照「わたし」の続き
もしくは
恭子「オンステージ」の続きです。

ーーーーー国広一サイド
???

小蒔『…ということなんです』

恭子「…ふむん」
小蒔『はい』
恭子「…」
小蒔『…』
恭子「かんっぜんに永水のせいやんけ!」
小蒔『ああっ!?ばれました!?』
恭子「隠せるおもてたん!?」

小蒔『あ、あれっ!?』
恭子「なに?」
小蒔『い、いえ…。何か全く同じやりとりをした気がします!』
恭子「ほう」
小蒔『なんでしょう…。この感覚…』
一「…」

恭子「そら、デシャブやな」
小蒔『で、でじゃぶ…』
一「デジャヴね」
恭子「やから言うてるやん。デジャブやろ」
一「言えてないよ!?」
恭子「なんやねんな!さっきからぁ!」
恭子「うーに点々が好きなやつ多いねん!」
一「好きとかじゃないんだけど…」

小蒔『これがでじゃぶ…』
一「あとデジャヴじゃないからね」
小蒔『ええっ!?』
一「さっきボクと全く同じやりとりしたでしょう!」
小蒔『ああっ!?確かにっ!』
一「同じやり取りを2回したってだけだから」
小蒔『それがでじゃぶなんですね』
一「違うよ!?」
小蒔『あれえっ?』

咲「zzz」

恭子「ほんでここで寝るんかいな!?」
一「寝てるの?」
恭子「この丁々発止のやりとりの中…」
恭子「なかなかやるやないか…」ゴクリ
一「なに言ってるの?」

小蒔『…寝てる?』
小蒔『宮永さんは、今、寝てるんですか?』

恭子「ぐっすりやな」
一「神代さんよりもね」クスクス
恭子「ほんまやな。霧島の眠り姫より…」
小蒔『冗談では、無いですよね?』

恭子「冗談…?」
一「どうしたの?」

小蒔『じゃあ…』

ガチャ
バタン

恭子一「「!!」」バッ!

恭子「え、なに?誰か来たん?」
一「いやっ…。誰も…いないよ…ね?」
恭子「…じゃあ、なんや今の…」

小蒔『今出て行ったのは誰ですか?』

咲「zzz」


ーーーーー宮永照サイド
???

和「…ということらしいんですが…」
照「…ふむん」
和「そんなオカルトはありえ…」
照「お腹すいた」
和「話聞いてました?」
照「んー」

和「…やはり似てますね」
照「ん?」
和「咲さんに」
照「…お姉ちゃんだからね。仕方ないね」
和「ふぅ…」
照「おや、ため息は良くない」
和「さて、これからどうしたもんですかね」

照「あ、わたしからもちょっと」
和「はい?」
照「えーっと、こう、えーっとどうしたもんか」
和「なんでしょう」
照「あっ、ここにね。雀卓があるのね」スッスッ
和「無いですね」
照「違うの!あるとして!」
和「ああ、そういう」
照「そそ。仮にね。あるとしてね」
和「ここにですね」
照「そそ、こう、あるのね」スッスッ
和「はい」

照「まあ、無くてもいいんだけどね」
和「なんなんですか!?」
照「や、ごめんごめん。そっちの方がやりやすくてね」
和「やりやすい?」
照「ん。まあ、距離感的に?」
和「距離感…?」クビカシゲー

照「鏡で見るのにさ」ショウマキョウハツドウ

和「鏡で?鏡を、じゃないんですね」

照「んー?」
和「…」
照「ああ…。やっぱり」
照「あなたも、そうなったのか」

和「一体何を…」

照「誰も信じてくれなかったんだ」
照「この前は」

和「…この前?というと?」

照「はじめてじゃない」
和「え?」
照「たぶん」
和「よく意味が分かりません」
照「や、わたしね」
照「多分…。はじめてじゃないんだな。こういうの」


ガチャ
バタン


照「ん?」
和「えっ?」


?「久しぶり」
?「お姉ちゃん」


カン!

その47へ続く

関連Index

【咲-Saki- ドッペルSS】Index

2015年6月26日の更新記事

咲-Saki-キャラ一文字アンケート朝酌女子高校(12)の巻!【咲-Saki- One character アンケートSS】(※投票受付終了してます)

2014年6月26日の更新記事

セーラ「第10回もちもち!夏が似合う力が高いのは誰だ選手権!」 怜「結果発表ー!」 【咲-Saki-アンケート結果発表SS】