優希「いや、そういえばこの部室…。おばけが出るらしいじぇ?」煌「すばっ!?」の続きです。

-------------------
路上

テクテク

煌「懐かしい感じがしますねえ」
優希「ん?花田先輩ここらに来たことありますか」
煌「ないですね!」ズバァ
優希「おおっと。一体これはどういうことだじぇ…」
煌「長野。懐かしいじゃないですか」
優希「ああ。そういう…」
煌「いいですねえ。田舎!って感じで」
優希「複雑な心境だじぇ」

マホ「向こうは都会なんですか?」
煌「田舎です!」ズバァ
優希「おおっと。だけどこの会話の感じも懐かしいじぇ」
煌「すばらですか?」
優希「すばらだじぇ!」
マホ「すばらです!」

スバラースバラー

煌「まあ親の都合とはいえ…。やはりお引越しは大変です」
煌「やり残したことなどあったら、それはもう」
和「…」テクテク
煌「…だけど、良いこともあります」
優希「やっぱり長野が一番か?」
煌「順位などつけられませんよ」
優希「そんなもんかあ」

煌「なにが正解かと言われれば」
煌「全部正解なのでしょうね」
煌「どこにいたって」
煌「わたしは、わたしですから」

和「…」テクテク

優希「で、いったいどこに向かってるんだ?」

和「もうすぐ着きます」ユビサシー

優希「あ!」


-------------------
???

久「そろそろかしらね?」ワクソワワクソワ
ゆみ「わからん。何度聞くんだ」
久「よもやここが分からないってことは無いと思うんだけど」

?「これはどこにやるんだい?」
?「こっちは終わりましたよ」
美穂子「それは2番めの棚ですね。田中さん」
美穂子「門松さんもお疲れ様」

舞「はいよ」
葉子「しかし本当に来るんですかね?」
久「来るわ。今日ね」
ゆみ「どっから来るんだろうなこの自信は」
葉子「本当ですよね」
ゆみ「だったらもうちょっと落ち着いたらどうなんだ」
久「だあってぇ」ソワソワ

ゆみ「門松。落ち着いたらさっきの続きからやろうか」
葉子「あ!いえいえ、もう大丈夫っす」
ゆみ「…」
久「こらー」
葉子「あ、すんません。大丈夫、です。でした」エヘヘ
ゆみ「あまり変な気をつかうな」
久「ひえーこわいこわい」
ゆみ「ったく…。ええと、ここでどれを切るか、なんだが」
葉子「ふむふむ」

舞「すいません。アタシじゃ、ちゃんと教えてやれなくて」
美穂子「気にしないで。お願いごとをしたのはこちらなんだから」
久「そーそー」
舞「エントリーも弾かれちゃったし…」
久「そういや、どんな感じでエントリーしたのかしら?」
舞「これなんですけどね」
久「どれどれ?うーん。このチーム名とコンセプトを…」

カランカラン

美穂子「ひさ!待ち人来る、ですよ」


-------------------
roof-top

美穂子「いらっしゃい」ニコニコ
優希「あー!ほんとにいたじぇ!」
和「やはりここでしたか…」ハァ

久「ようやく来たわね」
和「おかげさまで」
久「すぐ分かった?」
和「部長のやることですから」
久「ふぅん」ニヨニヨ

久「花田さん。今回は本当にありがとう」ペッコリン
煌「いえいえ!そんな頭をあげてください」
久「大変なことに巻き込んじゃったわね」
煌「大事な後輩ですからね」
久「…あげないわよ」
煌「あら?むしろ取ったのはそっちでは」
久「ふふふ」ニコニコ
煌「ふふふ」ニコニコ

マホ「なにかゾクゾクしてきました」

優希「部長。はいこれ」つフクロ
久「ああ、はい。優希もお疲れ…牛乳だけ?」
優希「あ、マーカーは部室に置いてきたじぇ」
久「…コピー用紙は?」
優希「…あ」
久「まあ、後で買いにいけばいっか」
優希「やはり!」

優希「…おや。そういえば見慣れない顔もいくつか…」
舞「どうも」
葉子「わたしゃアンタと戦ったんだけどね」
優希「んんん?」
葉子「まあ、いいよ」ニガワラ

久「ま、あらためておかえりなさい」
久「まだチェックポイントといったところだけど」

久「…」ニヨニヨ
和「…はぁ」タメイキー

葉子「…えーと…」
舞「…」

優希「いったい何がなんだか…」
煌「竹井さんはこういうの好きなんですかねえ」ニガワラ
ゆみ「まあ、付き合ってやってくれ」
美穂子「ツンデレってやつですね」

和「ツンデレ…」ジト
久「なによ」
和「…かつて染谷先輩に教えてもらったことがあります。ツンデレ」
久「へえ」
和「…あー」コクコク
久「なに納得してんのよ」

舞「ほっておかないで欲しいんだけど」
和「失礼。どなたでしたっけ?」
舞「田中舞だ!ほら!県予選で!」
和「???」クビカシゲー
舞「かわいいな貴様!」
久「まったく!」
優希「ん?」
久「なんでもないわ」スッ
優希「ん?なんで近づいてくるんだじぇ?」

舞「ほら、そいつ」
和「エトペン?ですか?」
舞「うん。あの時は本当にすまなかった」ペッコリン
葉子「あ、わたしも」ペッコリン
和「…ああ、あの時の…」

優希「ん?部長はどうして後ろからわたしを抱きしめるんだじぇ?」
久「んー?いや、ほら。和の真似?」ナデナデ
優希「んん?」ナデラレナデラレ
ゆみ「露骨な後輩分補給だな…」
美穂子「もうなりふり構ってないですね」
久「んふふ」ナデナデ
優希「ん?」ナデラレナデラレ

マホ「えっとマホはお邪魔でしょうか…」
煌「いいえ?大丈夫でしょう。むしろあなたもいないと」
マホ「はぁ…」
ゆみ「夢乃だったか、こっちに来てくれないか?」
マホ「あ、はぁい」トテテ

煌「ふぅ…。一休みできると思ったのですがねえ」ヤレヤレ
美穂子「もうちょっと。頑張ってね」ニッコリ
煌「あらら…。さすが、福路さんにはばれてますねえ」
美穂子「うふふ」

ゆみ「鶴賀学園の加治木だ」
ゆみ「合同合宿の時はゆっくり挨拶もできなかったかな」
マホ「覚えてます!マホは夢乃マホです!」
ゆみ「ああ。今回はずいぶんやんちゃしたみたいだな」
マホ「うっ…。はい…。そうなんです…」
ゆみ「はっはっは。キミは先輩に恵まれたな」
ゆみ「そして麻雀も…」
マホ「…え?」

ゆみ「や、こっちの話だ」
ゆみ「ここから飛び出して…」
マホ「うぐ…。はい」
ゆみ「色々見てきたのか?」
マホ「はい!花田先輩と一緒に!…あ」
ゆみ「ん?どうした」

マホ「あの…加治木さんにひとつ聞きたかったんですけど」
ゆみ「おや。なんだろうな」
マホ「決勝戦のことで」
ゆみ「決勝…?県大会のか?」
マホ「はい!あの…」
ゆみ「ちょっと待ってくれ」
マホ「え、あ。はい」
ゆみ「それだと本題に入ってしまう」
マホ「本題?」
ゆみ「もうちょっと後にしてくれないか?」
マホ「はぁ…すみません」

ゆみ「ああ、違う違う」
ゆみ「何も聞かれるのが嫌だとか答えるのが嫌だとかじゃない」

ゆみ「ちょっと順番がな」
マホ「順番…」
ゆみ「それに早速あいつの作戦が失敗してるみたいだからな」
マホ「…え?」
ゆみ「むあったくぅ…」
ゆみ「ちょっと行ってくる…。ああっと」カチャカチャ
マホ「???」
ゆみ「この状態で何を切る?考えておいてくれ」
マホ「…はい!」


ゆみ「まあこいつの気持ちも分かってやってくれ」


美穂子「心配だ心配だと転げまわってましたから」
久「転げまわってなんかいないわよ!」
和「部長…」

舞「まあ、なんだ。わたしらは原村の応援に来たって感じ?」
葉子「ああ、そうですね」
和「応援ですか?」
舞「直接言うのもアレだけどさ。うん。応援してるよ」
和「…」

久「半分くらいかしら?マホちゃんの修行の旅は?」
マホ「えっ?」
煌「大体半分くらいですかねえ」
優希「ん?」
久「そ。ねえ?和?」
和「はい」
久「わたしの言っていたこと。半分くらいは分かったかしら」
和「…おそらく」
久「そう」

和「…悔しいことですが」
久「…なんでよ」

和「お義姉さんにも言われてしまいましたし」
久「ちょっとイントネーションが気になるけど…」

和「わたしは…」

久「そう。あなたが決めるのよ」

久「和」

煌「…」
和「…ゆーき。マホを呼んでくれますか」
優希「あいあい。マホー?ちょっと来るじぇー」
マホ「はぁい」トテトテ

和「マホ」
マホ「はぃい!」ビビクン

和「麻雀は好きですか?」
マホ「…はい」
和「そうですか…。わたしもです」
マホ「はい」

和「そして、わたしも嫌いになりかけていたのかもしれません」
和「…意地になりすぎていたのかもしれません」

マホ「えっ?」

和「一緒に、お勉強しましょう」

マホ「えっ?」

和「高遠原で、勝ちたかったんです」
和「マホ。あなたにもそれを見せたかった」

マホ「和先輩…」

優希「…」
煌「…」

和「花田先輩」
煌「なんですか?」
和「一緒に、戦ってくださいますか」
煌「何をいまさら」ニッコリ

和「ゆーき」
優希「あいあい。分かってるじぇ」
優希「のどちゃんいるところにゆーきちゃんあり!だから」
和「お願いします」

和「マホ」
マホ「はい!」
和「インターハイの個人戦が冬に延期になったのは知ってますか?」
マホ「それは知ってます!」
和「秋。国民麻雀大会とは別に、新しい大会がはじまります」
マホ「ええっ!?それ知りません!」
和「まだ、一般には公示されていない情報です」

久「3対3のチーム戦」
久「組み合わせに学校や学年の制限は無し」
ゆみ「今は全国でそのチーム結成が行われている」
ゆみ「まだレギュレーションも決まってないみたいだがな」
マホ「そ、そうだったんですか…!」
マホ「…ってことは…?」
美穂子「そう、わたしたち3人もそのチームなの」
マホ「ふ、ふわぁ!す、凄いです!」

舞「適当なチームじゃエントリーも弾かれちまう」
葉子「アタシらみたいにね」
マホ「へ、へえええ…」
久「そこは、あとでアドバイスするわ」ニヤ


マホ「和先輩と…」
マホ「花田先輩と…」
マホ「ゆーき先輩で…?」


和「高遠原に、勝利を捧げます」
和「マホにはそれを見届けてもらいたいんです」


マホ「全国の強豪を…」


優希「のどちゃんに頼まれちゃあ仕方ないからな!」
煌「最初から、なんとなくこうなるとは思ってたんですよ」


マホ「凄いです!凄すぎます!ワクワクします!」


和「そして、わたしの…いえ」
和「わたしたちの。高遠原を…」
和「マホの心に残したいんです」

和「だから…」
和「マホも一緒に」
和「戦ってください」


マホ「もちろんですぅ!!」


和「無論、マホのやりたいお勉強も続けましょう」
マホ「良いんですか!?」
和「部長も、お義姉さんも、まだ途中だと言ってましたし…」
久「イントネーションがどうも気になるけどその通りよ」
久「まだ見てない人たちがいるんでしょう?」
煌「ええ、まだまだそれはもうたっくさんいますねえ」
優希「咲ちゃんにも会ってないしな!」
和「本当にそれです」

久「じゃ、エントリーしちゃいなさいな」つショウタイジョウ
和「預かってくれてたんですね」
久「んふふ。まあね」
和「…?特別招待…あれ?」
優希「あー!のどちゃん特別招待選手になってるじぇ!」
煌「ええっ!?あ、じゃあ、行方不明ってまさか和!?」

マホ「え?え?」

ゆみ「秋季のチームに制限は無いといったが…」
ゆみ「唯一、特別招待選手同士はチームになれないって決まりがあってな」
ゆみ「宮永咲も特別招待選手なんだ」
マホ「…あ、あー」

和「ちょ!それじゃあどっちにせよ咲さんとチームになれなかったんじゃないですか!」
優希「まーだ言ってんのか」
煌「もうわたしたちでチームなんだから良いじゃないですか」
和「…まあ、そうなんですけど…。なんか納得いきません…」
久「ま、咲は知ってたんだけどね」
和「えー!?」


マホ「なんかものすごい事になってきました…」
マホ「でもでも!ものすごいワクワクもしてます!」

マホ「よーし!頑張りますよー!」


-------------------
愛宕家

咲「へっくちん」
一「湯冷めしちゃった?」
恭子「洋榎ー?ドライヤーどこー?」
一「乾かしたげるよ」
咲「えへへ。すみません」
恭子「洋榎ー?あ、まだスイカ買いに行ってるんか」

prrr

恭子「んあ…?」
桃子「おおう!」
恭子「おわ。モモも風呂出てたんか」
桃子「はいっす」ポヨーン
恭子「…」ペターン
桃子「…なんすか?」
恭子「…や、なんでもあらへん」

桃子「それよりも、ほらおっぱいさんが!」
恭子「おっぱいさんはここにもぉ!」
桃子「ええっ!?」
恭子「…や、なんでもあらへん」

桃子「ついにエントリーされったすよお」つスマホ

恭子「…ん?」
一「なになに?」ノゾキー

恭子「あー、ついにエントリーされたか」
一「咲ちゃんの言った通りだね」


-------------------
roof-top

和「だから違うと言ってるでしょう!」
マホ「和先輩のばかー!」ダッ

和「ああっ!?またやってしまいました!」
優希「のどちゃんん!?これにはゆーきちゃんも驚愕だじぇ!?」
煌「和…。ちょっとちゃんとお説教しないとダメですね」
和「嫌です!」
煌「ダメです!」

ゆみ「さっきいい感じになってから数時間しか経ってないんだが」
久「今度は新幹線乗る前に早めに捕まえて来なさい」

和「はいい!」ダッ
久「あ、優希。コピー用紙買ってきてねえ」
優希「今それを言っちゃうかあー!合点だじぇえ」ダッ

ダダダダ…

煌「まったくもう…」
久「もういっそ、このまま移動しちゃう?」
煌「…それもいいかもしれませんね」ガタ
美穂子「わたしたちの対策はまだたてられてないでしょうけど」
煌「…すばら!お見通しですかあ」
久「花田さんも、本気で勝つ気なのね」

煌「ええ」

煌「それはもう」ゴッ

ゆみ「…」チラ
久「…」ニヤ
美穂子「…」ニッコリ


煌「それでは、また」
煌「大会前に長野には来ることになるでしょうから」
煌「その時まですばら!」ダッ

久「…騒々しいことこの上無かったわねえ」クビグルグル
ゆみ「でも、良かったのか?」
久「なあにがよお?」
美穂子「いえ、また後輩分が…」
久「…」

久「しまったあ!」


-------------------
路上

マホ「和先輩のばかあああ!」ダダダ

和「今度は!追いつき!ますよ!」ダダダ

優希「コピー用紙!コピー用紙!」ダダダ

煌「こらああ!まちなさあああーい!」ダダダ

優希「おお!?花田先輩も来たじぇ!?」

和「おせ!っきょう!は!嫌です!」ダダダ

優希「よっしゃ逃げろ逃げろー!」ダダダ

煌「目的が違うでしょう!」ダダダ

ダダダ…

アハハハ キャッキャ…


夢乃全国行脚SS カン!

咲-Saki-3on3SS 修行編 へ続く!

関連Index

【咲-Saki- 夢乃全国行脚SS】Index

2015年3月27日の更新記事

咲-Saki-キャラのフィニッシュホールドを考えてみる プロローグ

2014年3月27日の更新記事

咲-Saki-キャラの入場テーマを考えてみる 憩ちゃんとゆかいな仲間たち編