-------------------お正月
清水谷邸

晴絵「ゲバゲバゲバゲバ!」

怜「ホンマめちゃくちゃやなこの人www」
セーラ「おもろいわーレジェンド様」
灼「面目な…」
竜華「なんでえな。ええやん。いい人やし」
灼「それは否定しな…」

玄「今年のお正月はゆっくりだねえ」
穏乃「ですねえ。もう数ヶ月経っている気がしますね」
憧「何馬鹿なこと言ってんのよ。まだ数時間よ数時間」
穏乃「はは。そうなんだけどさ」
宥「コタツあったか~い」ヌクヌク

竜華「なんかしよかー?」
セーラ「せやな。グデグデしてるだけやったらもったいないもんな」
怜「なんかってなにがあるのん?この人数やで」
竜華「別に皆で一斉にせんでもええやんか」
玄「基本お姉ちゃんは見てるだけですので」
セーラ「そこは参加しようや」
宥「玄ちゃんがんばれ~」
セーラ「はじまってへんよwww」
宥「あれ~?」

晴絵「ウホーッホッホッホ!」

憧「あ、じゃああれは?」
竜華「あれじゃわからへんよwww」
穏乃「あれ?」
憧「ほら、あの命令ひくやつ」
穏乃「あー。また懐かしい遊びを…」
玄「あれかー」
怜「命令?」キュピーン
灼「不穏な響きが…」

竜華「え?なになに?おもろいのん?」
穏乃「えっとですねえ…紙に命令を書いて箱に入れて…」
憧「ひいたやつは絶対に守らないといけない!っていう…」
怜「おっしゃやろうか」キュピーン
セーラ「これまたウチのエースがやる気満々やな」
怜「元や元」
セーラ「あ、せやったな。あれ?現エースはどこに…」
泉「ここにおりますやん!」

怜「え…」
セーラ「え…」
竜華「え…」
泉「え…?」

竜華「泉    …」
怜「…言葉の意味は分からんがとにかくすごい自信やな」
セーラ「これは母ちゃん質に入れててでも見に行かなアカンわ」
怜「らしいで竜華。ちょっと質屋行ってきて」
竜華「誰が母ちゃんや誰が」

怜竜華セーラ「「「wwwwww」」」

泉「いや、今のはウチが悪いんですけど…」
泉「言うてる意味が分からへんですわ」
怜「え、嘘やん」
セーラ「え?今の流れ分からんの?」
泉「はい」
竜華「泉それはアカンわ」
泉「えー。うそん。高鴨さんとか分かる?」

穏乃「え?なんか千里山の儀式的なアレでは?」
怜「儀式てなんやねんwww」
竜華「え、うそん。穏乃ちゃん分からん?」
穏乃「え、と。すみません…」
竜華「やや、別にええんやけど…。え。玄ちゃんは?」
玄「え?おもちですか?」
怜「そんなん言うてへんよwww」
セーラ「アチャー…。これは憧ちゃんも知らんパターンやな?」
憧「全くわかんない。関西ローカルのなにか?」
セーラ「奈良も関西やろが!」
怜「あらたそは?」
灼「分からな…」

怜「宥姉やんだけが頼りなんやけど…」
竜華「宥ちゃんはキャラ的に…」
セーラ「見てへん可能性が…」
宥「…」

宥「6をひっくり返すと…」
怜「!」
竜華「!」
セーラ「!」
宥「9になるの~」
憧「え、それは当然じゃ…」

セーラ「宥姉やん知ってるやん!」
竜華「よっしゃ胴上げや!」
怜「応援するわー」

ワッショイワッショイ アッタカーイ

穏乃「い、一体何が…?」
憧「3年生だけが知っている何かかも」
玄「あ、本当だ。皆3年生だね」
灼「1年しか違わな…」
泉「なんかあるんちゃいます?」

晴絵「ゼハハハハハ!ゼハハハハ!」

宥「あったかかった~」
怜「宥姉やんのマフラー奪ったら先に落ちてまうな」
セーラ「もうええねん」
竜華「楽しんだわー」
泉「え、ほんでなんでしたのん?」
セーラ「あ、いやいや。昔そういう漫画があってん」
怜「今新作がやってんけどな」
穏乃「あ、漫画の話ですかー」

憧「ふぅん。知らないなあ」
竜華「なんやこういうのジェネレーションギャップいうんかなあ」
セーラ「あれ?」
穏乃「どうしました?」
セーラ「いや、さっきあらたそ…。アシュラマンがどうとか言うてなかった?」
灼「…」
怜「あ、せや!知ってるやん!」
灼「8を横にすると無限大」
竜華「やっぱ知ってるやんwww」
セーラ「なんで嘘ついたんよwww」
灼「や、なんか負けた気がし…」
玄「あれ、灼ちゃんも知ってるんだー」

怜「ふむん」
竜華「なに?」
怜「や、さっき言うてた遊び?」
憧「命令のやつですか?」
怜「ん。今のん3年が全員知ってたやろ?」
セーラ「お、言われてみればそやな」
怜「1年の子ぉらは皆知らなくて」
怜「玄ちゃんとあらたその2年組が分かれたやん」
竜華「せやな」
怜「お題を書いて…。答えを聞いて…」
怜「一致するところとか別れるところ調べるんはおもろいかなあおもて」

竜華「ははぁ…。あ、せやったら今のんも…」
竜華「2年の他の子ぉに聞いてみよか?」
怜「2年って他誰?」
セーラ「フナQ先輩やろ」
竜華「パスいちやな。愛宕の集会に巻き込まれてまう」
怜「泉生贄にすればええやん」
泉「やめてくださいよ!」

穏乃「あ、荒川憩さんはどうですか?」
怜「おー。憩ちゃんなあ」
竜華「ええんちゃう?」
セーラ「じゃあ言い出しっぺのシズモンが連絡なー」
穏乃「ええ!?」スチャ
怜「と、言いながらも電話出すのなwww」
竜華「ええ子やなあ。ホンマ」
穏乃「えへへ。えーと、なんて言えばいいんです?」

怜「ほんなら…。竜華なんか書くもんある?」
竜華「えーっと…。はいこれ…とペン」
怜「チラシやんwwww」
セーラ「生活感丸出しやなあwww」
竜華「別にええやん。お正月はようさんあるし」
怜「ええっと…」カキカキ
セーラ「んー。あーなるほどなあ」
竜華「はいはい。それはアリやな」
怜「知ってたら…こう言うっと」カキカキ
怜「おっしゃ。じゃあシズモンこれを言う」

竜華「ちょ、待ちい。間違ってるやん」
怜「ん?どこがいな。えむゆー…」
セーラ「えすいー…。あってるやん」
竜華「アホか。しーやしー」
怜「おうふ。ホンマやwwww」
セーラ「うそん。オレいーやと思っとったで」
怜「アカンわセーラ」
セーラ「お前が言うなやwww」
怜「ホンマやなwww」
竜華「ほんで電話?チャット?」
怜「チャット送ってみよかー」
穏乃「はい!」ポチポチー


============================
チャット

シズ:あけましておめでとうございます
シズ:今竜華さんのお家で新年会中です
シズ:それで憩さんに聞きたいことがありまして

============================


怜「憩ちゃんおるかなあ」
竜華「どうやろな。結構吹っ飛んで歩いてるイメージあるからなあ」
穏乃「あ、返事来ましたよ!」


============================
チャット

K:わあ。シズちゃんやん。あけおめーことよろーやねー。
K:あららー。楽しそうやねー
K:どないしたん?

============================


穏乃「えっと、ここからいきなり聞いて良いんですかね?」
セーラ「いったれいったれwww」
怜「あ、一文字づつ区切った方ええで」
穏乃「は、はい」ポチポチ

============================
チャット

シズ:エム!
シズ:ユー!
シズ:エス!
シズ:シー!
シズ:エル!
シズ:イー!
K:マッソー!
シズ:エム!
シズ:ユー!
シズ:エス!
シズ:シー!
シズ:エル!
シズ:イー!
K:マッソー!
シズ:スリー!
シズ:ツー!
シズ:ワン!
K:ファイヤー!
K:ブウウウウウウウウ!
K:デデデデン!
K:…え?どないしたん笑

============================


怜竜華セーラ「「「wwwww」」」

穏乃「ほんとだ!知ってたらマッソー!って返ってくるって書いてある!」
玄「あれー?憩さん知ってるんだー?」
セーラ「こんなに求めてへんけどなwww」
怜「やwwwあの子はデキる子や思うとったわwww」
穏乃「ええと…。ネタばらししても?」
竜華「そやな。ほっといても憩ちゃん可愛そうやしwww」
穏乃「はーい。えっと…」ポチポチ

灼「2年で知らない玄がわる…」
玄「え、えええ。そうなっちゃうの?」
怜「どうしてもそうなるわなあwww」
玄「うう…」
穏乃「あ、憩さんからお題が出ましたよ」
怜「ふむん?」


============================
チャット

K:なんやおもろいことやっとるねー
シズ:なにかそういうのでありますかね?
K:んーちょい待ってなあ考える
K:あ、漫画といえばな
シズ:お、なんか考えつきましたか?
K:昔は紙の原稿で漫画を書いてたんやけど
シズ:はい
K:最近はみんなパソコンで書きはるんやって
シズ:ほほー
K:せやから、例えば出版社に持ち込むーゆうたり
K:漫画賞の応募やーゆうたりするときも
K:紙を送ったりせえへんで、USBメモリー送ったりメールに添付するやら
K:そないになっとるんやってー
シズ:ふむふむ
K:せやからなんか送るー言う時に
K:どういう手段を使うかー、てのは
K:世代によって結構まちまちなんやないかな?


============================


怜「ほうほう」
竜華「なるほどなあ」
宥「それなら~」
セーラ「お、ここで宥姉やんの登場!」
宥「相手に好きって伝える方法は~っていうのはどうかな?」
玄「おもちを…」
憧「はい却下」
怜「ひざまく…」
竜華「却下やな」

玄怜「「ブーブー!」」

セーラ「特殊すぎるやろwww」
灼「そうなると2人は好きな人が多すぎ…」

玄怜「「みんな違って皆良い!」」
玄「ですよね!」
怜「せやんな!」

ガッシイ! キャッキャ

憧「うーわー、あの2人が手を組んだら終わりよ」
セーラ「なんやろな、でも手紙ゆうんもそういう時はアリやない?」
憧「えっ」
セーラ「えっ」
穏乃「セーラさん乙女ですね!」
セーラ「えっ」
怜「お、来ました!セーラ乙女モード入ります!」
竜華「ちょっとスカート持ってきてー!」
セーラ「っさい!やかましわ!ホンマ///」

穏乃「望さんに聞いてみようよ!」
憧「えー?お姉ちゃんにー?」
穏乃「ちょっと上の世代にさ!」
憧「んー…」
竜華「アカンかんじ?」
憧「どうだろう。聞いてもまともに答えてもらえるかなあ」
穏乃「試しに試しに」
憧「んー。ちょっとまってねえ」ピピピ
怜「どれどれみして」
憧「あ、はい。どうぞ」


============================
チャット

アコ:聞きたいことがあるんだけどー
ノゾミン:なにー?

============================


憧「お、いたいた」
怜「ノゾミンやて。かわええな」
憧「アハハ。なんかそういうの好きみたいで」


============================
チャット

アコ:好きな人がいたらどうやって伝える?
ノゾミン:…
アコ:おーい?
ノゾミン:直接言えば良いんじゃない?
ノゾミン:そーかそーかようやく勇気を出すんだな
アコ:は?
ノゾミン:お姉ちゃん嬉しいよ
ノゾミン:今一緒にいるんでしょ?
ノゾミン:しずのちゃ

※通信が切断されました


============================


憧「…」
怜「…」
憧「…みました?」
怜「…」カタヲヤサシクポンポン
憧「…」
怜「…」ジアイノメ
憧「その目やめてくださいよ!」
怜「wwwww」
憧「もー!」

穏乃「え?どうした憧」
憧「なんでもなーい!」
穏乃「なに?どしたのそんな大きな声だしてさあ」
怜「シズモンや」
穏乃「はい?」
怜「阿知賀はホンマおいしいなあ」
穏乃「え?」
怜「いやいや、ごちそうさま的な意味でやで?」
穏乃「は、はあ。ありがとうございます?」

竜華「どないしたん?」
怜「や、答えは直接言うやって」
竜華「あ。手っ取り早いなあwww」
セーラ「こうなったら、ノゾミンの同世代に聞くしかあらへんな」

晴絵「グフグフグフ!」

怜「ではレジェンド様にお酒をお供えして」
玄「そんな扱いに!」
セーラ「はいはい。レジェンド様焼酎ヘルシア割でございます」スッ
玄「健康にも留意!」
竜華「聞きたいことがあるのですが」

晴絵「…んふ」ボー

怜「さあ、お飲みください」

晴絵「ん」ゴクゴク

竜華「好きな人に気持ちをどうやって伝えますか?」

灼「…」

晴絵「ブレーキランプ」

皆「はぁ?」

晴絵「なんでわからないんだ!」
晴絵「ブレーキランプだよ!」
晴絵「点滅させるだろうが!5回!」
晴絵「アイシテルのサインだろうが!だろうがよ!」

晴絵「かぷかぷかぷ!かぷかぷかぷ!」

灼「クラムボンか!」
穏乃「あっ!灼さんがよたび!」

晴絵「…グゴー」zzz

怜「ほんで寝るんやwww」
竜華「ホンマどういうことやねんこの人www」
憧「お姉ちゃんに聞いたら、なんか昔の歌にそういうのがあるんですって」
怜「ほえーwwwこれぞジェネレーションギャップやなあ」
セーラ「オチもついたし泉コンビニ行ってアイス買うてきて」

泉「オチてませんやんか!もうええわ!」

カン!