-------------------???
エイチーム事務所

エイスリン「…」ニコニコ
玄「上から!」
怜「下から!」
玄「もー!なんで分かってくれないんですかー」
怜「アカンわ。これは譲れへん」
玄「ぐぬぬぬ…」
怜「ぐぬぬぬ…」

エイスリン「…」ニコニコ
巴「ちょちょちょ、どうしたの2人とも」
巴「いっつも仲が良いでお馴染みなのに…」
玄怜「「あ、ええいところいいや玄ちゃとんがころに巴さん」」
巴「うん。巴さん、だけ理解できたかな」
巴「1人づつお話しようね」
玄怜「「じゃあほまずらわたし怜さいやんほんがま悪んい玄ちゃんやかんでらってす」」
巴「1人づつの意味分かってる?」

エイスリン「…」ニコニコ
怜「わたしからしゃべる!」
玄「いやいやここはわたしが」
怜「まあまあ、ここは任せて」
玄「おやすみになっていて」
怜「ほんまにほんまに」
玄「そんなそんな」
巴「もう!一体なんなの!」
エイスリン「ヤメロヨ!」ドン!

怜玄巴「「「!」」」ビビクン!

エイスリン「エイチームデマジギレキンシダロ!」

怜玄巴「「「はーい」」」

怜「…」ドヤァ
玄「…」ドヤァ
巴「…」ドヤァ
エイスリン「…」ニコニコ

一「…え、なに?どうしろって言うの?」

怜「うん。つかみはおっけーやんね」
玄「ですねえ」
一「うわあ、意味がわからない」
巴「ほらこう…。わたしたちぽやーっとしたイメージなのに」
巴「急に喧嘩してたら気になるじゃない?」
一「言っちゃうんだそういうの」
怜「で、はじめはどっちやねん」
一「皆目検討もつかないよ?」
玄「上?」
怜「オア下?」
一「なにの?」
玄怜「「…はぁ」」タメイキ
一「わあ、もの凄く馬鹿にされてる」
エイスリン「…」ニコニコ

巴「ということで今日は新しいメンバーを募集しましょう」
一「巴さんがそういうことやりだしたらボクひとりになっちゃうよ!?」
怜「あれやね。やっぱりここにいないようなんがええな」
玄「かぶっちゃうとアレですからね」
一「進めるの!?」
巴「じゃあ、それぞれの担当をはっきりさせようか」
一「ともえさああん…」
エイスリン「…」ニコニコ

怜「はじめはツッコミ担当やんな」
一「やだ!」
怜「えと、ほんでえ…」
一「聞いてよ!」

怜「わたしは園城寺怜」
怜「ポジションは膝枕や!」
一「ポジションってなに!?」
玄「わたしは松実玄」
玄「パートはおもちです!」
一「パート!?バンドか何か!?」
巴「狩宿巴です。ええっと…」
巴「…」
怜「…」
玄「…」
一「…」
エイスリン「…」ニコニコ

巴「…ポニテ担当」ボソ
怜「ん?なんて?」
巴「ポニテ担当!」
怜「はじめとかぶってるやん」
巴「うわああああん」
玄「あーあ…」
一「えっ!ボクが悪いことになるの?」

一「あ、じゃあ!ほら!メガネ担当!」

ドアガチャッ

まこ「よんだ?」
怜「よんでへんわ!」
まこ「そら残念」

ドアガチャッ

巴「うう…」イジイジ
一「あ、あ!ほら!じゃあ最新の…」
一「ジャケット担当!BD3巻!多分発売中!」ババーン!
玄「…ど真ん中にエイスリンさんが…」
一「しまった!」
巴「うううう…」イジイジ

怜「巴は一旦おいとこ」
一「えー」
玄「はじめちゃんはツッコミ担当でぇ…」
一「だからやだってば!」
怜「ほんならなんやのん」
一「えーっとね…」
一「…」

怜「うん。じゃあセクシー担当な」
一「よりやだよ!」
怜「そこ否定すんのは無理あるやろ」
一「そういうんじゃないから!」
玄「じゃあツッコミだよ」
一「やあああだああああ」

巴「ふーんだいいもんいいもん…」ペラッペラッ
怜「ほらあ、はじめが決めへんから…」
玄「巴さんがトランプで1人遊びしだしちゃったよ!」
一「あっ!ほら、じゃあマジック担当!」
怜「えー」
一「いいじゃんかー、それでー」
玄「つまんなーい」
一「本音が聞こえたよ!?」

怜「あ、トランプって言えばやな」
一「ん?」
怜「トランプをトランプ言うん日本だけなんやて」
玄「え?え?どういうことですか?」
怜「や、トランプって切り札いう意味で」
怜「日本語のトランプはプレイングカード言うんやってさ」
玄「へええ」
怜「なー」
一「…今する話かな!?」

巴「…無料ガチャでもしよ…」スイッスイッ
怜「あー、はじめが余計なこというからー」
玄「巴さんがスマホでゲームしだしちゃったよ!」
一「ボク関係なくないかな!?」

玄「あ、スマホといえば」
怜「ん?」
玄「この間石戸さんがですね」
玄「ツイッターをトゥイッターって言ってて」
玄「すっごく可愛かったんですよ」
怜「ふはwwwそういやYouTubeのことようつべ言うとったな」
一「一周回って正解だよ!?」
一「というか何の話!?」

アラアラウフフ… 

皆「!」ゾクッ

一「ほ…」
怜「他の話しよか…?」
一「それがいいよね!」

アラアラ…イノチビロ…

玄「ああっ…、またおもちのようなおそろしいような気配が…」
怜「とんでもなく物騒なこと言うとったな…」
玄「あっ、おもちといえば…」
玄「やっぱり上からだよね!」
怜「下からやって!」
一「そこに戻っちゃうの!?」

巴「えっとヨコの2の鍵が…」
怜「ほらぁ!はじめが早く答えへんから…」
玄「巴さんがクロスワードパズルやりだしちゃったよ!」
一「だから上とか下とか何の話なのさ!」
玄「もー!そこにテレビがあるでしょ?」
一「あるけど…」
怜「かわええ女の子がうつったとするやん?」
一「ん?」

玄「そしたら上から覗きこむように見るでしょ?」
一「ん?ん?」
怜「ちゃうって下から覗きこむように見るやんな?」
一「んんん?」
玄「上!」
怜「下!」
一「うん。ちょっと待って」
一「なんで覗きこむの?」
玄「角度が…」
怜「こう…、角度がついて中身が…」
一「見えないよ?」

怜「なんでやねん!」
玄「胸元がゆるかったら上からいくでしょ!」
怜「きわどいスカートやったら下からいくわ!」
一「えっと…、馬鹿なのかな?」

怜「なんやとお!」
玄「許せないのです!」
一「意味がわからないよ!」

エイスリン「ヤメロヨ!」

怜玄一「「「!」」」ビビクン!

エイスリン「エイチームデマジギレキンシダロ!」

怜玄一「「「はーい」」」

怜「…」ドヤァ
玄「…」ドヤァ
一「…」ドヤァ
エイスリン「…」ニコニコ
巴「えっと銀成らずで王手かな…」パチッ

恭子「…これを見てわたしにどうしろ言うん?」
恭子「言うか狩宿が詰将棋してるやんか!?」

怜「と、まあここまでで一個のパターンやんな」
恭子「長い長い!」
玄「どうでした?」
恭子「なにが?」
玄「何ギガバトルでした?」
恭子「単位がでかい!」

巴「あー…今週の特集は…」ゴロゴロ
怜「ついに巴がソファに寝そべって麻雀TODAY読みだしたで!?」
一「ボクのせいじゃないよ!?」
恭子「…。分かった」
一「何が!?」
恭子「玄はおもち」
玄「はい!」キョシュ
恭子「園城寺はふともも」
怜「はい!」キョシュ
恭子「つまり玄は上半身、園城寺は下半身」
一「そういう区切りやめようよ!?」
恭子「2つを併せ持ったところを狩宿が担当すればええ」
一「何いってんの!?」

怜「ふむん」
玄「なるほどなるほど~」
一「どこに納得する部分があったの!?」
怜「おしり?」
玄「直接的すぎません?」
怜「んー…」
玄「んー…」
一「真剣に悩んでるよ…」

………。
…………………。

巴「えっと上の絵の窓が閉まってて…後3つ…」
怜「巴!間違い探しはやめて聞くんや!」
巴「えっ、なに?どうしたの?」
玄「巴さんの担当が決まりました!」
巴「…わたしなんて…」
一「巴さんはふくらはぎ担当になったから」
巴「えっ、なんで?」

怜「おもちと膝枕の融合がふくらはぎという結論にいたったんや」
巴「なにがどうなったらそうなっちゃうんだろ」
玄「そしてエイチームふくらはぎ選手権優勝者の巴さんが…」
巴「いつのまにやら」
一「ふくらはぎ担当になりました!拍手!」

パチパチパチパチ

巴「わたしふくらはぎ担当でいいの?」
怜「もちろんや!」
巴「やったー!」

パチパチパチパチ

怜「ほんで恭子りんは巻き込まれ担当な」
恭子「えっ?」
玄「頼りにしてますよ恭子りんさん!」
恭子「いや、えっ…。まあ、あの恭子りん言うなや」

パチパチパチパチ

恭子「えっ?わたし知らん間にメンバーになってんの?」
恭子「…めげるわ…」

エイスリン「…」ニコニコ
エイスリン「エイチームハキョウモヘイワデス!」

カン!