第13回もちもち一度永水女子でお祓いしてもらった方がよいのは誰だ選手権!の結果発表SSです。


-------------------
某所

エイスリン「テンコ!」

怜玄一巴恭子「「いち!」」

エイスリン「ヨシ!ゼンインイル!」

恭子「ってドリフかいな!」
怜「いやいや、全員いち!はドリフちゃうやろ」
巴「点呼はドリフって、かすみんが言ってた」
怜「出たー、かすみんwwww」
一「…前は鹿児島と長野の距離だったらか気配だけだったけど」
恭子「気配だけってのもおかしな話やねんけどな」
一「ん。まあそうなんだけどwwww」
一「同じ会場にいたらさ…」

霞「あらあらうふふ」ゴゴゴゴ

エイスリン「ワオ…」

ギャーギャー

セーラ「なにをやっとるんやあいつらは…」
初美「霞ちゃんまで騒いでますよー」
洋榎「なんやああいうんは注意せんの?」
胡桃「ん?だってエイちゃんがいるしなあ」
洋榎「なんそれ、差別やん」
胡桃「違うよ、差別じゃなくて…」
洋榎「区別とかありがちなこと言うたらしばくでほんま」
胡桃「贔屓だよ」
爽「認めちゃった!」
洋榎「誰やねん。いや知っとるけども」
爽「wwwwwww」

咏「はいはーい。お前ら落ち着け落ち着けー」パンパン
咏「あんまはしゃぐと尺が足りないから落ち着けー」

ハーイ シャクタランデー

咏「前同じようなこと言ってなかった?知らんけど」
セーラ「バレとるwwww」
恒子「あっれえ!?いつの間にやら自然と司会進行におさまってる気が」
健夜「咏ちゃんの言うことはなんか聞くみたいだね」
恒子「ぐ、ぐぬぬぬ…」

えり「では、まずは今回のエントリーメンバーの紹介です」

恒子「普通にはじまった!?」


================エントリーナンバー1

まずは魔境長野が誇るラスボスが登場!
その強さとは裏腹に
何故か二次創作では災難につぐ災難に見舞われる…。

負の連鎖を永水女子のお祓いで
断ち切ることはできるのか!


天江衣!ワハコロー!


================エントリーナンバー2

風越女子の1年生エース!
咲日和では優遇されているけれど
それだけじゃあ許されない!

清澄1年生トリオと3年間地区大会で戦う…!

もうそれだけでかわいそう…。

地区大会大量失点の悪夢を振り払うことはできるのか!


文堂星夏!アソート!


================エントリーナンバー3

麻雀対局中のみならず
日常生活にも影響を及ぼすそのステルスは
わりと本気で悪霊的な何かの可能性が…。

未だ根強い人気で
清澄1年トリオにも対応できそうな
見た目もすばらな喋り方のみ体育会系女子!

恋愛成就をお願いしたいのに
オカルト総本山永水で
オカルト大戦争に発展しそうな
そんなハチャメチャ大行進はちょっと見たい!


東横桃子!ッスー!


================エントリーナンバー4

オーラス山越しチートイ直撃逆転劇は
今年のインハイにおいて
かなり上位にランクインする衝撃的なドラマ!

あんなことされたらいい大人でもへこんじゃう!

全国を見渡しても数少ない1年生大将の彼女は
そのトラウマを克服して
山の神に一矢報いることはできるのか!


安福莉子!イーピン!


================エントリーナンバー5

考慮しとらん役満は考慮しとらん!

雑誌で人気の彼女は
役満をくらってもまだ人気なのか!?

強さと人気は一致しないとのことですが
まさかの個人戦で再登場はあるのか?


佐々野いちご!ジャー!


================エントリーナンバー6

地区予選の顔芸は
彼女の人気をさらにあげたように思います。

彼女はまだ2年生!
個人戦さらには来年にもリベンジチャンスあり!

ちゃちゃのんの後継者はこの子なのか!?


多治比真佑子!ガビーン!


================エントリーナンバー7

友に進学先を知らされず…
別れ別れになった後
地区大会で敗北し
相手は全国快進撃…。

しかし大暴れせずに応援するその健気な姿は
大変応援してあげたくなるものでした。

個人戦代表に付き添いで
再登場可能性は大!


岡橋初瀬!ベンチ!


================エントリーナンバー8

アニメ、阿知賀編、本編と
ちょいちょい見た目がマイナーチェンジされる
インターハイ王者高校副将!

そのガチな能力を引っさげて
準決勝副将戦ではきりきり舞い!

いろんな事を言われたけれど
決勝大活躍フラグはまた健在!


亦野誠子!フィッシャー!


================エントリーナンバー9

とりあえずお祓いが終わった後に
おもちをもちもちできそうだと聞いてエントリー!

えーっと、あ!
2回戦、準決勝と続けて
ひどい目にあってるし…。

とりあえずお祓いをし終わった後が本番!


松実玄!オモチー!


================エントリーナンバー10

何も言うまい…。
何を望むかも聞くまい…。

グランドマスター堂々のエントリー!


小鍛治健夜!アラサーダヨ!


====================================


えり「以上がエントリーメンバーとなります」
咏「今回は結果読めなかったんじゃね?」
咏「ふん。じゃあ…まずはお茶を飲む子の発表かねぃ」
えり「つまり、0票。0票茶屋に行く子ですね」」
梢「劔谷高校が主になってお茶を振舞っています」
美幸「なにを急に丁寧な説明を挟んでるのよもー!」


咏「亦野誠子ちゃん」ババーン!
咏「文堂星夏ちゃん」ババーン!


誠子「やってる?」
梢「いらっしゃいませ」
誠子「いやいや、暑いねえ」
梢「そうですね」
誠子「えーっと冷たい麦茶」
梢「少々お待ちを」
誠子「ふいーっ…」

竜華「常連wwwwww」
淡「ま、亦野先輩…」
菫「フッ…。吹っ切れたか亦野のやつ…」
尭深「意味もなくカッコつけるのやめませんか?」

星夏「…すみません…」
美穂子「そんなに落ち込まないで文堂さん」オロオロ
華菜「そうだし!文堂!相手も相手なわけだし」
星夏「ははっ、ですよねー、じゃあ、ちょっと行ってきます!」
華菜「いや、いざ開き直られるとそれはそれで腹立つし…」
星夏「…すみません」

ポンポン

星夏「…え?」
純代「…」bドンマイ
星夏「…はい!」

華菜「ん?あれ、わたしもはげましてたんだけどな…」


咏「運営コメント!」


亦野さんは本編にも出てますし
今後大活躍の可能性もまだありますが
文堂さんは…。

しかし残念ながら妥当といえば、妥当でしょうか。


えり「さて、続きましてですが…」
咏「いつものバイオレンス感ある発表をしちゃおうかねぃ」
えり「…今回は、かぶりなしですから」
咏「あ、ほんとだ、1票以外タイがいないんだね」
咏「じゃあまずは1票メンバーを一気に発表しちゃおうぜー」


咏「1票が11位タイで過去最多更新の11人!」
えり「それぞれのコメント紹介です」



・宮永咲
>名無し さん
>家族円満をお願いした方がいいと思・・・


・宮永照
>照ー!セイコーマートのプリン美味しいよ!!! さん
>永水でお祓いして相談したら仲直りできそうな気がしますよ!


照「!」ガタッ
咲「わわ、お姉ちゃん?どうしたの?」
照「ちょっと行ってくる」
咲「え?どこに?」
照「セイコーマート」
咲「えー!」
恭子「何を急に言うてんねん。天然だけにってかやかましわ」ペシッ
照「?」ハタカレタ
咲「もー、やめてくださいったら」ナデナデ
照「??」ナデラレナデラレ


・善野一美
>TDWLTH1886 さん
>少しでも回復に向かうように


照「!」ガタッ
咲「!」ガタッ
恭子「!」ガタッ

怜「なんでテルテルと嶺上ちゃんもガタガタしてるのん?」
洋榎「ん?んー、まあ、あれや、このブログを隅々まで読むと…」
由子「わかるのよ~」
美幸「露骨な宣伝はやめるのよもー!」

爽(やばいです、劔谷の子が突っ込みで急成長を…!)
煌(や、そんなことわたしに言われましても…)
爽(wwwwwww)


・福路美穂子
>はっちゃんprpr さん
>上埜さん上埜さん上埜さん上埜さん上埜さん
>お祓いください。お願いします…


久「この辺りもさっき言ってたようにこのブログで連載中の…」
美幸「もー!」
久「ごめんごめんwwww」

爽(ぐぬぬ…!)
煌(ええっと…)

久「美穂子ー」
美穂子「は、はいなんでしょう…ん」
久「んー?聞こえないなあー?」
美穂子「えっと、さ…」
久「ほーら、ちゃんと呼ばないとお祓いしちゃうぞー」ガオー
美穂子「きゃー♪」
ゆみ「…お前らなあ…」



・蒲原 智美
>名無し さん
>交通安全、合格祈願


智美「おおっとテント組からわたしもかー」
穏乃「お気をつけてー」
優希「わたしもまだテント組なのか…」
ゆみ「お前は本当に気をつけろよ…」
智美「ワハハー」
ゆみ「笑い事じゃないぞほんと…」


・三尋木咏
>wknn さん
>咏ちゃんは若くて可愛いいため、
>アラフォーから妬みや嫉みなどの負の感情を向けられてそうだからです。
>あと、咏ちゃんの巫女服姿を見たいからです。


恒子「はい出た!はい交代!」
咏「なーんか毎回交代してるねぃ。瑞原さんと」
恒子「こっちこっち!へいパスへいパス!」
えり「…」ジトー
恒子「ヘイヘイ!びびってる!わたしびびってる!」
健夜「自分で言っちゃうんだ…」




・エトペン
>YY さん
>腕がもげたり天井直撃の特大シュートをくらったりでかわいそうなんで


・夢乃マホ
>名無し さん
>打っても打っても初心者とかやっぱりなんかに呪われたんじゃないかと


・小走やえ
>にわか飴 さん
>考えたら小走先輩地味に運が悪いですね。


・春日井真深
>H.B.K さん
>シノハユの時点で大病を患っており咲-saki-本編の時点でどんな状態なのかは不明ですが…
>彼女は払って貰った方が良いと思いますので…


・染谷まこ
>雨 さん
>お祓いか・・・・・・誰だろう?
>何故かよく叩かれる染谷さんかな?
>彼女は彼女なりの麻雀を打ってるだけなのに相手に恵まれないタイプだよな。




えり「宮永咲ちゃん!」ババーン!
えり「善野一美ちゃん!」ババーン!
えり「福路美穂子ちゃん!」ババーン!
えり「三尋木咏ちゃん!」ババーン!
えり「宮永照ちゃん!」ババーン!
えり「蒲原 智美ちゃん!」ババーン!
えり「小走やえちゃん!」ババーン!
えり「エトペンちゃん!」ババーン!
えり「夢乃マホちゃん!」ババーン!
えり「春日井真深ちゃん!」ババーン!
えり「染谷まこちゃん!」ババーン!


咏「運営コメントー」


さて、エントリーにころもおねーさんを入れたことで
作中表現と二次創作イメージの2方向からのアプローチとなった今回は
1票メンバーもなるほどなあ、という感じになりましたね。

wknn さんの巫女服を見てみたい
という方向は考えてませんでした。
アリですね!


はやり「はい、じゃあまた交代したゾ☆」
えり「お願いします」
はやり「続いては4位まで一気に発表しちゃうよ☆」
えり「まずはお便りです」



>名無し さん
>なーんとなく、ほんとになんとなーく悪霊にとりつかれてるイメージ


はやり「第10位!姉帯豊音ちゃん!」ババーン!


豊音「ぽ?」
塞「やめなさい」


>ラグロス さん
>おもち大好きクロチャーも面白いですが、やはり宥姉と仲良くしてるところが好きなので、
>少し煩悩をお祓いしてもらいましょう^^;


玄「むむむ」キュピーン
怜「むむむ」キュピーン
霞「えっと、そういう目で見ないでもらえると…」
巴「かすみんが押されている!押されているよ!」
一「煩悩…」

穏乃「フッフッフ…」コクコク
泉「笑いながらめっちゃ頷いとる…」


はやり「第9位!松実玄ちゃん!」」ババーン!



>名無し さん
>初瀬に対する憧を見てると、和が転校する時もあんな感じだったのかなとちょっと。


はやり「第8位!岡橋初瀬ちゃん!」」ババーン!



>名無し さん
>多治比さんは見えてはいけないものまで見えてそう


はやり「第7位!多治比真佑子ちゃん!」」ババーン!


真佑子「わりと高い!」ガビーン!

オーパチパチパチパチ

真佑子「大絶賛!?」



>タカミ麻ロン さん
>何となく悪霊に好かれそうな気がする。


はやり「第6位!安福莉子ちゃん!」ババーン!


莉子「悪霊というか山の神というか…」アハハ
誠子「ん?穏乃?」ズズズ
莉子「はい。2回戦の」
誠子「はいはい。あん時の、ああ、君がかあ」
莉子「そうです」
誠子「そっかあ、なるほどなあ。あ、おかわり」
莉子「少々お待ちを」
竜華「なんかもう常連客の会話やんかwwww」
淡「亦野先輩が…輝いて、るの、かな?」



>※3 さん
>モモ


はやり「第6位!東横桃子ちゃん!」」ババーン!


智美「ワハハ。コメントもステルスしちゃったかー」
桃子「微妙に上手いこと言ったっすね…」

セーラ「む?なんやワハハも上手いこと言うキャラなんか?」
洋榎「無理やりライバル視せんでも…」

爽(ぐ、ぐぬぬぬう…)
煌(えーっと、園城寺さあん、玄さあん)
怜(ちょっと今忙しいから後で)
玄(石戸さんをこう上から下から)
煌(えー…)


>名無しのおもちなし さん
>特殊な打ち手でもない愛宕姉やんに役満を振り込んでしまった、ちゃちゃのんに1票。


はやり「第5位!佐々野いちごちゃん!」」ババーン!


いちご「んー、こんなところかのう…。ん?」

マテマテー

洋榎「あはは。ちゃちゃのん待て待てー」
豊音「待て待てー」アクリョウシヨウ
いちご「うわあああああ!」
洋榎「うん。帽子目深に被らせてマスクすると…」
豊音「ちょーあついよー」
宥「む?あつい?」キュピーン
灼「しまった!とっちらかってきた!」


えり「運営コメントです」


ということで10位~4位まで。
今回は1キャラ1コメント抜粋、という形をとってみました。

上位になったキャラへのご褒美、というわけではありませんが
上位キャラへのコメント紹介を増やして区別化を狙ってみましたのだ!


えり「では続きましてTOP3の発表ですが…」
はやり「1人はエントリー外からの入賞だぞ☆」
えり「お便りをどうぞ」



>漫ちゃん大好き さん
>カタカタとか常に相手が化物で普通の麻雀させたもらえない恭子りんに一票


>名無し さん
>色々悩みましたが,二回戦では各校に苛められ,二次小説では魔王に憑かれる。
>この運のなさは,お祓いをしてもらわなければ


>おもち愛好家 さん
>おもちハンターの玄ちゃんも捨てがたいが、ここはやはり魔物三人に
>公開麻雀リンチされた末原さんに1票。彼女の決勝(出番あれば)での
>反撃が見たいのです!


>無名のおもち さん
>玄ちゃんの幸せはウチの幸せ、ということで玄ちゃんにしたかったのですが、
>お祓いが必要なくらいの何かに憑かれてるわけでもないので……
>これからも大会中は普通の麻雀をさせてもらえないであろう(二次創作においては改造されまくっていた)
>恭子りんに1票投じます!


>おかしくね~名無し さん
>恭子りんがいない、だと・・・
>準々決勝→魔物x2・魔王
>準決勝→運命奏者・百獣の王・魔王
>よしんば決勝に残っても→天照大神・山の神・魔王
>この大会において恭子りんが真っ当な試合が出来るチャンスはもうない。ないんだ。
>そして除霊式でははるると乱入してきた霞さんによるセカンドレ○プ!(おもち的な意味で)


>打点使 さん
>永水巡礼の旅の道中がかなり心配ではあるけど、どこかで断ち切らないと・・・
>頑張れ、ころたん!


>名無し さん
>ワハ衣の死亡率は異常。早くお祓いしてあげて・・・


>ワハコロ さん
>ワハコロの不幸加減は異常やろ


>すこにゃん さん
>すこやんはなぜか、なかなか結婚ができないので悪霊に取り憑かれてると思います。


>一通 さん
>これはすこやんだろうなぁ。こちらのブログでは将門公考察とかも視野に入れたらそりゃあもう……。


>世界の中心で爽を叫んだもの さん
>健夜さんはお祓いというより、婚期が来るように憑けてもらった方がいいとおもいます!


>ゆう さん
>玄ちゃんはじめ他の子はネタにもなる気軽さでお祓いに参加できそうだけど、
>すこやんだけガチ感がそこはかとなく。
>もしかしたら雀力もおとされちゃうかもしれませんが、
>幸せを手にするためにはちょうど良いかもしれません。


>※2 さん
>すこやん一択



>Mrリバウンド さん
>安福さんは、どちらかといえば一年生を副将・大将にオーダーした先輩に責任があるし…
>他も、お祓いすべきかどうかといえば…
>となると、アラサーにも関わらず、恋の噂が一つも無い3人に…
>その中でも、アナウンサーにいじられ、とある監督のトラウマの要因にされた…
>すこやんに1票!


はやり「第3位!22票!末原恭子ちゃん!」ババーン!

はやり「第2位!26票!天江衣ちゃん!」ババーン!

はやり「第1位!29票!小鍛治健夜ちゃん!」ババーン!

はやり「ということで優勝は小鍛治健夜ちゃん!年齢と同じ票数で…」
健夜「違うよ!全然違うよ!」
はやり「うわあ、全然ってあつかましい…。」
健夜「え?そんな素のリアクションになっちゃうわけ?」

ギャーギャー サバヲヨムデー

健夜「ん?」マガオ
セーラ「やべっ…」コソコソ
洋榎「こっちくんな!巻き添えなるわ!」
健夜「千里山の愛宕監督にお話を…」
雅枝「犯人はこいつです」
セーラ「うわああああ!監督うううう!?」

ギャーギャー

衣「2位だったかあ」
透華「まあ、これに関しては1位になったからどうなのかと…」
衣「衣は常に頂点を目指すべきだと思う」
透華「!そうでしたわね…」
衣「お祓いというのも一度試してみるも良いかもな」


えり「運営コメントです」


ついに大人組からの優勝者が出ましたね。
すこやん貫禄の勝利といったところでしょうか。

二次創作云々、ネタ云々
なかなか難しいところです。
まもなく2014年夏コミもありますしね。

わたしとしては難しい事を記事中に書いてしまうと
連載中のSSと内容がかぶってしまったり
今後の展開的にアレだったりするので
ぼやかしておきたいところですが
まずは、そこに愛があるかどうか。
って、抽象的ではありますが
とても大事なことかなあと思ったりします。

余談はこのくらいにしまして
今回の結果をまとめてババーン!


第13回もちもち一度永水女子でお祓いしてもらった方がよいのは誰だ選手権
2014年8月5日~2014年8月11日
順位名前得票数
1小鍛治健夜29
2天江衣26
3末原 恭子22
4佐々野いちご19
5東横桃子11
6安福莉子9
7多治比真佑子7
8岡橋初瀬5
9松実玄3
10姉帯豊音2
11宮永咲1
11善野一美1
11福路美穂子1
11三尋木咏1
11宮永照1
11蒲原 智美1
11小走やえ1
11エトペン1
11夢乃マホ1
11春日井真深1
11染谷まこ1




有効票数は144票でした。
ちなみに一周年企画への回答は7票でした…。


はやり「じゃあ優勝特典として永水の皆さんにお祓いを…」
健夜「え、ほんとにやるの…?」
はやり「あれ?永水女子のみなさーん?」

怜「ちっ、逃げられた」
玄「薄墨さんのテレポートがあるとなかなか…」
怜「こっちにはテレパスがあるやんか。すばらー!」
煌「巻き込まないで下さいよ、ほんと」トテトテ
玄「それでも来てくれる花田さんがすばら」
怜「ほんますばら」
煌「えへへ」
一「あのー、お話の雰囲気がここだけ違うんだけど…」

はやり「え?逃げた?」
はやり「優勝者が決まった瞬間に?」
健夜「…ふ、ふぅん。そういうことするんだあ。あ、戒能プロ」
良子「シット。逃げ遅れました…」
健夜「分かるよね?ん?」
良子「Oh…」

はやり「ええと、すこやんがアレな感じなので」
はやり「もう締めちゃおうかな☆」
はやり「流石にすこやんVS永水巫女軍団お祓いSSとかは始まらないゾ☆」
はやり「じゃあ咲ちゃんよろしくね☆」

咲「え?あ、すみません聞いてませんでした」
照「フフ。プリン」ワクワク
咲「お姉ちゃんにプリンを作ってたので…」

咲「えと今回は以上です!」

咲「カン!」

各種アンケート関連Index