第3回もちもち先輩力が高いのは誰だ選手権!の結果発表SSです。


-------------------
某所

咏「じゃあ早速いっちゃおうかねぃ」フリフリ
恒子「え?ちょっ、ま」
えり「…」チラ
恒子「あ、あのー…。交代…」
えり「…さあ、今回はどういう結果になりましたでしょうかね?」
恒子「!ぐ、ぐぬぬぬ…」
健夜「か、かわりばんこ、なんじゃないかなあ…」
恒子「すこやんのせいで…」
健夜「いつまで言うのさ!」

ギャーギャー オトナノアラソイヤ コワイワー ギャラガヘルデー

咏「んー。大方の予想どおりなんじゃね?しらんけど」
えり「と、言いますと?」
咏「エントリーされていない子への投票が多くて…」
咏「…ま、上位は2強。ここまでは予想できるんじゃね?」


怜「!」ガタッ
セーラ「!」ガタッ
竜華「いやあ、あんたらは無いんちゃうの?」
浩子「!」ガタッ
竜華「や、浩子はないやろ」
洋榎「!」ガタッ
絹恵「!」ガタッ
竜華「なんなん、さっきから」
雅枝「!」ガタッ
竜華「監督は無いですきっとwww」

恭子「っさいねん!あんたら!」
恭子「皆して立つな!」ガタッ
由子「恭子りんも立ってるのよ~」ガタッ
漫「ちょ、やめましょうよ皆さん」ガタッ

ギャーギャー

照「!」ガタッ
菫「やらんでいい。多分お前じゃない」
照「面白い」ガタッ
菫「関西連中は全員立っちゃったなあ」
照「」ガタッ
菫「うるさいよ!」ガタッ

怜「アカン、テルテルにボケとられてるでwww」
洋榎「やるな、東京人…」
絹恵「え、長野出身なんちゃうん?」

泉「…」
竜華「…泉アカンわ。今行かないつ行くん?」
泉「え…」
セーラ「現エースが聞いて呆れるわー」
泉「えー」
怜「一巡先は無理でもせめて次のボケくらいみれんと」
泉「麻雀関係無いですやん」

咏「はいはーい。うるさいよ千里山ー」
怜「またしてもwww」
セーラ「姫松見逃されてるやんwww」
洋榎「あぶなwww」
恭子「ムフッwwwおいしいやん」

えり「えーと、ただいまボケツッコミで1年生に指導が入ったようですが」
怜「拾わんでええわそんなんwww」
えり「そんな千里山部長の清水谷竜華さんに2票入ってますね」
竜華「え?」
咏「お便りです」


>※1 さん
>竜華も先輩力高いと思う。
>後輩にかまいすぎると、怜が拗ねそうだけど。


咏「竜華ちゃんは第8位だったねぃ」
えり「運営コメントです」


迷ったんです。竜華。エントリーするか。
ただ頂戴したコメント通り怜優先になっちゃう気もしたのですよね。
また今後予定のアンケートにエントリー予定だったのも
エントリー除外の一因ではありますね。


咏「さあ、なし崩し的にはじめちゃったけど」
咏「改めて今回のエントリーメンバーを紹介するかな」


================エントリーナンバー1

先輩イメージが無い?
そんなことはないのです!
まずは阿知賀を率いるこの人!

赤土晴絵!ババーン!


================エントリーナンバー2

OGってことは先輩だァ!

チーピンマジギレバイオレンスウーマンが満を持しての登場だ!

久保貴子!イケダァ!


================エントリーナンバー3

主人公高校から出陣だ!
その麻雀の強さと人柄に
どれほどの人間が気づいているのか!

染谷まこ!ババーン!


================エントリーナンバー4

緩めの先輩が多い中
魔境長野のビシッと締めた先輩力!

加治木ゆみ!ババーン!


================エントリーナンバー5

チーム虎姫で先輩と言ったら…。

やっぱりこの人!

亦野誠子!ババーン!


================エントリーナンバー6

六仙女の先輩といえば…。

霞ちゃん?
あの子は一番ぺーぺーなのですよー。
御髪を洗うのですよー。

薄墨初美!ババーン!


================エントリーナンバー7

関西集団で先輩を見つけるとなると…。

なんだかんだ言ってこの人!
あと恭子りん言うなや。


末原恭子!ババーン!


================エントリーナンバー8

未だ謎に包まれているが
かなり先輩力がありそう!
ということでイメージ先行有珠山高校からのエントリー!

獅子原爽!チョコレェ!


================エントリーナンバー9

ニワカは相手にならんよ!

わりかし出番は少ないのにあのインパクト!
先輩といえばこの人か!?

小走やえ!ニワカァ!


================エントリーナンバー10

先輩オブ先輩!

威風堂々登場だ!
でもまだ2年生ですからね!

花田煌!スバラァ!


====================================


えり「以上エントリー10名になります」
咏「すばらwwww」
咏「わりと似てるじゃんwww」
えり「…これ楽しいんですよね」ボソ
咏「まあまあ、お楽しみは後にとっておかないとねぃ」

咏「あ、えーと」
咏「赤土晴絵ちゃん」
晴絵「あ?はい?」
咏「薄墨初美ちゃん」
初美「え?なんですかー?」
咏「亦野誠子ちゃん」
誠子「は、はい」

咏「残念0票です」

晴絵「お…」
初美「お…」
誠子「お…」

咏「残念!次の機会にがんばろうぜい」

晴絵「はは、ちょっとお話してようか。隅っこで」フラフラ
初美「ですねー」フラフラ
誠子「暗いところがいいなあ」フラフラ

灼「ちょ、ハルちゃん!」
霞「は、初美ちゃん!」
淡「わ、わー、亦野先輩!」
灼「ハ、ハルちゃん、こんな隅っこに…」
淡「ほ、ほら亦野先輩ほっぺた触っていいよー、ね、ほら」
霞「先輩御髪を洗いましょうか…?」

晴絵初美誠子「「「フフフ…」」」

咏「いやいや、エントリー3名が0票とはねぃ」
えり「運営コメントです」


いや、完全に予想外でした。
この3人はわたしの中では相当な先輩力でして
特にはっちゃんは、BD特典コミックで
霞さんの先輩的立ち位置が強調されたという
最新情報もありましたから…。


咏「あ、その代わりといっちゃなんなんだけどー」
咏「松実宥ちゃん!」
宥「は、はい?」
咏「4票獲得!第7位!」
宥「え~!?」チラ
晴絵「ウフフ…行ってくれ、宥。阿知賀の先輩力…」
宥「は、は~い」
咏「お便りです」


>普段はぽわぽわしてても、ここぞという時には決めてくれる!
>クロチャーの涙はもちろん、アコチャーの震えだって止めちゃう宥姉こそが理想の先輩に違いない!


>なんとなく面倒見が良さそうなのと、優しくて
>いざという時は頼れそうだと思ったのでここは我らが宥姉に一票。
>でも実際後輩側が面倒見ることも多々ありそうですが(黙


>あの圧倒的おもちから繰り出される包容力
>それに頼れる先輩としての圧倒的エース力
>普段は後輩への自主性に任せ、締めるところは締める
>宥ねぇテラカワイス!!


>名無しのぬるぽ さん
>宥ねぇがいないなんてSOA


えり「続いて運営コメントです」


アンケート記事をやり始めてきづいた事なのですが…。
オネエチャー強い。人気がとんでもない気がします。


玄「わー、お姉ちゃん凄い!」パチパチパチ
穏乃「フッフッフ!見ましたか!ウチの松実を!」ドヤァ
泉「ほんまアンタ松実姉妹好きなんな」
穏乃「それはもう!」
怜「それよりレジェンド様気にしてやりいな」
穏乃「ぐぬぬ…!」
憧「まあ、灼さんが行ってるから大丈夫でしょ」

咏「さあ、続いて9位発表だけどー」
咏「一気に行くぜぃ。なんせ9人いるからねー」

オー ドヨドヨ

咏「まずはお便りだねぃ」


>本当は自分のことでいっぱいいっぱいなのに、
>いつも後輩のことを考えている、これぞ先輩!

オー ダレノコトヤー

咏「…」フリフリ
久「え…わたし…?」
和「おそらくは」
優希「多分部長だじぇ」


>きょうこりんもいいけど、
>いつも温かい目で姫松の面々を見守っているゆーこに一票!

由子「!」ガタッ
由子「…」フアンゲナカオデキョロキョロ
洋榎「いや、それで正解やろwww」
漫「わー、ゆーこ先輩や!凄いですやん」
由子「の、のよ~」テレテレ


>白水哩 凛としたかっこいいタイプの先輩 憧れです...
>プレーで引っ張るのはもちろん、
>少し辛口だけど仲間を信頼してるからこその辛口、
>エントリーされてませんが一番の先輩だと思います!!!
>たまに抜けてるところもいいですね笑 人間味あって
>そついうのも含めて人望があると思います

哩「!」ガタッ! ガスッ!
哩「…!!」
姫子「ぶ、ぶちょー?」
姫子「よもや勢い良く立ったけん太股ばぶつけたとですか?」
哩「…」フトモモスリスリ
姫子「そうなんですね?」
哩「…」クビヲヨコニフリフリ フトモモスリスリ
姫子「喋られんくらい痛いとですか?」
哩「…」クビヲヨコニフリフリ フトモモスリスリ
仁美「wwwwww」

理沙「見るだけで痛い!」プンスコ!


>H.B.K さん
>先輩力…
>新道寺女子OG…
>プンスコさんこと…
>野依理沙プロが入って居ませんが…
>何故でしょうか?(-.-;)
>彼女の様な先輩こそ先輩力が高い先輩かと…
>って言う事で…
>野依理沙プロに一票!(^_^)v

理沙「!」ガタッ! ガスッ!
理沙「…!!」プン…スコ…
姫子「えっ、こっちも!?」オロオロ
仁美「wwww」

怜「新道寺ポンコツすぎるやろwww」
セーラ「新しい風やなwww」


>ボロ泣きしてる池田への男前な叱咤と去り際の後ろ姿にゲキ惚れ。
>やっぱりコーチは最凶最高の先輩だし!


貴子「ここかァ!」
華菜「一票入っただけでも凄いし!」
貴子「どういう意味だァ!池田ァ!」
華菜「や、褒めたんだし…」
未春(これまさか書いたの華菜ちゃん…?)


>こういうのは後輩キャラの中で選んだほうこそ面白いな。
>のどっちも捨てがたいがSSでアコの反応が見たいです

晴絵「!」
憧「ほ?」


咏「あとはお便りなしだったねぃ」
咏「竹井久ちゃん!」
咏「真瀬由子ちゃん!」
咏「白水哩ちゃん!」
咏「野依理沙ちゃん!」
咏「久保貴子ちゃん!」
咏「新子憧ちゃん!」
咏「鹿倉胡桃ちゃん!」
咏「蒲原智美ちゃん!」
咏「石戸霞ちゃん!」


胡桃「え?」
豊音「胡桃だ!」
エイスリン「ヨッ!センパイ!」
胡桃「お…」
塞「あはは。うるさいそこ、じゃないんだー」
胡桃「うるさいそこ!」
塞「あー、引き出しちゃったかーw」

智美「ワハハー。わたしかー」
睦月「はいりましたね…」
智美「んー。わたしに入れる分ゆみちんにいれてくれれば…」
佳織「そ、そういうシステムではないよ」
智美「んー。そーかあ」

霞「…え、えーっと…」
初美「…」
霞「は、初美ちゃん…?」
初美「いいんですよー。霞ちゃん」
霞「…」
初美「わたしは先輩力のある霞ちゃんの先輩ですからー」
初美「それは、もう凄いんですよー」
霞「うふふ。そうね」
初美「さあさあ行ってください」
霞「行ってくるわね。先輩」
初美「はいはーい」

晴絵「…」
穏乃「あ、憧に票が入った」
憧「あー、アハハ」
玄「やったね憧ちゃん!」
憧「え、えーと晴絵…あのさあ」
晴絵「フッ…。いいんだよ憧」
晴絵「わたしは先輩力のある宥と憧の…」

ドドドドド…

晴絵「せんぱ…」
桜子「アゴチャンだぁあぁぁぁぁぁ!!!!」ドリャー
ひな「飛びつく所存ー!」ダーイブ
綾「おめでとーあこちゃーん!」ソリャー
凛「いけいけー」オリャー
春菜「わー」
よし子「えーい」
未来「わーい」
憧「おわああ!っとっとっと…!」ダキトメー
玄「あ、皆もきたんだー!」
憧「ちょちょ、あぶないあぶない!」アハハハ

セーラ「!」ガタッ
怜「アカンで。それはアカンやつやで」
セーラ「分かっとるわ」

ガキガキタデー! ミタマンマヤンケ! キャッキャ

初瀬「!」ガタッ
由華「とめないよ」ニヨニヨ
初瀬「えっ…」
由華「行ってきたらー?」ニヨニヨ
初瀬「い、今は、まだ…」
紀子「残ってるからね。うちのアレが…」

良子「そりゃそうか。ま、流石に行けないよな」
良子「ノーウェイノーウェイ」
日菜「わ、戒能プロだ!」
良子「やっぱりかなりハードだとアイシンク」
良子「え、えっと」
良子「共演NGにしておきますかね」
良子「え、えー…すみません」
紀子「分からない!どっちがどっちだかわからないよ!」

ギャーギャー

晴絵「うん。せんぱいだから、さあ…」
灼「ハルちゃん…」
晴絵「…」スッ
灼「!お酒はダメっ…!」ガッシィ
晴絵「うう…先輩なのにい…」
晴絵「野依さんにも入ったのにい…」

咏「はいはい、あんま暴れんなー、暴れんなよー」
えり「運営コメントです」


今回の1票メンバーはなかなか面白いですね。
実際1年生メンバーはさほど多く無いわけですから。
宮守は胡桃ちゃんに入ったのは意外でしたね。
あとは憧ちゃん票のコメントを見て
なるほどこういう考え方もあるのかあと思いました。
ちょっと意外ですが、SSで読みたいっていうのは
嬉しくもあるところでした。


咏「はいはい次はこの子だねぃ」
えり「お便りです」


>副将、大将まで持っていけばなんとかしてくれるという表現そのままに
>爽への信頼が現れていると思います。
>困った時に力になれるのは案外同期よりも先輩ではないかなと。


>アニメラストですごくかっこよかったよチョコレ


>チョコレ


>多分先輩力高いキャラだと思います。
>本編で早く見たいという期待もこめて投票しました。


咏「第6位!獅子原爽ちゃん!」ババーン!
えり「運営コメントです」


爽はどうなるでしょう。
完全にイメージ先行でエントリーしてしまいましたが…。
多分先輩力あると思うのですよ。
有珠山メンバーはそこに集ったんじゃないかなあと。


爽「ここでくるかー!」アチャー
揺杏「十分だろうに」
爽「いやあ、1位狙ってたわけだしー」
成香「流石に無理では…」
誓子「冷静になってみなよー。凄いよこの順位」
爽「ブーブー」
揺杏「あんたまだそんな出番無いだろ」
成香「台詞も出したり入れたりくら…」
由暉子「そこまで!」

怜「ふむん」キュピーン
セーラ「お、どないしたん?」
玄「ふむん」キュピーン
竜華「こっちもやで」
セーラ「獲物を狩る目つきで有珠山見とるで」
竜華「肉食獣やなwww」

怜「なあ玄ちゃん」
玄「はい、園城寺さん」
怜「…分かっとるな?」ククク
玄「…お任せあれ!」ククク
竜華「悪い顔してるなあwww」
セーラ「フナQ先輩真っ青やな」

浩子「園城寺先輩、ドラローちゃん」
浩子「お二人ともデータ頼んますで」ペッロリン
竜華「いや、アカン。やっぱこっちも凄いわwww」
セーラ「だからなんのためのデータやねんなwww」

ヒザマクラー オモチー データー


咏「どんどんいくぜー」
えり「お便りです」


>※6 さん
>自分が後輩だと考えて、個人的に好きな先輩はすばら先輩やワハハ先輩です。
>初対面時の第一印象と普段とのギャップが無いのが素敵です。明るくて優しい上に面白い。
>すばら先輩は諦めない強さが、ワハハ先輩は飄々としたところが尊敬でできます。
>でも、先輩力となると・・・
>染谷まこ先輩は強い。
>しっかり者で面倒見も良い。麻雀上手くて尊敬できます。
>でも、ここまでなら当てはまる先輩はけっこう多いと思うんです。
>ポイントは、まこ先輩が2年生ってところです。
>部長は行動力があってパワフル、文武両道?のスーパーウーマンで尊敬できる先輩です。
>だからこそ、付き合いの浅い1年生はついていくのが大変な事って多いと思うんです。
>しかも、少人数の部活とはいえ、先輩が2人に対して1年が4人。
>下手すると軋轢ができかねない。部長自身もそれっぽい事言ってましたし。
>そこを上手くフォローして、部長と1年生を繋ぐ役割をすばらに務める
>すばらな先輩であり後輩でもある。まこは鎹です!
>だからといって、苦にしてる様子は見えない。
>多少無理する事はあるかもしれませんが、たぶん自然体でやってるんてますよね。
>そして、楽しんでる節もある。
>というわけで、染谷まこ先輩に1票!!

咏「第5位!染谷まこちゃん!」ババーン!
えり「運営コメントです」

※6さんが圧倒的コメントでしたね。
わたしはまこの打ち方好きなのです。
強いと思うんですよね。きっと。
そのまこを次鋒におけるのですから…。
清澄の強さはそこにもあると思うのですよね。


まこ「やれやれ、なんとかTOP5には入ったみたいじゃのう」
優希「なんだー、ここかあ」
久「こーら、そういうこと言わないの。お疲れさま、まこ」
まこ「なんもしとらんけどの」
久「なに言ってんの、今日のことだけじゃなく、よ」
まこ「ほんなら、それこそじゃ。なんにも終わっとらんじゃろうに」
久「…ま、そっか」
まこ「楽できる日ぃは来るんかいのう…」ヤレヤレ


咏「さて、あとはTOP4を残すのみ…」
咏「前回は4人が接戦だったけどねぃ」
えり「今回はそうはなりませんでした」
えり「しかし、1位と2位、3位と4位の争いが接戦でしたね」
咏「だねぃ。ってなわけで、まずは3位と4位の発表!」
えり「まずはお便りです」


>末原先輩以外ありえないですよ


>みんなに慕われてます!しかも大阪の主要高校からも……?
>ここのSSのせいですかねw


>絹ちゃんとの絡みで先輩力を発揮できてたと思います(小並)


>漫ちゃんに期待し、信じている姿や絹ちゃんとの会話、
>さらにチームを勝利へ導いた頼れる姿。
>先輩といえばこの人以外おらへんやろ!


>部長と錯覚するほどの先輩力。
>部長力を除けばゆみちんが圧倒的


>頼りになるよね


>魔境長野大将戦で咲さんと衣を相手に
>あそこまで堂々と立ち向かう姿は感動的ですらあるよ。
>全国編見た後だと余計にかじゅの強さが引き立つ。


>ゆみちんが一番!


>大将戦後のモモとの会話すごく好き。
>あの2人相手に最後まで勝つつもりだったんだもんなあ
>それはモモも惚れるよね


咏「4位末原恭子ちゃん!18票!」ババーン!
咏「3位加治木ゆみちゃん!19票!」ババーン!
えり「わずか1票差ですが…」
咏「3位と4位の差はでかいかもねぃ」
えり「運営コメントです」


納得の3位4位です。
特に先輩力という言葉を考える時に
すでにコメントでも頂戴しましたが
部長力とは切り離すべきだと思うのですね。
そう考えた時、この2人は先輩力としか言い表せない
なにかを持っていると思うんです。

ただわたしの予想は3位4位逆だったんです。
そういった意味ではゆみちん3位が意外だったかもですね。


洋榎「なんでやねん!」
由子「ああん惜しいのよ~」
桃子「キャー!キャー!せんぱーい!せんぱーい!」
漫「うるっさいねんもー!せんぱーい!せんぱーい!」
怜「どっちもうるさいわwww」

恭子「負けてもうたか」
ゆみ「ギリギリだったな」
恭子「なんやあんた相手やと凡人やからーとか言い訳できひんもんなあ」
ゆみ「フン。わたしも凡人ということか?」
恭子「ちゃうのん?」
ゆみ「その通り。凡人だよ。わたしは」
咲「あ、あの、2人ともおめでとうございます」ペッコリン

恭子「…こいつに比べれば大概凡人やんな」ジロ
ゆみ「…麻雀していない時は可愛いものだが」ジロ
咲「…え?」
恭子「…」ジリジリ
咲「えーと」
ゆみ「…」ジリジリ
咲「あ、あはは…」

グリグリグリグリ キャーキャー ヤメテー センパイワタシモ ワアモモヤメロココデハ


照「!」ガタッ
菫「待て!今は亦野をどうにかしろ!」
照「ぐっ…。亦野め…!」ギリギリ


咏「さあ!あとは1位と2位を残すのみ!」
咏「この2人にはコメントも凄いあったんだよねぃ」
えり「ではお便りです」


>小走先輩という一つの固有名詞と化しているからね


>小走先輩こそ真の先輩


>ニワカは相手にならんよっ!


>※ミヨキチ さん
>これはかなり割れそうですねー
>すばら先輩と迷いましたが彼女は後輩力も
>高いイメージなので、もう一人の方に入れてきました


>すばら先輩は麻雀という狭い枠に収まらない人生の先輩


>先輩と言えば、すばら先輩こと花田煌ちゃんです!
>高遠原中学では数ヶ月しか和や優希と過ごしていないにもかかわらず、
>引っ越し後も二人はすばら先輩のことを慕っています。
>彼女の性格や人柄に親しみが持てるのだと思います。


>すばら先輩マジすばら!


>自分が咲キャラの中で先輩をつけて呼ばせていただいている人はすばら先輩だけです。
>彼女こそ咲キャラ1の先輩力を持つすばらっ!な先輩だと確信してます!


咏「さあ、残ったのはこの2人!」
えり「大方の予想通りではあるかもしれませんね」

スバラ!スバラ! ニワカ!ニワカ!


咏「おっと、すばらコールとニワカコールが起こってるねぃ」
えり「ニワカコールってちょっと煽りにも聞こえるんですけど…」
咏「まずは得票数から発表するねぃ」
咏「1位は45票」
咏「2位は40票だったよ」

オー ザワザワ スバラ!スバラ! ニワカ!ニワカ!

えり「第1回で2位以下に大きな差をつけた」
えり「松実宥さんが48票でしたから…」
咏「そうそう、2人とも凄い獲得票ではあるんだよ」
咏「だけど、結果は出ちゃうんだよねぃ」

初瀬「先輩…」
和「花田先輩…」

咏「じゃあ発表するよ!」
咏「2位!」

咏「40票!小走やえちゃん!」ババーン!

咏「1位!45票!花田煌ちゃん!」ババーン!

咏「優勝は…。新道寺女子高校2年花田煌ちゃんだー!」


ドワー!スバラスバラ!スバラスバラ!


やえ「…フゥ。負けたよ」
煌「小走さん…」
やえ「そんな顔しなさんな。わたしに勝ったんだ」
やえ「堂々としてればいい」
煌「…はい!」スバラッ
やえ「フフ。それでいい」ニワカッ

えり「すばらに芽生えた友情ですね」
咏「すばら気に入ったの?」
えり「…運営コメントです」


いやはや。最後までどうなるか分かりませんでしたが…。
すばら先輩の勝利!でしたね。
確かにこの2人は先輩呼びしちゃうかもですよね。
しかし今回は紹介できないコメントもたくさんありまして
本当は全部紹介したいのですが
そうすると結果発表SSがとんでもない長さになってしまうので…。

1回2回3回と、着々と長くなってますからね!
ご参加くださった皆様ありがとうございました。

いつものことですが最後に結果をまとめておきますね。



第3回もちもち先輩力が高いのは誰だ選手権
2014年4月23日~2014年4月29日
順位名前得票数
1花田煌45
2小走やえ40
3加治木ゆみ19
4末原恭子18
5染谷まこ10
6獅子原爽5
7松実宥4
8清水谷竜華2
9久保貴子1
9石戸霞1
9竹井久1
9真瀬由子1
9新子憧1
9鹿倉胡桃1
9白水哩1
9野依理沙1
9蒲原智美1



有効票数は152票でした。


えり「という結果におわりました」
咏「TOP2が抜きん出た形になっちゃったけど」
咏「なかなか見応えはあったんじゃないかねぃ」
えり「本当は1人2票持ちとかも考えてはいるのですが」
えり「1票でこれだと収集つかなくなりそうですね」
咏「しばらくはこのスタイルで行くと思うよ」

咏「アンケートネタも随時募集!」
咏「前回からもらった案だと」
咏「妹力、後輩力、分析力、アイドル力、マスコット力」
咏「料理力、鬼嫁力なんてのもあったねぃ」
えり「この形で採用できるかは分かりませんが」
えり「1dayアンケートなんかも企画しようと思っているので」
えり「ご意見ご感想はご気軽にお願いします」

えり「はい、それでは今回も針生えりと」
咏「迫り来る火力!三尋木咏でお送りしましたー」
咏「あとは宮永妹さんよろしくねー」

咲「ちょ、恭子りんさん!恭子りんさん!」
恭子「あん?」グリグリ
ゆみ「ちょモモ離せ!おい!」グイグイ
桃子「…」グググ
ゆみ「無言はやめろ!怖い!」グイグイ

咲「挨拶!締めの、挨拶!」
恭子「ちっ…。しゃあない離したるか…」
咲「もー」カミグシャグシャ
咲「…」カミナオシナオシ

咲「長々とお付き合いありがとうございました!」

咲「今回は以上!」

咲「カン!」

恭子「よっしゃ終わったな」グリグリ
咲「きゃー!」

キャッキャ

もいっこカン!

各種アンケート関連Index