憧「ハルエのこと?」 灼「なんのことやら…」の続き
もしくは
霞「一口に姉妹と言っても…。色々な形があるからね」 初美「実感がこもってますねー?」の続き
もしくは
初美「望さんがお姉さんですもんねえ」 憧「う、うん」の続き
もしくは
巴「あぶない!」 春「久さん!」 の続きです。


ーーーーー大お泊り会実行委員会支部 迎撃隊サイド
仮設支部

ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!
ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!

透華「ええと…。分裂が行われないのは…」
煌「えー、吉留さん」
未春「はいっ」
煌「鹿倉さん」
胡桃「はいよ」
煌「龍門渕さんと井上さん、沢村さん」
透華「あとは、花田さんと染谷さんですわね」
優希「わたしもだじぇ!」
純「ああ、そうか。こいつは分裂解除済か」
まこ「…」ブツブツ


ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!
ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!


智紀「わたしはまだ動けない」カチカチ
透華「ええ、そのまま続けて頂戴」
まこ「…」ブツブツ
智紀「了解」
まこ「あー、そのことなんじゃがな」ツツツ
智紀「なに?」
まこ「ああ、進めててくれんさいや」
透華「ええ。津山さんが大好きなものを手に入れた今」
睦月「ウム!」スコヤンカード!
透華「こちらで守るべきはエイスリンさんただ1人」
エイスリン「オマモリクダサレ!」
まこ「…」ブツブツ


ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!
ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!


透華「…行くべきかしら?」
純「オレはそうするべきだと思う」
胡桃「わたしもかな。ウムァの群れはオリジナルウムァが消せる訳でしょ?」
睦月「オリジナルウムァ…」
胡桃「あ、いやいや、ごめんね。わたし名前覚えてるの苦手で…」
睦月「津山睦月です…」
胡桃「ええと、津山さん津山さん…。うん覚えた!」
睦月「なんかすみません」
胡桃「いやいや、こっちこそごめんね!」
胡桃「それで…。オリジナルウムァが」
エイスリン「オボエタイミガネエ!」
まこ「…」ブツブツ

純「津山がカードと一緒に触ればウムァは消えるはずなんだよな」
睦月「おそらくは…」
未春「でも、あの雀牌投げは脅威ですよ…?」
純「…確かにな」
まこ「…」ブツブツ
純「あんなものが当たったら…」
純「当たったら…」
純「…」
純「…わりと大したことねえんじゃねえの?」
まこ「…」ブツブツ

未春「でも痛いじゃないですか!」
純「いや、まあそりゃ多少は痛いだろうけど」
未春「骨に当たったりしたら…すごく痛いですよ!」
純「でも折れはしないよなぁ…」
睦月「ちょっとは我慢しますよ」
透華「…いえ、そんな危険は冒すべきではありません」
透華「勝つならあくまでエレガントに!」
まこ「…」ブツブツ

胡桃「厚着したらいけないかな?」
純「ん?」
胡桃「いや、流石に素肌に当たったりしたら痛いけど…」
胡桃「何枚か重ね着してたらダメージも軽減できるんじゃ…」
純「なるほど!」
透華「いいですわ!いいですわ!」
透華「それなら…」キョロキョロ
透華「…」
透華「…夏ですものね」
純「そもそも皆大体薄着だもんな」
透華「…純の下は長いですのね…」
純「やだよ!」
透華「ですわよね。厚着作戦は却下ですわね」
まこ「…」ブツブツ

煌「阿知賀の松実宥さんがいてくれたらまだ…」
純「あんたはなんか作戦はあるかい?」
煌「作戦ですか?うーん…」

煌「作戦とは違うのですがね」
純「ん?」
煌「1つ気になっていることが有りまして…」
純「なんだい?」
煌「先ほどゆーきが分裂した時を思い出してもらえますか?」
優希「面目ないじぇ…」
煌「そして、こちらの津山さん」
睦月「うむ?」

煌「違うところ、気づきませんか?」

透華「違うところ?」
煌「ええ、どうにもそれが引っかかってるのですよ」ンー
エイスリン「ワカラン!」
煌「他の方はどうです?」
煌「窓の外の分裂津山さんを見てください」

ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!
ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!

胡桃「あ!頭の上!」
純「頭の上?なんもねえぞ?」
胡桃「うるさい!わたしのじゃなくて!ウムァの!」
純「ああ、(ふたば)とか書いてあるやつ…」
純「…ん?」
煌「思い出されました?」
煌「さきほどゆーきの頭の上に本編と浮かんでいたのを」

煌「そこの津山さんには何故無いのでしょう?」

睦月「う、うむ!?」
未春「も、もしかして…」
透華「どうしましたの?」
まこ「…」ブツブツ
未春「既に入れ替わっているんじゃ…!?」
純「なにぃ!?」
睦月()「いやいやいや!」

煌「おや?」

睦月(本編)「ずっと一緒に…って鶴賀が誰もいない!」
純「あれ?本編?急に出てきたぞ」
透華「ほんとですわね…」
まこ「…」ブツブツ
睦月(本編)「そ、そりゃそうですよ。だって本物ですから…」
胡桃「なんで、急に出てきたんだろ?」
エイスリン「ワケワカランシ!」

まこ「なるほどの…」
純「なんだ?」
まこ「じゃあ、その方向でよろしゅうな」
智紀「分かってる」
まこ「任せるわ」
純「なにがなるほどなんだ?」
純「ていうかアンタ大丈夫か?」
まこ「ん?」
純「いや、なんかさっきからブツブツ言ってるし…」

まこ「あ、いやすまんすまん。大丈夫じゃよ」
純「ならいいんだけどよ…」
まこ「いや、なんとなあく、仕組みが見えてきたと思っての」
純「仕組み?」
まこ「ま、話せるようになったら話すわ」
純「なんだそりゃ?」
まこ「さっきあんたと白糸台の部長が雑談してたやつ」
純「ん?怖い話がうんたらってやつか?」
まこ「そそ。わりと的をいてるかもしれんの」
純「え?」

まこ「ほんで?花田さん他に気になってることは?」
煌「うーん…。分裂人格を消す方法なのですがね」
まこ「ん」
煌「先ほどゆーきが分裂した時は…」
煌「わたしと東横さんが分裂人格にタッチして消去しましたよね」
まこ「ほうじゃったのう」
煌「それによってゆーきの人格分裂は解除された、と」
優希「そうだじぇ!」
煌「では、津山さんの場合はどうなのでしょうね?」
純「どうって?」
煌「窓の外は見渡す限り津山さんですが…」
煌「もしかしたらその中の1人だけでも消去できたら」
煌「分裂人格が全員消えるということがあり得るのかなあと…」

純「そうはならねえんじゃねえの?」
煌「そうでしょうかね?」
純「うーん…。分からねえけど」
煌「試してみましょう」
純「え?」
煌「無計画に突進するよりは有意義でしょう?」

透華「あの中の1人だけおびき寄せるということですの?」
煌「まあ方法はどうだって良いんですけどね?」
煌「なにより、全員消去できなかったとしても」
煌「おそらく津山さんの人格分裂は解除されるはずです」
煌「そうなれば後は少しづつでも消去していけば…」
未春「いつかは終わりますね!」
純「気の長い話だよなあ…」
煌「わたしと染谷さんが同時に触っても消去はできますからね」
まこ「どれ、ワシの出番かの」ドオラ
煌「もうちょっと後ですね」
まこ「むう、そうか」

煌「あとは…。そう。ちょっと貸してくださいね?」
睦月「うむ?」スコヤンカードワタシ
煌「元人格の大好きなものは…」
煌「分裂人格も同様なのか…とか」カードヲマドノソトニチラ…

ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!
ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!

ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!
ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!

ウムァ!ウムァ!ウムァ!ウムァ!
ウムァ!ウムァ?ウムァ!ウムァ!

ウムァ?…

煌「うふふ、どうやらあの個体だけ気づいたようですね」
純「あんたわりといい性格してるのな…」
煌「いえいえ、そんなことは無いのですけどね?」
煌「ただ…」
煌「わたしの可愛い後輩にすばらくないことをすることは」
煌「許すことはできないですからね」スバラ!

優希「花田先輩…」

煌「さてさて、では実験の開始ですね」キラン

まこ(さあて久よ…)
まこ(こっちの可愛い後輩も頑張っとるぞ…)
まこ(そっちはなんとかしんさいや…)


ーーーーー大お泊り会実行委員会支部 攻撃隊サイド
宿泊所前

和(SS)「のどっちバリアー!」
尭深(SS)「ファック!やっぱずりいよアレ!」
誠子(SS)「攻撃が一切通らないか…」
淡(SS)「また全員ふっとばしちゃおうかー?」ヘラヘラ
誠子(SS)「ダメだ。こっちのダメージがでかい」
淡(SS)「そっかあ。もうそこらへんどうでもいいんだけど…」
菫(SS)「自棄になって自爆とかやめろよ」
淡(SS)「んー…。でも接近戦は任せるよー?」
誠子(SS)「囲むしかないか…?いや、この人数では…」
灼(SS)「連続シャープシュート(笑)」ヒュンヒュンヒュン

ドスンドスンドスン!

菫(SS)「おわあ!」
憧(SS)「ヒュー!やっぱり遠距離攻撃あると楽だわあ」
竜華(SS)「あらたそ調子戻ったらしいし、こっちも行くで!怜ちゃん!」ナー


照(ドラマCD)「こ、ここまで来て…」
久「あ、あはは…。なんか悪いわね」
美穂子(本編)「あ、あの…。これは、一体…」
久「ごめんなさい美穂子。説明は後」
照(ドラマCD)「悪運の強いやつめ…」
久「あら、ありがとう。褒め言葉でしか無いわ?」
照(ドラマCD)「くそっ…。こうなったら…」
久「…どうするって?」

照(ドラマCD)「淡!」
淡(SS)「なにー?」
照(ドラマCD)「どれだけ吹き飛ばせる?」
淡(SS)「こっちのダメージ気にせず?」
照(ドラマCD)「気にせずだったら?」
淡(SS)「人間だけ?」
照(ドラマCD)「建物含め」
淡(SS)「木っ端微塵にするなら50m4方くらいかなあ」
照(ドラマCD)「尭深」
尭深(SS)「ヤー」
照(ドラマCD)「あの公園くらいは?」
尭深(SS)「ハゲの荒野にできるだろ」
久「あんた何考えてるの?」

照(ドラマCD)「これから…。」
照(ドラマCD)「あの公園を爆破させる」

久「!?」
照(ドラマCD)「それが嫌ならあいつらを止めなさい」
久「…」
照(ドラマCD)「まずはそこから、それからわたしたちの目的を…」
久「和!」
和(本編)「はい?」
久「分かってるわね?」
和(本編)「何がですか?」
久「…止まるんじゃないわよ」
照(ドラマCD)「!?」
和(本編)「分かってます」
照(ドラマCD)「何を考えている!?お前の可愛い後輩が…」

久「可愛い後輩?優希のこと?」
照(ドラマCD)「それもそうだし!もう一人いるだろう?」
久「はっ!まこの事?」
久「まこが可愛い後輩ねえ…」クックック
照(ドラマCD)「どうなっても良いって言うの!?」
久「なんかあの子も勘違いしてたみたいだけど…」
久「あの子は可愛い後輩なんかじゃないわ」

久「あの子はわたしとって…」
久「おっかないけど頼りになる」

久「相棒よ」

美穂子(本編)「…!」ズキン

照(ドラマCD)「くっ!馬鹿なことを…」
照(ドラマCD)「淡公園へ行け!」
淡(SS)「めんどーい」
照(ドラマCD)「いいから!」
淡(SS)「アイアイサー」シュッ

久「弘世さん!」

菫(本編)「やれ亦野!」

照(ドラマCD)「な!?」

誠子(本編)「もー!外れても怒らないで下さいよっと!」シュン
淡(SS)「わわわ、足になんか絡まって…」
誠子(本編)「うわあ…。いけるもんだなあ」
淡(本編)「おっしゃ!わたしを引っ張れー!」グイグイ
誠子(本編)「あ、今回は手伝ってくれるんだ」
淡(本編)「たまには!」
誠子(本編)「あ、たまにはとか言っちゃうんだ」
誠子(本編)「っていうか先輩!ちゃんと説明しておいてくださいよ!」
誠子(本編)「戻るなら戻るって!」
菫(本編)「敵を騙すにはまず味方からってな」
誠子(本編)「意味が無いでしょう!?」
菫(本編)「ん?意味?意味ってなんのだ?」
誠子(本編)「もーやだー!」

照(ドラマCD)「なんであいつらが…」
久「まだ切り札って訳じゃないのよ?」
久「ただ…使えるものは使わないとね?」デンワミセー
照(ドラマCD)「通信網は使えないはずじゃ…!?」
久「さあ、どうなのかしら?仕組みはよく分からないの」
久「ねえ?まこ?沢村さんに聞いといてもらえる?」

まこ『なにを言うとるんじゃ緊張感のない…』

照(ドラマCD)「!?」
照(ドラマCD)「既に公園側に情報を伝えていたのか…」
久「リアルタイムでね」
まこ『ま、皆にはまだ内緒にしとるけどの』
まこ『なんや独り言の多いかわいそうな子扱いされとるわ』
久「頼りにしてるわよ?相棒」
まこ『「わしゃあ可愛い後輩じゃけえの』
久「はいはい」
照(ドラマCD)「公園側の危険察知は十分ってことか…」
久「あとは白糸台ね」
久「誠子には期待してたから」

誠子(本編)「あ、名前…///」
淡(本編)「ちょっとー!亦野先輩!踏ん張ってよ~」アワー
淡(SS)「ぐーぬー、あーしーがー…」

照(ドラマCD)「くっ…」
久「ね?そろそろ返して?」

久「わたしたちの世界の日常」

照(ドラマCD)「…ふふ」
久「ん?」
照(ドラマCD)「ずいぶん二転三転してるけど」
照(ドラマCD)「まだこっちにも切り札ってのはあってさ」
久「ふぅん?」
照(ドラマCD)「あれは、まだ切り札って訳じゃないんだけどね」

巴「…ひ、久ちゃん…」
久「どしたの?巴?」

照(ドラマCD)「ジョーカーではあるんだよね」

巴「宮永さんが…!」
久「えっ!?」

恭子「なんやこれ…」
照(本編)「ハァハァ…ハァハァ…」
恭子「あー。もう喋られへんようになっとるやん」
恭子「ほれ、ミネラルオーター」
照(本編)「フムッフ。ゲッホゲッホ!オーターって…。ウッフ」ゲホゲホ
恭子「あーあー、かわいそうにゆっくり飲みや」

菫(本編)「ほら!ほらな!」
菫(本編)「味方から欺いたら照と合流できたろ!?」ドヤァ

照(ドラマCD)「彼女はどっちの味方になるのかな?」
久「…!」


ーーーーー大お泊り会実行委員会本部 外出部隊サイド
大会会場側

セーラ「アカン…。わりと姫様足速いで…」トテテ
漫「ホンマですね」トテテ
白望「ちょ…。ダル…」トテテ
セーラ「シロロ足はやいんな。驚きやわ」トテテ
白望「全力…。限界が近い…」トテテ

ウオオオオオ!

セーラ「お、シズモン追いついてきよったで」
穏乃「負けませんよぉぉぉ!」ドドドドド
白望「別に勝負してるわけじゃ…」
漫「結構距離来ましたよね」
穏乃「追いつきましたよおお」ドドドド
セーラ「おつかれおつかれ」
穏乃「会場近くまで来ちゃいましたね」
漫「会場?…あ、ほんまやね」
白望「そっか…。もう会場まで来たのか…」

セーラ「姫様は…あ、あっこやな」
セーラ「おーい、姫様ー」

ブロオオオ!

セーラ「なっ!」
漫「車!」
穏乃「わっ危ない!」
白望「なにやってるんだ!あの馬鹿車!」

ブロオオオ!

ギュウオオオオオオ!

ドンッ…!


白望「!!!」


白望「小蒔!!!!」


カン!

その34へ続く!

【咲-Saki- ドッペルSS】Index