マホ「ええと…。怖い話ではなく…?」霞「怖い人のお話ねえ」の続きです。


-------------------
辻垣内家

煌「えー…さて。無事キャンプ組も帰還したということで…」
照「…」ウトウト
和「…」ウトウト

智葉「そっちの2人はずいぶん眠そうだな」
照「…ふふ…。ちょっと語り合っちゃったからね」
和「ふぁ…」
智葉「すばらは大丈夫なのか」
煌「え?まあわたしは途中でい…」
照「しー、だよすばら」
煌「はい?」
照「昨日の話は内緒内緒」
智葉「んだよ」

煌(麻雀の話をすると思いきや…)
煌(宮永咲さんの情報交換をしはじめ…)
煌(咲さんかわいいところしりとり)
煌(あたりで眠ってしまっただけなのですが…)
煌(よもや朝までそんな話に終始していた訳では…)

利仙「辻垣内さんは何か怖い話を…」
莉子「やめてえ!」
誠子「まだやってるんですか」

煌「ひとまず、昨夜マホが学んだことをまとめてみたのですが…」
マホ「はい!」
煌「…このドリフト走行の仕方というのは」
智美「ワハハ」
煌「…まあ良いでしょう」

煌「アウトドアの基本…」
穏乃誠子「「わはは」」
煌「…あのですねえ」
優希「まあ、そんなこと言ったらわたしはかっこいいマントの羽織り方だからなあ」
誠子「なにそれwwww」
優希「お、マホ見せてやるじぇ!」
マホ「はい!」バッサー
穏乃「かっこいいwwww」
煌「…霧島が懐かしい…」トオイメ
霞「うふふ。わりと真面目にやってたわよねえ」

煌「藤原さんと安福さんは…ほうほう」
莉子「ちょっとだけですけどね」
煌「なるほどなるほど」
利仙「精神的なことは最終的には花田さんのお仕事でしょうから」
煌「いえいえ、滅相もない」

憩「ほうほう。ふぅん…」
霞「どうしたの?」
憩「や、すばらちゃんがまとめた一覧を見てるんですけどねえ」
憩「ちょいとガイト姐やん」
智葉「誰が姐やんだ」
憩「これ見てえ」
智葉「んー?どらどら」
霞「あらあらうふふ」

照「ん…。ちょっほめえはへふぁ」モグモグ
和「でふね」モグモグ
煌「また食べてるんですか!?」

憩「すばらちゃん」
煌「はい」
憩「順番からしたら、次に教えるのウチらなんやろうけどな」
智葉「これまだ、アレだな。順番じゃねえやな」
煌「…ほう」

照「ほらね」ドヤァ
和「本当ですね」

智葉「んだよ」
照「ん。そういうだろうなあって思ってたんだ」
憩「お見通しやったん?」
和「そうなるだろうと仰ってましたね」
照「ふふふ」
智葉「鬱陶しいなあ」
照「ひどいことを言う」

煌(あら…。ちゃんとしたお話もしてたんですね…)

マホ「残念です」シュン
憩「やや、ちゃんと教えるで?でもまだや、いう話やね」
照「夢乃さん」
マホ「はい」
照「私たちは実は個人戦の上位3人です」
マホ「知ってます」
照「いわばラスボス」
マホ「はぁ」
照「まだイベントが進んでないということですね」
マホ「よく分かりません!」
照「レベル上げをしましょう」
マホ「なるほど!」
照「誠子でも倒して」
誠子「ちょっと!?」

和「一旦長野に諸々報告に行きましょう」
優希「部長のところか?」
和「それもありますし…。マホはご家族への報告もあるでしょう」
マホ「…あ」
煌「わたしも付いていきますから大丈夫ですよ」
マホ「お願いしますう…」

優希「牛乳とマーカー買っとかないとだじぇ」

カン!

その22へ続く!

【咲-Saki- 夢乃全国行脚SS】Index


2015年1月10日の更新記事
シノハユ第16話既読者に向けて妄想を。編集長の火力が高…。
2014年1月10日の更新記事
一「はいはい。お終いお終い」 漫「え?何が起こったん?」【咲-Saki- 3on3SSその13】