第10回もちもち夏が似合う力が高いのは誰だ選手権! の結果発表SSです。

-------------------
某所

恒子「こら!千里山!マイク返しなさい!」
セーラ「やったったwwwww」ピュー
怜「ひゃ~すばら~」
煌「だから!巻き込まないで下さいよ!」ピュー
爽「といいつつもちゃんと抱えて逃げてあげるのだね…」ウンウン
怜「…」
煌「…」
怜「…お前か」ジト
煌「…あなたでしたか」ジト
爽「wwwwwww」

透華「ちょっと!悪ふざけが過ぎますわよ!」
竜華「せやで新部長。ちゃんとせえ」
浩子「うわっ。逃げよったわこの人」
竜華「wwwww」

裕子「えー、それでは」コホン
恒子「いつの間に!」
良子「え、と…。その…」
良子「グッドwwwwwww」
日菜「うわあ!良子ちゃんが壇上に!」
由華「戒能プロ!」
良子「マーベラスwwwww」
紀子「分からない!もうとっちらかっちゃってるよ!」

良子「晩成高校の上田です」

やえ「良子おおおお!」

セーラ「強敵あらわるやな…」ゴクリ
怜「流石奈良の強豪といったところやな…」ゴクリ
竜華「何と戦ってんねんなwwww」

良子「今回のエントリーメンバーの紹介です」
良子「lol」

================エントリーナンバー1

夏といえばインハイの季節!

インハイといえばこの人だ!

現在のインハイチャンピオン!


宮永照!サキ…!


================エントリーナンバー2

全部ゴッ!倒す!

お姉ちゃんと仲直りをすることが
この夏の目標!

インハイ代名詞の継承は起こりえるか!?


宮永咲!カン!


================エントリーナンバー3

昨年のインターミドルチャンピオンが
この夏インターハイチャンピオンを奪取するのか!?

夏に交錯する物語の中で
全ての中心に近いのはこの子なのか!


原村和!サキサン!


================エントリーナンバー4

もう一度遊ぶんだ!

別れた旧友と再会するために
夏のインハイへとやってきた!

再会しちゃったから次は…全力で倒す!


高鴨穏乃!アソブンダ!


================エントリーナンバー5

ただ待つだけだった日々を経て
最後の夏にすべてをかけるため
ここまでやってきた!

待ちが悪いんじゃない!
そこしか進む道が残っていなかったのだ!

彼女が選んだその道は
この夏の頂きに続いているのか!?


竹井久!ニタァ!


================エントリーナンバー6

この夏はいろんな愉快なのんがおるな!

最も夏を満喫しているのはこの子なのか!?

…だって夏の高校生やしな!


愛宕洋榎!カラアゲ!


================エントリーナンバー7

この夏を制するために
霧島の地から舞い降りてきた!

仲間との戦いの後の
しがらみから開放された一時の安息の時間に
夏を最も楽しもうとしたのはやはりこの子か!?


神代小蒔!ウキワデス!


================エントリーナンバー8

寒くてカタカタしてるのもいいけど
やっぱりニッコリしているのが良いよね!

お姉ちゃんは夏が大好きなのです!
だってあったかいから!


松実宥!アッタカーイ!


================エントリーナンバー9

あの夏とこの夏を繋ぐその役割は
今のところこの子に全てが託されているのか!?

24時間自己演出中☆

だけどちょっと夏には色々思い出すんだゾ☆


瑞原はやり!ハヤー!


================エントリーナンバー10

あの夏の魔物は10年の時を経て
ジャージに着替えてゴロゴロし始めました。

夏といえばこの人のイメージが
おそらく焼き付いている世代がいるはず!

しかしその魔物は
摂取カロリーを気にしながら
ジャージに着替えてゴロゴロしていました!


小鍛治健夜!アラサーダヨ!


====================================

裕子「この10名ですね。晩成高校の上田さん」
良子「…そうですね」
やえ「続けるのか!?」
日菜「もう助けてあげて!」
由華「戒能プロ!」
良子「アイシーアイシーwwww」トテテ

裕子「おつきあいありがとう」
良子「いえ…」スタスタ
やえ「…良子。どこへ行く。そちらは壁だぞ…」
良子「…」フリカブリー
やえ「良子を止めろおおおお!」
初瀬「上田先輩待ってえええ!」
日菜「壁なぐっちゃだめえええ!」
紀子「折れちゃう!折れちゃうよ!」

ギャーギャー

爽「なるほど…!ああいうキャラ付けもあるのか…」
怜「喋ったら喋ったらでうっとうしいなあwwww」
爽「いや、だって目立つにはさあ」
怜「アホいいなや。今いっちゃん目立ってんのアンタらやないか」
爽「連載分ではね」フフフ
揺杏「ちっくしょ」グシグシ
セーラ「何を唐突に泣いてんねん!」
怜「そこだけ切り取ったって意味わからんわ」
爽「やったぜ揺杏!」ハイタッチ
揺杏「いえーい!」ハイタッチ

成香「ちかちゃんどうしよーわたしも行ったほうが…」オロオロ
誓子「だいじょーぶ。いいから座ってなさい」
誓子(なにやってんのあの子たちは…!)
煌(苦労しますね…)
誓子(えっ…。誰…?)
煌(wwwwww)
煌(これはすばらwwww楽しいですねwwww)

良子「レッツスタート」
裕子「はい。ようやく戒能プロが到着しました」
良子「hmm…。今回0票になったのは」
裕子「唐突ですね」
良子「オウ。ナッシング!つまりいない!」
裕子「0票茶屋はステイとなりました」

莉子「え…」レイノポーズ
漫「な…」レイノポーズ
恒子「わたしもか!」レイノポーズ
梢「…」スッ

莉子漫恒子「「「これは…」」」

梢「あちらのお客様からです」
いちご「wwwwww」イエーイ
洋榎「ちゃちゃのん輝いてるな」ウンウン
豊音「ちょーよかったよー」ウンウン

裕子「とはいえ…今回は」
裕子「これまでにもましてバイオレンスな結果になりましたね」
良子「ノンノン。ヴァイオレンス」
裕子「…。バイオレンスでした」
良子「…」
裕子「…」

怜「殺伐としとんなあwww」
セーラ「ちょっと怖いわwww」
竜華「どっちがバイオレンスやねんなwww」
セーラ「ん…。バイオレンス…。バ…ス。うーん…バイオレ…うーん」
怜「上手くできひんのん?」
セーラ「ちょっとゴロ悪いなあ」
竜華「残念やなあ」
爽「こんな努力を…!」

裕子「エントリーメンバーの総得票数を」
裕子「その他のメンバーが大きく上回るという結果に!」
 
オー ナンヤッテー バンクルワセヤデー

良子「とんでもなく集計が大変だったようですが」
良子「今回の1票メンバーの発表!」
裕子「まずはお便りです」


>涼しげな格好。ワンピースとか着たら絶対似合う!
>ゆーこに投票!

漫「早速かいな!」
由子「の、のよ~」


>夏といえば薄着、薄着といえば痴女、痴女といえばロリ、
>国広君とはっちゃんで悩むけどこれからの薄着に期待込めてこの人に一票。

良子「…」フリフリ
やえ「…えっ!?わたしか!?」
日菜「ほほう」キラン
紀子「やえの薄着ねえ」キラン
やえ「なっ!やめろ!そんな目で見るな!」トテテ
由華「逃したか…」
良子「…」グググ
初瀬「先輩方ー!上田先輩を止めるのを手伝って…」


>夏と聞いて森山直太朗の夏の終わりが思い浮かんだのですが、
>同時に安福ちゃんの顔が…よって安福ちゃん!!

莉子「えっ…」
漫「あっ…」
恒子「おっ…」
莉子「…」
漫「…」
恒子「…」
梢「行って来なさい。安福さん…!」
莉子「…行ってきます!」ピュー

漫「…」
恒子「…」

いちご「wwwwww」


>シロは名前から雪とか冬が似合いそうですけど、夏も似合うと思います!
>裏表紙とか特典とか、なんだかんだ新緑の季節とよくかかれているし!
>あと水着ですね!!

白望「えっ…」
エイスリン「キタコレ!」
胡桃「エイちゃん!めっ!」
エイスリン「サーセンwwww」


>※7 さん
>夏と言えば怪談や肝試し、といえば人魂
>ということで登場シーンでちょくちょく人魂型で描かれることの多い
>東横桃子さんに1票
>誕生日も7月26日、夏娘でポイントアップ

ゆみ「おっ!モモじゃないか」
桃子「あらら?」
佳織「そっかー、夏だもんねえ」
桃子「んんん?」


>あの明るい雰囲気とキャンプ行きたがるのと
>大会のとき1人だけブレザー着てなかったから

智美「おっ!わたしかー」
睦月「鶴賀から2人目ですね!」
智美「ワハハ。キャンプ行くかー?キャンプ」
桃子「…」スッ
ゆみ「モモが消えたから探しに行く」トテテ
睦月「わ、わたしも…」トテテ
佳織「…」
智美「…」
佳織「さ…」

誠子「キャンプと聞いて」ザッ!
穏乃「即参上!」ザッ!
智美「おー!行こう行こう!ワハハ」

佳織(良かったね、智美ちゃん…)


>灼熱の太陽に照らされ熱くなったワハハの愛車のボンネットを
>無断で使用しタコスを焼いていそう。

優希「むっ!?」
和「ゆーひおふぇでほう」モゴモゴ
照「おへへほー」モゴモゴ
優希「お祝いしてくれてるのか!?そうなのか!?」

誠子「即!」ガシ!
穏乃「参!」ガシ!
智美「上!」ガシ!
優希「じぇ!?」

誠子「おっしゃキャンプメンバーゲット!」ドドド
穏乃「燃えてきたー!」ドドド
智美「おー、行っちゃうかー、キャンプ」ワハハ
優希「じぇ?じぇええええ?」ツレサラレー

久「あ、あらら…」
菫「すまん。ウチの亦野が」
淡「ごめんなさいです。亦野先輩が」
憩「ほんまに亦野は」
智葉「いやあ、亦野亦野」
久「なによそれwwww」


>インターハイは今年の夏1回きり
>という部長のセリフが思い浮かんだので。
>最後の夏、思いっきり楽しんでほしいです。

久「あれ?」
まこ「あちゃー…」
久「あらら、もうちょっといくと思ったんだけどなあ…」

誠子「アーユーキャンプ?」
久「ノーキャンプ」
穏乃「ワンモアキャンプ?」
久「ノーキャンプ」
智美「リアリー?」
久「ノーキャンプ」

誠子穏乃智美「「「くそう!」」」ダッ

菫「ほんとうにすまん。ウチの亦野が」
淡「ごめんなさいです。亦野先輩だから」
憩「ほんまに亦野だけに」
智葉「いやはや、亦野亦野」
久「ふふっwwww」


>夏が”似合う”ということですので、ここは見た目でなく
>内面的なほうから考えてみました。
>超前向き、花で言うと向日葵のイメージがある花田煌さんに1票を。

煌「ほ?」
怜「すばら!」
爽「すばら!」
玄「すばら!」
照「ふはは!」モゴモゴ
煌「ちょっと!?」

怜「照やん悪役が笑っとるみたいになっとるやんwwww」
照「モグモグゴクン。すばら!」
煌「いや、いいんですけど…」
煌「!」ゾク

姫子「…」ジリ
哩「…」ジリ
煌「え?」
姫子「…」ジリ
哩「…」ジリ
煌「す、すばらくない」ピュー

哩姫子「「あっ…」」

怜「新道寺は一体何がしたいんやwww」


>※13 さん
>夏→海→水着→見たい
>竜華でしょ

怜「ウチの嫁はんの水着は見せられへんでえ」
竜華「誰が嫁はんやねんって」
玄「ほんのちょっともダメですか?」
怜「や、玄ちゃんならええんやけど」
玄「わーい」
竜華「だからなんで!?」


>夏といったら海→水着→おもち、つまりクロチャーです!!

玄「あれ?」
怜「あー分かるわあ」
照「分かるねえ」
玄「えへ。そうですかねえ」テレテレ

<ドーデスカアウチノマツミハアアアア!

憧「ん?あの馬鹿どこに…」キョロキョロ
憧「…うーわー」

テント「ウチの松実はやらんぞおおお!」
テント「分かったから落ち着け穏乃!」
テント「ちょっとシズモン…。テントでそんな暴れんなー」ワハハ
テント「もうタコスがあればなんでもいいじぇ」

セーラ「テントたてとるwwww」


裕子「竹井久ちゃん!」ババーン!
裕子「原村和ちゃん!」ババーン!
裕子「宮永照ちゃん!」ババーン!
裕子「真瀬由子ちゃん!」ババーン!
裕子「雀明華ちゃん!」ババーン!
裕子「蒲原智美ちゃん!」ババーン!
裕子「片岡優希ちゃん!」ババーン!
裕子「小走やえちゃん!」ババーン!
裕子「安福莉子ちゃん!」ババーン!
裕子「小瀬川白望ちゃん!」ババーン!
裕子「小走やえちゃん!」ババーン!
裕子「松実玄ちゃん!」ババーン!
裕子「東横桃子ちゃん!」ババーン!
裕子「花田煌ちゃん!」ババーン!
裕子「清水谷竜華ちゃん!」ババーン!


和「モゴッ!?」
照「モゴッ!?」

明華「あら?わたしも、ですか?」
久「ちょうど戦いが終わったところだし良いんじゃない?」
洋榎「せやなあ、ノーサイダーやんなあ」
明華「え?」
洋榎「ほれ、カモン。短いセンテンスで!」
明華「ノーサイド、ですか?」
久「wwwww」
洋榎「あ、ええな。ちょっと新しいかもやな」
明華「???」
浩子「あ、今のはですね、ツッコミの部分を柔らかく…」
洋榎「説明すんな!」
明華「ふんふむ」コクコク
洋榎「聞くな聞くな!」


良子「マネジメントコメントツ」


いやはや…。
今回はですねえ、集計が大変でした!
楽しかったですけどね。

さあ、どうなることやら!

そうそう。
エントリーメンバー以外への投票の際は特に
コメントもあるとより面白いです!
主にわたしが。


裕子「1票メンバーは15名。16位タイという扱いですね」
裕子「続いて3票!4名!12位タイ!」
良子「お便りです」


>夏と言えば白いワンピース。白いワンピースと言えば透華お嬢様です。
>輝く金髪と白いワンピースのコントラストが美しいです。
>結婚してください。
>恭子りんごめんね、ちゅっちゅ


>ふっと思い付いたのは、龍門渕の皆さんでした。
>一ちゃん勧誘のシーンや皆で東京散策?(ファミレスの前)のシーンなど、
>炎天下に映える透華の白いワンピース姿が印象的です。
>実に眩しい。
>私自身も子供の頃の夏休みまで思い出されるようで、
>どこかノスタルジックな空気感が清々しく素敵です。


>できればエントリーメンバーの中から投票したかったのですが、
>龍門渕のあの夏の風景が私を呼んでました。すみません!


>面白いテーマですね(`・∀・´)
>自分は宮守の塞さんを推します!
>おそらく田舎の人が少ない高校でインターハイ団体戦など出場とも思ってなかったでしょう
>しかし、エイスリンと豊音の加入で最後の最後で権利をゲット >何か運命めいたものを感じました!


>夏といえば水着!
>と考えた場合、おっぱいが映える娘は多かれど、
>お尻が売りなのはこの娘しかいない!迷ったら塞さん!


>夏といえば海!海といえば釣り!
>釣りといえば白糸台のフィッシャーこと亦野誠子!


>ミヨキチ さん
>基本初夏から夏にかけての物語なんで夏のイメージの子は多いですね
>反対に秋や冬が似合うとなると絞られそうですが
>私は亦野さんを推します
>あのスカイブルーの短髪と服装はいかにも涼しげだし
>釣りというのも夏っぽくて良いです


>世界の中心で爽と叫んだもの さん
>夏つったら爽やかだから、爽でしょ!
>当たり前のことやで!!!
>一緒に砂浜にイキたいです!


>※8 さん
>爽がエントリーされていないのがすごく残念。夏生まれなのに…


裕子「龍門渕透華ちゃん!」ババーン!
裕子「臼沢塞ちゃん!」ババーン!
裕子「亦野誠子ちゃん!」ババーン!
裕子「獅子原爽ちゃん!」ババーン!

良子「マネジメントコメンツ」


すばら!
全てエントリー外から選出されたこの4人ですが
良いですねえ。

今のところ爽も夏な感じですかね?

本編回想がいつの時期になるかによって
彼女のイメージはちょっと変わりそうですよね。


一「あれ?これって…」
透華「あら?もしかして…」
純「原村に勝っちゃったよ」
透華「…」
智紀「透華?」
透華「いえ、これでは勝ったことにはなりませんわ」
透華「だって、わたしはエントリーしてませんもの!」
一「いや、でも…」
透華「これで勝ったと思わないことね!」
純「んん??」
智紀「目標は常に上にあるべきだからね…」
透華「智紀がいいことを言いました」
智紀「えー…」
一「アハハ。まあ、そうなるよね」
純「まあ、面倒なお嬢様だよなあ…」

塞「あらー…」
エイスリン「ダイナマイッ!」
胡桃「エイちゃん!めっ!」
玄「…」トテテ
塞「…ん?あれ?玄ちゃん?」
玄「…」つオフロポスター
玄「…」ニッコリ
玄「…」トテテ
塞「なんか言ってよ…」

菫「おいおい、亦野…」
淡「これまた亦野先輩が…」
尭深「宮永先輩より上に…」

テント「えー、うっそだろ…。これ、良いのか?」
テント「いやいや、いいでしょ!ちょ、亦野さん!?」
テント「いやー、どうなんだ?良いのか?」
テント「ワハハ。悩むな悩むな」
テント「うーん…」
テント「タコス食うといいじぇ」
テント「あ、ありがとう」モグモグ

憩「なにやっとんの亦野は」
智葉「はぁ、亦野亦野」


爽「…どうしたらいいの?」ヒソヒソ
怜「ん?なんて?」
爽「…どうしたらいいの?」ヒソヒソ
怜「どないしてんな。ええやん喜べば」
爽「いざ、こうなってみるとどうして良いものやら…」ヒソヒソ
怜「面倒なやっちゃなあwwwwww」
爽「だってさあ…」


裕子「はい、ニューカマーがおとなしくしている間に」
裕子「4票11位の発表です」


>咏ちゃんがいい!
>畳で一緒にゴロゴロしたい。
>あと、夏祭り、浴衣。
>咏ちゃんと夏を過ごしたい。
>てか、死ぬまで一緒にいたい。
>「どーですかああ!?ウチの自慢の咏ちゃんはああああ!?」ドヤァアアア!って言いたい。


咏「え」
はやり「ん?」チロ
健夜「ん?」チロ
咏「いやいやいやいや」フリフリ
咏「おふたりよりも順位は下ですから!」
健夜「咏ちゃん素になってるよ」
咏「だって怖いんですもの!」
はやり「ん?」チロ
健夜「ん?」チロ
咏「そういう意味ではなく!」

良子「わたしもエスケープしたいところですが」
良子「マネジメントコメンツ」


三尋木プロは今のことろ謎多いですよね。
すこやんは番外編や咲日和で
はやりんはシノハユで
それぞれなんとなあく、プライベートが見え隠れしていますが
三尋木プロはいまだそれがないですからねえ。

色々な妄想が広がるキャラクターですよね!


裕子「続いては6票獲得!第10位!」
良子「お便り。つまりレター」


>やっぱ2回戦後のはしゃぎっぷりを見たら
>夏を一番楽しもうとしてる感の出てる姫様でしょ!!

小蒔「わっ、わっ、呼ばれました!」ガタッ
霞「おち、おちつき、おちついて!小蒔ちゃん」アタフタ
小蒔「だ、だってだって」アタフタ
巴「2人とも落ち着いてー、深呼吸ー」

小蒔霞「「スーハースーハー」」

巴「フフ。落ち着いた?」
小蒔「なんとか…」
霞「まだちょっと…」
小蒔「じゃあ、行ってきます!」
春「姫様…忘れ物」エイ
小蒔「きゃっ…。これは…」スポ
小蒔「ぅ浮き輪ですっ!」ババーン!
巴「いってらっしゃい」
小蒔「行ってきます!」トテテ
巴「…なんでかすみんがそんなに慌てるのー」
霞「だってえ…」

良子「マネジメントコメンツ」

姫様は…なんか深く考えると切なくなっちゃいます。
霧島は色々な妄想が膨らみすぎてしまいますからね。
なので、もう浮き輪と海で満面笑顔の姫様だけを
考えるのが良いと思うのです!


裕子「続きまして7票獲得は2人ですね」
良子「お便りです」


>H.B.K さん
>彼女は現役アイドルです!
>そんな彼女は夏が良く似合うと思います!
>ですから…今回ははやりさんに一票を投じさせて頂きます…m(_ _)m


>夏→W杯→サッカー→絹ちゃん!
>絹ちゃんかわいい


>だってワールドカップやってるし


>夏と言ったら?海ならはっちゃん、山ならシズだけど…
>この夏といえばやはりサッカーだ!故に今回も絹に一票や


裕子「愛宕絹恵ちゃん!」ババーン!
裕子「瑞原はやりちゃん!」ババーン!


絹恵「ワールドカップと言えばですね…」クドクド
恭子「うん、うん。そうやね…」

はやり「…うん。こんなものかな☆」
健夜「どうなんだろうね?」


良子「マネジメントコメンツ」


ちょうど開催中のワールドカップからの連想か
絹ちゃん投票が結構ありましたね。

はやちゃんは…。後回し!


裕子「続いて8票獲得。こちらも2人です」
良子「お便りです」


>すこやんは水着とネコミミが似合うので夏も似合うと思いました。


>候補は他にもいっぱいいるんですけどいまいちぱっとこなかったんで
>初夏の木漏れ日の下で一人静かに本を読む姿が似合いすぎる
>元文学少女に一票です。
>咲さんの汎用性高杉
>咲さんかわいい

>咲さんかわいい

>サキサンサキサン


裕子「小鍛治健夜ちゃん!」ババーン!
裕子「宮永咲ちゃん!」ババーン!

良子「マネジメントコメンツ。いわゆる運営コメント」


すこやんと咲さんが並んで6位タイでした。
わりとすこやんが票を集めましたね。
あと咲さんは安定して複数票入る気がします。


健夜「んー…」
はやり「負けちゃったね。また」
健夜「んー?」
はやり「なんでもないゾ☆」
健夜「夏はねえ…」
はやり「ん?」
健夜「や、いい季節だよね」
はやり「…そだね」

咲「わあ、結構良かったよお」
照「ええと、外にでて…」
恭子「もうええんちゃうのん?」
照「そんなわけにはいかないよきょうこりんがなにをいっているか…」
恭子「ほれ」つヤングガンガン
照「なにもみえないきこえない」トテテ
咲「あ…」
恭子「頑固者やなあ…」

ドアバタン

<ニクジャガオイシカッタヨオオオ!ヒイイアアアア!
<スズシイカゼトカイテリョウフウウウウ!

恭子「もうちょっとやなあ…」
咲「…はい!」


裕子「ついにTOP5ですね」
裕子「えー、4位5位を続けてどうぞ!」
良子「お便り」


>洋榎さんに投票しました。夏というより、お祭り男みたいなので、
>夏っぽいかなぁ、と思いました。


>皆さんお忘れではないだろうか?
>ナガノスタイルは夏にしかできないということを。
>そしてその先駆者が誰かということを。


>国広STYLEは夏限定であって欲しい、という父からのお願いです。


>タイトルを聞いて、アイスを食べてるはじめちゃんが思い浮かんだ…
>夏だからこそ、あのNAGANOスタイルが許されているんだ、よね…多分


裕子「第5位!愛宕洋榎ちゃん!」ババーン!
裕子「第4位!国広一ちゃん!」ババーン!
良子「マネコメつまりマネジメントコメンツ」


コミックス派への方にはアレなのですが
愛宕ネキからまさに唐突に放たれた例の名言。
これが今回のアンケートのスタート地点でした。

うん。あのシーンは良いですね。
収録分コミックスは…いつ頃出ますかね?

はじめちゃんはかわいい。


洋榎「まあ、こんなもんかあ…」
久「あら?謙虚な感じ?」
洋榎「ま、色々おるわな」
洋榎「やって夏のモガ」
久「ストップストップ」クチオサエー
洋榎「なんやねん。大胆やなあ」
久「ちが!そういうんじゃないわよ」
洋榎「ひとなつの思い出的ななんかアレかいな」
久「だからー」

キャイキャイ

美穂子「ぐぬぬ…」
良子「壁はあそこに」
由華「やめてええええ!」

透華「…」ジト
一「あ、あはは…」
咲「あ、はじめさあん」トテテ
一「咲ちゃんあっちへ行こうね」グイグイ
咲「え?え?」オサレオサレ
一「いいからいいから」グイグイ
咲「え?え?」オサレオサレ

純「お、アンテナが回ってるな」
透華「…」ヒュンヒュン
智紀「わりと機嫌が良い証拠…」
透華「フフ…」ヒュンヒュン


裕子「さあ、ついにTOP3の発表ですが…」
裕子「2位、3位の発表、ですかね」
良子「アイシー。まずはレター」


>おねーちゃん、夏以外の季節はいつも夏が待ち遠しい、が口癖なのです!


>あったかーい


>夏だし、冷やしとーかさんもアリかなぁ…と思いましたが、ここは安定の宥姉で。
>浴衣デートとかしてみたいですね(願望


>夏でもプルプル震えてるオネエチャー可愛い


>暑い=あったか~い=宥ねぇ
>これはもう仕方がない方程式



>夏と言えば山、山と言えばシズ!


>ラジオ体操とか本気でやってそう


裕子「第3位!高鴨穏乃ちゃん!」ババーン!
裕子「第2位!松実宥ちゃん!」ババーン!
良子「マネコメ」


阿知賀メンバーはどうしても春、桜。
そんなイメージが強いのですが
この2人については夏っぽくもありますよね。

この2人が並んでしまうとそれはもう…。


玄「わー!おねえちゃー」フリフリ
宥「くろちゃ~。来ちゃったよ~」フリフリ
玄「いらっしゃーい」

テント「キャンプしてる場合じゃなくなりましたー!」

▲三穏乃

誠子「し、しずのおおおお!」
智美「終わったらキャンプインだぞー」

穏乃「はーっはっはっは!」ダダダ
穏乃「夏の松実姉妹はどうですか!あったかいでしょおおお!?」ドヤアアア
穏乃「おっとっと…」

モフ

玄「よいしょっと」ギュー
宥「穏乃ちゃんいらっしゃ~い」ギュー
穏乃「ムッフッフ!ウーッフッフ!」モフモフスリスリ
玄「フフッ。くすぐったいよ、シズちゃん」
宥「あったか~い」

穏乃「どうですか!この…」ドヤァ
穏乃「松実ドッキングは!」ババーン!

憧「何をしてるのよ、あいつは…」ハァ
泉「ええなあ…」
憧「ん?」
泉「いやいや!なんでもあらへん!」
憧「後でやってもらお…」ボソ
泉「ずるっ!」


裕子「さあ、エントリーメンバーも出尽くしましたが…」
裕子「1位が残っているという異常事態に!」
良子「アンビリバボー。エントリー外からの優勝ですね」
良子「レターもソーメニイでした」


>夏といえば日焼け


>いかにも日焼けあと(=生おもち?)に見えるタンクトップ(?)は、
>十分に夏が似合う力を備えているはず!
>薄墨初美に一票ですのだ。


>スク水?焼け跡がある,はっちゃんが一番最初に思い浮かんだので。


>このお題だとはっちゃんしか思い浮かばなかったです。


>夏といえば日焼け。というわけで初ちゃんに一票。


>いやいや、スク水の日焼けあとが特徴のはっちゃんがいないとかありえないでしょ


>夏を楽しんだことが体現されているような娘ですね。


>Mrリバウンド さん
>夏が似合うか…
>日焼け跡がくっきりと見えるあの子が夏が似合わないわけが、ないない!そんなの…
>悪石の巫女のはっちゃんに1票。


>鞍止桜 さん
>スク水日焼けでこれはハッちゃん
>夏の海の申し子ですよー
>冬になって色白になって厚着してるハッちゃんはなかなか想像出来ないです
>エントリーメンバーは夏=インハイということで選出されてますけど
>ここはストレートに投票してみます


>上上 さん
>一番最初に思い浮かんだのがはっちゃんでした!
>で、エントリーキャラの中に私的にはっちゃんより夏っぽいキャラがいなかったので
>そのまま、薄墨初美ちゃんの1票!!


>※6 さん
>はっちゃんしかいません!はっちゃんに一票お願いします!!


裕子「獲得票数は2位の松実宥ちゃんが15票」
裕子「1位のこの子はその3倍以上の51票を獲得しております!」
裕子「第1位!薄墨初美ちゃん!」ババーン!


初美「えええええ!?」
春「…」ジト
巴「…」ジト
霞「…」ジト
初美「ちょちょ、それは、だって…」
小蒔「わあ!初美ちゃんが1位です!」
初美「ひ、姫様…」
小蒔「凄い凄い!」ピョンピョン
初美「え、えへへへ」

初美「ほ、ほらー!姫様だって喜んで…」
春「やったねはっちゃん!」
巴「凄いねはっちゃん!」
霞「流石先輩!」
初美「こ、この子達は…」
小蒔「わーいわーい」ピョンピョン

良子「ラストのマネコメ」


まさかのエントリー外からの1位!
ここまではっちゃんに票が集まるとは…。

今回のアンケートは
一旦ラスト、とういこともあり実験的に
明らかにタイトルの夏が似合う、を
特定のカテゴリに集中させてエントリーメンバーを選びました。

どうなるかなあという期待があったのですが
期待以上の結果ですね!

実はちょっとした思惑がありまして
エントリー制をやめて
全キャラから選択!みたいなのもやってみようかなあなんて
思っていたのですね。

ただ…これ集計とんでもなく大変でした。
この規模ですら集計してSS書いて、で
実質6時間くらいかかってますからね…。

全員から選択形式は1weekでやるとパンクすることが分かりました!

でもいつかやりたいなあ…。

ということで今回の結果をまとめてババーン!


第10回もちもち夏が似合う力が高いのは誰だ選手権
2014年6月17日~2014年6月23日
順位名前得票数
1薄墨初美51
2松実宥15
3高鴨穏乃13
4国広一10
5愛宕洋榎9
6小鍛治健夜8
6宮永咲8
8愛宕絹恵7
8瑞原はやり7
10神代小蒔6
11三尋木咏4
12龍門渕透華3
12臼沢塞3
12亦野 誠子3
12獅子原爽3
16竹井久1
16原村和1
16宮永照1
16真瀬由子1
16雀明華1
16蒲原智美1
16片岡優希1
16小走やえ1
16安福莉子1
16小瀬川白望1
16松実玄1
16東横桃子1
16花田煌1
16清水谷竜華1



有効票数は164票でした。
※2104/6/28追記
 小走やえさんを重複カウントしていたので修正しました。


また最後にコメント紹介も。

    
>※11 さん
>投票済みです。
>夏といえば様々な思い出がありイメージがありって感じで、結果発表が楽しみです。
>私は野球にほぼ無知なので、テルテルとすこやんの年代差が分かってるのに
>例えにどのくらい年代差があるのか分かりませんが・・・
>すこやん→松坂世代
>テルテル達→早実(斎藤投手)対苫駒(田中投手)のあの夏
>・・・くらいの世代差感覚はあるんでしょうかね。なんてったって、アラフォーだし?
>アラサーだよ!!
>そこまでは離れてない?
>間違いなく!今旬なのはテルテルだけど、
>すこやんのあの夏を忘れられない人達がいるんだなー・・・・
>と思ったら、しみじみしました。


まさに今回の狙いはここだったのです!
本編連載分がそんな感じになりそうだったので…。
ちょうど良かったですかね?

例にあがった2人の選手は8年差ですから
シノハユと本編の世代差よりちょっと短いくらいですが
大体同じくらいですねえ…。

たまにはセンチに…とも思ったのですが
ストレートに楽しむ!といった方向性との
2つのベクトルから1つのアンケートを見てみよう
という試みでしたのだ!

今回はストレートに楽しむ方向が強かったですね!


裕子「という結果に終わりましたが…」
良子「ベリーエキサイティングでしたね」

裕子「アンケートネタなど随時募集してますが…」
裕子「現在番外編アンケート。見たいアンケート選手権がスタートしてますので」
裕子「まだの方は是非ご参加くださいね」
良子「1位になったアンケートが次回アンケートになる予定です」

良子「ということで、宮永リトルシスター、よろしく」

咲「???」
恭子「妹さん締めてって言っとるで」
咲「あ、え?ああ!そういうことか!」
恭子「なんやのんwww」

咲「今回も長々とお付き合いありがとうございました!」

咲「今回は以上!」

咲「カン!」

各種アンケート関連Index