で語るのでした。

のどさき

それだけではアレなので…。

咲さんが起きちゃう。

っていうのは、なんというか
この時点の心情表現として非常にすばらと思うのです。

咲-Saki-では随所に
シーン毎の対比、と思われる描写がありますが
ここで、長野県大会副将戦前のあのシーンのように
のどちゃんに寄り添ってあと一眠り…。
にはならないのが、咲さんなのです。

それが咲-Saki-におけるのどさきなのです。

のどさき、として考えれば
のどちゃんが感じている家庭問題や
試合に臨むモチベーションについては
本編内でもちょうどこのタイミングで描写され
それが好転とはいえないかもしれませんが
じわじわと進んでいることは明らかです。

ですが、咲さんはそうではない。
下衆マスコミから普通のマスコミへと
進化しそうな感じの西田さんがちょろちょろしているとはいえ
咲さん自身にとっては何の動きもない。
ステイなんですよね。

そしてこのシーン。

対比を明示させない対比シーン。
そう考えることもできると思いました。

寝る時の髪

もいっこ気になったことはといえば
いつも髪を結んでいる子たちが
寝るときにそれを解いている姿。

ゆーきとのどちゃんは今回天丼されてましたが
天女羽衣(byあみっけ)を纏う洋榎ちゃんや
なぜかチカちゃんとダブルベットに1つの枕で
もしかしたらカムイ集め(意味深)をしていたかもしれない爽
の貴重な姿が描写されました。

でもクロチャーの髪飾りは外してないんですよね。

これは寝る時も肌身外さず身に付ける
オカアチャーこと露子さんの持ち物だったり…。

なんて妄想をしてしまいました。

両極化

今回は書きたい部位を書いていたからか
おもちもちとおもちなしの両極化が
いつにも増して凄かった気がします。

巴さんとともに普通のおもちをキープしているのは
チカちゃんくらいですかね。

そういえば、おもち成長筆頭のモモはなにしてたんでしょうね。
泣きながら課題に追われている…?
もしくは、眠気をこらえながら手紙なり日記を書いている…。
なんかどっちにも取れる気がするんですよね。

もとい。

漫ちゃんがちょっと縮んでる気がしました。

すみません。それだけです。

その他

新道寺はおもちではない。
と言わんばかりの描写がすばらでしたね。

あとは…。
泉ちゃんウィンク好きね。

といったところで今回は以上!

カン!

関連Index

雑誌連載分感想Index

2015年7月14日の更新記事

咲-Saki-キャラの名言に^^を加えたメールが来たとして一番動揺させた子をまとめましたのだ!

2014年7月14日の更新記事

咲-Saki-キャラで七つの大罪!