マホ「東京にも自然はあるんですねー」誠子「そりゃああるよ」の続きです。

-------------------
奥多摩

ヒヲカコミー

利仙「…でもその人形は、捨てたはずなんです」
莉子「…」ゴクリ
利仙「だれかが拾ってきたのかなって、その子は思ったんですね」
利仙「だって、そこにあるはずが、無いんですから」
マホ「あうぅぅ…」ブルブル
利仙「でも、違ったんです。戻ってきちゃうんです」
莉子「ええ…?」

利仙「見てないと戻ってきてしまう。それならばどうするか…」
マホ「どうするんですか…?」
利仙「常に一緒にいればいいんです」
莉子「に、人形と…?」
利仙「はい。ですから、その子は常に人形と一緒にいるんです」

利仙「今も」

誠子「おーい、スイカが…」

マホ莉子「「あわあああああああああああ!!!」」

誠子「ええっ!?なになにどうした!?虫か?」

利仙「wwwwwww」

誠子「どうしたどうした」
マホ「怖い話を聞いてたんですう…」
莉子「駄目だ…。もう駄目だ…」
誠子「あー、そういうやつかあ」
利仙「石戸さんがいれば安心ですからね」
誠子「ん?」
利仙「…そういう話をすると、集まってくる、って言いません?」
誠子「え?虫が?」
利仙「なんでですか。霊が、です」
誠子「へー」
マホ「ちょちょ、やめてくださいよう」
莉子「でも、石戸さんが…」

霞「…」コクウヲミツメー
霞「…」キッ
霞「…」シュシュシュッ

莉子「何か儀式的なことを…」

霞「ん?」
霞「ああ、気にしないでいいわよ」ニッコリ
霞「あなたは来ちゃ駄目だからね」コクウニムケテー

莉子「誰に言ってるんですかあ」

霞「うふふ」

利仙「亦野さんや蒲原さんはそういうお話ありますか?」

誠子「んー?」

マホ「無くて良いんですけど」
莉子「同じく」

智美「あるにはあるけどなあ」
利仙「おっ」ワクワク
莉子「藤原さんこんな人だったのー?」

智美「でもまあ、ちょっと違う方向なんじゃないかなあ」
利仙「どんな話ですか?」

智美「交通事故見たんだよなあ」

利仙「あっ…」
マホ「あっ…」
莉子「あっ…」

智美「結構ひどくてグチャグチャな…」

利仙「あっ…」
マホ「あっ…」
莉子「あっ…」

智美「まあ、どんくらい驚いたかと言えば…」

智美「口は閉じたなあ」

利仙「あっ…」
マホ「あっ…」
莉子「あっ…」

智美「…」

誠子「wwwwwww」

霞「…ふんふむ」

マホ「石戸さんはやめてください!」


-------------------
辻垣内家

智葉「zzz」
穏乃「zzz」
憩「zzz」
優希「zzz」

煌「思い切り食べ…そして寝る…」
煌「まあ満喫しているといえばそうなのでしょうね」

照「今日は花火しなかったからね」
照「まだまだだね」
煌「これ以上遊ぶ気だったのですか!?」

照「ふふふ。遊ぶときは思い切り遊ぶのだよ」
煌「何のキャラですかそれは…」

照「さてのどちゃん。一杯やろうか」スッ
煌「それは一体…」
照「気分気分。麦茶麦茶」カランカラン
和「まあ麦茶なら」
煌「そんなビンに入った麦茶があるのでしょうか」
照「麦茶」
和「麦茶」

煌「どれどれ」クプクピ

煌「!?!?!?」

照「ちょっと変わった麦茶の味わい方」
煌「…本当に麦茶だとは…」
照「すばらは不良だね」
煌「なんでですか!?」

照「さて、まあ、夜も更けたことだし」
煌「また9時過ぎなんですが」
照「更けたことだし、多少真面目な話をしようか」

照「悩める後輩のためにね」

和「…」

カン!

その20へ続く!

【咲-Saki- 夢乃全国行脚SS】Index


2014年8月2日の更新記事
2014年7月27日開催の書け麻で記念すべき10回目の敗北を喫したじぇ…。