-------------------
エイチーム事務所

玄「皆さんこんばんは!特攻野郎エイチームだよ!」
エイスリン「オバンデス」
怜「おばんですは仙台人にしか通用しないやないかーい」
巴「今日は実況プレイに挑戦!」
一「今回のゲームはこちら!」





恭子「…前と同じ入りやん」ジト

巴「はじまりと終わりは、テンプレにするのが良いんだって」
恭子「手抜きと思われるやんか」
怜「それがゆーちゅーばーやから」
恭子「誰がゆーちゅーばーやねん」

巴怜玄一エイスリン「「「「「はい」」」」」ノノノノノ

恭子「しれっと嘘をつくな!」


ドアガチャー

灼「いえい」
智紀「こんにちは」

怜「嘘やん、あらたそまだ早いわ」
灼「あ、あれ?そうでした?」
玄「もー、灼ちゃんはー」
智紀「いや、でもさっきの話では…」

恭子「ちょ、グダグダすぎるやろ…」

一「誰かメモってないの?」
巴「話が盛り上がっちゃったから…」

恭子「台本も用意して無いんかい!」

エイスリン「ダイホントガギャグニキバリスギトガオモッタノッシャ」
恭子「もう何言うてるか分からん!」
エイスリン「wwwwww」

巴「今日は実況プレイに挑戦!」
恭子「なにを勝手にやり直してんねん!」
一「今回のゲームはこちら!」
恭子「はじめはツッコミ役に回ってくれへんかな!?」
一「ふふふ」
恭子「まあ、楽しそうやからええねんけども…」

恭子「とりあえず、台本作ろうや」
怜「いや、そない本気になられると引くわ」
恭子「えっ!?そこで引いちゃうんかいな!?」
怜「wwwwww」
巴「恭子りんはブレないねえ」
恭子「アホか!お前らがブレすぎてんねん」

灼「今回はメガテンです」
恭子「嘘やろ。あらたそマイペース過ぎるわ」
灼「メガテン」
恭子「メガテン?女神転生?わたしわりかしあのシリーズ好きやで」

恭子「1からやっとるもん」ペラペラ
恭子「真の、やないで、無論ペルソナのでもないで」ペラペラ
恭子「ファミコンのや。いわゆる旧約やんな」ペラペラ
恭子「まあペルソナシリーズもやっとるけど、あれはもはや別モンやんか」ペラペラ

恭子「派生作品も一応全部やっとるけど、まあ、なあ」ペラペラ
恭子「デビルサマナーはまだしもソウルハッカーズはなあ」ペラペラ
恭子「ゲームとしてはめっちゃおもろいねんけど、あれも別モンやんなあ」ペラペラ
恭子「魔神転生は輪舞曲で息の音止まってもうたしなあ」ペラペラ
恭子「ゲーム性でいえば、デビルサバイバーに繋がったと考えればええんかな」ペラペラ

恭子「悪魔合体しとけばメガテンやろみたいな感じやけども」ペラペラ
恭子「ロウカオスがあればー、みたいな意見もあるけど」ペラペラ
恭子「やっぱりメガテンいうんは西谷史の原作が…」ペラペラ

灼「女神聴牌、というゲームです」
恭子「なんでやねん!」

エイスリン「チョウゼツノリツッコミwwwww」
玄「語ってたねえ」
恭子「うわー、めっちゃ恥ずかしいやんもー」

智紀「略してメガテン」
恭子「まあそらそうやけども」
灼「麻雀部だし」
恭子「うん…。まあ、ええねんけど…」
灼「あーるぴーじーです」
恭子「そのざっくりした説明やめてもらへんかな」

智紀「どんなゲームかと言いますと…」
恭子「うん、それ大事やんな」
智紀「主人公である末原恭子がですね」
恭子「その勝手にわたし使うんもやめてくれへん?」
灼「ほら、だって女神だから…」
恭子「…おふ…。ま、まあ、それならしゃあないかあ」

皆(ちょろかわいい)

恭子「まあ、ほんでわたしがどうするんよこのゲームは」

灼「雀卓から悪魔がですね…」
恭子「持ち運べへんやないか!」
智紀「ハンドヘルド雀卓」
恭子「…ハンドヘルドにする意味が無いわ!」
智紀「でもお好きでしょうに」
恭子「何がやねん」
智紀「メガテン好きならハンドヘルドという響きに心打たれない訳がない」
恭子「ま、まあ、ちょーっとかっこええなあ思うけども」
灼「ほれみたことか」
恭子「意味わかれへん!」

灼「まあ悪魔と言っても麻雀部員なので」
恭子「だから実在の人物を使わんとこうや」
智紀「悪魔を合体させつつ、魔王を倒すという」
恭子「…魔王?」
智紀「別に誰とは言ってない」
恭子「いやまあ、そうなんやけど、ほら、どうしたって浮かんじゃうやんか?」
一「あ、恭子ひどい」
恭子「お前が言うなや!」
一「別にボクは咲ちゃんのことなんて」

ゴッ!

一「…この話はやめようね」
恭子「そうやね」

灼「悪魔合体の仕組みはですね」
恭子「だから、あらたそマイペース過ぎるやろ」
智紀「その前に仲魔の作り方を」
恭子「あ、それ大事やな」
灼「えーと、まず麻雀でですね」
恭子「また麻雀かいな!」
灼「だって麻雀部だし」
恭子「お、おう…それはそうやな」

灼「で、会話をする訳ですが」
恭子「麻雀中に!?三味線になるやん」
智紀「相手の心を折って仲魔に…」
恭子「なんでやねん!」
灼「天江衣さんにアドバイザーになってもらいました」
恭子「それほんまアカンやつやで」

灼「それで死んだ目の仲魔を合体させる訳ですが」
恭子「極悪非道すぎるやろ…」
恭子「でも、あれか。能力的なものが合体するん?」
恭子「玄と咲で、カンドラ絨毯爆撃ーとか?」
灼「えっと…。玄と咲ちゃんだと…」
智紀「おもちが好きなよく迷子になる仲魔ができますね」
恭子「合体ってそっちをかいな!?」

灼「でもお好きでしょうに」
恭子「…何がやねんな」
灼「メガテン好きなら悪魔合体に興味を引かれないわけがない」
恭子「いや、うん。まあ、ちょこーっと楽しそうやと思たけども」
智紀「ほれみたことか」
恭子「うっさいわ!」

恭子「まあ、ええわ。とりあえずやらせて?」
灼「え?」
恭子「いやいや、え?やあらへんがな。ゲーム。やらせて?」
智紀「…」
恭子「またあれやろ?β版云々やろうけど気にせんよ」
灼「…」
恭子「…。まさか作ってへんのかいな」

灼「これぞまさにダマテン」
智紀「座布団」
恭子「ぜんっぜん上手くないわ!もうええわ!」

カン!

その他SSIndex