霞「一口に姉妹と言っても…。色々な形があるからね」 初美「実感がこもってますねー?」の続き
もしくは
初美「望さんがお姉さんですもんねえ」 憧「う、うん」の続きです。


ーーーーー大お泊り会実行委員会本部サイド

怜「ふむん。なかなかのなかなかやね」ゴロゴロ
玄「う、うう…ん…むにゃ」
宥「え、ええっと…」
豊音「ちょーうらやましーよー」
灼「え、なにこれは…」

塞「宥ちゃんに膝枕されている玄ちゃんの太股を」
塞「さらに枕にしている園城寺さんの図」
灼「清水谷さんは…?」
塞「あそこ」ユビサシー

竜華「…」ムーン
憧「…」ムーン

灼「ああ、なるほど…」
塞「頭脳班っちゃ頭脳班だからなあ…」
由子「多少責任感じてる部分もあるみたいなのよ~」
灼「…」トテトテ

灼「憧ちゃん。清水谷さん」
憧「んー?灼さんかあ」
竜華「どうしたん?」
灼「こっちの台詞…」
竜華「ん。ああ、そやなあ」ケラケラ
灼「わたしも…。分裂は解除できてな…」
憧「あ、そっか。仲間ね仲間」
灼「…そだね」

憧「…もどかしいよね」
灼「なにもできないから?」
憧「ん」
灼「そっか」
竜華「なんかできることないんかな」
灼「…想うこと」
竜華「ん?」
灼「想うことは、できます」
竜華「おもう?」

灼「離れてても、想うことはできます」
灼「わたしは…。そうしてた」
憧「ハルエのこと?」
灼「なんのことやら…」
憧「ふふっ。なにそれ」
竜華「ハルエ?え?赤土晴絵?」
憧「そそ」
竜華「え。監督さんやん。え?うそん。そうなん」
灼「ちが…」
竜華「ええやん。聞かせてえな」
灼「今はそんなことしてるばあいじゃな…」

キャイキャイ

初美「…」
霞「…」
初美「…」
霞「はぁ…。ふぅ…」
初美「心配ですかー?」
霞「え?ええ。そうね…」
霞「こっちに来てから試合以外で長時間離れたこと無かったから…」

初美「遠隔の意思疎通なんか修行しとけば良かったですねー」
霞「…あれは、ほら…。また、違うから」
初美「でも姫様は…」
霞「…寝てる時はね」
初美「姫様は休める時がほとんとないですからねえ…」
初美「寝てても、向こう様と…」
霞「半分以上覚えてないのが救いだけどね」
初美「変わってあげられれば良いのですけどー」
霞「こればっかりはねえ…」

ゴッ!!!!!!

霞初美「「えっ!?」」ゾクゥ!

怜「ん?どないしてんな」
初美「か、霞ちゃん…」ブルブル
霞「初美ちゃん…」ブルブル
塞「ちょ、ちょ…。どうしたの!?2人とも!?」
初美「あ、ああああ…」ブルブル
霞「こ、小蒔ちゃん…」ブルブル
由子「神代さんがどうかしたのよ~?」

霞「小蒔ちゃんが危ない…!」


ーーーー国広一サイド
???

咲「ふあっ…」パチッ
一「ん?起きたかな?」
咲「…」ポケー
咲「…」ワキワキ
一「宮永さん?」
咲「…え?あ!あれ…わたし…」
一「起きたね」
咲「あっ、国広さんだ」
一「うん。そうだね」

咲「どうしたんですか?」
一「こっちの台詞だよ…」
咲「えーっと…」キョロキョロ
一「ここどこだろね」
咲「あっ、消えてるや」
一「なにが?」
咲「え?」
一「いや、消えてるって言ったから」
咲「あ、えーっと…」
一「…」
咲「…なんでも…ないです」
一「…そっか」

咲「すみません」
一「んー。別にいいよ?」
咲「…すみません」
一「言いたいの?」
咲「えっ」
一「本当は言いたいんじゃない?」
咲「…。分からないです…」
一「ま、誰だってさ、言いたくないことはあるよ、きっと」
咲「…はい」
一「でも、言いたいことだってあるんだよね」
咲「はい…」
一「ま、話聞くくらいならできるからさ。ボクも」
一「言いたくなったら言えば良いよ」
咲「はい…」

一「それよりここどこだろうねえ」
咲「なんでここにいるんでしょう?」
一「ボクが聞きたいよ」アハハ
咲「何してたんでしたっけ?」
一「えー。忘れたの?」
咲「よくあるんです」
一「ん?」
咲「最近。すごく眠くて、ぼーっとしちゃって」
一「うん。よく寝るなあとは思ってたよ」

咲「歩いてても、たまに…」
一「歩いてても?」
咲「気づいたら変なところにいたりして…」
咲「よく迷子になっちゃうんですよね」
一「へぇ…」
咲「東京に来てから特に眠くて…」
咲「でも、ひどい夢を見るから」
咲「寝るのが怖くて…」
一「そっか」

咲「えっと…。衣ちゃんと国広さんがお部屋に来て…」
咲「りゅーもんさん達と合流してご飯食べに行ったんでしたっけ?」
一「そうそう」
咲「それで…。衣ちゃんは鶴賀の皆さんと遊びに行って…」
一「そうそう」
咲「あ、そうか。それから帰ろうとして…」
一「そそ。急に帰るって言うし」
一「宮永さんは迷子によくなるって聞いてたから」
一「ボクが送ってきたんだよ」
咲「そうでした。すみません」ペッコリン
一「やや、良いんだけどね」
咲「それで…」
咲「あ、帰ったらお部屋の壁に穴が開いてて」
一「あ、それは分かってたんだ」
咲「眠くなったからお布団しいて寝たんでした」
一「そゆことだね」

咲「あっ…」
一「ん?」
咲「試合は…。お姉ちゃんの試合は…」
一「お姉ちゃん?」
咲「はい…」
一「…。白糸台の宮永照って…」
咲「…」
一「…訳ありなんだ?」
咲「大したことでは…ない、と、思うんですけど…」
一「…。白糸台は2位抜け」
咲「2位…?」
一「1位は阿知賀だったよ」

咲「阿知賀…。衣ちゃんが言ってた…」
一「うん。あの阿知賀」
咲「でも、決勝で…。会えるんだ…」
一「…」
咲「そっか…」
一「…」

咲「それでここはどこでしょう?」
一「話が進んでないよwww」
咲「宿泊所ではないですよねえ」
一「こんなぐにゃぐにゃした宿泊所はやだな」
咲「うーん…」
一「ボクもさあ…。覚えてないんだよねえ」
一「宿泊所について…」
一「壁に穴が開いてて…」
一「急に眠いとか言うから。宮永さん…。咲ちゃんが」
咲「咲、ちゃん…?」
一「白糸台にもいるんでしょ。宮永さんは」
咲「…はい」
一「だったら咲ちゃんって呼ぶよ」
一「嫌?」
咲「…」クビヲヨコニブンブン
一「ボクも下の名前で呼んでよ」
咲「はじめ、さん…」
一「ん」
咲「…エヘヘ」

一「咲ちゃんがお布団を急に敷きだして…」
一「ぐーすか寝ちゃって」
咲「ぐ、ぐーすかなんて寝てないもん…」
一「寝てたよー」アタマグリグリ
咲「ひゃ、ひゃあ…」
一「で、なんかボクも一緒に寝ることになって…」
咲「ひ、ひとりで寝るのがちょっと怖くて…」
一「怖い夢?」
咲「はい…」
一「そっかあ。衣もたまにそういうこと言うなあ…」

咲「!そうなんですか?」
一「う、うん…。そういう時はボクと透華が寝付くまで見てたりするよ」
咲「衣ちゃんも…」
一「…。そっか…。なんかありそうだね」
咲「わからないですけど…」
一「それで…。ボクも眠くなって…」
一「気づいたらこのぐにゃぐにゃしたところにいたんだよね」
咲「わたし…」
一「ん?」

咲「夢の中で寝たんです」
一「夢の中で寝る…?」
咲「だから、これは夢の中のわたしが見てる夢だと思ったんですけど…」
一「…。複雑だなあ…」
咲「でも、はじめさんがいるし…」
一「ボクが咲ちゃんのそばで寝ちゃったら」
一「引きずり込まれちゃったのかな?なーんて」
咲「えっ…」
一「やや、冗談、なんだけど…」
咲「…引きずり込む…引きずり込まれる…」
一「…。なんかあるの?」
咲「昔も、こんなことがあったような…」
一「昔…?」
咲「いや、でも…」

一「…。まあ、いつまでもこうしちゃいられないし…」
一「探検でもしてみよっか?」
咲「…」
一「怖い?」
咲「ちょっと…」
一「2人なら、大丈夫でしょ?」
咲「…はい」
一「だから、そろそろ手を離してね」
咲「えっ…」

ギュー

咲「あっ、わたし…」
一「うん、寝てる時からずっと握ったままだったよ」
咲「あっ、その、えっと…」
一「…。このまま探検しよっか?」
咲「あの…。はい///」
一「ふふ。わかったよ。じゃ、行こうか」ギュッ
咲「…はい!」ギュッ

カン!

その33へ続く!

【咲-Saki- ドッペルSS】Index