菫「お菓子好きのポンコツ」 の続き

もしくは

白望「…穏乃変わって」穏乃「はーい失礼しますよー」 の続きです。

ーーーーー末原恭子サイド
???

恭子「…一体何が何やねん…」
照(ドラマCD)「ああ…。ここかあ…」
照(本編)「大丈夫?」セナカサスサス
照(ドラマCD)「もう、消えちゃうけどね」
照(本編)「そっかあ」

恭子「とんでもないなあこれは…」キョロキョロ
照(ドラマCD)「最後にね…言っておかなきゃないことがある」
照(本編)「なんでしょうか」
恭子「ふむん。ほしたらちょっと周り見てくるわ」
照(ドラマCD)「…そこまでしなくていいのに」
恭子「ちゃうちゃう。わたしが気になるだけや」トテトテ

照(本編)「恭子りん」
恭子「んー?」
照(本編)「ありがとね」
恭子「そういうんちゃう言うてるやろー」トテトテ

トテトテ

恭子「さあて…。一体全体なんやねんここはあ」キョロキョロ
恭子「お屋敷?なんやぐんにゃりしとるし…」キョロキョロ
恭子「ほんまアホちゃうかwwww」

恭子「…あの分裂人格が知っとる場所ゆうことは…」ウムム
恭子「狭間かなんかそういうやつやなきっと」ウンウン
恭子「そもそも分裂ってなんやねんって話なんやけども…」
恭子「狭間か…やないやろほんまwww」
恭子「なにマジな顔して言うてんねん」
恭子「むふっwwww」


ーーーーー国広一サイド
???

咲「うう…」フルフル
一「咲ちゃん…。」

咲「わたしは分裂してるんでしょうか…」

咲「わたしはわたしなんでしょうか…」

咲「わたしのせいなんでしょうか」

咲「全部」

一「…咲ちゃん」スッ

ビンタバチコーン!

咲「ふええ!?」

ホッペリョウテデオサエー

一「咲ちゃん。こっち見なさい」
咲「え…?」
一「いいから!ボクの目え見なさい!」
咲「は…はい…」
一「見えるね」
咲「は、はい」
一「うん。ボクも見てるよ」
咲「…」

一「今、咲ちゃんを見てるのはボクだよ」
咲「…」
一「くにひろはじめ」
咲「はじめさん…」
一「今、ボクを見てるのは誰?」
咲「え…」
一「誰?」

咲「みやなが…みやながさきです」
一「うん。咲ちゃん。知ってるよボクは」
咲「はい…」
一「宮永照は、咲ちゃんの家族?」
咲「おねえちゃんです」
一「うん。そうなんだよね」
咲「はい」

一「今、あなたが見てる、あなたが考えてる」
一「あなたが思ってる」
一「それはなんなの?嘘なの?」
咲「わたしは…」
一「それが本当だよ」
咲「!」


一「分裂してる?関係ないよ」

一「今、咲ちゃんはここにいる」

一「ボクが話しかけている咲ちゃんが」

一「ここにいるんだよ」


咲「ここにいるわたし…」


一「ボクはさ手品とかちょっと出来るんだけど…」ハンカチトボールトリダシー
一「物を消したり出したりさ」ボールニハンカチカケー
一「でもさ、それはそこにあるんだよね」ハンカチトリー
一「ものの見え方が違うだけなんだ」テノヒラ ヒラヒラ

一「だから何かがあった時」テノヒラニハンカチカケー
一「自分と違う見え方をしてる誰か、っていうのは絶対にいるんだよ」ハンカチトリー
一「そんな時どうする?」ボールニギリー
一「…ボクは、最後には、自分を信じるよ」ウエニホウル

一「もちろん間違ってることもあるかもしれない」
一「でも、相手に好かれるために自分を曲げるって必要かな?」
一「通り道は曲がりくねっちゃうかもしれないけど…」
一「やっぱり、自分は真っ直ぐじゃなきゃ」

一「自分を信じて、真っ直ぐ」ハンタイノテニボール


リョウテデカオツツミー


咲「ふわ…」
一「見えてるねボクが」
咲「はい」
一「神代さんの言ってたことで怖がるのも分かる」
咲「…」
一「でも君はボクの知ってる、宮永咲だ」
咲「はい」
一「今なにが起こってるか分からないけど…」

一「ボクは信じるよ。咲ちゃんのこと」

咲「うう…」モッギュー
一「おっと…。早くこんなとこから出ないとね」ナデナデ
咲「はい」
一「まあ、なんだかよく分からないけどさ」アハハ
咲「おねえちゃん」
一「…んん?」
咲「あ、ちが、はじめさん」
一「ふふっ。おねえちゃんかあ」ナデナデ
咲「ううー!」ポカポカ
一「いたた、やめなさいもう」ナデナデ
咲「あうう…」

\オーホーセーセー…/

小蒔『わたしもたまに霞ちゃんにおねえちゃんって言っちゃいますよ!』

一「聞いてないよ!?」
一「っていうか保留してたんじゃないの?」

一「って保留ってなにさ!?」

咲「お、落ち着いてくださいはじめさん」

一「んー?おねえちゃんじゃなくていいのかなあ?」ニヨニヨ

咲「も、もー!」ポカポカ

一「あはは、ごめんごめん」

キャッキャウフフ

小蒔『あ、あのー…』

キャッキャウフフ


ーーーーー大お泊り会実行委員会支部 攻撃隊サイド
宿泊所前

久「さあてと」
巴「さっきから仕切りなおしてばっかりじゃない?」
久「形は大事よ?」
春「なにも思いついてない」
久「そうともいうわね」
巴「まあ、あれだけの大騒ぎが収拾したんだし…」
久「まあだ、終わってないってんだから困っちゃうわよねえ」

美穂子「宿舎の中、ということでしょうね」
久「ん?なあに?美穂子」
美穂子「分裂人格がこの場所に固執してたのは何か理由があるはずでしょう」
久「ふむん」
美穂子「となれば、やはり中なのではないでしょうか」
久「さっきまで中にいたのにねえ」
美穂子「そうだわ…。華菜は大丈夫でしょうか…」
久「確かにあっちはどうなったのかしら…」

ヤイノヤイノ

ハラムラサン…

和「…え?」キョロキョロ

コッチコッチ…

和「…この声…?」

?「あ、気づいてくれた。こっちへちょっと、内緒で…」

和「部長!」
?「あっ…」
久「んー?なにー?」
和「ちょっと周りを見てきます」
久「…」ジロ
和「…」
久「今、独りにすることは出来ないわ」
和「でしょうね」
久「なによ」
和「いえ、こっそりこっちへとわたしを呼ぶ声がするので」
?「ちょー!?」

久「!?」

和「諦めてください。あの人はああ見えて慎重なんです」
久「どう見えてるのよ…」
?「内緒で話したほうが良かったのに…」スッ

巴春美穂子「「「!?」」」

久「なんであんたがここにいるのよ…」

照(SS)「いやはや全く」

春「さっき分裂解除したはずじゃ…!?」
巴「条件は揃ってた…。ということは、まだ完全に消える前なだけ」

巴「だと、思うんだけど…」

照(SS)「お願いがあってね」

照(SS)「多分、原村さんなら出来ると思うんだ」

照(SS)「今の、原村さんなら」

カン!

その42へ続く!

【咲-Saki- ドッペルSS】Index


2014年8月30日の更新記事
咲日和ツッコミクイーンは誰か数えてみましたのだ!第2巻収録分。