はじめに



嶺上開花マスターのくろもちです。

先日の更新でなかなかに好評を得たこの妄想ですが
小林先生のサイト更新にて
これは年齢的に難しい、ということが分かりました。

野依プロの学年は慕ちゃんの1つ下です。
善野さんは慕ちゃんと同学年で郁乃ちゃんはその1つ下です。
(dreamscape 2014/11/23)

年齢的な問題点


シノチャーとはやちゃんは同学年設定なはずです。

現在時間軸で考えると
はやちゃんの誕生日は 7/13 設定なので
誕生日がきていれば(28)
きていなければ(27)
となるわけですね。

瑞原はやり(28)

シノチャーの誕生日は早生まれの 1/31  設定
善野さんの誕生日は 6/1 設定ですから


白築慕(27)

善野一美(28)

ということになりますよね。

ふんふむ。


あの回想シーンの時期詳細は不明ですが
検討をつけるとすれば
咲さんの髪型が(5)の時の髪型っぽい
くらいしか妄想の材料はないのですよね。

15歳の咲さんが、5歳とすると10年前。

流石に咲さんと同じくらいの子供がいるとすると
12歳くらいで出産しなければならないことになっちゃうので
これはあまりにもアレだろう、という結論に至りそうです。

妄想の切り札


が。

血縁関係については切り札がありますね。

iPSベイビー説!ババーン!

宮永咲の母=宮永照
にすらできてしまう妄想最終兵器です。

ただ、あの子が善野さんの血縁であれば
前回の妄想は成立するところではありますので
姉妹、という落とし所はアリかもしれません。

年齢差で考えれば
望さんとアコチャーの新子姉妹と同じくらいですからね。


さてさて、ここで話が終わってしまってはアレなので
もうちょっとすすめてみようと思います。

善野一美と赤阪郁乃


小林先生のサイトでは
こんな更新もされておりました。

赤坂さんと善野さんのネックレスは別のものです。
でも高校時代に同じとこで同じタイミングで買ったものなので
シノハユで描ければと思ってるんですがいつになるやらです。
(dreamscape 2014/11/19)

なかなかに波紋を呼んだと思われる設定ですね。
わたしの狭い観測範囲でも
この内容に関して様々な妄想が繰り広げられておりました。

わたしがこの内容から考えたことは
やはり善野さんといくのんには深い繋がりがあるのかもなあ
ということでした。

先日更新したこちらの記事では
アレクVS赤阪 の図式に
善野監督を絡めてみました。

アレク監督と善野さんが姉妹設定であることで
あのシーンの舞台が海外に持っていけるという利点はあるも
そこに宮永姉妹がいる必然性が無く
あまりしっくり来てはいないのですね。

そこで新しい妄想を。

10年前


仮に、なのですが
あの回想シーンが10年前くらい、だと考えると
あの夏のインハイと時期がちょうど重なるのですね。

もしかしたらあのシーンの時期はインハイの頃で
妹もしくは娘、もしかしたら自分自身の療養のために
善野監督はあの夏のインハイに出場できなかった
ということもあり得るかなと妄想してみました。

善野監督といくのんが
同じ高校、例えば古豪姫松高校の先輩後輩の間柄であれば
もしかしたら一緒に出場したかったあの夏のインハイに
いくのんだけが出場していた、ということも…。

となれば、いくのん視点でのインハイにかける思い
という部分がかなり大きくピックアップできる物語が成立するのでは…。

となると姫松高校はラスボス的な立ち位置にふさわしい高校となり
大将に位置する恭子りんが覚醒してラスボスになる可能性が高くなるので
つまりは準決勝を勝ち抜けるのは姫松高校になるのです!ババーン!

勢いで押し切ろうと思ったのですがどうでしょう!

とはいえ、ここに来て注目をあつめる善野元監督。

もしかしたら
宮永姉妹の謎、今年のインハイ、あの夏のインハイ
病院、のどちゃんに麻雀を教えたあの人
まふふと戒能プロ、霧島神鏡…。

本編、シノハユで展開されるこれら全てのストーリーは
善野さんの元で集約することになるのやもしれません。

妄想が北の大地
有珠山や宮守に伸びていないのが残念な部分です。
この辺りが結びつけばさらに面白い妄想になるかなあ、なんて。

などと妄想を繰り広げたところで
今回は以上!

カン!

咲-Saki-キャラ個別/学校別記事Index