姫子「近頃の1年生はおかしいことなっとーよ」 恭子「ほんまやね」の続きです。


-------------------
愛宕家 お風呂

咲「だって和ちゃんは…」


-------------------
???

久「…」ニヨニヨ
和「…はぁ」タメイキー

葉子「…えーと…」
舞「…」

優希「いったい何がなんだか…」
煌「竹井さんはこういうの好きなんですかねえ」ニガワラ
ゆみ「まあ、付き合ってやってくれ」
美穂子「ツンデレってやつですね」

和「ツンデレ…」ジト
久「なによ」
和「…かつて染谷先輩に教えてもらったことがあります。ツンデレ」
久「へえ」
和「…あー」コクコク
久「なに納得してんのよ」

舞「ほっておかないで欲しいんだけど」
和「失礼。どなたでしたっけ?」
舞「田中舞だ!ほら!県予選で!」
和「???」クビカシゲー
舞「かわいいな貴様!」
久「まったく!」
優希「ん?」
久「なんでもないわ」スッ
優希「ん?なんで近づいてくるんだじぇ?」

舞「ほら、そいつ」
和「エトペン?ですか?」
舞「うん。あの時は本当にすまなかった」ペッコリン
葉子「あ、わたしも」ペッコリン
和「…ああ、あの時の…」

優希「ん?部長はどうして後ろからわたしを抱きしめるんだじぇ?」
久「んー?いや、ほら。和の真似?」ナデナデ
優希「んん?」ナデラレナデラレ
ゆみ「露骨な後輩分補給だな…」
美穂子「もうなりふり構ってないですね」
久「んふふ」ナデナデ
優希「ん?」ナデラレナデラレ

マホ「えっとマホはお邪魔でしょうか…」
煌「いいえ?大丈夫でしょう。むしろあなたもいないと」
マホ「はぁ…」
ゆみ「夢乃だったか、こっちに来てくれないか?」
マホ「あ、はぁい」トテテ
煌「ふぅ…。一休みできると思ったのですがねえ」ヤレヤレ
美穂子「もうちょっと。頑張ってね」ニッコリ
煌「あらら…。さすが、福路さんにはばれてますねえ」
美穂子「うふふ」

和「そもそもなんでこんなところに…」
久「楽しくない?」ナデナデ
和「探すこっちの身にもなってください」
優希「マホの後は部長かと思ったじぇ…」ナデラレナデラレ
久「んふふ」ナデナデ
優希「部長がおかしくなったじぇ」ナデラレナデラレ

舞「だからさ!」
和「失礼。どなたでしたっけ?」
舞「おおい!」
和「冗談です」
舞「分かりづらいわ!」
和「それでなんです?」

舞「いや…。原村にチームに入って欲しいんだ」
煌「!」
優希「!」ナデラレナデラレ
久「…」ナデナデ

舞「一度うちの堂山との3人でエントリーしたんだが…」チラ
葉子「はねられちゃったんだよね…」チラ
美穂子「それは…。残念でしたね」
舞「原村はまだエントリーしてないだろ?」
和「…そう、ですね」
舞「頼む!一緒にエントリーしてくれないか?」

和「…」
優希「…のどちゃん」ナデラレナデラレ

和「…と、言えと部長に言われたんですか?」

舞「…え」
葉子「あちゃー…」
久「~♪」フヒュヒュー
和「口笛吹くならちゃんと吹いてください」
久「ばれちゃったかー」

和「なにかチラチラ部長の方を見ていたようですし」
久「あーあ」
舞「見ちゃってたか…」
和「ええ」
久「ざーんねん」
葉子「ほとんどこれだけのために来たようなものなのに…」
舞「それを言うな…」

ゆみ「まあこいつの気持ちも分かってやってくれ」
美穂子「心配だ心配だと転げまわってましたから」
久「転げまわってなんかいないわよ!」
和「部長…」

舞「まあ、なんだ。わたしらは原村の応援に来たって感じ?」
葉子「ああ、そうですね」
和「応援ですか?」
舞「直接言うのもアレだけどさ。うん。応援してるよ」
和「…」

久「半分くらいかしら?マホちゃんの修行の旅は?」
マホ「えっ?」
煌「大体半分くらいですかねえ」
優希「ん?」
久「そ。ねえ?和?」
和「はい」
久「わたしの言っていたこと。半分くらいは分かったかしら」
和「…おそらく」
久「そう」

和「…悔しいことですが」
久「…なんでよ」

和「お義姉さんにも言われてしまいましたし」
久「ちょっとイントネーションが気になるけど…」

和「わたしは…」

久「そう。あなたが決めるのよ」

久「和」


-------------------
辻垣内家

照「…」スマホスイスイッ
憩「照やんが覚醒しとる…」
智葉「まあ腐ってもチャンプってこったな」

照「失礼な。腐ってないよ」
智葉「鈍ってないか?」
照「ふん」
智葉「まあ、なんだかんだ影響力はあるからな」
憩「まあなあ」
智葉「原村にあんな熱弁をふるうとはな」
憩「熱いお姉ちゃんやん。ええなあ」

照「人の気も知らないで…」

照「とはいえ」
智葉「ん?」
照「きちんと決着つけたい気もするんだ」スマホスイスイッ


-------------------
松実館

怜「なんで2人ともそんなアホなん」
竜華「アホ言うなや!」
透華「失礼な!」
怜「ほんならはよせえよ」
竜華「や、そらそうよ」
怜「どないやねん…」

透華「言うタイミングがありませんのよ」
淡「玄先輩動きっぱなしだもんねー」ゴロゴロー
由暉子「しかし、このままだとエントリーそのものが…」
竜華「うー…」

由華「…うん。じゃあ!玄ちゃんを休ませよう!」
真佑子「休ませる?」

由華「うん。玄ちゃんのお仕事。全部私達がやっちゃえばいいんだよ」
数絵「確かに。それが良いのかもしれませんね」
春「お世話になりすぎている感もある」
もこ「松実館だけに」
怜「お、もここええなそれ」
もこ「やった」

藍子「園城寺さんもですからね?」
怜「え?いや、ほら。わたし病弱やし…」
淡「玄先輩のためだよ」
怜「…あー、それ言われると弱いわ」スック
藍子「園城寺さんが立ったのを久々に見た気がする」
怜「おー、視点が高いなあ」

由華「じゃあ、玄ちゃんを探そう!」


…………。
………………………。


由華「いない…」
数絵「あの人は高速移動でもしてるんですかね…」
怜「ローレシアの王子も激おこやでこんなん…」ハァハァ
淡「ろーれしあ?」
怜「や、ドラクエってゲームのな…2の…」
淡「ふんふむ」
藍子「絶対脱線するでしょその話」

数絵「足音はするんですけど…」
真佑子「行くともういないんだよね…」
竜華「…もう妖怪かなんかちゃうのんそれ」
春「ありえなくはない…」
怜「はるる乗らんでええよ」

由華「一体どうしたら…」

怜「…竜華」
竜華「ん?」
怜「もしくは…はるる」
春「はい」
怜「あと…。最近のあわあわ」
淡「ん?最近?」アワッ
怜「ん。まあ最近」
淡「なにが?」
怜「まあ、あと。ゆきのすけ」
由暉子「はい」

怜「脱ごか」

竜華春淡由暉子「「「「は?」」」」

怜「うん。それしかないんちゃうか」
真佑子「あー、そういう」
数絵「アリかもしれませんね」
竜華「いやいやいや。え?」
透華「また胸部の無駄な脂肪の話ですの…?」
怜「それ言うたらまた玄ちゃん怒るで」
透華「…彼女の前では表現に気をつけますわ」

藍子「浴衣で前をはだけるのはどうでしょうかね」
怜「それええな」
春「ちょ、待っ…」
由華「趣向を変えて…」
怜「ん?」
由華「縄跳びはどうでしょう」
怜「たっつんレベル高いこと言い出したな」
由華「わりと好きなんですけど」

もこ「それならストレッチとかヨガとかでも」
由華「いいね」
怜「なんやなんや。想像力のバケモンがわんさかおるな」
真佑子「美容にもいいしね」
怜「じゃあヨガかー?」
数絵「やり方がよく分かりませんね」
怜「そやんなあ」
藍子「調べますか」
由華「だったらストレッチでも…」

キャイキャイ

竜華「…逃げたほうええのんかな」
春「身の危険は無いでしょうけど」
由暉子「玄さんのためなら!」
竜華「やめてえ!」
淡「みんななんのはなししてるのー?」アワッ
竜華「…。淡は知らんでええんよ…」ジアイノメ
淡「んー?」

怜「や、おもちのな…?」

ヒュゴウッ!

怜「あえ?」

玄「おもちですか?」

怜「…口にだすだけでええんかwwwww」

玄「???」

竜華「玄ちゃん、あのな?」

玄「おもちですね?」

竜華「一旦おもちから離れて?」
怜「wwwwww」

玄「???」


-------------------
愛宕家

恭子「あー、ついにエントリーされたか」
一「咲ちゃんの言った通りだね」
咲「部長に教えてもらってたんです」
恭子「じゃあ、本人も知らなかったん?」
咲「じゃなきゃ、誘わないでしょう?」
恭子「そらそやなwwww」

一「教えなかったんだ?」
咲「え?」
一「そのこと」
咲「んー。組まない理由にはなりますけど…」
咲「ちょっとした意地悪ですかね」ニッコリ
一「おお…。もう…」

咲「でもそういうのなしに、和ちゃんとは戦ってみたかったんですよね」ゴッ
恭子「あ、風呂あがりにそれやめてえよ…」
咲「あ、すみません」

恭子「しかし、まあ…。こういうチームかあ」
一「これ、ここに咲ちゃんがいて清澄鬼畜1年トリオだったらどうなってたんだろね」
恭子「勘弁してえや」
一「あはは。だよね」

咲「でも…」

恭子「ん?」

咲「わたしがいるより…。強いかもですよ?」

咲「うふふ」ゴッ


========================エントリーNo.031

原村和(清澄高校1年/特別招待選手/チームリーダー)
片岡優希(清澄高校1年)
花田煌(新道寺女子高校2年)

チームコンセプト:
高遠原の地に、勝利を。

=======================================

カン!

その31へ続く!

【咲-Saki-3on3SS】Index


2014年5月31日の更新記事
咲-Saki-キャラの入場テーマを考えてみる 全国出場その他の子たち編