くろもちです。

ついに決着しました
Bブロック2回戦。

アニメから咲-Saki-を見始め
結果を知らなかった方の驚きは
いかばかりでしょうか。

もう大体長文になることは目に見えているので…。
是非お付き合い下さればと思います。

そんなこんなで第12話。


しばらく続けていたOPのあれこれが
今回はできない
アバンからクレジットが出る最終回仕様。

提供バックははっちゃんと姫様のエンドレスおそば。


そして大将戦。
前回までをおさらいをすると
魔王モードの大明槓自摸切りの続きからですね。

豊音と霞さんが咲さんを気にしている隙に
恭子りんが二盃口倍満自摸。

先日のシノハユ感想でも書きましたが
察して微笑みながら目を伏せる
という行動、咲-Saki-ではちょいちょい見られますね。

今回は愛宕ネキが倍満自摸直前に見せてくれました。

わたしこの行動大好きです。


そしてここから大将戦の緊張感が最高潮でしたね!
原作では

えっ

で終わったオーラス。

アニメオリジナルでやってくれました!


凄かったですねえ。


驚いたのが永水霞さんが

霞「まだ負けるつもりはない」

とはっきりと呟いたこと。

なんとなく永水はこの戦いにおいて
他の目的があるかのように勝利に貪欲ではない
という印象があったのです。

しかし、この霞さんのモノローグによって
印象が変わりました。

詳細は後回しにしまして
豊音は豊音で

豊音「お祭りが終わっちゃうよー」

と焦りを見せ始めます。

原作では描写されませんでしたが
このオーラスで彼女は
おそらく先勝だろうと思われる
スピード重視モードに入った模様。

我らが咲さんはというと
やはりその内面は描かれないのですね。


まず豊音で気になることは…。
当然明言はされていないので妄想するしかできませんが…。

①六曜の複数あるモードを任意で切り替えられそうなこと
②おそらく局途中でのモードチェンジは出来ななそうなこと(能力制限?)
③デメリットもありそうなこと(発動条件?能力制限?)

そしてこのオーラスにおいて
豊音が全力で勝ちにいったであろうこと。

トシさんはこの2回戦まで
豊音の能力を温存していたようですし
おそらく六曜の使いどころ、タイミングなどについても
具体的なアドバイスをしていたはずと思います。

ですが、このオーラスについては
豊音が自分自身で選択して能力を発動した
のだと思うのですよね。

そして能力エフェクトは…。
怖い感じでしたね。

当ブログの能力分類記事でも触れていますが
おそらくオーラスのモードは
制御不可能な能力なのではないかと思います。

残念なことに…。
その後の豊音の自摸時などには
能力エフェクトはほとんど見られず
聴牌時にのみ水色に光るエフェクトがありましたね。

ですが途中も確実に何かは起こっているのでしょうね…。
この辺りは、まだ謎な部分でした。


一方永水霞さんもようやく必死に
和了りに向かっているようでしたね。

ここでオーラスの点数状況はと言えば…。

南4局 親:石戸霞

清澄 108100
姫松 102100
永水 102000
宮守  87800

となっています。

これは…。全員きついですよね。

さらに絶一門での戦いです。

2位以上勝ち抜けルールのため
咲さんは楽に見えますでしょうか?

振り込まなければ勝ち抜けられるから
余裕だった、と読み取れるのでしょうか?


ここで念のため麻雀の点差計算が苦手だよーや
咲-Saki-をみて麻雀に興味を持ち始めたよー
という方々のために念のため
それぞれの思惑と勝ち抜け条件を整理すれば…。


まず4位の宮守豊音は2位と14300点差。

満貫8000点直撃で姫松との点差はひっくり返りますが
永水を追い越せないのでこれでは駄目。
跳満12000点を直撃でも同様です。

12000点増えても99800点ですから
清澄、永水、姫松どこに直撃させても
2位以上にはなれないのですね。

跳満を自摸るか
倍満16000点以上であれば、誰に直撃させても
もしくは自摸和了りでも2位以上になれます。

これが跳自摸条件というやつです。


ん?と思った方は一度立ち止まって
計算してみてくださいね。

ちなみに跳満は6翻、倍満は8翻から、ですよーぅ。


3位の永水霞さんはと言えば
他家の自摸和了りで親被りになってしまうため
実は親であることがネック。
結果的にオーラスの親が姫松であれば…ですからね。

安手早和了り。これがベストな訳です。
ノミ手でもなんでも和了れば勝ち抜け。
だがしかしおそろしいものをおろしているために
絶一門が制御できない状況。

あ、そういえば前回記事で書きました
おそろしいもの、の妄想。

天目一箇神

天津麻羅

一目連

イッポンダタラ

祟り神

ですが、他にもいる、ような台詞がありましたね。
この点はもうちょっと考えを進める必要がありそうです。

この控室でのはるるが、とんでもないものをおもちでしたね!
はるるのおもちは試合中にすら成長している…!?


姫松恭子りんは3位と100点差。
ここでは永水が親であることは余り関係無く
永水が和了ればその時点で終了。
他家の安手に差し込んで抜けることも出来ず。
ノーテンで流局もかなりきつい。
最良は安手で自分が和了る事。


1位の咲さんは…。
さて、何を思うでしょう?

…と、いうことですよね。


ベタオリしていれば自動勝ち抜けなのだから
黙って何もせずにオリていれば
満足だったのでしょうかね?

最後の嶺上自摸時に微笑んでいたから
舐めプしていたとなりますかね?

当時、一番与しやすそうな恭子りんを
魔王咲さんがわざと決勝に連れて行った
という感想も多く見られたのです。

ふんふむ。


さて、なぜ上のような点差状況の整理をしたかといえば…。
麻雀は4人で打つため
それぞれの状況で打ち方や考え方が異なるわけです。

そして、お互いがそう考えるであろう
と他家の思考を想定した上で
戦うことになりますね。

このオーラスの状況で考えれば
とてもわかり易いと思います。

従ってよく麻雀では
オーラス前の1局で勝負が決する
などと言われたりもするのですが…。


ここで考えたいのが
何故原作ではこのオーラスを省略したか
そして咲さんの内面が描かれないのか
ということなのです。

ここまでアニメ感想で
ヒールVSベビーフェイス
という視点でこの戦いを見てきたわけですが
実はこの考え方には1つ
プロレスなどとは全く異なる部分があるのです。


Bブロック2回戦は清澄ヒール演出が目立ちますが
実際のヒールは
わざと演じるもの、な訳です。

ですが、清澄はそうではないのですね。
他の高校から見ればヒールではあるが
その実ヒールを演じようとしている訳ではないのです。

咲さんの視点、内面が描かれないため
魔王咲さん舐めプを行う
というイメージがついてしまっているようですが
当然それは小林先生の思惑通りなのでは、と思うのです。

ただあまりにもその反響が、だったので
アニメでオーラス追加描写をしたのではないかなと妄想しております。

一方から見ればベビーフェイス
一方から見ればヒール
それは、各高校が本気で戦えば当然のことであって
この戦いにおいては
あえて清澄をヒールにすることでの効果
を狙っていたのだと思います。


この戦いにおいて咲さんの内面が描かれないと同じように
かたくなに描かれなかった描写があるのです。

姫松大将末原恭子を対戦相手から見た描写。

これがほとんど無いのですよね。

基本は恭子りん視点で戦いが進むため
姫松控室の仲間から見た描写はあれど
あの戦いにおいて対戦相手から末原恭子がどう見えていたのか
これが、咲さん視点が無いために全く描かれないのです。

豊音と霞さんは結果咲さんに夢中だったわけですし。


わたしはあの大将卓において
その卓上の支配者は
実は凡人大将末原恭子だった、ということなのかなと思うのです。

あの魔物エフェクト、というか怖いイメージ。
咲さんには恭子りんがあのように見えているのかもしれませんよね。

だからこその試合後のあの台詞。
本編掲載時も相当衝撃があったあの台詞。

咲「今度打ったら…たぶん勝てません…っ」ウルウル

久(なに言ってだこいつ…)


いや、大体の方は久のぽやーっとした顔と相まって
こんな感想を抱くと思うのですが…。
咲さんはあの魔境長野のラスボス天江衣に対してすら
このような感想は抱いてないんです。

この咲さんだけが感じた末原恭子の脅威はなんなのか?
という点を、わたし達は妄想していくのが
素直な楽しみ方かなあと思うのですよね。


もちろん、そうとも読めるというのはあると思います。
ただ、例えば本編連載分での久の回想シーンあの見開き。

それと同じかな、と思うのですよね。

ネタ、として楽しむ分には良いと思いますが
それを本気にしてキャラを叩くとか、作者を叩くとか
それはちょっと違うんじゃないかなと、そんなふうに思います。


なので例えば
試合後姫松控室でのあの描写。
恭子りんは恭子りんで
咲さんに圧倒的力量差で負けたと思っている訳です。

このお互いに勝てない、と思っている2人が
準決勝大将戦でどのようにぶつかるのか
という楽しみ方をしたいですよね。


さてさて、今回ここまででAパートなんですよね。


試合後と言えば、置物戒能プロ。
永水控室に行かず姫松に直行というのも不思議ですよねえ。

いくのんが凄いのか、はたまた…。

ノーウェイノーウェイは怒ってたんですね。

まあ、クレバーむっちゃん(殺し屋ラジオより)が
楽しそうなので何よりです。

あ、変身恭子りんのスカートヒラヒラはドキドキしましたね!

善野さん登場からの主人公台詞!

凡人勇者恭子りんの戦いはまだ終わらないのです!


永水控室では…。
残念ながら巴ちゃんのお祓いシーン追加は無かったですねえ。

はるるはあれ何してたんでしょうね?
おもちいじり?

ここら辺りは原作通り進行でしたね。
難しいのはここの会話をどう捉えるかで
永水の評価が変わってしまうことですよね。

相手を舐めていた、と上記の咲さんのような
捉え方をしてしまう方もいらっしゃるでしょうね。

ただ今回アニメの追加描写の霞さんのモノローグによって
勝とうとする気持ち、はあったことが分かりました。

わたしとしては、永水は神様ローテーションを含め
決勝戦までをまとめて1つの戦いとして見ていたのかと思います。

姫様の神様ローテーションが
永水女子全体の能力であり、制限である、という見方ですかね。

その中でいかに決勝まで勝ち抜けていくか
というベクトルの考え方は
しかしやはり他の高校には無い独自の考え方だと思います。

実際に、この2回戦も
結果としては2位姫松と500点差。

根本的に間違っていた訳ではないと思うのです。

ただし結果として2回戦という侮りは
あった、のかもしれませんよね。

しかし正直Aブロック2回戦を考えれば…。
千里山VS阿知賀VS劔谷VS越谷女子
ですからね。

永水と宮守、劔谷と越谷女子
どちらもブロック2回戦敗退高校ですが…。
同じレベルだ、とは言えないですよね。

2回戦で4校ともにとんでもない強さを持った高校だった
というのが、永水敗退の一因ではあると思います。


そしてお話は水着回へと…。

あ、おそば!
原作では2つだけだった蒸籠が3つに!

…やっぱり人数分はないのん?
あと海老天どこにあったのん?


水着シーンでは十曽ちゃんと明星ちゃんの
髪色が分かりましたね!

十曽ちゃんは黒?
明星ちゃんは赤っぽい茶色?
なご様子。

原作だと明星ちゃんが黒
十曽ちゃんが茶色
なイメージだったのですが…。
真逆でしたね。

これは次回出てくるかもしれない例のあの子の髪色も…。


あ、裸眼の巴ちゃんが見れる貴重なシーンですね!


そういえば、ここのシーン。
なんで小蒔ちゃん泣いてるのでしょう?

凄い気になってるのですよね。

なんか霧島神境の切ない方向のお話なのかなと
ちょっと不安な部分なのです。


そして…。宮守控室。
ここは…、やっぱり泣けますねえ。

そういえばわたし
アニメのトシさん凄い良いと思います。

今回のまいったね…。も
まいったね…感が凄かったですしね。

原作に比べると
より後悔、自分の責任というものを感じている
という印象です。

いや、ここのシーン
ただのお涙頂戴になってもおかしくないですが
凄くよく考えられてるなあと思いました。

姫様のおかげで
しんみりシーンを長めにとらないのも
今考えてみると良いですよね。

最後に豊音に声をかけるのが
シロではなくエイちゃんだというのも…。

なんか、良いですよねえ。


と、咲らじで佳奈様大絶賛だった台詞がついに聞けましたね!

小蒔「ぅ浮き輪ですっ!」ドヤァ

想像以上で笑ってしまいました。

塞さんの、うぉいをそのまま書いたのも
そういうシーンだよという記号なのでしょうね。


清澄控室は…。
咲さんが咲ちゃんに戻って…。
勝てません云々は既に触れたので


久「それにしてもあきれた勝ち方ね…」


2回戦の戦いの最後はこの台詞から考えたいと思います。

ここではじめて咲さんが試合中何をしていたのか
明かされる訳ですが…。

実際はたから見たら久のような感想になる訳です。

しかしここでは…。
こうしたら勝てたという説明ではなく
咲さんがこうしたかったけどできなかった
という部分のみの説明なのですね。

そこで掲題です。

この戦いは
ベビーフェイスVSヒールの観点で見てきましたが
最終的にはベビーフェイスが負ける戦いです。

つまりは
ヒールがいかにして勝ったのか、ではなく
ベビーフェイスがいかにして負けたのか
という点を強調して描いているのだと思います。

視点が逆なのですよね。

倒叙スタイルの推理小説では
犯人を追い詰める探偵がヒール役になり
犯人がいかにして犯罪を犯すにいたったのか
犯人がいかにして探偵に追い詰められるのか
を描写しますからね。


倒叙スタイル
そしてベビーフェイスVSヒールの図式
が綺麗に纏められたのが
この戦いだったのかなと、そう思います。


そろそろ終わりにしましょうね。


はやりん!ゆかりん!

難しいと思っていたのですが…。
すばらでしたね。

わたしはやり、も平板だと思ってました…。
1文字目アクセントなんですね。

はやりんめちゃくちゃ可愛いですね。
きつくないじゃないですかー。やだー。

あ、亀ちゃんが姫子じゃなくてギバ子で出番…!
鹿野さん泣いてしまう…。


そしてクロチャー!_|\◯_ヒャッ ε=\_◯ノ ホーウ!!
オネエチャーやっぱりあつそう…。

阿知賀周りは次回のお楽しみにしまして…。


ラストはハルちゃんとトシさんで締めますかね。

宮守のベビーフェイスぶりは阿知賀女子にも匹敵する
というタイトルでの感想も書きましたが…。

この2人が会話することで…。
完全なる最終回スタイルで宮守の敗退を示し
ヒール清澄を倒すベビーフェイスの立ち位置は
宮守から阿知賀へと確かに受け継がれたのです。


さて長くなりましたが…。

次回はついに最終回。
そして…。色々期待してしまいそうな…。
ぶっ飛んでしまう追加要素などがあるのか…。

本編と阿知賀編のリンクでもありますし…。

後1回!

最後まで楽しみましょうね!

とはいえ…。
今回のED。姫松バージョンだったのを聞いて
なんで宮守バージョンじゃないのん…?
と思ってしまったので
結局は本記事の倒叙スタイルの効果に
わたし自身原作を読んだ時と同様
再度おもいっきりハマってしまいました。

今回は以上!

カン!

あ、エンドカードと提供バック。
さらにはED前のSDキャラに清澄メンバーが!

どっちもとんでもなく可愛かったです。

次回最終回ED。
無いとは思いますが…。
清澄バージョンとかだったらなあ…。

もしくは全国バージョンの
聴牌即リーワーイワーイとか…。

BD特典でもいいですけどね!

もいっこカン!

咲-Saki-全国編関連Index