優希「あねさん顔真っ赤だじぇ」 豊音「だあってえ…」の続きです。

-------------------
宮守女子高校


マホ「LAAAAAAAAAA♪」
明華「ん。ちょっと違いますね」
明華「LAAAAAAAAAA♪」
マホ「LAAAAAAAAAA♪」
明華「いいですね!」

ラッサイラッサイ

白望「…これはダルい…」
塞「あー、こうなるのかあ」フムフム
由子「…明華のは」
塞「ん?」
由子「打つ局が多いほど地味に効いてくる感じなのよ~」
白望「…確かにね」

ッサイラッサイラッ サイラッサイ

煌「…」ウズウズ
塞「…歌いたいの?」
煌「すばっ!?いえいえそんなことは」チラ

マホ「LAAAAAAAAAA♪」
明華「LAAAAAAAAAA♪」
塞「…やめてね」
煌「…はーい」

煌(あとで教えてもらいましょ…)

マホ「LAAAAAAAAAA♪」ズゴゴゴゴゴゴ
明華「LAAAAAAAAAA♪」
白望「…塞」
塞「ん」
白望「塞げる?」
塞「…どうかな」
白望「試さないの?」
塞「ちょっとね」
白望「ふぅん…」

マホ「あ!和了りました!」
明華「やりましたね!」
慧宇「はいそこで!」
マホ「HOOO!」
慧宇「いいね!」
由子「やかましいのよ~wwww」

友香「これが…臨海女子…!」
由子「やや、ちょっと違うとおもうのよ~wwww」

ラッサイッラサイ フー!フー!

由子「wwwwwww」


……………。
…………………………。


マホ「歌うことと、和了った時フー!と叫ぶことを覚えました!」
明華慧宇「「やったね!」」
由子「だからwwww」
友香「でも、そんなこと言ったら真瀬先輩も…」
塞「語尾にのよ~、ってつけるしか教えてない…」
由子「なのよ~wwww」


【小瀬川白望先生の場合】


白望「えーっと…」
マホ「はい!」
白望「…」
マホ「…」
白望「…」
マホ「…」
白望「…確かに教えるのって難しいな…」
塞「エイちゃんの時とはまた違うからねえ」

白望「うーん…」
煌「小瀬川さんは、迷ったら正解にたどり着くと聞きましたが…」
白望「ん?えー…、まあ、大体あってるんだけど」
煌「違うんですか?」
白望「正確には、違う、のかな」
由子「わたしもそう聞いたのよ~」
由子「迷ったら手が高くなる言うて~」
白望「んー…。それだと順番が違う」
煌「順番?ですか?」

白望「えーっと…」
煌「はい」
白望「…」
煌「…」
白望「…」
煌「…」
白望「…説明ダルい」
煌「すばっ!?」

塞「だろうねえ」
塞「例えばさあ…」カチャカチャ つ四六八

塞「四六八ってあるとするじゃない?」
塞「四と八どっち切る?」
マホ「んーっと…」ンー
塞「次の自摸は…えーっと」カチャカチャ
塞「お、じゃあ、こっち」
塞「で、まあ他の条件は面倒だからなしね」
マホ「えっ」
塞「つまりは次に来るのは五?七?どっち?っていうこと」
マホ「分かんないです!」
塞「だよね。そうなんだよ」

塞「他の皆も分からないよね?」
明華「ふむ。そうですね」
由子「赤入りなら八切っちゃうかもなのよ~」
慧宇「好き嫌いでいくしか無いのでは?」
友香「もしかして小瀬川先輩は分かるんで~?」
白望「んー…。四切るな」
塞「なんで?」
白望「なんとなくかなあ」
塞「…さて、正解は…これ!ババーン!」 つ五

皆「…えー…」

白望「そっちかあ…」
塞「ね?っていうこと」
煌「えっと…」
塞「シロのは…」
塞「そういうんじゃないってことね」
白望「そう、別にわたしが迷ったからって正解にたどり着く訳じゃないんだ」
白望「もしそうなら常に迷ってればいいんだもん」
煌「確かにそうですよね…」
白望「そう、だから順番が違うんだよね」
白望「そう見えるってだけでさ」
煌「むむむ…。難しいですね」

マホ「むーん…」ムムム
塞「考えこんじゃったね」
白望「と、いうことで…」
白望「ここはカッコイイ姿勢でも…」ダルーン
マホ「あ!カッコイイです!」
塞「それさあ…。怒られるんじゃないの?」
白望「ん?大丈夫だったじゃん」
塞「んー…」

白望「まあ大丈夫でしょ。ということでマホ」
マホ「はい!」
白望「こう、ちょっと足は開け気味で…」
マホ「はい」
白望「ちょっと斜めに構えて…」
マホ「はい」
白望「引いた左半身は肘掛けに沈ませるように…」
マホ「はい」
白望「これがカッコイイ姿勢かな」
マホ「こうですか!?」
白望「ん。ちょっとやる気がありすぎるかな…」
マホ「えーっと…」
マホ「…」ポケー
マホ「あい」
白望「ナイス」
由子「wwwwww」


【エイスリン・ウィッシュアート先生の場合】


エイスリン「ツギハワタシ!」ハイ!
マホ「お願いします!」
白望「誰か変わって…」
慧宇「あ、じゃあワタシが入りますね」
由子「わたしも疲れてきたのよ~」
明華「じゃあわたしが」
塞「うわあ、国際色豊かな…」
白望「頑張れ塞」
塞「わあ、やっぱりわたしかよ」

エイスリン「ハイパイオワッテ…エットネエ…」フムフム
マホ「わくわく」
エイスリン「コウナッタライイナアッテオモイマス」
マホ「はい」
エイスリン「アイテガコウウツダロウナアッテオモイマス」
マホ「は、はい…」
エイスリン「コウ…、ヒトクサリデキアガッタトコロデ」
由子「ひとくさりwwww」

エイスリン「コンカイハトクベツニカイテアゲマショウ!」バッ
マホ「わ~」
エイスリン「チョットマッテテネ」カキカキ
慧宇「はいはい」
明華「どうぞどうぞ」
エイスリン「~♪」フンフン
友香「ほえー、凄いんでー」
エイスリン「~♪」フンフン
エイスリン「トリアエズココマデ!」バッ
慧宇「えっ」
塞「あ、見せてくれるんだ」
エイスリン「ヤベエ!マチガッタ!」
由子「wwwwww」

明華「ふんふむ。ふんふむ」コクコク
エイスリン「イカガカナ?」
明華「すばら!」
煌「すばっ!?」
由子「とられたのよ~wwww」
明華「すばらですね。確かにこうなるでしょう」
エイスリン「ウフフ!」ドヤァ
マホ「わ~、凄いです~」

慧宇「じゃあ進めてみましょうかね」
エイスリン「イエス!」
マホ「こう切って、こう切って…」
慧宇「ああ、本当だ。こう切っちゃうね」
明華「ワタシもですね」
塞「これ、面倒なんだよね…」
白望「そういう時はダルイと…」
塞「言わないよ!」

エイスリン「ココデストップ!」
マホ「はい」
エイスリン「モウイッカイヤリマス」
マホ「わ~」パチパチ
エイスリン「エーット」カキカキ


……………。
…………………………。


煌「2段階…ですか」
白望「ん。前は1回で全部書いてたんだけどね」
白望「変えたみたい」
由子「ずれること前提って事なん?」
白望「ずらす奴がいるからね」
由子「清澄…」
白望「いや、アイツは…。強いよ」
白望「打てば打つほど強くなるってことだしね」
由子「ワ…こ…すのよ…」ボソ
白望「え?」
由子「なんでもないのよ~」ニコニコ
白望(一瞬禍々しい何かが…)
由子「♪」ニコニコ


……………。
…………………………。


エイスリン「ツモ!」
マホ「わ~」パチパチ
エイスリン「フフフ!」ドヤァ
慧宇「あー、なるほど…」
明華「素直に打つとこうなってしまう訳ですね」
塞「結構しんどいんだよね正直…」

エイスリン「ヤッテミヨウ!」
マホ「はい!」
マホ「ええっと…」カキカキ
エイスリン「ア、カクノハハイパイガ…」
マホ「一番良いのは…」カキカキ

ズゴゴゴゴゴゴゴゴ


皆「!?」


ズゴゴゴゴゴゴゴゴ


マホ「ええっとお、親なんだからこうなって…」カキカキ

白望「塞。塞いで」
塞「え?」
白望「これやばいかも」
塞「わ、わかった」
明華「これは…」
慧宇「エイスリンさんは配牌前には…」
エイスリン「ヤッタコトナイ…」

小蒔「…ん」
宥「…ん」
由子「2人が起きるほどに!?」


マホ「こうですかねえ…」


ズゴゴゴゴゴゴゴゴ


マホ「できました!」フゥ


……………。
…………………………。


マホ「よ~し、じゃあ始めますよ~」


……………。
…………………………。


マホ「あれ?できてません…」
マホ「よし、じゃあ自摸ります~」ヨイショ
慧宇「あ」
由子「マホちゃんそれだと多牌なのよ~」
マホ「あ!そうでした!マホ親でした!」ガーン
マホ「やっちゃったです…」ショボン
明華「ええっと、今はどういう状態だったのかしら?」
マホ「ええっとテンパッてました…」
慧宇「ダブリーか…」

マホ「一番こうなったら良いなっていうのは…」
マホ「配牌時点で和了ってることかなって思ったんですけど…」
白望「…そりゃあ、そうなんだよな…」
エイスリン「エエット…。ジャアカッコイイペンノマワシカタデモ」クルクル ヒュンヒュン
マホ「わあ!凄いです!凄いです!」

塞「塞いでなかったら…和了ってたかな?」
白望「考えたくない」
塞「だよね…」

小蒔「今の…」キョロキョロ
宥「ふえ…?」キョロキョロ
明華「あら、起きたのですね」
由子「じゃあ、次は…」
小蒔「あ!先生ですね!」
宥「そっか~。寝ちゃってたよ~」

塞「…やるの?」
煌「できれば」
白望「色々な意味で困ったちゃん2人なんだよなあ…」

小蒔「全力以上で教えさせていいただきます!」フンス
宥「わ~、頑張って~」パチパチ


カン!

その11へ続く!


【咲-Saki- 夢乃全国行脚SS】Index