嶺上開花マスターのくろもちです。

更新お休みしていた間に最新話は149局まで進んでおりますね。
150局更新までに感想記事は追いつきましょー。
ということで、いつものごとく
振り返りの意味も含めた感想記事ですよーぅ。

ざっくり振り返れば
恭子りんわりと単純かわいい、そんな感じ!

いるのにいない

さてさて、147局は
姫松高校3年トリオの出会いのシーンが描かれた
姫松高校を応援している皆さんにとって
ε=\_〇ノヒャッホーイ!となる、お話でした。

まあその辺りについては皆さん既にひとくさり興奮した後ということで
いつもの如くではありますがちょっと視点を変えて
ここらの演出などに目を向けたいと思います。

YG114ページ。
洋榎ちゃんが上からぶっこんでくるシーン。
まあ、お友達になろうとしているシーンですね。
新1年生の部活初日。

会話から察するに
このシーンの前に入部試験なりなんなり
新1年生が打つシーンがおそらくあった訳ですよね。

で、このシーン。
3人しかいません。

ここはおそらく部室でしょう。
コーヒーメーカーとかもありますからね。

ここで3人だけになる可能性としては
新1年生部活初日の恭子りんが
試合後の牌譜整理をしたいと1人で部室に残っているところに
2人が入ってくる、というものでしょうが
果たしてそんな状況で1年生1人を部室に残らせるかどうか。

なので、このシーンは見切れている部分に
いると思うのですよ。他の先輩部員なり善野さんなり。
しかし演出として、他の人間が不要なので
ばっさりと漫画のコマ外に切ってしまっているのだと思うのですね。

いるのにいない演出です。
お話の焦点はこの3人以外に合わせる必要がないからですね。

ちょっと遡って、獅子原爽の回想シーン。
解決!獅子原爽が気味悪がられたという部分ですが
ここでは逆に、チカちゃんと揺杏だけが
爽を受け入れてくれた、というコマでは
背景すら無く、3人の立ち姿のみが描かれています。

ここでは前述の姫松高校の回想とは違い
本当に3人以外はいない訳です。

この姫松高校と有珠山高校の
3人のシーンの対比、なんかは
小林先生の漫画演出ロジックがよく見て取れる部分だと思うのですよね。

テレパス

冒頭の爽と恭子りんが
テレパスを使って脳内会話しているように
シーンが流れる部分がありますが…。

どうも、恭子りんが本当にテレパスを使ってるのでは疑惑も…。

テレパスといえば
Aブロック準決勝先鋒戦での
すばら先輩と怜なんかも
そんな感じでしたよねえ。

なんとなく思い出したので書いておきました。
さほど重要ではないです。すみません。ペッコリン

末原恭子

自分では繰り返し凡人と言っていた恭子りんですが
今回分かったこととして
1年生秋から、全国常連強豪校のレギュラー入りはしていた訳ですね。

そしてスランプに陥って…レギュラー落ちも経験したということなのでしょう。

そして郁乃んとの会話の後に
あっさりと立ち直っている辺り
半信半疑なのに素直に言うことを聞いて
あっさり調子が良くなる恭子りん単純かわいい。

さておき、咲-Saki-ではなかなかいないキャラクター造形ですよね。
スランプに陥っている、もしくはスランプに陥っていくという描写はあっても
既にスランプから立ち直っている、というキャラクターは珍しいです。

その辺りの強さの意味付け、というのも
なかなか面白いキャラクターですよね。

理不尽な周りの強さに翻弄されていた
どこかの高1最強さんが、見習うべきサンプルが
近くにあった訳です。

変身の意味合い

やはり、咲-Saki-において
髪型を変える
というのには意味があるように思えます。

髪型が変わった子…
ちゃんと調べてはいない状況で申し訳ありませんが

今回の
末原恭子
真瀬由子

他には
池田華菜

試合に望む時の竹井久

そして原村和

幼少のころから、と考えると
新子憧
も入りますかね?

もしかしたら
能力を持たない子が魔物に抗う姿の現れ
だったりするのかしらん…などと思っておりますが
うむむ…。

他にもスカートの長さが変わった
片岡優希
宮永咲
についてはどう考えるべきか…などなど

この部分は皆さんの意見も聞いてみたいところです。

あ、恭子りんが髪型を変えたのは
髪が伸びたのもあるかもしれませんが
分け目を善野さんと同じにしたかったんじゃないかなと思ったりしてます。

さらにその後の変身については
郁乃んが自分と同じ分け目にしたんじゃないかなあ、なんて。

真瀬由子

姫松高校高校決勝進出を未だ信じているわたしですが
やはり最後に残る希望はこの子なのです。

しれっと全中大活躍の愛宕ネキの横にいて
しれっと恭子りんと愛宕ネキの間を取り持ちつつ
しれっと姫松高校レギュラーにも名を連ねている訳です。

なにかありますよねえ。
髪型も変わりましたし。

その他

そういえば、こちらもしれっと
回想の中で善野さんが喋ってましたね!
わりと長めに!
パンタロン履いて!
髪型も相まってフォークソングが似合いそう!

惜しむらくは、恭子りんと善野さんの絆の部分は
さほど強く描かれていなかったので
これはまた決勝行ってから…。
準決勝敗退時にとかは言わないでください!

あとはとんでもないプレイヤーのところに
これまたしれっともーちゃんがいましたね。
りゅーかではなく、もーちゃんなんですよ。

やはり、兵庫代表の先鋒ですから…。
描かれなかったなんらかの能力的なアレが…。
個人戦で…。

などと妄想はまだまだ膨らむ一方ですね!

ということで今回は以上!

カン!


2014年10月22日の更新記事
ブルーメンタール姉妹もニッコリのパンを見つけましたのだ!

2013年10月22日の更新記事
洋榎「絹早く決めてえや」 雅枝「そや。早く決めえや」【咲-Saki- ドッペルSSその12】