歩「あ、いらっしゃいませ」 哩「ふぁおああ…メイド…」の続きです。

-------------------
有珠山高校

由暉子「…」ブスー
爽「だーっはっはっはっはっは!」ツクエバンバン
揺杏「あっはっはっはっはっは!」ツクエバンバン
誓子「もう…そんなに笑ったら可愛そうでしょう」
爽「だ、だって…。だってさあ…ふふ」
揺杏「ひこ、飛行機で、折り返すって…ふは」
由暉子「…」ブスー

爽「しかも、ぶしっ、部室に…部室に来るって」
揺杏「行けよもう一回!」
爽「ひゃあーはっはっはは!」
揺杏「あっひゃっひゃ!」
誓子「…ふふっ」
由暉子「!」ガーン!

爽「あーあ」
誓子「えっ」
爽「部長が笑うから由暉子がショック受けちゃったろー」
揺杏「ひでえ。部長ひでえ」
由暉子「ひどいです」
誓子「ええっ!ご、ごめんねごめんね」
由暉子「許します」
誓子「そ、そっかあ」
由暉子「はい」

爽「ほんで?」
揺杏「なにが?」
爽「や、揺杏ではなく」
揺杏「なんだよ」
爽「後でかまってやるから」
揺杏「いらないよ」
爽「またまた」
揺杏「やや、いらん。マジ」
爽「分かった分かった。後でな」
揺杏「や、だからさ…」

誓子「ちゃんと先方に連絡入れた?」
爽「それそれ。それを言いたかったのだ」
揺杏「ちょっとうるさい」
爽「そんなこと無いだろー」
揺杏「いや、マジ」
爽「え?マジで?」
揺杏「わりと」
爽「ちぇー」

由暉子「一応は…」
誓子「大丈夫?わたしも連絡しとこうか?」
由暉子「大丈夫だと思いますけど」
誓子「んー?」
由暉子「…お願いします」
誓子「はいはい。お願いされます」

爽「甘いわー。ウチの部長後輩に甘いわー」
揺杏「しっかりしてるんでしょ」
爽「…。お前も後輩だな。そういや」
揺杏「なんだそれ」
爽「甘やかされてるなー」
揺杏「まあ…。そうだね」
爽「羨ましいわー」
揺杏「つーかウチら全員あんたに甘いじゃんか」
爽「嘘だい。厳しいやい」
揺杏「なんだそれ」

爽「ほんで?」
揺杏「…」
爽「無視すんなよ!」
揺杏「えっ、わたしに言ったん?」
爽「そうだよ!他に誰がいるんだよ!」
揺杏「えー」
爽「揺杏はどうすんのさ?」
揺杏「チーム?」
爽「そそ」
揺杏「そっちは?」

爽「んー」
揺杏「あれ、考えちゃう?」
爽「や、誘いはさ。そりゃいっぱい来るんよ?」
揺杏「だろうねえ」
爽「なんだけどさあ…。ちょっとなあ、うん」
揺杏「なに?」
爽「や、なんでもない」
揺杏「いやいや。なんでもあるだろ」
爽「んー。内緒」
揺杏「なにそれ」
爽「大人には色々あるんだなあ」
揺杏「おとな?」チラ
爽「おや?どこを見たのかな?」

誓子「えーと…。奈良の松実館。ん?松実?」
誓子「…ねー?」
爽「んー?」
誓子「松実館の松実ってあの松実さん?」
爽「松実?阿知賀のドラゴンロードか?」
誓子「あ。やっぱりかな?」
爽「そういや実家は旅館!とか実況しまくってたじゃん」
誓子「あ、あれ本当なんだ」
揺杏「なぜ疑ったのか」

爽「…えっ?由暉子ドラゴンロード口説き落としたのか?」
由暉子「いえ、チームは違うのですが」
由暉子「なにやら松実館で合宿するとかなんとか」
爽「ほえー、楽しそうだ!」
由暉子「ええ、楽しみです」
揺杏「ではなぜ折り返したのか」
爽「ドヒーッヒッヒ!」
由暉子「あれはシステムがおかしいですね」
揺杏「ついにシステムのせいに」
爽「アヒャヒャヒャ」

揺杏「あれだ。わたしが一緒に行くわ」
爽「ん?由暉子と?」
揺杏「んー。わたしも移動するし」
爽「南に?」
揺杏「ここから北ってどこに向かうのさ」
爽「…樺太」
揺杏「行かん行かん」

誓子「チームが決まったの?」
揺杏「んー、まあそんなところで」
爽「ほらー」
揺杏「なんだよもう」
爽「お前だって隠そうとするじゃんか」
揺杏「そうじゃないよ」
爽「んじゃあなんだよぅ」

揺杏「ちょっと昔馴染みとさ」
爽「ほ?」
揺杏「チーム組むかもしれなくて」
爽「ほほう」
揺杏「でもまだ本決まりって訳じゃないんだけど」
爽「ははぁ」
揺杏「3人目もどうするかなあって」
誓子「奈良に行くの?」

揺杏「いや」
揺杏「成香もいるとこ」

誓子「え?」

揺杏「魔境長野」


-------------------
霧島神宮 道場

巴「…」ナギナタカマエー
那岐「…」カタナカマエー
巴「はっ!」ドシュ
那岐「おわ!」
巴「…」カマエー
那岐「…」カタナオロシー

那岐「ありがとうございました」
巴「ありがとうございました」

巴「ふふ。こんなものかな」
那岐「おっかない、薙刀おっかない」
初瀬「間合いがこんなに違うんですねえ」
史織「那岐ちゃんなんもできなかったね~」
那岐「いや、これは凄いな」

セーラ「ほぁあ。巫女さんはこんなこともすんのかあ」
憧「しないしない」
尭深「新子さんも巫女さんなんだっけ?」
憧「血筋的にはですかねー」
初美「望さんめちゃ強ですよー」
憧「え、そうなんですか!?」

菫「ふむ。的は無いのか」キョロキョロ
セーラ「ないやろ!」
巴「弓道場もあるよ」
セーラ「あるんかい!」

灼「レーンとピンは…」キョロキョロ
セーラ「あるわけあらへん!」
初美「宇宿にラウンドワンがありますよー」
セーラ「そういうことちゃうやろ!」
灼「じゃあ、マイピンをば」ゴトリ
セーラ「置くな置くな!」
霞「あっちの廊下がちょうど良いかも」
セーラ「やらすなやらすな!」

花子「すげー!本場のツッコミだ」ケラケラ

十曽「準備できましたよー」
巴「ありがとー。じゃあ汗流して行こうか」
霞「そうね」
初美「本当に行っちゃうんですかー?」
巴「行くよー」
初美「ずるいですー」
霞「ごめんね初美ちゃん」

初美「本当に2人でチームとかじゃないんですよね?」
巴「もう、違うってば」
霞「それやったらもう泣いちゃうでしょ」
初美「泣きます」
霞「だからしないったら」ナデナデ
初美「うう…」

セーラ「ほんま憧ちゃん達来てくれて良かったわー」バシバシ
憧「痛い痛い」
尭深「3チーム揃ってる状態…」
霞「ゆっくりしていって頂戴ね」
霞「色々なことはこの2人に言ってくれれば大抵できるから」
十曽「えー」
明星「…」ペッコリン

菫「練習試合のレギュレーションは甘いみたいだからな」
花子「そういや、禁止云々は無いみたいだもんなー」
セーラ「せやな。打ったこと無い子ぉと打ってみたいわ」
花子「ひやあ、凄い面子だよなあ初瀬ちゃん」
初瀬「…ええ、そうですね」
花子「敬語敬語」
初瀬「あ、そうか。そうだね」
花子「そうそう」

セーラ「9人おるから2卓立つな!」
憧「ちょっとがっつき過ぎじゃない?」
セーラ「せっかくやしさあ」
初美「時間はあるし、のんびりしましょうよー」
セーラ「えー、弘世はどう思う?」
セーラ「…っておらんやん」
十曽「明星ちゃんが弓道場へ連れて行きましたよ」
セーラ「なんでやねん!」

セーラ「厳しいやつやと思ったんやけどなあ」
セーラ「あ、せや!あらたそはどうおも…」
セーラ「案の定おらんやんけ!」

ゴロゴロー カーン

セーラ「ほんまにやるんかい!」

憧(わりと苦労性なのかな…?)


-------------------
姫松高校 周辺

漫「はぁ…。はぁ…」
漫「…」キョロキョロ
漫「まいたか…?」
漫「…」

漫「はは。流石にこんな裏道分からへんやろ」

漫「はぁ…。一体何やねんなもう…」
漫「なんか飲もか」キョロキョロ
漫「お、自販機発見や」トテテ

漫「…」ジロ
漫「この自販機定価やんか」
漫「自販機も価格競争の時代やっちゅうねん」
漫「お前アカンで。あっちに80円で頑張っとる自販機もあるゆうのに」

漫「スーパー行ったらもっと安いっちゅうねん」
漫「客商売の娘なめんなよっちゅう話やんな」トテテ

ガッシィ

漫「ああん!?」
桃子「つーかまーえたーっす」ユラァ
漫「うわっ!東横や!モモちゃんや!嘘やん!」
桃子「うふふーっす。観念するっすよー」
姫子「わ、ほんなこつやね」
漫「はーなーせー」ジタバタ
桃子「わっわっ。暴れんな、暴れんなっす」
漫「なんでウチが恭子りん好きなことになってんねんな」ジタバタ
恭子「普通に恭子りん言うなや」オデコペチン
漫「あたっ。あ、恭子りん、やなくて末原先輩や」
恭子「むふっ。無理があるわ」オデコペチン
漫「あいた」

姫子「恭子りんの読み通りやったばいね」
恭子「あんたもかいな」
桃子「末原さんの言うとおり先回りしてたんすよ」
漫「えー」
恭子「ここらでいっちゃん飲みもんやっすいのここやん」
恭子「漫ちゃんのことやから、喉乾いたら絶対ここ来るわな」
漫「うう…。まるっきり図星や…」

恭子「さっき咲とも話してたんやけどな」
漫「はぁ」
恭子「合宿はろか思ててん」
漫「合宿ですか…?」
恭子「わたしら家帰れるけどこの子ぉらはそうもイカンやろ?」
漫「ええんやないですか?」
恭子「漫ちゃんもやで?」
漫「分かってます。なんかもうどうにでもせえゆう感じですわ」
恭子「ほんな投げやらんでも」
漫「そういうんちゃうんですけどね」

恭子「ま、ええわ。でな?」
恭子「合宿ゆうてもどうしょうか思てな」
漫「どうしょうて、え?場所ですか?」
恭子「せや。学校使うのんもあれやなあ思て」
漫「まあ、そうですかね」
恭子「うん。でー、ここらでこの人数泊まれるゆうたら…」
漫「…もしかして」
恭子「漫ちゃんの意見も聞こう思て」
漫「選択肢は」
恭子「無い」
漫「どないですのん」
恭子「まあ行く前に諦めえ言うこっちゃな」
漫「…しゃあないですやん。行きましょ」

恭子「分かった。今咲とはじめが買い物しとるから」
恭子「終わったら乗り込むで」


恭子「愛宕家に」


桃子「ちょ、一体どんな魔界なんすかね」ヒソヒソ
姫子「分からん。分からんけどがばい不安やね」ヒソヒソ


-------------------
スーパー内

一「あれ?」
一「嘘でしょ?」
一「スーパーではぐれるの?」
一「咲ちゃああん?」


……………。
…………………………。


咲「はじめさああん。ここどこおおお…」ウルウル


カン!

その20へ続く!

【咲-Saki- 3on3SS】Index