絹恵「姫ちゃん、なんかけったいなことしてるやろ?」姫子「んー?ちょお、お試し中たいね」の続きです。

-------------------
ファミレス

恒子「…」

咏「…」ピッタリヨリソウ
健夜「…」ヨリソワレー

恒子「あー、三尋木プロはー…」
咏「ん?なになに?」
恒子「や、なんでそんなにすこやんにくっついてるのかなあって」
咏「…くっついてないよ」
恒子「むしろゼロ距離なんですが」
咏「んー。尺度の違いかねぃ」
恒子「違うと思います…」

健夜「咏ちゃん…」
咏「んー?」
健夜「ものすごく飲みづらいんだけど…」
咏「気のせいじゃね?」
健夜「うん。気のせいではないかなあ」
咏「そっかねー」
健夜「はいはい、離れて離れて」
咏「ちぇー」

恒子「ほら!くっついてる自覚あったんだ!」
咏「ないよ」
恒子「これだもんなー」
咏「すこやんが離れてーって言うからさー」
恒子「じゃあ、すこやんが悪いね」
健夜「何その流れ!」

咏恒子「「wwwwwww」」

健夜「はいはい、お仕事お仕事」
恒子「というかー」
健夜「ん?」
恒子「いいんすか?三尋木プロ」
咏「なにが?」
恒子「や、手伝ってもらっちゃって」
咏「いいよいいよー」
恒子「助かるんですけど…なんというかお礼の方が…」
咏「だいじょーぶ。あくまで非公式。ギャランティなんていらんいらん」
恒子「はぁ…」
咏「なんつーか、他人事じゃないからねぃ」
健夜「…」
恒子「ん?」
咏「やや、こっちの話ー」フリフリ

恒子「あ、じゃあお礼にドリンクバー取ってきますよ」
咏「うっひゃー。それで済ますかー」
恒子「うひひ。すこやんもおかわり取ってくるよ」セキタチー
健夜「普通に!普通にでいいからね!」
恒子「…」スタスタ
健夜「無言で!?」

咏「…」
健夜「…。咏ちゃんこっちの身にもなってよ」ボソ
咏「そんなの知りませんわ」ボソ
健夜「これだもんなあ」
咏「敵に回らないだけ感謝して欲しいものですわね」
健夜「…。そりゃそうなんだよねえ」
咏「うふふ」
健夜「なに?」
咏「福与さん可愛らしいですわね。嫉妬なさって」
健夜「わざとやるのやめてね…」
咏「知りませんわ」ツーン
健夜「これだもんなあ」
咏「うふふ」

健夜「あ、そういえばさ」
咏「はい?」
健夜「あれなに?行方不明がどうとか」
咏「ああ、あれはなんというか…」
健夜「結構話題になってるみたいだけど」
咏「ふふ。思う壺ですわね」
健夜「やっぱり、咏ちゃん絡んでるんだ」
咏「まあ、励ましみたいなものですわ」
健夜「励まし?」

咏「ええ」

咏「動かない子はおしりをたたいてあげないと、ね」


-------------------
霧島神境の海

豊音「シロー。ねえシロったらー」
白望「ダル…。もうしばらく動かない」
豊音「およごーおよごー」
白望「無理。もう、ほんと。無理だから」
豊音「ぶー。獅子原さあん!獅子原さあん!」
爽「だーかーらー。名前で呼べってのにー」
豊音「ええー」
爽「まあ、徐々にね」
豊音「は、はあい」

爽「ほれ、シロロ。行くぞう」
白望「シロロ…」
爽「園城寺が言ってた」
白望「あいつめ…」
爽「というか、お邪魔しないほうがいいかなあと思ってさあ?」
白望「ん?」
爽「ほら、あれあれ」ユビサシー

巴「…」
小蒔「…」
良子「…」

白望「ああ…」
豊音「ちょーシリアスだよー」
白望「意外」
爽「ん?」
白望「首突っ込むかと思ったよ」
爽「まあ、なんだ。任せたほうがいいのかなと」
白望「んー」
爽「なんというか…。こうなること、分かってたっぽいじゃん?」
白望「ま、ね」
豊音「でもでもー」
爽「ん?」
豊音「松実さんが…」

宥「あったか~い」ホクホク
巴「…」
小蒔「…」
良子「…」

豊音「真横に…」
爽「もう、あれはああいうものだと考えるしかないと思う」
白望「わたしもそうしてもらえると」
爽「シロロはダメだ」
白望「なんで…」
爽「なんでも」
白望「理不尽な…」

豊音「でもー。竹井さんについては予想外だったみたいだよねー」

爽「…竹井な。頑としてついて来なかったな」
豊音「何を協力してほしかったんだろーね」
爽「わかんにゃい」
白望「まあ、いいんじゃない?」
爽「ん?」
白望「竹井さんは…。なんというか…敵っぽい」
豊音「あー。ちょーわかるよー」
爽「敵にしても味方にしても厄介なタイプだもんなー」
白望「…それは爽もでしょ」
爽「えー」
豊音「あはは」

爽「そいや、ここってさあ?」
白望「どこ?とかは聞かないでよ。わかんないから」
爽「いやいや、電波届くかなあって」
白望「あー、どうだっけ?」
豊音「届くよー」
爽「そっか。電波来ないからって訳じゃないか…」
豊音「んー?あ、もしかして真屋さん?」
爽「んー。まだエントリーされないからさあ」
白望「…玄もね」ボソ

爽「ちょーっと気になることがあってさー」
白望「なに?」
爽「いや、ユキが移動する前にね。コンセプトの話がちらっと出てさ」
白望「ん」
爽「物静かな、とか言ってたんだよ」
豊音「あれ?でもそれってー」
爽「そうなんだよー。寡黙チームとか、できてたじゃん」
豊音「被っちゃった!?」
爽「それで困ってるとかあるかなあとかさー」
豊音「え、その場合ってどうなるのかな」
爽「エントリー、できない…?」
豊音「えー!ちょー大変だよー」

爽「そこらへんが、ちょおっとね。気になっててね」
白望「泳ぐこともままならないと」
爽「いや、それとこれとは話が別だ。行くぞシロロ」
白望「しまった…思い出させてしまった」
爽「そもそも忘れてないからな!」

…prrrrrr

豊音「あっ…鳴ってる」
爽「むっ!取ってくる!」ピュー
爽「取ってきた!」
白望「はや…」
豊音「ちょーはやいよー」ケラケラ

爽「これは一体…」
豊音「んー?」ノゾキー
白望「ん」ノゾキー

豊音「あははー、ちょーかわいいよー」
白望「エントリーできたなら、良かった」
爽「ん。まあ。そうなんだけど…」

爽「もっと…。もっと欲していたというのか…!」


========================エントリーNo.030

真屋由暉子(有珠山高校1年/チームリーダー)
滝見春(永水女子高校1年)
対木もこ(覚王山高校1年)

チームコンセプト:
あ、甘えん坊チーム…です…。
ナデナデしてもらえると喜びます。
ぎゅっとしてもらえるとなお良いです。

=======================================

カン!

その29へ続く!

【咲-Saki- 3on3SS】Index


2014年4月19日の更新記事
ころたんがちゃっちいことってとても意味がある気がす…。