\デケデデン ペーエ↑ン ペッペッペッペーペーレレレー/
\ペレーレレレー レーエ↓ン↑ ペレレレーレー ペーエ↑ン ペーレレレーレー/

爽「この番組は龍門渕グループの提供でお送りします」

-------------------------
雪の積もった某公園

爽「こんばんは!咲-Saki-どうでしょうです!」
誓子「ちょっと!」
爽「なんだよ。もう回ってるから」
誓子「なにそれっぽいこと言ってんの」
爽「ふふふ。それっぽいだろう」
誓子「わたしやんないって言ったじゃん!」
爽「いいからあっち行きなさい」
誓子「えーやあだあ」
爽「我々が雪に強いところ見せてやるのだ」
誓子「わたし弱いもんー寒いもんやーだー」

爽「我々にしかできないのだ」
誓子「宮守もいるでしょー、東北なら雪も降るでしょー」
爽「規模も頻度も違うんだ!」
誓子「やーだー」

爽「パウチカムるぞ」
誓子「…」
爽「お、考えてる」
揺杏「チカセンにはご褒美になるじゃん」
爽「んあ?」
揺杏「やったらご褒美でいいじゃん」
誓子「うるさいわね!」トテテ
揺杏「行ったwww」
爽「あっ…そっち行ったら」
誓子「ん?あっ」トテテ

オトシアナニズボオ

揺杏「消えたwwww」
爽「いいやあああwwwwww」

-------------------------
某ホテル

淡「ホッテルホッテル」アッワイアッワイ
真佑子「さっきの場所でも良かったんじゃないの」
淡「いいじゃんいいじゃん!」
灼「別荘の他にホテルもあるの…」
春「龍門渕おそるべし」
真佑子「だってさあ」

淡「…で、なんで4人部屋なの」
真佑子「それよ」
淡「これ2人部屋に無理やり4つベット置いてあるよね」
灼「これもともとはツイン?」
淡「いやいや」
真佑子「シングル?」
淡「馬鹿言うな」
淡「4人部屋だ」

淡「お、これがカメラ?」チカヨリー
灼「近い近い」
淡「あっはっは。皆見てるー?」ノシ
真佑子「えっと…。で、何をどうするわけ?」
春「このどでかい荷物が気になる」

デッカイリュックガドドーン

淡「どれどれよっこらおっも!」ジタバタ
真佑子「なにしてんの」
淡「背負えないよ!」ジタバタ
真佑子「んなこたないでおっも!」ジタバタ
淡「ほらー!」
真佑子「どうすんのこれ…」
灼「これ背負って散歩するの?」
淡「うえー?無理だよ…」

コンコン

淡「おやおや?誰か来た?」
真佑子「はいはーい」トテテ

淡「なんだろ」
春「さっぱり」

真佑子「…」
淡「お、なんだったなんだった?」
真佑子「…これ」
灼「何持ってるの?」
真佑子「ホテルの人がくれたんだけど」
淡「んー?手紙と…DVD再生するやつ?」

淡「えーっと?再生しなさい…だって」
灼「嫌な予感しかしな…」
春「観るかしない」
真佑子「そうだね…」ポチッ


ピローン

テロップ『企画発表』



淡「うわ手の込んだ…」



?『では企画発表にまいりましょう』



真佑子「これ誰の声?」
春「…なんてことやらすのか」
淡「えあ?」



?『そうね。皆さんお待ちかねでしょうから』ウフフ




灼「…あ、これもしかして」
春「…なにをやってるの2人とも」ハァ
淡「んー?」



?『ところで小蒔ちゃん』
小蒔『なんでしょう霞ちゃん』



淡「あっはっはwww」
春「なんでこの2人…」
真佑子「…はるるに関係あったり?」
春「えー…」
淡「巫女服かわいいよねえ」



霞『4人に何をしてもらましょう』
小蒔『そうですねえ。うふふ』
霞『あらあらどうしたの?』
小蒔『うふふ。なんか楽しくて』
霞『あらあらうふふ』

キャッキャウフフ



淡「いや、癒やされるんだけどね」
灼「…話がすすまな…」
真佑子「あらあらうふふで10分くらいやってるね…」



?『2人とも話をすすめてねー』
小蒔『はっ!すみません』
霞『ごめんね久ちゃん』
久『名前言わないの!』
霞『あらあら』



真佑子「やはりあの人か…」
灼「カットしてないってことはバレてもいいと思ってるってこと」
淡「あ!確かに!」
春「…」
淡「…はるる関係の人ばっかだね」
春「…ソンナコトナイヨ」



霞『大事なことがあるのよ小蒔ちゃん』
小蒔『大事なことですか?』
霞『何をやるにしても、その前に大事なことよ』
霞『それは』

小蒔『団結!』

霞『そうね!』

霞『4人が1つになって輪を作る。それが必要なの』

小蒔『そうですね…。4人の輪、ですね』
小蒔『それが一番大事ですね!』

霞『じゃあ小蒔ちゃんのアイデアを頂戴な』

霞『4人の団結を固め』
霞『輪を作るために』
霞『するべきことはなにかしら?』

小蒔『それは…』
小蒔『敢えて苦しいことに立ち向かうことです!』
小蒔『全力以上で!』フンス!



淡「お?」
灼「核心に迫ってきた気がする」
真佑子「輪?」
春「…苦しいことって言った」
淡「聞こえなかった」
真佑子「聞こえなかった」
灼「聞こえなかった」



小蒔『苦しいことに立ち向かってこそ』
小蒔『団結の輪が生まれます!』

霞『苦しいことって、なにをやれば良いのかしら』
霞『深夜バスとかに乗るのかしら』

小蒔『乗りません』
小蒔『なんにも乗りません』

霞『じゃあ、どうやって』
霞『苦しい旅をさせればいいのかしら』

小蒔『歩きます』



春「…苦しい旅をさせる、って言った…」
淡「聞こえなかった」
真佑子「聞こえなかった」
灼「聞こえなかった」



霞『また、松庵をお散歩させるの?』

小蒔『南です』
霞『南?』

小蒔『4人の輪が生まれそうな…』
小蒔『そうです!島が良いです!』
小蒔『島を歩いて一周させましょう』

霞『ふんふむ』
霞『文字通り輪をえがいて歩くということね』

小蒔『でも、いいところありますかね』

霞『あるじゃない小蒔ちゃん』

霞『島の周囲約50キロ』
霞『鹿児島の洋上380キロ南にある…』

霞『喜界島よ!』

小蒔『喜界島!』
小蒔『春には縁のある島ですね!』

霞『そうね』

小蒔『ようし!』
小蒔『喜界島を一致団結して』
小蒔『一周してきてください!』
小蒔『全力以上で!』フンス!

久『はーいおっけー』
久『全力以上でってのは…』

小蒔『アドリブです!』

久『おうふ…。ありあり』

小蒔『うふふ』


テロップ『企画発表 終』



淡「喜界島?」
春「は?」
灼「あれ…。喜界島って…」
真佑子「はるるの…」
春「嘘でしょ…」


カン!


その2へ続く!

関連Index

その他SSIndex

2015年3月6日の更新記事

第21回もちもち夜更かし力が高いのは誰だ選手権!(※投票受付終了してます)

2014年3月6日の更新記事

変更可能だったらオーダーは…?Bブロック2回戦 永水女子高校編(※投票受付終了してます)