\前回の咲-Saki-ラブライブ!/デェン

竜華「なんやよう分からんうちに」
竜華「かすみんとすばらちゃん2人と勝負することになってんけど…」
竜華「え?何を勝負したらええのん?」

セーラ「ふっ…。のぞーの関西弁は、似非関西弁や!」洋榎「くっ…。確かになんや変やなあと思っとったけども…」の続きです。


-------------------------
龍門渕の別荘

成香「離してくださいっ!」ジタバタ
純「あーばれんなってー」ガシ
爽「おー、凄いなあ。強いなあ」
純「んあ?」
爽「や、わりとアバレナルカを抑えるのは苦労するもんでね」
純「確かに結構力あるのなこいつ」
成香「ギー!」ジタバタ

純「で、何を暴れてるんだ?」
成香「バイトするんで帰ります!」ジタバタ
純「はぁ!?」

成香「5thライブBDボックスに…」
成香「スクフェス用の新曲に…」
成香「どうなるかわかりませんがサインシャインの新曲…」
成香「劇場版BDには6thライブの先行予約券があるとかなんとか…!」

爽「やっぱり成香ガチだったんじゃんか」
成香「ギー!」
浩子「たしかに学生身分じゃあかなりの出費になりますねえ」
爽「劇場版が落ち着いたと思ったらこの怒涛のラッシュはどうだ…」
爽「こっちには全ポしか無いというのにっ…!」
誓子「そういうこと言うのやめなさい」
浩子「十分でしょう。ゲームでたら」
爽「わたしらは出ないんだよっ!」
浩子「ほんなん言うたらアニメどないなりますのん」
爽「あれは…。ちょっと出たじゃん」
浩子「まあ、ちょっと出ましたね」
爽「うん。ちょっと出たでしょ」
浩子「wwwww」

爽「でもゲームは何が全ポだよ!これはB2ポじゃないか!」
誓子「B2ポ?」
爽「Bブロック2回戦ポータブル」
誓子「あー」
浩子「区切りが細かいでしょうに」

爽「略してびにぽ」
爽「ふん。まさにビニ本のように脱がされるがいいわ!」
爽「ふははははは!」
浩子「…。次回作出たら脱がされますよ」
爽「いやあああああ!」ゴロゴロゴロー

成香「ギー!」
浩子「ほんでこっちは?ナルガクルガの真似なんやな?」
成香「…あ、はい。そうですそうです」
純「ああ。そういうアレか」
浩子「わかりづらない?」
成香「わたしがモンハン知らないもので」
浩子「知らんでやってたんかい!」

竜華「あのーなんや勝ってもうたんやけど…」
爽「いつの間に!」
竜華「や、正直ウチもわからへんwww」

煌「…完敗です」
霞「…完敗だわ」

爽「ちょ、待って待って!何があったんだよう」
煌「言えません」
爽「なんでさ!」
霞「言えないわ」
爽「だからなんでだよう」

霞「わたしはね」
爽「うん」
霞「あのー、痛いのよね正直」
爽「うん?」
霞「踊ると」
爽「…おもちが?」
霞「おもちが」
爽「あー…」

玄「さらし!さらしを巻けばいけますから!」ジタバタ
穏乃「玄さん!駄目だっ!落ち着いて」モッギュー
由暉子「そうです!」モッギュー
揺杏「や、君らは抱きつきたいだけだろそれ」
穏乃「そうですけど!?」モッギュー
由暉子「何か問題でも!?」モッギュー
揺杏「勢いあるなあww」

霞「…なんて一幕もあったのだけど…」
煌「清水谷さんが踊ったら途端に静かになりましたね」
爽「wwwww」
浩子「すばらちゃんはどないしてん」
煌「いえね、いくら東條さんが裏で支える人だとしても」
煌「やっぱり表なんですよ。アイドルなんですから」
浩子「ふむ」

煌「高坂さんが太陽ならば、東條さんは月、などと言われることもあるようです」
煌「ダンシングスターズ・オンミーなどが良い例ですかね」
煌「ダブルセンター。昼の高坂、夜の東條希」
煌「とはいえ、やはりあの方も表、なんですよ」

爽「すばらちゃんもわりと知ってるなあ」

煌「わたしは、さらに裏で守るのが性に合ってるのかもしれません」
煌「お掃除…」
煌「風紀委員…」
煌「…ジャッジメントですの」

爽「…第6の勢力を出すな!」

煌「推薦してくださった竹井さんには悪いのですが…」
煌「わたしはお姉様とともにですね」
浩子「臼沢さんいませんけどね」
煌「あれえっ!?」

久「ごめんなさいね、引っ張り回しちゃって」
煌「いえいえ、遊びに誘ってもらったようなものだと」
久「あはは。まあそうなんだけどー」
久「こうなることも計算のうちよ」
煌「…はぁ」
久「ってことで、あなたは神モブね」
煌「はい?」

久「ヒフミよヒフミ。一番目だしヒデコでいいんじゃないかしら」
煌「えー」

成香「神モブトリオ…!」

hihumi


成香「右からヒデコ、フミコ、ミカ」
成香「ラブライブ!は王道スポーツアニメですから」
成香「中には強引な、ご都合主義的展開もあります」
成香「アニメ版でのライブ演出やステージ設営」
成香「それら全てを神速でこなしたとされる3人組…!」
浩子「それは逆にメタい解釈なんちゃうの」

成香「地区予選での空撮」
成香「アキバライブでの照明演出」
成香「スノーハレーションでは雪を降らす」
成香「ジェバンニが一晩かかることも」
成香「ヒフミならば一時間でこなすとも…」
浩子「嘘をつくな嘘を」

成香「実はμ'sの曲を編曲しているのはヒフミである説とか…」
浩子「…まあ、あの講堂初ライブの時は確かにな?」
成香「そのあまりの有能さに」
成香「A-RISEの正体はヒフミ説とか…」
浩子「あったみたいやねえ。まあヒデコとツバサが似てるだけやけど…」

成香「一説には穂乃果ちゃんのスタンドなのではないかと…」
浩子「それは今思いついたやろ」
成香「…ま、まあそういう任せたら何とかなるやろ感!」
浩子「中途半端な関西弁使いなやもう」

成香「劇場版のあの3月の無理なスケジュール…」
純「はいネタバレ禁止なー」クチオサエー
成香「モガモガ…!劇場版BDも年末に発売が決定してますし…」
成香「深夜アニメとしては異例の劇場版興行収入です!」
淡「むむ…?」
誠子「ん?どうかした?」
成香「あのまどマギを抜いて…」
淡「むむむ…?」
誠子「いやいや、どうしたんだよ」
淡「んー、なにかひっかかって…」

淡「ちょっと高鴨穏乃が気になって…」
爽「ここに来て第7の勢力か!」

純「ヨッシーみたいなもんか」
爽「え?緑の乗り物?」
純「乗り物にすんなよ。ヨッシー。ハギヨシさんな」
爽「確かにその通り。だけどそれでは話が終わっちゃうから却下な」
純「えー?」
爽「学生でやるの!」

爽「そんなこと言ったら、ハギヨシさんもそうだし」
爽「あれだ、麻雀については阿知賀の赤土監督なんかもそうじゃん」
浩子「確かに。あれはチートすぎますね」
照「ハァ…ハァ…うん。わたしの鏡よりも凄いからね…。ハァ…ハァ…」マスクシテルテル
爽「テルテルまだ彼岸島やってるのか」
照「ちくしょう。ちょっとづつ楽しくなってきたよ…ハァ…ハァ…」
爽「まあいいんだけども…」
浩子「そういうなんとかするやろ的なキャラの…あ」

久「ふふふ。気づいちゃった?」

爽「どうしたフナQ」
浩子「や、あっこでわろてる悪そうな顔の人なんですけど」
久「人聞き悪いわねえ」
浩子「まあ、なんかなんとかするやろの代表格な気もするんですが」
爽「…うわ」

久「花田さん、沢村さん、そしてわたし」ニタァ
智紀「えー…」
煌「えー…」
久「この3人がなんとでもしてやるわ」
爽「確かになんかやらかしそうなんだけど、なんとかしそうでもあるなあ…」
久「ふふふ。エリーチカとかまきちゃんとか言うと思った?」

久「わたしは!神モブになるわ!」ババーン!

浩子「というか、あんた神モブのさらに上でなんや指示出してそうなキャラなんやけど」
爽「それだ」
久「なにそれえ。わかったわよお。じゃあ…」
久「オカルト担当で神代さんを入れます」
霞「ちょっと!」

久「花田さん、沢村さん、神代さん」
久「ほら、なんかどうとでもなりそうな!」

ヤイノヤイノ

怜「うわあ、そっくりやなあ」
絹恵「そうですか?」
セーラ「これレベッカいう子やねんけど…」
怜「まあ絹ちゃん知ってる子やったら絹ちゃんや思うやろなあ」

reb


絹恵「あ、じゃあわたしこの子でええですわ」
セーラ「ええのか」
絹恵「んまあ、もう皆が騒いでるの見てる方ええかな思ってwww」
怜「お。ようやっとその境地に達したか」

一「あ、ほら咲ちゃんだよ」
咲「わあ、ほんとだあ」
一「ちょっと髪型も似てるよね」
咲「そうかなあ」カミイジリー
一「似てる似てる」
和「あれっ!?」

sakic1


咲「あ、和ちゃん見てみてー」
和「え…。ああ、はい。咲さん、ですね」
咲「ねー。この子かわいいし、わたしこの子役でいいよ」
和「ええっ!?」
咲「うん。おお…。おもちも結構あるんだな…」
一「あはは。咲ちゃんとはそこが違うねえ」
咲「うるさいですよ!もう!」

sakic2



キャッキャ

和「あ、ええっと…。わたしに似てる子なんかは…」
咲「和ちゃん目立つからなあ」
和「おお、もう…」
一「それに、原村さんはね…」
和「はい?」
一「むしろラブライブ!二次創作において」
和「はぁ…」
一「既にiPSを司る神として君臨しているよ」

和「なんですかそれは!?」

一「や、だって実際そうなんだもん」

和「そんなオカルトありえません」

カン!

その9へ続く!

その他SSIndex


2014年6月7日の更新記事
咲日和ツッコミクイーンは誰か数えてみましたのだ!第3巻収録分。