くろもちです。

ブログサイドバーについている
メッセージ欄。
このブログに来て
活用してくださる方が多くいらっしゃいます。

ただコメント欄と違ってきちんとお返事できなかったり
まあ、そもそもお返事を期待していないであろう
ちょっと厳し目なご意見だったり
色々頂戴します。

前回返答記事を書いてから
気づけば半年近く経過しておりましたので
久しぶりに返答記事をば。


まず、ブロード さんから頂戴しましたメッセージ。
記事リクエストでした。

かなり貴重な入場テーマシリーズを気に入ってくださる方らしく
「対局シーンBGMを考えてみる」シリーズ
を見てみたいとのことでした。

実は音を奏でて花が咲く さん
長いことやっている内容とかぶってしまう部分があったので
サンパンさんにお伺いしてみたところ快諾してもらえたので
これについては近いうちにできそうです!

記事リクエストなんかも
わりとメッセージが来るのですが
まずは対応できそうな内容から紹介してみましたのだ!


えー、続きまして
最近よくあるメッセージで
結構攻撃的な内容も含まれてるのですが…。

ライブドアブログの咲-Saki-カテゴリランキングについて。

んー…。
どうなんでしょうね?

わたし自身は正直興味無いんですよね。

なにやら5位だか3位だか以上が
スマホでライブドアの咲-Saki-カテゴリの記事を見た際に
リンクが貼られている、らしいのですが…。

そもそも咲-Saki-まとめアンテナさんに
登録されているブログが大半ですし
動線が変わっているだけなんじゃないかなあと。

ランキングと言ったって
非参照数を数えるのが基本なのでしょうから
クリックしたけどすぐ帰ってしまった
という方だってカウントされている訳です。

もちろん気になるタイトルを見て
なんだろう?と興味を持ってもらうことは大切ですが
わたしはクリックされた回数なんかより
読んだ方がどのように思ったのか
そもそもちゃんと読んでもらったかどうか
反応してもらえたかどうか
を、気にした方が良いと思うのです。

またライブドア以外のサービスを使っている
咲-Saki-ブログさんも多数あるわけで
ライブドアに登録されている中だけで
非参照数を比べてどうなるのかなあと。

なにより咲-Saki-まとめアンテナさん経由の読者様で
このライブドアブログランキングなんて
気にしている人はいないんじゃないかなあ、とすら思います。

どちらかというとブログをやっている人
極一部の人だけが気にしているのかなあと。

なのでメッセージについても
そういう内容をどこかで見てー
っていうのがほとんどでした。

今回頂戴したメッセージの中で目立っていたのは
このランキングを妙に気にする方って
自分の好みと全体の意見のすり寄せをしたいだけだと思うのです。

結局は、自分は面白いと思わないけどランキングは高い
見ている奴らのレベルが低い、あいつらは分かっていない
と、文句を言うためだけにランキングを使用している気がします。

それなら最初から全体とのすり寄せをする必要は無いんです。

自分は面白いと思う、面白いと思わない
それだけで良いと思うのですけどね…。

仮に、自分は面白いと思うけどランキングは低い
それなら、例えばコメントを残すなどをして
そのブログを応援しよう!
…だったら健全なのですが…。


ただ、ランキングって面白いんですよね。
わたしも当ブログの登場頻度、とかつけてますし。

ですがそれはひとつの基準として楽しむものであって
絶対的な価値を持っているものではありません。

ライブドアのランキングも
それと同様なのではないでしょうかね。


またカテゴリの中になんでこのブログが…
みたいなご意見についてですが
そもそもこのカテゴリそのものも
ランキング算出方法とともにライブドアさんに決定権がある訳で
そうだ、と言われればそうなんでしょう。

そこについてはカテゴライズとは?
みたいな内容になってまた長くなってしまいますので
今回は割愛したいと思います。

まあ、わたしの見解はこんなところです。

結論としては、咲-Saki-というカテゴリがあるのは
作品のファンとしても嬉しい事ですが
ランキングには興味が無い、ですね。

なので、わたしの本位ではない状況が続くようであれば
ランキングから外れよう、と思っているのですが
有料プランじゃないとそれができないらしいので
アニメ漫画カテゴリに移動しちゃうとかも考えています。
おそらく今後も咲-Saki-についてしか書きませんけど…。


続きましてー、これが最後です。
上記の気になるタイトル、にも関連するのですが…。

今回メッセージ返答記事を書かなきゃなあと思ったきっかけなのです。
GW明けあたりに同じような内容のメッセージが大量に届きまして
内容はといえば…。

非常にざっくりまとめると
Twitterで非常に好意的ではない言及がされている、というものでした。
(※5/18 12:25 頂戴したメッセージの表現を修正させてもらいました)


それはどうやら当ブログのタイトルでよくある
コメント欄で命名してもらいました「あらたそ語」
についてのなんやかんやだったのらしいのですね。

原作とは使い方が違うので作品を理解していない、みたいな…。
どうやらそんなような内容だったらしいです。

その気になればそのツイートは
すぐ見つかっちゃうのでしょうし
なんか悲しくなるので探したりはしておりませんので
その真意や詳細は分かりかねるのですが…。

まあ直接どうこうは無いわけですが
それなりに見られているTwitterで
伏せてはいるが伝わるように、という
おそらく目論見はそういうことなのでしょうね…。

実際二桁の同内容のメッセージをもらったことを考えると
そういう文脈、もしくは意図があると
受け取れるような内容だったのでしょう。

んー…。

これについて書くのはちょっと迷ったのですが
メッセージでは本当に心配してくださる内容も多かったので
回答しないわけにもいかず…かなあと。
思い切って書いちゃいますね。

あれはわざとなので
そうやって気にしてもらえるのであれば
むしろしてやったりなのです。

そもそも明らかにおかしな部分で切…。
わざとやってると気づけない人がいるとは思わな…。

…と、これを言ってしまうとアレですよねえ…。

まあ、ですので心配ご無用ですのだ!


感心したのはメッセージを下さった方全員が
誰が、そう書いていたかを伏せてくださっていたこと
ですねえ。

ちょいちょいわたしがコメント欄で書いていることに
同意してくださる方がわりと多いことに
感心するとともに感動もしました。

ありがとうございます、本当に。


わたし自身は特にどうこうするつもりはありません。

もはやそのような発言を
遠くで聞こえるようにする方は
タイトルがどうであれ
わたしの記事は見ないようにしているはずですから…。

多少ションボリしてしまう部分はありますが
むしろこうやって心配してメッセージをくださる
皆様とやりとりをできる機会をくれた事に感謝、ですかねえ。

ということで別段その方についてはどうでもよく
心配してメッセージをくださった皆様へのお返事でした。


と、暗くなってしまうので
もうちょっとだけ。

先日
ライブドアブログでコメント欄にレスアンカーのポップアップ機能を実装する

という記事がありまして。
これは面白そうだと実装してみようと思いましたが
うまく動きませんでした…。

悔しいので色々内容を変更して試していますので
もしコメント欄に上記機能が実装されたら
ああ、できたんだなあと思ってもらえたら。

いつまでも実装されなければ…。
ああ、諦めたんだなあと思ってください。

ということで今回は以上!

カン!

その他記事Index