嶺上開花マスターのくろもちです。

第135局の感想記事を書いておりましたら
この部分が長くなってしまったので
個別記事にしてみました。

感想記事自体は後ほど、2014年内にアップする予定です。


板のようなモノ



咲日和2巻収録おまけの巻。
その中の 板の巻。

実はちょっと珍しいクロチャーがボケるお話ですが
千里山が作戦を立てる時に使っていた板のようなモノ…。

アコチャーが使ってるぅ!ババーン!

そして咲日和は公式設定…!

ということで、今回はこの板のようなモノの導入時期を考えてみました。


それぞれの時期




仮にアコチャーが板のようなモノを県大会時に持っていれば
別に持っていることを隠すことも無いでしょうし
クロチャーやアラタチャーに触らせない、とかいうことも
アコチャーはそんな子ではないのであり得ません。

ということは、県大会時には持っていなかった、ということになります。

また、ハルちゃんがシズチャーに西東京大会のアワアワVSタジタジこと多治比真佑子
の映像を見せた時にはスマホを使っていましたので
ハルちゃんの私物、ということでも無さそうですよね。

あれ…。
そういえば、あのアドバイスをした時期って確定してましたっけ?
なんかわたしは勝手に東京に来てから、とか思ってたんですけど
あれは東京来る前ですかね?

…。

オネエチャーに弘世様対策を授けてたのは奈良にいた頃でしょうから
同じくらいの時期、と考えても良さそうですかね?

気になることが1つ増えちゃいました。

どちらにせよ阿知賀女子学院の面々が板のようなモノの存在を知ったのは
千里山と出会ったから、と考えてよいでしょう。
となると、全国大会へ出発してサービスエリアで怜と出会ってそれから、ですよね。

ということで、 板の巻 は東京に来てからの出来事である。

これは確定で良いでしょう。

そして、2回戦、準決勝と
阿知賀女子学院に板のようなモノは登場しませんでした。

そういえば、白糸台は準決勝次鋒戦中に全員が板のようなモノを使っていましたね。

ふんふむ。

そして妄想




今回の135局を見ると、クロチャーのドラ復活の儀式が行われていますよね。
さらには、ハルちゃんは前日の準決勝後にシノハユ0話の会合に赴いています。
オネエチャーは日なたぼっこをしていました。
のどちゃんのとある打ち方がアコチャーの理想型に近い、みたいなお話をしていました。

ここの 東京の日差しVSオネエチャー も考えてみたいところではありますが
今回はおいておくものとします。

となると、なのですが

前日シノハユ0話の会合においてなにか良いことがあって機嫌が良さそうなハルちゃんに
未到達地点である決勝進出をしたことも含めて
板のようなモノをおねだりして部活の備品として買ってもらった説!ババーン!

もちろん皆いい子ですからまずはクロチャーのドラ復活の儀式を皆で行って
休憩とか昼食を兼ねて皆でお買い物に行っておねだりしたのではないでしょうか。

しょうがないな~、なんて言ってハルちゃんが買ってくれて
そういうのに一番強そうなアコチャーが
ホテルの無線LAN設定とかやって
そして見るのはやっぱり、前日再会した幼なじみの牌譜で…。

みたいなそんな物語が妄想できますね!

やっぱりわたしは阿知賀女子学院が好きみたいです。

ということで今回は以上!

カン!

咲-Saki-キャラ個別/学校別記事Index
咲日和関連Index