揺杏「おとな?」 爽「おや?どこを見たのかな?」の続きです。

-------------------
劔谷高校

梢「森垣さんは大丈夫でしょうか」イーピンヲカオニグリグリ
莉子「ふぁかりまふぇんが…」グラレグラレ
澄子「えい」ペシ
梢「あいた」
美幸「ちょ、わたしじゃないのよもー!」
澄子「さっきから先輩は…」ハァ
美幸「もー!」

梢「順調に他のチームも決まっているようですしね」
美幸「わたし達こんなのでいいのかなあ…」
梢「まあ慌てたって結果は変わりませんよ」
莉子「も、もうわたし達でチーム決めちゃいますか…?」
美幸「つまんない」
莉子「えー…」
美幸「だってさあ、せっかくの機会なんだしさあ」
澄子「わたし達だって全国2回戦出場高校ですからね」
莉子「負け方にインパクトはありましたねえ」トオイメ

梢澄子美幸「「「…!!」」」

莉子「あ、いえいえ、大丈夫ですよ?」
莉子「でも、ほら、ほんのちょっとの差で準決勝進出だった訳ですし…」
莉子「見てる人はいるんじゃないかなあ、と」
美幸「ちょっと阿知賀と千里山のインパクトがねえ」
梢「…越谷女子高校と結託でもしてみますか?」
澄子「え?」
梢「あの2校と同時に戦った戦友でもありますしね…」
美幸「でも、ほら、あそこの部長さんがとんでもないことに…」
澄子「あれは反則ですよね」
莉子「臨海のネリーちゃんでしたっけ?」
美幸「そうよもー」

莉子「…でもわたしは、高鴨さんの方が怖いなあ、やっぱり」

梢澄子美幸「「「…!!」」」

莉子「あ、いえいえ、大丈夫ですよ?」
莉子「ていうか、先輩方の方が気にしてるじゃないですか!」
美幸「ま、まあそうなんだけどお」
莉子「高鴨さんにね」
澄子「ん?」
莉子「リベンジしたいなあ」
梢「やりなさい」
莉子「え?」
梢「存分に」
莉子「アハハ。もちろんですよー」

prrrrrrrr…

美幸「ん?誰のー?」
莉子「あ。わたしのです。ちょっと失礼して…」トテテ

美幸「これは、ひょっとするとひょっとするのかしらもー」
澄子「…ありえますね」
梢「喜ばしいことじゃないですか」
美幸「でもでも先輩としての立場がー」

エー!

梢澄子美幸「「「…!!」」」

美幸「えっ、あんなに驚くこと…?」
澄子「大物かもしれません」
梢「喜ばしいですね」
美幸「誰かな誰かな?」
澄子「まだチームが決まってない大物は…」


……………。
…………………………。

莉子「あ、もどりました…」
美幸「じゃあせーので言うからね」
莉子「え?」
美幸「せーの」

梢澄子美幸「「「メガン・ダヴァン!」」」

莉子「え?なにがですか?」
美幸「ちょ、もー。誰からの誘いだったのかクイズでしょもー」
莉子「あ、ああ。そういうことで…」
澄子「さっきの驚きようからすればかなりの大物かなあって」
莉子「あ、あはは…」
梢「で、みんなでパンフレットを見て予想してみましたが」
美幸「当たり?当たり?」
莉子「い、いえ…。違います」
美幸「ああん!違うかあ」
澄子「じゃあ、誰だったの?」
莉子「そ…」
美幸「そ?」

莉子「そんなん考慮しとらんよ…」

美幸「えっ、それって…」


prrrrrrrr…
prrrrrrrr…
prrrrrrrr…

梢澄子美幸「「「…!!」」」

美幸「えっと…」
澄子「…シンクロニシティ」
梢「いや、違うでしょう。使い方が」
澄子「言いたかったので」
梢「ならば仕方ありませんね」

美幸「これは劔谷フィーバー来ちゃったかな?もー!」


-------------------
霧島神宮 道場

灼「…」
菫「…」
花子「そりゃ!」

ゴロゴロー カーン!

花子「おーし!ストラーイク!」
灼「これはやられ…」
菫「おー、凄いな浅見」
花子「ニッシッシ!ボウリングは得意なんだよん」

セーラ「おおおい!」

菫「なんだ江口大声を出して」
セーラ「なんだとはなんやねん!こっちの台詞やろ!」
灼「うるさ…」
セーラ「うるさ…。どの口が言うねん!どの口が!」
セーラ「なんっで!ボウリングめっちゃしてんねん!」
菫「めっちゃって…。まだ3ゲーム目だが」
セーラ「十分すぎるわ!」
灼「混ざりたいならそう言えば…」
セーラ「ちゃうわ!」

憧「へえー、新免さんのシャンプーこういうのなんだあ」
那岐「うん。史織に教えてもらったんだけど」
史織「那岐ちゃんそういうの全然だったんだけどお」
史織「教えたらハマっちゃったんだよね~」
初瀬「えー、そうなんですかー」
那岐「ちょっとやめてよ史織」
セーラ「こっちはこっちで乙女か!乙女チックか!」
憧「あによ、うっさいわねえ」
セーラ「ひゃああああ!オレか!?オレが悪者か!?」

セーラ「お前ら一体何部やねん!」

皆「麻雀部」

セーラ「キャアアアア!しれっと、しれっと言ったアアア!」
花子「wwwww」
憧「ちょっと誰か説明書ー」
セーラ「江口セーラの直し方、ってやかましいわ!」
菫「ほほう、今のがノリツッコミか」
灼「さすがの切れ味…」
セーラ「嬉しくない!嬉しくないよ!」

尭深「これが霧島茶…」ズズズ
明星「どうですか?」
尭深「おいしい」ニッコリ
セーラ「お茶してるううううう!」
初美「もー。暴れすぎですよー」
セーラ「だってえええ!麻雀んんん!」
湧「意外や意外。江口さんが一番真面目なんですねえ」
尭深「あ、そういえば、このあいだのコスプレ巫女写真が…」
湧「あ、見たい見たい」
セーラ「やめてえええええ!」
花子「wwwww」

prrrrr

セーラ「お電話やでえええ!」
憧「もう条件反射で突っ込んでるわねwww」
史織「あ、わたしだ~」
史織「はいはい~えっ?はい、そうですけど~」
花子「おんや?もしかして…」
憧「ん?どしたの?」
花子「やや。チームの誘いなんじゃないかなあって」
初瀬「あっ…」
憧「そっか。史織ちゃんはメンバーじゃないんだった」

初美「結果だけみれば、永水と越谷は同じですからねー」
花子「ま、中身は大分違うけどねん」
初美「負けは負けですからねー」
初瀬「耳が痛い…」ジロ
那岐「心も痛い…」ジロ

憧(く、玄ーーーーーー!)

尭深「そういえば…」ズズズ
明星「はい?」
尭深「戒能プロは…?」
明星「ああ、良子さんは…」
初美「なーんか企んでるんですよねえ」
明星「あの方たちが出発されるとほぼ同じに…」
尭深「あ、出かけたんだ」
明星「ええ」

尭深「はっちゃんも知らないの?」
初美「わたしだけハブなんですよー」ブー
湧「巴さんと霞さんもなんかあるみたいだったしね」
明星「姫様絡みなのかもしれませんね」
湧「えっ、まさか…」

初美「いいですいいです」
初美「ハブにするならいいですー」
初美「全員パパっとやっつけちゃいますからねー」
尭深「そうだね」ニッコリ

菫「こうか?」シュッ
灼「ちょっとちが…まっすぐ抜くように…」シュッ
菫「ほうほう」

セーラ「ボウリングのお勉強するなやああ!」


-------------------
有珠山高校屋上

ババババババババ!

誓子「…」ポカーン
由暉子「では、行ってまいりますね」
誓子「う、うん…。気をつけてね…?」
由暉子「なにをどう気をつければよいのか…」
誓子「そ、そうだよね…」
爽「いいなー、いいなー、揺杏と由暉子いいなあ」
揺杏「ふはは、めっちゃ怖い!」

ババババババババ!

ハギヨシ「では行きますよ」
爽「わー、浮いたー!すげー!」
揺杏「あーっはっはっはっは!なんだこれー!」
由暉子「これは新しい感覚ですね…」
誓子「よ、よろしくおねがいします」ペッコリン
ハギヨシ「はい、お騒がせしました」
ハギヨシ「シーユーナーゲン!」

ババババババババ!
ババババババババ…
バババババ…

誓子「…」ポカーン
爽「いいなあいいなあ…わたしも乗りたかったなあ」
誓子「…」ポカーン
爽「…。おーい?」
誓子「あ、うん。あまりのことに…」
爽「自家用ヘリコプターって本当に存在するんだなあ」
誓子「一体どういうことなの…」

爽「やってくれるな魔境長野…!」

誓子「ま、まあ無事だといいね…」
爽「…」
誓子「ん?どしたの?」
爽「…ふたりっきりだね」モジモジ
誓子「うん。じゃあ部室に戻ろうか」スタスタ
爽「おーい!なんだよーつきあえよー」トテテ
誓子「はいはい」

爽「部長のいけずー」ブーブー
誓子「でー…。どうするの?」
爽「ん?チーム?」
誓子「そ」
爽「まあ、決まってるようなもんなんだよ」
誓子「ふぅん?」
爽「…なあ」
誓子「ん?」
爽「…いや、なんでもない」
誓子「なにそれ」
爽「…大丈夫だとは思うんだけど」
誓子「…真面目な話?」
爽「ん」

爽「戻れなくなったら頼むね」

誓子「…そういう方向?」
爽「多分」
誓子「そっか」
爽「あれ?なんかそっけない?」
誓子「選んだのはアンタでしょうに」
爽「ま、そうなんだけどさあ」
誓子「わたしは、ぽやぽややるからね」
爽「それで良いと思う」
誓子「勝算は?」
爽「わかんにゃい」
誓子「でも、やりたいんでしょ?」
爽「ま、ねー」
誓子「じゃあ、なんにも言わないよ」
爽「ん」

誓子「あれ?部室にだれかいる…?」
爽「あら、お迎えだわ」
誓子「お迎え?」
爽「多分ね」

ドアガチャー

爽「ほらね」
良子「なにがほらねとアイシンク」
誓子「戒能さん…」
良子「お邪魔イングナウ」
爽「ほんとですよ」
良子「アイサッド」
爽「ちょっとくらいはいいでしょ」
良子「覚悟は決まったかな?」

爽「やらいでか」ジロ

良子「グッド。いい目をしています」
爽「こんな時くらいはね」
良子「ユーがオーケーならチームはディサイデッド。つまり決まりです」
爽「他の2人はもう?」
良子「オルレディ」
爽「そっか」

誓子「なんで普通に会話できるの!?」
良子「どうしました?つまりワット?」
誓子「逆逆。いや、もはや逆かどうかもわからないですよ!?」
良子「してやったーり」
誓子「ぽく言ってるけどまんま日本語!?」
良子「アイノウアイノウ」

誓子「イフ、があったら怒りますからね」
良子「とらないでよ」
誓子「いじわるしました」
良子「…なんとかなると思います」
誓子「わたしが言うことじゃないですけどね」
良子「調整は必要」
誓子「あんまり余計なことに巻き込まないでくださいね」
良子「そうしたいのは山々なんだけどね」
誓子「…」
良子「わたしも全力。ドゥアイベスト」
誓子「頼みますよ」
良子「任せて」

爽「じゃあ、もう申請するの?」
良子「イエス、爽が良いならすぐにでも」
爽「そっか。じゃ、思い切ってやっちゃってくださいな」
良子「オーライ」ピッピッ

良子「すぐにでも出発しますかね」
爽「はいよ」
誓子「わたしも一緒に行きます」
爽「そうなん?」
誓子「チームは別に組むけどね」
爽「…分かった」

良子「あなたたちで…」
良子「神様とやら、こき使ってやりなさいな」
爽「了解!」


========================エントリーNo.022

獅子原爽(有珠山高校3年/チームリーダー/特別招待選手)
姉帯豊音(宮守女子高校3年)
狩宿巴(永水女子高校3年)

チームコンセプト:
降ろし、使い、祓う。そしてまた使う。
神様ってやつに振り回されるのはもう終わりにしてやる!

=======================================

カン!

その21へ続く!

【咲-Saki- 3on3SS】Index