菫「まあ、亦野だからな」 照「亦野だしね」の続きです。


-------------------
鶴賀学園高等部

ガララ

智美「おっすー」ワハハ
睦月「ああ元部長。お疲れ様です」
智美「あれ?むっきーだけかー?」
睦月「妹尾さんは先ほど電話がと言って外へ…」
智美「ふーん。モモの匂いはするんだけどなあ」
睦月「えーと、東横さんは…」

桃子「…。ここにいるっすよぉ…」ユラァ
智美「ワハハ。なんかいつもよりずっと見えないなー」
桃子「なーんかもう…。どうでもいいっす」
智美「…。ゆみちんかー?」
桃子「…はいっす…」

智美「ゆみちんのやつ、竹井さんとミッポと組んじゃったからなあ」
桃子「なんなんすかあの人ー。先輩と一緒に戦う最後のチャンスを…」
智美「それはどっちに言ってるんだー?ゆみちんか?竹井さんか?」
桃子「どっちも!どっちもっすよ!うう…」

睦月「もうずっとこうなんですよ」
智美「ふーむ…」
桃子「…」
智美「なあ、モモ?」
桃子「なんすか?」
智美「これはチャンスかもしれないぞー?」
桃子「チャンス?」

智美「うん。ゆみちんからは口止めされているんだけどなー?」
桃子「はいっす」
智美「ゆみちんの進路の亊だ」
桃子「進路?」
智美「モモはゆみちんがどうすると思ってたー?」
桃子「そっすね。大学行ってー、インカレ行ってー」
桃子「なんか麻雀に関する仕事についてーみたいな?」
智美「…。やっぱりかー。なるほどなー」
桃子「違うんスカ?」

智美「うん。ゆみちんは麻雀やめる気だったんだよな」
桃子「えっ!」
睦月「そうなんですか?」
智美「うん。麻雀歴は浅いくせに」
智美「ゆみちんは物凄く負けず嫌いだからなー」
智美「どうにも県大会の借りを返せないことが引っかかってたらしいんだ」

桃子「そんなに…?」
智美「ああ、繰り返し県大会決勝の牌譜を見てたよ」
睦月「でもあの卓には…!」
智美「宮永咲と天江衣がいたから、かー?」
睦月「はい」
智美「でも、ゆみちんはそう思ってなかったんだなー」
智美「周りには普通にしてても、ゆみちんの麻雀は」
智美「あの県大会決勝に置きっぱなしにされちゃってるんだなー」
桃子「そうだったんすか」

睦月「元部長は気づいてたんですか?」
智美「ん?んー。気づいては居たんだけどなー」
智美「なーんにも、してあげられなかったな」
智美「なにをしてあげられるか分からなかったんだ」
智美「部長失格だったなーあれは」ワハハ

桃子「それで…?」
智美「んー。わたしは、ゆみちんに麻雀を続けて欲しかったけど」
智美「ゆみちんが自分で麻雀を捨てるなら、それはそれで、って思ってたんだ」
智美「でも、竹井さんから連絡がきてなー」
智美「あ、ゆみちんに勉強見てもらってたんだけどな」
智美「あれは面白かったなあー」

智美「最初は断ってたんだよ」
智美「だけど話てるウチにさ…」
智美「目が、県大会前のゆみちんの目に戻っててさー」
智美「ほれ、あの大会の対策してる時のゆみちんの目にさ」ワハハ
智美「口元なんてニヤニヤしちゃってさー」
智美「わたしは秋季大会にでるぞ蒲原!って言って」
智美「こうしちゃいられないって、飛び出していったんだー」ワハハ

智美「なー、モモ?」
桃子「…なんすか?」
智美「嬉しいんだけどさー、なーんか…悔しいんだよなー…」
智美「わたしじゃあ、ゆみちんの背中を押してあげられなかったなーって」
桃子「なに言ってるんスカ!?部長がいなかったら…」
睦月「そもそも鶴賀に麻雀部が無いんですよ!?」
智美「んー。それはそうなんだけどな。なんかなあって」ワハハァ

桃子(むっちゃん先輩やぱいっす。この人…)ヒソヒソ
睦月(ああ、なんかめんどくさい感じになっちゃってる)ヒソヒソ
桃子(あー。こんな時にかおりん先輩はどこに行っちゃってるっすか?)ヒソヒソ
睦月(なんか電話がかかってきたってさっき出で行ったじゃないか)ヒソヒソ
桃子(えー、部室でかければいいのに。なんかそういうところ体育会系っすよね)ヒソヒソ

睦月(っす、っす、言ってるお前が言うなよ…)
睦月(というか最初にめんどくさいことになったのもお前だろ…)

佳織「た、ただいまー」フラフラ
桃子「あ、かおりん先輩待ってたっすー」
桃子「って、大丈夫っすか?ちょっとフラフラしてません?」
佳織「いや、なんかとんでもないことになってきちゃって」
睦月「とんでもないこと」

佳織「あっ」ドシン バラバラ

佳織「あ、ごめん智美ちゃん。荷物落としちゃった…」
佳織「…。って、これ…!」
桃子「なんすか。また大量の漫画でも…。おあ!」
睦月「大量ではあるが…。参考書に、大学のパンフ?」
佳織「教育学部…?智美ちゃん先生になるの?」

智美「あ、あー?ばれてしまったかー」ワハハ
智美「んー。わたしさあ、麻雀やっぱり好きなんだー」
智美「弱いけどなー」ワハハ

智美「でも、それでも、楽しかったのはこの半年。お前らといた麻雀部が」
智美「すっごく、すっごく、楽しかったからだと思うんだ」
智美「だから、麻雀部の顧問とかをやってなー?」
智美「麻雀の楽しさや仲間の素晴らしさとかを…。教えていけたらなってさー」
智美「そして教えた生徒が飛び立っていくのを見守るんだー」ワハハ

智美「よく考えたらわたしはゆみちんの麻雀の先生だったしな」
智美「ゆみちんは卒業生第一号だなー」ワハハ

佳織「智美ちゃん…」ウルウル
桃子「もー、そういうこと言うの反則っす」ウルウル
睦月「たまに良いことを言い出しますからね…」ウルウル

智美「お、なんだー。感動させちゃったかなー」ワハハ
智美「まあ、夏で終わったとおもってたわたしら鶴賀の」
智美「敗者復活のチャンスって考えてぶつかっていけばいいさー」ワハハ

智美「まあ、わたしは誰からも誘われないだろうからー」
智美「こっちから誘ってみるかー」
桃子「あ、かおりん先輩はどうしたんすか?」
佳織「そ、それがチームの誘いだったんだけど…」
睦月「おお、良かったじゃない!」ピョンピョン
佳織「ちょっと予想外だったというか…」
桃子「え、断ったんスカ?」
佳織「いや、実は無理やりに近く、参加することに…」

睦月「一体だれから…」
佳織「さっき申請出したって言うから」
佳織「もうWEBに出てるかも…」
桃子「ん?申請だしてすぐWEBに載る?」
睦月「それってもしかして…」


prrrrrr


桃子「あれ、部長のっすね」
智美「んー?誰だろー?え!?」
桃子「どしたっすか?」
智美「阿知賀の大将だ」
睦月「えっ」
桃子「高鴨さんっすか!?」

智美「おいおい。まさかのまさかかー」ピッ
智美「もしもしー。蒲原ですがー。ワハハどうしたー?」


……………。
…………………………。

智美「わかったー。じゃあ、一回集まろうかー」
智美「ワハハ。もちろん!キャンプしようキャンプ!」
智美「だろー。おー。車で拾うよー」
智美「ワハハー。うん。よろしくなー」

智美「…」
智美「ワハハ、チームが決まったぞー」
智美「どーだー?」

========================エントリーNo.005

高鴨穏乃(阿知賀女子学院1年/チームリーダー)
亦野誠子(白糸台高校2年)
蒲原智美(鶴賀学園高等部3年)

チームコンセプト:
日本中の山と魚はわたし達が征服しますよ!

=======================================


桃子「そんなんかおりん先輩の衝撃に…。ってえ!ちょ!なんすかこれ!」
睦月「阿知賀に白糸台って…。ちょっと!今年の団体決勝進出高ですよ!?」
智美「いやあ、びっくりするくらいに熱心に誘われてしまってな」ワハハ
桃子「…。これ、足っすよね。多分」
智美「んー?あー、そうだぞー。わたしの車で2人を乗せて日本中征服するんだ」
睦月「あ、あはは。壮大なスケールですね」
智美「ワハハ。楽しくなってきたなー」ワハハ

桃子(ウフフ。なんとか復活してみたいでよかったっす)ヒソヒソ
睦月(だな。いや、それよりもわたしもチームを早く見つけないと)ヒソヒソ
桃子(はっ!確かにそうっすね。あんまりうかうかしてられないっす!)ヒソヒソ
睦月(妹尾さんもとんでもないことになったみたいだしね)ヒソヒソ
桃子(はっ、忘れてたっす)ヒソヒソ

桃子「かおりん先輩!?WEBにはもう」
佳織「うん。紹介されちゃってる…」スマホサシダシ
睦月「どれどれ」

桃子睦月「「…えええええええええええ!!!」」

佳織「どうしよー…」


-------------------
龍門渕邸

衣「」パタパタパタ
透華「衣!走ると転んで怪我しますわよ!」
衣「だいじょぶ!今は電話!」パタパタ

純「いや、でも衣も成長したなあ」シミジミ
一「そうだねえ。あんなに積極的に他人に連絡をとろうとするなんて…」
歩「もう勘弁してください…」ソファニグデー
智紀「それまでのダメージは歩が一手に引き受けていたもんね」ナデナデ
歩「ううう…。自摸ピンフはなんで20符なんですか…」ウウウ
純「符計算はフィーリングで行け」
一「辻褄あわせだよあんなの」
智紀「丸暗記でいける…」
歩「ううううう。20符と30符が押し寄せてくる…」

透華「阿知賀の特訓に付き合って以来…」
透華「他人に麻雀を教えるのが楽しくてしょうが無いみたいね」
純「オレ達も付き合ってやってたけどよお」
一「衣先生は本当に一から教えたいんだもんね」
純「だって牌の種類は…。とかからなんだぜ?」
純「そりゃ、もうそんなこと知ってるよって言うだろ」
智紀「思いっきり拗ねてたもんねあの後」
一「純にはもう教えてやんない!ってね」アハハ

純「国広くんだって…」ジロ
一「な、なにさ」
純「カードマジックで気を引いて有耶無耶にしてたじゃねえかよ!」
一「いやあ、あれは、違うよ。衣にマジックを見せたかっただけだよ!」

一「だったらともきーだって…!」
智紀「わたしはちゃんとお勉強つきあった」
一「いーや。あれはいじめだよ。どれ切るの時いちいち牌効率の計算式だしてさあ」
智紀「牌効率は大事」キラン
純「でもあれ面白かったよな。なんでいちいち計算してるの?だとよ」

智紀「計算しないとわからないからでしょうに!」ドン
純「wwwwwwww」
一「ともきーが切れたwwww」

透華「全く…。歩。本当にお疲れ様ね。衣に付き合ってくれて」
歩「は!いえいえ!そんな!それよりもこんな体勢で失礼して」ソファニグデー
透華「気にしないでよろしくてよ。衣と遊べば…。誰だってそうなりますわ」
透華「むしろ、その程度で済んでいることに驚いておりますの」
純「確かにな。オレ達最初はもっとひどいことになってたぞ?」
歩「も、もっとひどいことですかー?」
一「歩くんに耐性があるのか、衣が成長したのか」
智紀「どちらもであることが望ましい」

歩「でも流石に試合には…」
純「残念だよなあ、出ろよー」
歩「勘弁してください…」
透華「でもそのおかげで、ああやって衣が自ら他校生徒と関わろうとしている」
透華「なんか、すごく、フフ。嬉しいものですわね」メヲホソメー

智紀(お母さん)
純(お母さんだ)
一(お母さんだね)

純「でも衣が電話って想像つかねえな。ハギヨシさんにやってもらってるんじゃ…」

シュ

ハギヨシ「いえ、そんなことはございません」
純「ヨッシーいたのかよ」
ハギヨシ「確かに当初は私が内容を説明をすることもございましたが」
ハギヨシ「今ではファースト・コンタクトから内容説明、終話に至るまで」
ハギヨシ「衣様お一人でこなしていらっしゃいますよ」
純「へええ。あの衣がねえ」メーホソメニヤニヤ

智紀(お父さん)
一(お父さんだね)


ハギヨシ「…?」

シュッ

純「で?俺達はどうするんだ?」
一「どうするって?」
純「チームだよ、チーム」
智紀「衣はわたし達から離れてチームを作りたいらしいし」
一「んー。ボクはあんまり目立ちたくないからパスでもいいかなあ」
純「透華はどうするんだ。とりあえず原村を誘ったんだろ?」

透華「…ましたわ」
純「ん?」
透華「ことわられましたの!」
一「あちゃー。そこは空気読んで組んであげてよー」
透華「なにやら、コンセプトがどうとか言ってましたわね…」
透華「ということであなた達!?」

一純智紀「「「はい」」」

透華「龍門渕レギュラーは全員強制参加」
透華「そして、誰よりも目立つこと!!!」

一純智紀「「「えー」」」

透華「今年は龍門渕雌伏の時かと思っていましたけど」
透華「この秋季で、昨年同様の龍門渕旋風を巻き起こしますわよ」
透華「オーホッホッホ!」

純「想い人にフラレてオカシクなったんだな」
智紀「可哀想に。はじめが組んであげてよ」
一「えー、もうちょっと楽したいなあ」

衣「とーか!」パタパタ

透華「あら、衣、どうしました。良いことありましたの?」
衣「あった!」ピョーイ ダキ
透華「あらあら。どうしましたのそんなに喜んで」ナデナデ

智紀(お母さん)
純(お母さんだ)
一(お母さんだね)

衣「チームができたぞ!申請もしてきた!」ニパー
透華「あら!それは良く出来ましたわね」ナデナデ
衣「へへへー」

一「どんなチームになったの?」
衣「ふふふ。衣お姉さんは特別招待選手だからな」
衣「申請して、認可されれば即大会公式にうpされるのだ!」

純「うp?おいともきー!変な言葉教えるなよ!」
智紀「ウェヒヒ」
一「じゃあ、あそこの大スクリーンに表示してみよっか」ピピピ

透華一純智紀「「「「えっなにこれは」」」」

衣「フフフフ!どうだ!」

トントン

ハギヨシ「お嬢様お客様がお見えです…」

透華「あら、こんな時間にどなた?」
ハギヨシ「清澄高校の…」
京太郎「須賀京太郎です。こんばんわ!」

純「お、なんだ清澄の雑用じゃねえか。どうしたこんな時間に?」
京太郎「じ、実は、天江さんが初心者を集めてチームを作ってるって聞いて」
一「あ、あー。なるほどなー。これそういうことかあ」
智紀「なるほど。大会中もあの衣おねえさんの麻雀教室が…」
京太郎「え…。もしかして…」

衣「おう、すまぬな。須賀京太郎と言ったか」
衣「ほんの数刻遅かった。既に衣のチームは決まってしまったぞ」

京太郎「そ,そうですかあ」ガックリ
京太郎「すいませんお騒がせしましたー」トボトボ

ハギヨシ「私は須賀様をお送りしてきます」
透華「頼みましたわ」

シュ

純「しっかし…。思い切ったなあ…」
智紀「…。予想外」
一「で。もう公式に上がっているわけで…」
透華「衣…。目立ってますわね…」

衣「フッフッフッフ」

……………。
…………………………。

ブロオオオ

京太郎「なんかすみません萩原さん」
京太郎「車まで出していただいて」
ハギヨシ「いえいえ…」
京太郎「なんか、駄目スね。から回ってんのかなオレ…」

ハギヨシ「須賀くんは…」
京太郎「はい?」
ハギヨシ「麻雀お好きですか」
京太郎「うーん。ぶっちゃけますとね」
ハギヨシ「はいはい。どんどんぶっちゃけてください」
京太郎「ハハ。ホント始めたのが最近で」
京太郎「まだ、麻雀そのものが好きなのか分からないんですけど」
ハギヨシ「はい」

京太郎「清澄で麻雀打ってる女子を見てると」
京太郎「本当に楽しそうなんですよね」
京太郎「でも、たまに苦しそうにしているヤツもいるんです」
京太郎「あ、体調がとかじゃなくて、ですよ?」
ハギヨシ「ええ。わかります」

京太郎「団体戦もああいう結果に終わって」
京太郎「良かったんだか、悪かったんだかよく分かってなくて…」
京太郎「でも、なんだろう。清澄の皆が麻雀を通して何かを見ていて」
京太郎「それが単純な順位とか点数とかじゃない部分らしくて」
京太郎「オレはそれを見ることができなくて…」
京太郎「それじゃ、悔しいじゃないですか」

京太郎「せめて同じものを見て喜びとか悲しみとか」
京太郎「共有したいなあ、って思うんですよ」
京太郎「正直団体戦はオレ、蚊帳の外な感じでしたから」ハハ

ハギヨシ「…須賀くん」
京太郎「はい」
ハギヨシ「1つ力を貸しましょう」
京太郎「え。ハギヨシさんがオレに?」
ハギヨシ「ええ。あなたの望みが少しだけ叶うかもしれません」
京太郎「は、はあ」

ハギヨシ「今からあるところにあなたを連れて行きます」
京太郎「はい?」
ハギヨシ「そこで、あなたの気持ちを正直にお話しなさい」
京太郎「正直に」
ハギヨシ「はい、嘘をつくことは許されません。正直に」
京太郎「はい」
ハギヨシ「その結果如何では…」ホロリ
京太郎「えっ。なんか泣いてません?」
ハギヨシ「いえいえ、そんなことはううう…」ハラハラ
京太郎「えっ。ボロ泣きじゃないですか」
ハギヨシ「覚悟はいいですね。飛ばします」

ブロオオオオオオオ

京太郎「な、なんの覚悟おおおおおお?」


-------------------
有珠山高校

バーン!

爽「おい!公式見た!?」
揺杏「見たよー。それでこれが衣装ということで作ってきた」
爽「ほうほう。なかなかいいんじゃないか」
由暉子「これは、なかなかいいですね…」

成香「」フルフル
成香「ちかちゃーん…」フルフル

誓子「なるしょうが無い。こうなったらどうしようもないよ」

爽「いやあ、団体ではちょっと予想よりも目立てなかったからなあ」
爽「どうしたもんかと思ってたけど」
爽「この秋季大会。思った以上にチャンス有りだな!」
爽「成香!よくやった!」

成香「だって、こんなに大きく出るなんて…」
誓子「天江さんだもん。そうなるよー」

爽「フフフ。有珠山高校も秋季大会に向けて」
爽「始動しなければならないようだね!」


========================エントリーNo.006

天江衣(龍門渕高校2年/特別招待選手/チームリーダー)
妹尾佳織(鶴賀学園高等部2年)
本内成香(有珠山高校2年)

チームコンセプト:
弱竹の武勇を率いて此度出陣する!

=======================================

カン!

その6へ続く!

【咲-Saki- 3on3SS】Index