憧「ハルエのこと?」 灼「なんのことやら…」の続き
もしくは
恭子「宮永照」の続きです。

ーーーーー国広一サイド
???

一「…じゃあなにしに来たのさ」
恭子「ああ、はいはい。そういう方向かいな」
一「なにが」
恭子「ってなるかいアホ!」
一「はぁ」
恭子「なんっにも分かれへんわ」
一「そっかあ」
恭子「なんや落ち着いてるな」
一「そっちだって」
恭子「ほんまやな」
一「なにさそれ」

咲「ええっと…」
小蒔『ええっと…』

恭子「ふむん」
一「どしたの」
恭子「とりあえず宮永」
咲「ふぁいっ!?」
恭子「なんやゴングか。戦うんか」シュシュ
一「いちいちいじるのやめたげてよ」
恭子「しゃあないやんけ」

恭子「えーっと、いちいち宮永照とか宮永咲とか言うんめんどいから」

恭子「咲って呼ぶけどええな」

咲「はい…」
恭子「うん。それだけ」
咲「はい」

恭子「…じゃあ、なんて呼ぼう」
咲「はい?」
恭子「わたしのことは、なんて呼ぼうかな」
咲「はい」
恭子「はいやなしに!こう、キャッチボーやんけ!」
恭子「会話のぉ」
一「なんでちょっと発音良いのさwww」

恭子「せやんな。わたしちょっと発音ええのよ」
一「なにいきなり」
恭子「…バ…。こうちゃうねん…。バ…」
一「ヴァ?」
恭子「それそれ。バ…」
一「言えないの?」
恭子「や、言えてるよ?」
一「言えてないよwww」
恭子「っさいねん!そんな話どうでもええわ!」
一「そっちが勝手にはじめたんでしょ!」
恭子「はじめだけに?やかましわ」
一「wwwwww」
恭子「バカウケやんけ」

咲「wwwww」
小蒔『wwwww』

恭子「ムフッwwww」
恭子「オンステージ」
一「wwww」

咲「恭子りんさんは面白いですね」
恭子「ほあああ!?唐突な距離の縮め方やな?」
咲「…だって神代さんが」
恭子「神代いいい!?なにしてんねん!?」
小蒔『や、こちらで上重さんが恭子りんが心配や心配やと』

恭子「漫ちゃんんんんん!?」


ーーーーー大お泊り会実行委員会本部サイド


白望「ようやく帰ってきた…」グデーン
塞「お疲れさん」
白望「ん…」

憧「おつかれ」
穏乃「いやいやー、まだまだいける」
灼「いかなくていいよ」
穏乃「あれぇっ!?」

由子「お疲れさんやなあ」
漫「気疲れも多いですけど…」
由子「それより恭子のアホタレやなあ」
漫「それより!?ってまあ、ほんまそれですわ」
由子「あのボケなにしてんねんほんま…」
漫「うわあ、久々見ましたわゆーこ先輩キレてんの」
由子「キレてないのよ~」
漫「まあ、ゆーこ先輩キレさせたら大したもんですわ」
由子「うるさいのよ~」チョップ
漫「あいた」

霞「ほんとうによくやってくれたわ」
小蒔「むにゃむにゃzzz」
霞「…」
初美「…これっておそらくは…」
霞「ええ。繋がってるみたいね…」
竜華「繋がる?」
霞「ええ…。それよりも前に…」
竜華「ん?」

セーラ「オレにお疲れは無いんかいな!?」
竜華「はいはい。おつかれおつかれ」
怜「ほんまおつかれおつかれ」
セーラ「うわあ、気のない」
怜「…動いてた方紛れるやろ」
セーラ「…ほんまやな」

霞「そんなことよりも…」

セーラ「オレのことちゃうんかいな!」
竜華「そんなことちゃうわ!」
怜「でも言うたら先輩やがな!」
霞「敗退の?」ニッコリ
怜「お、お…。この包み込むような」
竜華「流石と言ったところや…」
セーラ「なんも言えへん…」

霞「危険の去った子たちは、解散しても良いと思って」
初美「確かにそうかもしれませんね」
塞「解散?」
初美「もうすぐはるるが、エイスリンさんと鹿倉さんを連れてもどってくるですよー」
塞「ああ、そういう…」
豊音「でもでも、エイスリンさんは分裂未対処なんでしょ?」
白望「エイスリン一人ならなんとかなる…」
塞「豊音とシロがいれば解除もできるしね」

憧「あとはわたしらも全員大丈夫よ」
灼「本当に分裂解除できてるならね」
セーラ「ほんなこと言うたらオレらもかあ」
竜華「せやなあ」
怜「…と、いうてますがどないします?」

怜「宥姐やん」

宥「んー」ニコニコナデナデ
玄「むにゃむにゃ」

怜「玄ちゃんぐっすりやけども」

宥「霞ちゃんはあ、そういうの苦手だよねえ」
霞「…なんのことかしら」

宥「いいんだよお、気にしなくても」
霞「…」
セーラ「や、気にせえや」
宥「セーラちゃん黙っててねえ」ニッコリ
セーラ「ひえっ…」

宥「霞ちゃんが一番気にしてるのは」
宥「明日試合の姫松の事、でしょう?」
霞「…」

宥「2人だけ、帰すのもアレだから~、なんて」
宥「変な気のつかい方しちゃったんだねえ」
霞「変だったかしら…」

宥「わたしたちは、最後までお付き合いします」
宥「でも、姫松の2人は、明日試合だし」
宥「しかもここにいるのは、先鋒、次鋒の2人」
宥「朝早くから試合だしねえ」

漫「…あ!ほんまや!」

由子怜竜華セーラ「「「「忘れてたんかい!」」」」

漫「や、もうなんやかんやありすぎですわ」
漫「なんもかんも恭子りんがわるいですわほんま」
由子「なるようにしかならんしなあ」
由子「わたしらいてなんもならんなら」
由子「帰って明日の準備させてもらおか」
由子「な、漫ちゃん」

由子「まあ、アホの大将も気になるけども…」

怜「まあどこも大将はアホやねんな」
憧「ほんとにね」

穏乃「ん?」

豊音「……んんん?」

霞「………えっ?」

竜華「あっはっは」
竜華「ってウチも大将やんけ!」

由子怜セーラ「「「遅いわ!」」」

カン!

その46へ続く!

関連Index

【咲-Saki- ドッペルSS】Index

2015年5月29日の更新記事

第28回もちもち悩み相談され力が高いのは誰だ選手権!(※投票受付終了してます)

2014年5月29日の更新記事

恒子「第6回もちもち!雨が似合うのは誰だ選手権結果発表ー!」 【咲-Saki-アンケート結果発表SS】