-------------------???
エイチーム事務所

エイスリン「…」ニコニコ
玄「こっちの!」
怜「こっち!」
玄「もー!なんで分かってくれないんですかー」
怜「いくら玄ちゃんでもアカンわ。譲れへん」
玄「ぐぬぬぬ…」
怜「ぐぬぬぬ…」

巴「ちょちょちょ、どうしたの2人とも」
巴「いっつも仲が良いでお馴染んで…」
巴「…んんん?」
巴「あれ?前回も全く同じ入り方だったような気がするよ!?」
怜「疲れてるんやない?」
玄「そうですよ。ちゃんと休まないとダメですよ?」メッ
巴「んんん?」

エイスリン「オイオイオイ!」ドン!

怜玄巴「「「!」」」ビビクン!

エイスリン「エイチームニダキョウハキモンツダロ!」

怜玄巴「「「はーい」」」

怜「…」ドヤァ
玄「…」ドヤァ
巴「…」ドヤァ
エイスリン「…」ニコニコ

恭子「や、そんな顔されても…」

怜「まあ、つかみはこれでオッケーやんな」
玄「バッチリですよ!」
巴「だね!」
恭子「いやいや、その満足感がどこから来るもんか分からんわ」
怜「そうやって…」
恭子「ふむん?」
怜「恭子りんはいっつも水をさしてくんねん」
恭子「えー」
恭子「ちょ、はじめ助けてえな」
一「あっ、いないことにしようと思ったのに」
恭子「そんなん無理やもん。見えてるもん」

一「黙ってても台詞がなきゃいないも同じだしさ」
恭子「あ、はじめまでもほんなこと言い出すんかいな」
一「恭子がいると楽でいいね!」
恭子「もー、なんなんこの子らはー」
恭子「狩宿はまともやと思ってたのに」
巴「…あ!ごめん。聞いてなかった」
恭子「嘘やろ!なんでこのタイミングで聞いてへんのよ」
巴「なんだっけ?怜ちゃんと玄ちゃんがお買い物に行った話?」
恭子「ぜんっぜんちゃうけど…」

怜「や、お金おろそう思ったんよ」
恭子「ほんでその話はじめるんかい!」
恭子「はじめだけに、ってやかましいわ」
一「それこそボク関係ないじゃんか!」
エイスリン「wwwwwwwwww」
怜「やめえよ。エイちゃんものっそいゲラなんやから」
エイスリン「はじwwwwめwwwとwwwwはじめwwww」
恭子「ムフッ。や、むしろすべろうおもてんけど」

エイスリン「かかってるwwww意味wwwwwww」
巴「エイちゃん見事な倒置法」
エイスリン「ヒュー…wwwwケッホケッホwwww」
怜「あかんうちの隊長が死にそうになっとるwww」
恭子「ちょ、ミネラルオーター飲みや」
エイスリン「wwwwwwwwww」
怜「とどめ刺してどないすんねん」
恭子「えっ?」
エイスリン「オーターwwwwかわいいwwww」
玄「お水お水!」

恭子「ほんでお買い物がどないしたって?」
一「うわあ、そのタイミングで再開するんだ」
恭子「とことんやったるわ」
怜「や、うちのお財布は玄ちゃんが管理してるんやけどな」
恭子「あ、そうなん?」
一「玄は家事一般に関してはきっちりしてるからね」
恭子「へえ」
怜「ATM行ったんよ」
恭子「ふむん」
怜「ほったら、なんーかこう、一回多いんよ」
恭子「ふむん?多い?何が?」
怜「お金下ろす時を想像してみ?」
恭子「怜だけに?」

エイスリン「プーwwwwwwwwwwwwwww」
玄「ちょっと!恭子りんさん!」
恭子「や、ごめんごめん。自然というてもうた」
玄「もー…。大丈夫?エイスリンさん」
エイスリン「トキトトキトwwwww」
恭子「何回か言うてるおもうんやけど…」
エイスリン「テッパンwwww」
恭子「嫌やわそんなん」

恭子「ええとお金下ろすんやろー?」
恭子「こうー、家出るやんな、忘れもんないかー…って」
一「どこから想像するのさ!」
恭子「え?」
一「もっと先でいいよ」
恭子「咲-Saki-だけに?やかましわ」

エイスリン「ププーwwwwwwwwwwwwwww」
玄「もー!」
恭子「ちゃうんやって!なんかこう口をついて出るんやって!」
一「いいから続けなよもう」
恭子「ええと、こうウィーン入るやんな」テノヒラヲマエニムケテサユウニヒラク
エイスリン「ウィーンwwwwwww」
巴「ちょっと恭子りん!いい加減にしないとエイちゃん死ぬよ!」
恭子「巫女さんが物騒なこと言うなや!」
恭子「普通やんかウィーン入るのんは!」テノヒラヲマエニムケテサユウニヒラク
怜「ムフッ。なんでいちいちマイムつけんねんな」
恭子「や、だって分かりやすいやん」
恭子「ウィーン入るんやから」テノヒラヲマエニムケテサユウニヒラク

エイスリン「ハー…ハー…wwwwww」
怜「エイちゃんめっさ肩で息してるやんか」
一「もう自動ドアのくだりはいいから!」
恭子「えー、機械の前に立ってー、カード入れるやろ」
恭子「ほんでー、引き落とし」ピッ
怜「そこやねん」
恭子「ここで?」
怜「そやねん、引き落としの前に一回多いねん」ピッピッ

恭子「えー、ほんでー、ここで暗証番号やんな」ピッピッピッピッ
怜「ここもやねん」
恭子「ここも?」
怜「暗証番号普通4桁やんな?8回押してんねん」
怜「一回づつ多いねん」
恭子「タッチパネルの効きが甘かったんちゃうのん?」
怜「ほれやったら多いタイミングはランダムやん」
恭子「まあ、そやな」
怜「毎回一回づつ多いなんてことあらへんやん」
恭子「ふむん」

怜「ほんで何してんのかなあおもて覗きこんだらな」
恭子「うん」
怜「そこの銀行のATM画面の左にお姉さんがいるんよ」
恭子「あー、あるな。なんや吹き出しで説明してくれるやつやろ?」
怜「せやねん。そのお姉さんのおもち押してんねんwwwww」
恭子「wwwwwww」
怜「なんか操作する度にいちいちおもち押すのよこの子wwww」
恭子「wwwwwww」
玄「いやいや、やりますってあれは」
怜「やらへんわwww」
玄「えーそうかなあ…」

恭子「玄ちゃんかわええなあwww」
玄「えへへ」
一「褒めてないよ!」
玄「えー」
恭子「え?ほんでそれで喧嘩してたん?」
怜「喧嘩?」
恭子「や、冒頭で、なんかやいやい言うてたやんか」
怜「あ!せや!完全に忘れてたわ!」
玄「そうでした!譲れませんからね!」
怜「こっちかて譲れへんねん!」
恭子「戻るんかいな!なんの話やの?」
一「これこれ」ザッシワタシー

恭子「どれどれ?」
恭子「ワールドカップ?」

一「そうそう。あるらしいじゃん?」
恭子「サッカーの?」
一「そうそう。あんまり時代設定とか気にしないでね?」
恭子「誰に言うたん?」
一「そしたら2人がさ…」

玄「おもち選抜!」
怜「VS膝枕選抜!」

玄怜「「代表戦で勝負!」」

一「って言い出してね」
恭子「ほんま仲ええなあ」
一「フフ。まあそうだね」

玄「ルールは簡単!」
怜「ドラフト形式もめんどいから11人選んで紙に書いて提出な」
玄「お任せあれ!」

一「ということで選ばれたのがこれなんだけど…」
恭子「んー?」


おもち選抜=======================================
フォーメーション 3-5-2

3-5-2_1a


監督:松実玄

GK:愛宕絹恵
DF:上重漫
DF:森垣友香
DF:滝見春
MF:小瀬川白望
MF:清水谷竜華
MF:真屋由暉子
MF:東横桃子
MF:原村和
FW:石戸霞
FW:神代小蒔

=============================================


膝枕選抜=======================================
フォーメーション 4-3-3

4-3-3_1


監督:園城寺怜

GK:愛宕絹恵
DF:花田煌
DF:松実宥
DF:福路美穂子
DF:亦野誠子
MF:桧森誓子
MF:臼沢塞
MF:末原恭子
FW:佐々野いちご
FW:ハオ・ホェイユー([赤+おおざと]慧宇)
FW:白水哩

=============================================


恭子「ははあ…」
一「ね?」
恭子「というか膝枕選抜…」
一「弱点のサイドもわかりやすい」
恭子「ムフッ。わたしおるやんそっち側にー」
一「フフッ」

恭子「あれ?宥姉やんと清水谷はそれぞれ入れ替わってない?」
怜「それはお互い気を使いあった結果やねん」
玄「お互いの筆頭は分け合おうと」
怜「なー」
玄「ねー」

恭子「ムフッ。仲良しやなあ」
一「でも愛宕妹さんの取り合いになっちゃってね」
怜「譲れへんって言ってるやん」
玄「それはこちらもです!」
怜「ぐぬぬぬ…」
玄「ぐぬぬぬ…」

恭子「まあ、それはそうかあ…」
恭子「で、決着はどうつけるん?」

怜玄「「妄想サッカー」」

恭子「うん?」
一「キックオーフ」
玄「永水コンビのパス回しからキックオフです!」
玄「まずは司令塔のシロさんに回すよ」
怜「シロロはこわいでえ」
玄「シロさんは基本動かないけどね!」
怜「こっちは恭子りんが司令塔やからね」
恭子「弱点のサイドなりにがんばるけど」
怜「運動量はまたのんに任せるわ」
恭子「弱点のサイドなりにがんばらせるわ」
怜「wwwwww」

玄「おっとここで和ちゃんとユキちゃんのゴールデンコンビ!」
怜「きたでー!1年生コンビがー!」
玄「目を引きつけておいてー、パス!」
怜「ふはは!誰もおらへんところに蹴っても無駄…」
玄「うふふ!」
怜「な、なんやー、ライン際でボールが止まってるでー」
玄「モモちゃんのライン際のステルスドリブル!」
恭子「滝くんかいな」
恭子「というかむっちゃ楽しそうやんwww」

キャッキャッ

玄「そしてセンタリング!」
玄「ゴール前で竜華さんにボールが渡ったよ!」
怜「しかしゴール前にはすばらがおるでー!」
玄「花田さんは強敵だー」
怜「安心感あるしなあ」
玄「しかし、ここで竜華さんの…」
恭子「お、なんや必殺シュートでも打つんか?」

玄「バズーカチャンネル!」

恭子「待て待て待て待て!」
玄「え?なんですか?」
恭子「ちょ、待って。え?あんたらのサッカー知識って」

怜玄「「漫画」」

恭子「う、うん。漫画は分かるねんけど…」
恭子「え?キャプつばとかやなくて?」

怜玄「「リベロの武田」」

恭子「なんでやねん!」

怜玄「「面白いから」」

恭子「ムフッ。や、分かるねんけど…」
恭子「うそやん…」

玄「えーとどこまでいきました?」
怜「竜華がバズーカチャンネル打った」
玄「あ、そうでした。バズーカチャンネル!」
怜「しかし、ここで絹ちゃんが…」
玄「だから、絹ちゃんはうちのチームです!」
怜「ちゃうって言うてるやんか!」
玄「ぐぬぬぬ…」
怜「ぐぬぬぬ…」
恭子「またも戻ってるやんか!」

一「フフフ。まあ聞いてて面白いから良いんだけどね」
一「ね?巴さん?」
巴「…」カキカキ
一「巴さん何書いてるの?」
巴「あ…」
一「…メガネ選抜?」
巴「え、えへへ…」


メガネ選抜=======================================
フォーメーション 4-5-1

4-2-3-1_1


監督:狩宿巴

GK:愛宕絹恵
DF:渋谷尭深
DF:沢村智紀
DF:古塚梢
DF:吉留未春
MF:船久保浩子
MF:安河内美子
MF:新井ソフィア
MF:百鬼藍子
MF:染谷まこ
FW:妹尾佳織

=============================================


怜「ちょいちょいちょいちょい!」
玄「巴さん!」
巴「いや、だってさあ…」
一「じゃあ、ボクはニーソ選抜でも作ろうかな…」
一「ゴールキーパーは愛宕妹さんで…」
怜「はーじーめー!」
一「アハハ。ボクも混ざりたくなって…」
恭子「まあ、絹ちゃんは人気やろなあ…」
恭子「関西弁選抜とか作れるんやないかな?」
恭子「ゴールキーパー絹ちゃん」
玄「恭子りんさん!」
恭子「ここまで来たら混ざりたいやないか!」

キャッキャッ

エイスリン「イイカゲンニシロヨ!」ドン!

怜玄巴一恭子「「「「「!」」」」」ビビクン!

エイスリン「エイチームニダキョウハキモンツダロ!」

怜玄巴一恭子「「「「「はーい」」」」」

怜「…」ドヤァ
玄「…」ドヤァ
巴「…」ドヤァ
一「…」ドヤァ
恭子「…」ドヤァ
エイスリン「…」ニコニコ

絹恵「え?ほんでウチは何したら良いんです?」

怜「や、今ワールドカップのな…」
絹恵「…!」キラン!
玄「皆でチームを選抜してね…」

絹恵「お、なになに?ワールドカップ?2014?」
絹恵「ほんなら任せてやー」
巴「いや、あのね?」
絹恵「やっぱグループAはなあブラジルは新星ネイマールに注目が集まって…」
一「あ、えーっと…」

絹恵「何よりブラジルの気候に慣れているという地の利があるもん」
絹恵「言わずもがなの優勝候補筆頭やんね」
絹恵「まあクロアチアにもルカがおるやん。ルカ。モドリッチやで?」
絹恵「モドリッチ、戻りっち、なんてな、やかましいわアハハ」

エイスリン「プーwwwwwwwwww」
玄「あ、お水お水…っと」

絹恵「でも五輪を制した団結力のメキシコもおるからなあ」
絹恵「この2つでの2位争いやねえ」
絹恵「まあ、カメルーンは…」
恭子「いや、あのな絹ちゃんな?」

絹恵「あ、Bに興味ありですか?」
絹恵「死のグループやねえ…いいとこ見てますね」
恭子「や、あの…」
絹恵「まあスペインはなあ攻撃サッカーもやけど」
絹恵「守備技術が魅力やからね?」
怜「やからね言われても…」

絹恵「2位はどこって?まあチリがありそうやねんけど」
絹恵「オーストラリアに期待したいやん?」
絹恵「なんたってアジア圏所属やもんなあ」
絹恵「オランダ?故障者がなあ…」
絹恵「ロッベンは怪我ないのが救いやね」
絹恵「まあ毛が無いんやけど、ってヤカマシイわあはは」

エイスリン「WADAwwwwww」
玄「エイちゃん!」メッ
巴「あ、お水持って行こう」トテテ

絹恵「まあやっぱりCグループが気になりますかね?」
絹恵「なんてったって日本がいますからね」
恭子「あ、うん、まあ」
絹恵「あ、やっぱり。はよう言うてくださいよ」バシバシ
恭子「いたた」
絹恵「もちろん1位通過ですよ。目指すは」
絹恵「コートジボワールはですねえ」
絹恵「当たり負けせずに走り勝つという…」

一「あ、ニーソ選抜なんだけどね…」
玄「ん?なになに?」

絹恵「ギリシャなあ。点取合戦になるんかなあ…」
絹恵「あ、ゲカスのタトゥーに注目が集まったり…」
絹恵「コロンビアなあ、ファルカオが離脱してるけどなあ…」

怜「ん?ちかちゃんは譲られへんよ?」
一「えー、でもほら、ニーソ選抜としてはさあ」
怜「ほんなこと言うたら新道寺取られてまうやん」
一「あ、哩欲しい」
怜「アカン。羊にせえ」
一「えーニーソじゃないもん」
怜「哩の姉御もニーソちゃうやん」
一「あれ?そうだっけ」
玄「そしたら姫子ちゃんでいいんじゃない?」
一「あ、そかそか」

絹恵「やっぱりDです?死のグループ2!」
絹恵「見どころがちゃいますねえ」
恭子「あ、あはは…」
絹恵「ほんまはウルグアイが頭ひとつ抜けてたんですけどね」
絹恵「スアレスがなあ、抜けてるのは痛いわあ。スアレスやもん」
絹恵「まあそこは、フォルランが」
絹恵「イングランドにイタリア、コスタリカ」
絹恵「このグループを抜けたどちらかと日本が戦いますからね?」
絹恵「注目しといてええと思いますよ?」
恭子「うん。そうなんや…」

一「えーっと片岡さんでしょ?あとは…」
巴「はっちゃんもじゃない?」
一「あ、そうだ!薄墨さん」
怜「あ、アカン。ニーソ選抜普通に強そうや」
玄「11人集まるかな?」

絹恵「あ、Eも忘れたらあきませんよね」
絹恵「フランス1位抜けは固いと思うんですけどね?」
絹恵「2位争いは面白いかもですよ?」
恭子「ふ、ふうん…」
絹恵「スイスがまたサプライズやらかす可能性もありますし」
絹恵「エクアドルの走力が…。ホンジュラスの…」

巴「あと誰だろ?」
エイスリン「コシガヤノタイショウ!」
一「八木原景子?あ、ほんとだ」
怜「これもうちょいでいけそうやな」
玄「ですねえ」

絹恵「Fは、アルゼンチンとボスニアでしょうけどね?」
絹恵「同じアジア勢としてはイランの…」

一「あ、玄だ」
玄「へ?」
怜「あ、ほんまや、ニーソやん」
一「あと、竜華頂戴」
玄「えー!?」
怜「え、ほんなら膝枕に玄ちゃんいれるわ」
一「ちょちょ、ダメだよ!」

絹恵「ここまで来たらGもいっときます?」
絹恵「ここはドイツやろけどなあ」
絹恵「ポルトガルのロナウド離脱がなあ…」
絹恵「まあ、でもガーナとアメリカは…」
恭子「ほお…ほほお…」

エイスリン「ユウカトサトミモシフクハニーソ!」
怜「ふむん?おお、ほんまやね」
玄「えー、友香ちゃんもー?」
一「ニーソはぎりぎりなんだよう」
玄「え、ちょっと待って竜華さんと友香ちゃん取られるの?」
一「あと原村さんは?」
玄「ちょ、とり過ぎだよ!?」
一「あ、恭子の変身後もニーソだよ?」
怜「うそやん!こっちからもとるんかいな」
巴「というか私服ありだと咲日和の3巻の…」
一「あ!怜と大星さんもニーソだ!」
怜「うわ、ほんまや!」

絹恵「最後のHですけどね?」
絹恵「ここは…ベルギーなんかなあ…」
絹恵「ロシアは名将カペッロが率いとりますからね」
絹恵「ただ環境の違いが…」
絹恵「アルジェリアは注目かもしれませんよ?」
絹恵「韓国は辛いかもしれませんねえ」
絹恵「あと見どころは…」
恭子「え、まだあるん?」

怜「ちょい、1回組んでみよ?」
怜「わりとあふれとるかもしれんし…」
一「一応かぶってるとこは避けてみるね」
玄「ええっと…。衣ちゃんと憩ちゃんと…」

絹恵「ふう。こんなところですかねえ」ツヤツヤ
恭子「う、うん。そか。お疲れな絹ちゃん」
絹恵「いえいえー、こんなお話ならいつでもー」
恭子「そかー、楽しんでなー」
絹恵「ほなら、お邪魔さまー」
恭子「はいはーい…」


ニーソ選抜=======================================
フォーメーション 4-4-2

4-4-2


監督:国広一

GK:愛宕絹恵
DF:大星淡
DF:園城寺怜
DF:八木原景子
DF:鶴田姫子
MF:薄墨初美
MF:片岡優希
MF:池田華菜
MF:荒川憩
FW:松実玄
FW:天江衣

=============================================

怜「うわ…。なんやこれ」
一「あれ?なんかとんでもない…」
怜「というかワハハ外すなや!」
一「いや、怜と大星さん入れたらさあ…」
玄「ええっと、じゃあ皆でチームができたところで…」

怜玄巴一「「「「絹ちゃんは譲れん!」」」」

恭子「もうええわ!」

エイスリン「エイチームハキョウモヘイワデス!」

カン!


ワーワー

恭子「ええと…。これはBブロックやんね」
玄「ですね!」
巴「白がスペイン?で青がオランダ?」
恭子「ええと…。多分そうやね」
一「あ、時代設定とか気にしちゃダメだよ?」
恭子「誰に言うてんの?」

怜「あ、こいつがロッペンやんな」
恭子「ロッベンやろ?」
怜「え?あ、ほんまや」
怜「ペの方カワエエやんな」
エイスリン「WADAwwwww」
恭子「フフッ」
玄「絹ちゃんのおかげでなんとなく分かりますねえ」
怜「ほんまやなあ」
一「多分すごーく、あさーいとこなんだろうけどね」
エイスリン「オマツリオマツリ!」

ホホー ワー ヒッカケラレタラピーケー?
ハンソクノキジュンガヨクワカラナイネ

恭子「おー」
巴「わ、漫画みたい」
怜「くにおくんサッカーのダイビングヘッドやん」
一「必殺シュート出ちゃうね」

ワーワ- コウハンヤネ

エイスリン「WADAガキタwwww」
怜「お、お、お」
恭子「わ、わ、わ」
一「この人がロッベンだよね?」
巴「あ、入った」
玄「わあ、すごい!」
エイスリン「WADAwwww」
恭子「ムフッ。エイちゃんロッベン好きやなあ」

怜「というかロッベンばっかり見てまうな」
一「正直肌の色と髪型でしか判別できてないもんボクたち」
エイスリン「WADAガンバレwwww」

アーコウイウノンモアリナン? イマノハキーパーノミス?ワカンナイ

一「というかキーパーの人のボール投げって凄いんだよね?多分」
怜「横からやと距離感分からへん」
巴「上から見ないと分からないねえ」
恭子「これ幅もものっそい広いんやんな」
玄「軽々蹴ってるように見えますけどね」

ワーワー

怜「お、これがあれやろ?スルーパス?」
巴「わかんない」
怜「しってんねんわたし。そういうの」フフン
玄「あ、この人!」
エイスリン「WADAガマタキタwwwww」
恭子「おーおーおーはやいなあ」
怜「お?お?どこまで行くねん」
巴「わわわ、ゴールまで行ったよ」
玄「お、お、お、お、お」
エイスリン「WADAAAAAAwwwww」

ワーワー

恭子「結局1-5やったね」
怜「オランダ応援しよかー」
エイスリン「ロッベンwwwwスゴイwwww」
恭子「ムフッ。ついに覚えたやん」
巴「あれ、でも絹ちゃんが言ってたのって…」
玄「えっと…。スペイン1位抜け的な」
怜「おや?オランダ勝ってもうたよ?」

ドアガチャー

絹恵「死のグループですから」
絹恵「朝起きて結果を知ったファンは驚愕するはずですよ」
絹恵「ほな」

ドアバタン

恭子「お…。そか…」
エイスリン「マタミヨウネ!」
玄「だねー」
巴「えーと、そもそも何してたんだっけ?」
一「忘れちゃった」

アハハー

エイスリン「エイチームハキョウモヘイワデス!」
エイスリン「ミンナモヨフカシニハチュウイシテネ!」

もいっこカン!