憩「ちょいとガイト姐やん」智葉「誰が姐やんだ」の続きです。


-------------------
東京駅

煌「えーっと?こっちですかね」
和「そうですね」
煌「ゆーきとマホもちゃんとついてくるのですよ?」
優希「おっけーだじぇ」
マホ「はい」

テクテク

煌「…和?」
和「はい」
煌「ひっじょーにバタバタしましたね」
和「ですね」
煌「…合流してからも落ち着いてお話できていませんからね」
和「そう…ですかね?」
煌「辻垣内さんのお宅では皆さんがいらっしゃいましたから」
和「はぁ…」

煌「きちんとですね」
和「はい」
煌「お説教の1つもしないとならないと思っているのですよ」
和「…えっ?誰にですか」
煌「あなたに決まってるでしょう」
和「えっ」
煌「覚悟しておきなさいね」
和「嫌です」
煌「ダメです」

マホ「ゆーき先輩」
優希「んー?」
マホ「和先輩怒ってました?」
優希「んー…。そりゃもうカンカンだじぇ」
マホ「うう…。やっぱり…」
優希「まあ落ち着いて話もできてないからなー」
マホ「そうなんです…」
優希「まあ、清澄に戻ってからお話すればいいじぇ」

マホ「怖いような…」
マホ「でも…。いろんな人に麻雀教えてもらうのは楽しみですし…」
マホ「でもでも…。和先輩は多分もう止めろって言うだろうし…」
マホ「うー…」

優希「全くマホものどちゃんもお子ちゃまだじぇ」ハァ

-------------------
新幹線

優希「はーい、写真撮影するじぇ」
和「もごもーご」ニッコリ

パシャッ

煌「マホ、気持ちは分かりますがその態度はいけませんよ」
マホ「…」

和「たけ村のまんじゅうはすばらですね」モグモグゴクン

和「さて、マホ」

マホ「!はい…」

和「これから竹井部長の元へ帰ります」
和「ああ言う人ですが、この全国行脚の舞台を、花田先輩と固めてくれました」
和「その御礼と、結果報告…。いえ、途中報告ですね」

マホ「!」

和「あなたが望む方向にすすむとは限りませんから喜ぶのはまだ早いですよ?」
和「ですが…。今はやめましょう」

和「わたしも、先ほどのお義姉さん達との会話で…疲れているみたいですね…」フゥ

マホ「…」
優希「まあ、安心するじぇマホ」
マホ「片岡先輩…」
優希「むしろマホを捕まえたことでわたしが安心したじぇ…」
優希「ほんとなにもなくてよかったじぇええ…」ハァアアア
マホ「すみません…」

煌「一応皆さんに報告メールでも入れておきましょうね」スイスイッ

煌「石戸さんとー、臼沢さんとー、」スイスイッ

煌「…んんん?」

煌「えっ?」

優希「花田先輩どうしたんだじぇー?お腹でも減ったか?」
煌「いえ、秋季大会サイトに不穏な文章が」
優希「不穏?」
煌「ええ…」

煌「特別招待選手2名行方不明…?ですって」

優希「ええええええ!?」

マホ「秋季大会?特別招待選手?」

和「…まだ秘密です」

マホ「うう」シュン

煌「…まあ、まもなくわかりますよ」フフフ

-------------------
長野駅

煌「あら?あそこにいるながーいポニーテールの方は」
和「あら」
優希「お?見慣れたおっきなおねーさんもいるじぇ」
マホ「わっ」

巴「あれえっ?」
豊音「あ~、皆だ~」
爽「お」

良子「おや、これは偶然ですね」

巴「無事合流できたんだねえ、良かったねえ」
煌「いやはや、ほんと困った後輩たちでして」
豊音「良かったね~」
優希「お世話になったじぇ」

爽「ふぅん…。まあ、こういうチームになるかあ」

良子「積もるトークもメニーでしょうが」
良子「バット急がなきゃなりません」
巴「そんな急ぐっけ?」
良子「指定席とりましたから」

巴爽豊音「「「おー」」」

良子「ということでタイムがディサイデッド」
巴「そっか、後どれくらい?」
良子「アバウトトゥーミニッツ」

巴爽豊音「「「…」」」

巴爽豊音「「「急げ!」」」ダッ

巴爽豊音「「「またねー」」」ノ

煌「お、お気をつけてー」

良子「あー…原村さん」
和「はい?」
良子「竹井さんは」

ハヤクー!

良子「…彼女は手強いね」

和「どうでしょうね」

良子「では、すばらっ」

和「…」

和「…さらばみたいに言われても…」

煌「すばら!」

-------------------
清澄高校 麻雀部室

和「…」
優希「…」
マホ「…」
煌「…」


ホワイトボード『皆へ』

ホワイトボード『見つけられるかしら?』


和「…なんなんですか!あの人は!」

カン!

その23へ続く!

【咲-Saki- 夢乃全国行脚SS】Index


2015年1月24日の更新記事
もこ「かぶった…!?」春「え…」【咲-Saki- 3on3SSその25】
2014年1月24日の更新記事
咲-Saki-キャラの入場テーマを考えてみる 越谷女子編