第2回もちもち食いしん坊力が高いのは誰だ選手権の結果発表SSです。

-------------------
某所

恒子「それでは第2回の結果発表ー!」
健夜「え、交代なの?」
恒子「えーと…。今回のエントリーはですねえ」
えり「そうみたいですね」
恒子「えっと…」
咏「はいはい、ふくよん諦めるんだねぃ」
恒子「やだ!」

オーイ フクヨカジャナイゾー オトナノジジョウヤナ バスガデルデー

咏「ほーらブーイングが」
健夜「こーこちゃん、交代しよう?」
恒子「うう…」
良子「それでは私たちがウィルドゥーイング」スッ
裕子「ちょっとちょっと」
健夜「とっちからかっちゃうよ!」

オーイ オトナー ハヨキメエヤー バスモウスグデルデー

えり「ええと、諸事情により小鍛治プロと福与さん」
えり「それに戒能プロと佐藤さんも…」
えり「ちなみに藤田プロも…。司会ができません」
えり「…。察してくださいね」ニコリ

健夜恒子良子裕子「「「「あっ…」」」」

恒子「くっ…。わかりました…」
恒子「あと千里山の皆さん!」
恒子「バスが出るのを一々言わなくていいからね!」

怜「wwwww」
セーラ「名指しで怒られてるやんwwwww」
竜華「やめえ言うてるやろwwww」
洋榎「アカン。これ楽しいわwwww」
セーラ「せやろー流石やろーwww」
洋榎「パクんなや!」
怜「ひゃぁ~。すばら~wwww」
煌「ちょっと!巻き込まないでくださいよ!」トテテー


えり「えーと、ということで今回の司会はわたし針生えりと」
咏「迫り来る火力!三尋木咏だよーん」
えり「あ、自分で言うんですね」
咏「言ったもん勝ちみたいな?」フリフリ
えり「はい、ということで」
咏「うわあ、スルーされたー」

ヒロッテヤレヤー ボケゴロシー バスガデタデー

えり「早速エントリー選手に登場していただきましょう」
咏「強いねえ」

================エントリーナンバー1

タコスだったらいくらでもいけるじぇ!

通常時ですら3人前!
密度が高いという噂は本当なのか!?

片岡優希!ダジェエ!


================エントリーナンバー2

ハレの日なら屋台もの!いつもはラーメン!

和菓子屋の娘さんは濃い味が大好きなのか?

高鴨穏乃!ババーン!


================エントリーナンバー3

そこにお菓子とプリンがあったから…。
大量に摂取した栄養は一体どこへ消えるのか?

妹に勝手に食べられて激おこなのは
ただの噂なのか!?

宮永照!ババーン!


================エントリーナンバー4

からあげは勝ち組…。

前回の姉の雪辱は果たせるか?
スポーツ少女はカロリー使うんやでえ!

愛宕絹恵!ババーン!


================エントリーナンバー5

基礎代謝のレベルでちょー段違いだよー。

おっきいからには食べなきゃダメ!

姉帯豊音!ババーン!


================エントリーナンバー6

手が届く範囲の食べものは全てオレのもの!

実はお子様ランチリスペクト設定を
知っている人はどれくらいいるのか!?

井上純!ババーン!


================エントリーナンバー7

黒糖ならばいくらでも…!

皆がおそばを食べたあと
1人だけデザート!

滝見春!ババーン!


================エントリーナンバー8

日本ノラーメン量ガ少ナイデース!

基本分量がアメリカンサイズ!

メガン・ダヴァン!ババーン!


================エントリーナンバー9

ここでやらなきゃどこでやる?

わすれちゃいけないのはこの子!

深堀純代!ババーン!


================エントリーナンバー10

玄ちゃんのお料理ならいくらでも食べられるの~。

第1回のディフェンディングチャンプ!
連覇はあり得るのか?

松実宥!ババーン!


====================================

えり「以上エントリー10名になります」
咏「えりちゃんモノマネ…」
えり「はい?なんですか?」
咏「うまいんだねぃ。ちょっちびびった」
えり「割りとなんでもしますよ」

オー パチパチ

健夜「ああやるんだねえ」
恒子「…」
良子「ビターなバグをバイトしたようなフェイスをしていますね」
裕子「苦虫を噛み潰したってことですかね?」


……………。
…………………………。

えり「あれ?宮永照選手がいませんね」
純「まだドアの外で転がってるんじゃねえの?」
豊音「誰か迎えに行ってあげたらーとかとかー」
えり「どうしましょう?」

咲「あ、じゃあわたしが…」
菫「いや、わたしが行こう」
咲「弘世さん…」
菫「おそらく、かなりみっともないことになってるだろうからな」
恭子「せやな。弘世に任せとこか」
咲「お願いします」ペッコリン
菫「ああ、じゃあ行ってくる」

エイスリン「オマカセアレ!」ピュー
白望「ふはっwwww」
玄「あ、エイスリンさんが行っちゃった」
塞「何やってんのよあの子は…」
明華「あらら、チャンプを迎えに行ったのかしら」
菫「やれやれ何をやってるんだ…」

透華「チャンプはおいておいて進めてくださいまし」


咏「スポンサーのご意向もあって進めるねぃ」
えり「そうですね。ええと…。第7位から発表しますかね」
咏「あ、わたし結果しらないんだよね。見せて見せて」
えり「もう…。打ち合わせ来ないからですよ」
咏「どれどれ…。ふはっwwwwだから交代したのかーwwww」

えり「第7位です!」
咏「お便りはー」


>お鍋の時とか凄い頑張りそう


咏「松実宥ちゃん!」ババーン!

宥「は~い」
憧「あ、宥姉だ」
灼「案外高いとおも…」

えり「運営コメントです」

オネエチャーは食っちゃ寝しているイメージなので
気を抜いたらカロリーの吸収的にとんでもないことになりそうですが
おそらくクロチャーがカロリー計算をきちんとしている気がします。


えり「続きまして7位タイ!」
咏「お便りー」


>少食のイメージもあるけど、パクパク食べてる方が可愛いと思ったので


咏「姉帯豊音ちゃん!」ババーン!


豊音「わー松実さんと同じだよー」
宥「そうだね~」

キャッキャ

えり「運営コメントです」

おっきいから食べる必要がある。
自然だと思うのですが、豊音って何が好きなんでしょうね?
ミーハー的な食べ物や、みんなと食べたアイスとかでしょうか。


由子「あの2人が並ぶとぽや~とするのよ~」
洋榎「お前が言うなや」
由子「意味分からへんのよ~」
洋榎「なんでやねん!」


えり「続いて第9位です」
咏「お便りー、は今回はなかったねぃ」

咏「愛宕絹恵ちゃん!」ババーン!


絹恵「アハハ。ここかー」テヘー
洋榎「アホか!なんで絹に応援がないねんな!」
雅枝「わかってへん!ぜんっぜん!わかってへんわ!」

怜「こわっ。愛宕一族めちゃおこやんか」
セーラ「バスガ・・・」
浩子「今はやめといた方がええと思いますわ」
竜華「おとなしゅうしといた方ええな」
怜「まあ最悪泉を差し出せばええやろ」
泉「なんでですのん!」


えり「運営コメントです」

絹ちゃんのムチムチぶりを見ていると
サッカーをやっていた頃と同じ分量いまだに食べてしまい
お肉が良きところにつきはじめているのでは・・・
と妄想しております。


えり「続きまして第10位ですね」
咏「お便りはこちらー」


>純君かな、と思ったけど草不可避ww


>深堀さんがコロンビアのポーズで勝ち誇ってる姿が用意に想像出来る。


未春「!」
華菜「ここかー…」


咏「深堀純代ちゃん!」ババーン!


純代「焼き鳥じゃなくて良かった…」


えり「運営コメントです」

深堀さん。焼き鳥じゃなくて良かったね!
でももうちょっと入るかなと思ったのですが・・・。
今回の結果は読めませんでしたねえ。

純代「ちょっといいですか・・・」
えり「どうぞ」
純代「・・・」リョウテヲグーノママアゲテ・・・
純代「・・・」コロンビア ドヤァ
純代「ありがとうございました」
咏「そういうサービス精神は大事だねぃ」


えり「続いて第6位ですね」
咏「コメントー」フリフリ


>よく食べる子はよく育つ、と思ったけどそうでも無いキャラもいますねwwww


>黒糖を食べるとおもちが育つ説

>ポリポリ
>選択肢にないキャラですと小蒔たそ。
>SSでのキャラ付けですけど(笑)
>小蒔ちゃんが食いしん坊なお姫様って
>愛でずにいられない可愛さではないでしょうか。
>それによく食べないとあの体にはならんと思うのです。


咏「滝見春ちゃん!」ババーン!
咏「1人1票ルールなので小蒔ちゃんには票は入らないねぃ」


初美「6位ですかー」
巴「もうちょっと上にいけるかと思ったけどねー」
春「・・・」ポリポリ
霞「あらあら、あそこでも食べるのね」
小蒔「わたしの名前が呼ばれた気がしました!」
霞「うふふ。今回はいいのよ」
小蒔「はい!」


えり「運営コメントです」

はるるはアニメですごく優遇されていた気がします。
はるるファン増えたのでは?と思っています。
が、今回のアンケートでは上位陣が強すぎて・・・でしたね。


えり「続いて第11位タイのご紹介ですね」
咏「こんなコメントだねぃ」


>お弁当早食いしてた感じの佐藤アナ!

裕子「えっ・・・」


>名無しのアナウンサー さん
>ベルト緩めてまで駅弁二つ食べるすこやんがエントリーしてないなんて…
>あっ、もしかして年齢制限かしら?

健夜「えっ・・・」


>名無しのぬるぽ さん
>取りあえず熊倉先生を追加して差し上げろw
>ラーメンってことでダヴァンがエントリーしているけどw
>まあ実際優勝候補は純ニキとここにリストアップされていない
>カツどんさんなんだろうけど・・・・

トシ「えっ・・・」ズルズル
胡桃「食べないそこ!」


>ここのブログのSSの影響でのどっちが食いしん坊に思えてますw

和「モゴッ」モグモグ
優希「まだ食ってんのかのどちゃん!?」


>男なのにレディースランチは食いしん坊万歳!

久「んんん?」
まこ「あれ?あいつはどこにいるんじゃ?」

咏「佐藤裕子アナ!」ババーン!
咏「小鍛治健夜プロ!」ババーン!
咏「熊倉トシさん!」ババーン!
咏「原村和ちゃん!」ババーン!
咏「須賀京太郎ちゃん!」ババーン!


良子「・・・」ジトー
恒子「・・・」ジトー
裕子「あ、あはは・・・」
健夜「え、えへへ・・・」

良子「シュガーアナがリーズンでしたね」ジトー
裕子「シュガーとか言わないでくださいよ!」
恒子「すこやんのせいじゃーん!」
健夜「しらないもん!しらないもん!」

ワーワー

トシ「大人のくせにみっともないねえ」ズルズル
トシ「どしっと構えてないと」ゴクゴク
胡桃「先生、塩分とり過ぎには気をつけてくださいよ?」
トシ「もう一杯!」ズルズル
胡桃「食べないそこ!」

和「ふふぁふんふぁふぉこひ・・・」モグモグ
優希「ん?犬はどこにいるかって?」
和「ふぉうふぉう」コクコク
咲「ホントだ京ちゃんいないね」キョロキョロ

えり「えー。ランクインした須賀くんと音声中継が繋がっています」
京太郎『あー、どうも清澄高校須賀ですー』
咏「須賀くん?司会してる三尋木ですー」
京太郎『あ、どうも。お世話になってますー』
咏「須賀くん今どこにいるんだい?」
京太郎『ええと、一応男性陣が集まってる場所がありましてー』
京太郎『そこに皆さんとまったりしてますねえ』
京太郎『今皆でご飯食べてますね』
咏「こっち来ないのかい?」
京太郎『いやいや、流石に行きづらいっすよ』
京太郎『ねえ、皆さん』

ヘイラーメンオマチ! モウジャンタクウッチマウカ ニジュウイッセイキ・・・

京太郎『やっぱりそうらしいっすね』
京太郎『あ、もし1位になったりしたら』
京太郎『行かせていただきますよ!』
咏「だねぃ。1位が会場にいないのはしまらないしねえ」
京太郎『それまではこちらで気楽にいますよー』
咏「はいはい。ありがとねぃ」
京太郎『あ、投票して頂いてありがとうございましたー』

えり「はい、ということで男性陣は別部屋にいるらしいですね」
咏「ま、確かにいろいろめんどくさいんだろうね」

咲「京ちゃん凄いしっかり受け答えしてたね」
優希「あの犬は案外そこら辺ちゃんとしてるんだじぇ」
久「うん。ま、清澄の一員だからね」
久「わたしの指導のおかげ?」
まこ「あんた何もしとらんじゃろうに・・・」


えり「ええと続いて・・・あ、これは…」
咏「ん?ああ、これかあ。ま、パパっと紹介しちゃえば?」
えり「んー。えーと…」
咏「じゃあ、わたしがやるねぃ」
えり「あ…」
咏「えーと、今回エントリーしていたメガン・ダヴァンちゃん!」

メガン「YES!」
智葉「お、メグの出番か?」

咏「残念!0票だったよー」フリフリ
メガン「ワーオ!」
智葉「マジかwwwwとんでもねえなアメリカwww」

メガン「らーめンキャラは、熊倉センセニ取られマシター!」
メガン「あンだけアニメでらーめンタベテタノニ…」
智葉「いやだから。ンってカタカナで言うなって」
智葉「池上作品かよって」
メガン「ワット?」
智葉「いや。いいよもう」

咏「メガちゃんは残念だったけど」
咏「それだけ1票がどれだけ大切かってことだからねぃ」
咏「リベンジの機会があればいいねぃ」
メガン「YES!ネクスト!アイルリベンジ!」

良子「!」ガタッ
裕子「本場の人に対抗しようとしないでください!」


えり「運営コメントです」

大人組が続々ランクイン。
のどちゃんのモグモグキャラはほとんど浸透していないと思ってましたが
お1人様ひっかかってくださったようで嬉しいです。

京太郎は…。どうでしょうね?

メグ…。むしろエントリーしてごめんね…。


えり「はい。続きまして第5位です」
咏「これは…」


>あれだけカツ丼を食べてるし食いしん坊力はかなり高いはずなのでカツ丼さん!


>仕事中でも食べてたし


>カツ丼さんが何故選択肢にないのか


>昼にかつ丼!夜にカレートッピング大盛り!夜食にかつ丼!


咏「藤田靖子プロ!」ババーン!


靖子「まじかよ」ガツガツ
まこ「あんたぁ、よく食うからの」
靖子「まあまあ美味いがお前さんとこには敵わないな」ガツガツ
まこ「そらありがとさん。そんながっついてたら説得力ないけどの」
靖子「食えるもんは食う」ガツガツ
久「wwwww」

衣「お、藤田だ!」
一「エントリーしてないで5位かあ」
智紀「エントリーしてたらもっと凄かったかも」
一「かもねえ」


えり「運営コメントです」

実は藤田プロ、迷ったんです。エントリーするかどうか。
しておくべきだったみたいですね。
藤田プロのキャラ付けは成功だったということかしらん…。


えり「さて、第4位ですが…」

オ ナンヤナンヤ

えり「1位から4位までかなりの接戦でした」
咏「だねぃ。誰が1位でもおかしくなかった感じだあね」

オー ドヨドヨ


咏「残っている子たちは…」

咏「片岡優希ちゃん!」ババーン!
咏「高鴨穏乃ちゃん!」ババーン!
咏「宮永照ちゃん!」ババーン!
咏「井上純くん!」ババーン!

純「ちゃんでいいだろ!」

アハハハー テッパンヤナ バスガデテモウタデー

純「バスはもういいだろ!」

一「純くんwwww」
哩「おいしかよ。あいつ」
哩「モチタネ…ゲフンゲフン。モチネタずるかね」
姫子(ぶちょー言い直した…)
姫子(むしろそれがモチネタに…)
玄(ん…?おもちについて誰かが…?)


咏「それぞれこんなコメントが届いてるよ」


>優希に1票投じたいと思います!タコスに関しては当然のことながら、
>Aブロック準決勝対局中に
>雑誌社の方々からもらっていた弁当を3,4つくらいペロリと食べていたので(笑)


>さすがに6人前タコスは凄い(こなみ)


>タコス胃下垂説


>あれだけ食った栄養はどこにいくのか?
>ストックされた栄養を使い3年時にはすごいスタイルになる可能性もある。


>無名のおもち さん
>アニメ最終話観ていなければ別の子に投票していたかもですが、
>アンケートフォームにはゆーきに1票投じました!
>あの小さな体によく入るなぁ・・・という感じで迷わず


>シズノは文化部にあるまじき消費カロリーだろうから
>食べる量もすごいはず


>祭りか!


>よく食べ、よく寝るのに育たないんだよなぁ・・・。


>和菓子には飽きてそう


>おかしおかし


>食いしん坊てるてるかわいい!


>照は他人におかしをとられると激怒しそうではある


>咲日和の1話だけの描写なのにもう照には食いしん坊イメージしかない


>総合力なら純くん!


>先鋒戦でタコス、昼休みにガッツリ洋食、更に副将戦でハンバーガーと、
>ずっと食い通しだった県大会決勝が忘れられないw
>見てて気持ちのいい食べっぷりの純くんに一票!


>衣が残したご飯も食べてあげてそう


>豊音がいるから目立たなくなったけど180ありゃそれは食うだろう


>毎日すごくいいものを腹いっぱい食べてそう


咏「などなど他にもたくさんあったねぃ」
咏「コメント量だけで見ると井上純くんが一歩リードしてたかな」
純「だからよ!」

純代「あ、すみません。ちょっと出ていいですか?」
えり「え?ああ、どうぞ」

純代「…」ドアガチャー
菫「…」イレカワリニー
菫「待たせたな連れてきたぞ」
照「おまたせしました…」トテトテ

咲「お姉ちゃん…」


えり「ええと深堀さんはどこに行ったのでしょう」
咏「呼んでこようか」
菫「いや!良い。必要ならばわたしが呼んでくる」ステテ
えり「あ…」

菫「…」ドアガチャ
純代「…」イレカワリニー
純代「すみません」
えり「…?なぜ弘世さんと深堀さんはいつも入れ替わるように…」
純代「…。触れないでください…」
えり「はぁ…」

咏「はいはい。結果発表するよー」

オー…

えり「4人の得票数ですが…」

えり「片岡さん!28票!」ババーン!
えり「高鴨さん!25票!」ババーン!
えり「宮永照さん!30票!」ババーン!
えり「井上さん!26票!」ババーン!

咏「よって1位に輝いたのは…」
咏「宮永照ちゃんだねー」フリフリ

照「…!」
咲「お姉ちゃんだ!恭子りんさん!ほら!お姉ちゃんが1位ですよ!」グイグイ
恭子「わかったわかった。良かったなあ」
咲「わーいわーい!」ピョンピョン
照「…咲」

優希「うがー!照姉ちゃんに負けたじぇえ…」
久「あんなにはしゃいで…」
まこ「優希も健闘したのう」
久「2位だもんね。タコス用意してあげましょ」
美穂子「わたし作りますね!」

衣「純負けちゃった…」ショボン
透華「目立ちましたから良しとしましょう」
一「3位かあ。惜しかったねえ」
純「いや、お前らそんなこれ嬉しいかあ?」
智紀「これだけのメンバーの中で、って考えたらね」
純「んー、まあそりゃそっか」

穏乃「うわああああ。4位だったああ…」
憧「1票差で4位」
玄「しずちゃん頑張ったよ!凄いよ!」
穏乃「くそー。阿知賀で連続勝利したかったあ」
晴絵「ま、だけど…。阿知賀編で連続勝利って考えれば、な」ニヤ
憧「あ、晴絵いたんだ」
晴絵「いたよ!?」
灼「今日はシラフ…?」
晴絵「大体シラフだよ!?」

怜「なんやレジェンド様がレジェンドツッコミをされておられるやん」
セーラ「レジェンド様流石やな」
浩子「そのレジェンドぶりを記録しておきましょ」
竜華「なんでやねんなwww」


えり「運営コメントです」


前回はオネエチャー票が圧倒的だったので
集計作業せずとも1位は分かっていたのですが
今回は集計するまで1位が誰かわかりませんでした。

テルテルでしたね!

純くんの健闘がびっくりしました。
コメント量も純くんが1位でしたし…。

咲日和効果も相まってか
やはり龍門渕ファミリーは根強い人気がありますね!

しかしこうしてみると…。
おもちには栄養が…。

その辺りはまだ謎に包まれたままですね。

最後に結果を纏めます。


第2回もちもち食いしん坊力が高いのは誰だ選手権
2014年4月8日~2014年4月15日
順位名前得票数
1宮永照30
2片岡優希28
3井上純26
4高鴨穏乃25
5藤田靖子9
6滝見春6
7松実宥4
7姉帯豊音4
9愛宕絹恵3
10深堀純代2
11須賀京太郎1
11熊倉トシ1
11小鍛治健夜1
11佐藤裕子アナ1
11原村和1




有効票総数は142票でした。


えり「という結果に終わりました」
咏「いやいや、超接戦だったけどねぃ」
咏「見応えあったねぃ」
えり「今回は色々とありましたが」
えり「いかがでしたでしょうかね」
えり「次回は4月22日にアンケート予定です」

咏「アンケート案も募集中だぜー」
咏「今後の予定としては…」
咏「歌唱力、先輩力、部長力、身体能力」
咏「あとは、忠誠を誓いたい力などが待ってるからねい」
えり「アンケート案やエントリーメンバー案など」
えり「是非ご気軽に連絡してくださいね」

えり「はい、それでは今回は針生えりと」
咏「迫り来る火力!三尋木咏でお送りしましたー」
咏「あとは宮永妹さんよろしくねー」

咲「わーいわーい」キャッキャ
恭子「咲…。挨拶やって」
咲「え?ああ、はい!」

咲「お付き合いありがとうございました!」

咲「今回は以上!」

咲「カン!」